« 馬油 | トップページ | 抱っこ »

2007年1月23日 (火)

水飲み場

「おーい!お花の水飲んでるけど大丈夫か?ちゃんと換えた?今日も前足で飲んでかわいいな~。手で飲むって頭いいよな」と、心配ぎみの過保護親バカ夫。

メス猫が花器のお水を、前足でせっせとすくって飲んでいる・・・(って、どうしてー!わざわざそんなとこの水を、それも手でいちいちすくって飲むな~!!)と、心の中のいらだちを抑えながら、「ん?今、換えたばかりだから大丈夫。それに、花の水で死ぬことないから」と、メス猫の水を飲んでる姿を、私には決して見せないうれしそうな笑顔で見つめている夫に、いやみ交じりに言ってやった。

我が家では、カリカリの横に、いつも新鮮な水は欠かさないで常備している。なのに、過保護夫がいると知ると、猫たちは絶対その水に手をつけない。

猫たちは、夏は蛇口に夫を呼びつけ、流れる水道水を飲む。あまりの暑い日は、氷を浮かせた水をせがむ。

冬になると、お風呂のお湯を求めて飲む。湯気をゆるゆるあびながら、時々お湯を飲むのが楽しいらしい。おかげで冬は、夫「猫舌だから・・・」と、ぬるめのお湯に、気づくと夫は「2人(2匹)がふたの上で待ってるから」と、いつしか1日2回必ずお風呂に入っている。(猫のために、2回も入るな~!)

私に言わせれば、猫が前足を使って、水を飲むことが賢いのではない。人を見て、思い通りになる人間を見極めていることこそが、賢いのではないのか。

寒い今夜も、過保護夫に向かって、メス猫は「ぬるめにネ」と言いながら、お湯を前足ですくって飲み、オス猫は「五臓六腑にしみわたるぜー」と夫の手からお湯を飲むのである・・・。

Blog_016  Blog_015

|

« 馬油 | トップページ | 抱っこ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水飲み場:

« 馬油 | トップページ | 抱っこ »