« マット・フランコの魅力 パート1 | トップページ | マット・フランコの魅力 パート3 »

2007年1月30日 (火)

マット・フランコの魅力 パート2

今日は春のような、穏やかな天気。

でも、春一番が吹かないと、いよいよって気がしない。

開幕スタートの頃は、マリン自慢?の強風が・・・大塚選手が「ドームは、球が止まって見える」と言った言葉がよくわかる。Blog_097

レフトを守るマティの所へフライがあがる。彼は急いで前進、球は落下・・・って後ろに落下してるし。

フェンスギリギリにフライがあがる。彼はフェンスにたどり着き、じっと上を見つめて球を待つ。

落下・・・って球との距離3メートルはあるじゃん!

(ちなみに、ここまでくるとエラーではなくなる)

日差しが強く、暑い日のデーゲームは選手にとって過酷である。

そんな日、ふっと、レフトの彼に目を向けると、そこには・・・

マティがいなーい!どこいった~!

必死に探すと、センターよりのフェンスぎりぎりにへばりついていた。そう、ほんのわずかな日陰のところに・・・。

こんな彼でも、ボーっと立っているわけではない。守備位置で、合間をみて大塚選手やサブロー選手を手本に体操をする。

(私には、どうもプラプラしているか、寝転がっているようにしか見えないが)Blog_093

進歩もみられた。フライを前進キャッーチ!

(といってもなぜかジャンプして捕る。ジャンプするなら前進するな~!)

いつの間にか、新庄選手のように、ステップを踏みながら捕ることも覚えていた。

『気分は新庄!』

それを見つけた夫が、「なにもしなくていい。頼むから普通に捕ってくれ~」

と、悲痛な叫びをもらしていた。

体力的なことを考えると、

『やっぱり、ファースト?』

   パート3につづく・・・

|

« マット・フランコの魅力 パート1 | トップページ | マット・フランコの魅力 パート3 »

ロッテ選手名鑑助っ人編」カテゴリの記事

コメント

今年はズレータの加入の為に、ベニーがレフトを守る?!

よもや「マティー」のようにならぬかとチョット心配。

外野の競争は厳しくなりそうですね、ワティー・明・サブ・ベ
ニー・あとはと・・・・。?????。

投稿: abe | 2007年1月30日 (火) 22時39分

ニュースで ズレータの入団会見見ました。

ベニーの姿が一度も映りません! 心配で~す。

投稿: abe | 2007年1月31日 (水) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マット・フランコの魅力 パート2:

« マット・フランコの魅力 パート1 | トップページ | マット・フランコの魅力 パート3 »