« 小野晋吾 骨折! | トップページ | 小坂誠の背番号1 »

2007年2月28日 (水)

俺たちの誕生日

今日で7歳か~、人間で言うとおっさんと呼ばれる歳なのか?Nennga_046

2000年の今日、俺たちは生まれた。そして、生まれてすぐ捨てられた。

      母親のぬくもりも知らずに・・・。

捨てられてすぐにバキ(飼い主)に拾われたため、とりあえず凍え死ぬことは免れた。

生まれたての俺たちは、拾われてから病院通いが続いた。ミルクを飲んでいるのになかなか体重が増えない。なぜか、尿が多く出過ぎておしっこ焼けをおこし、下半身が手羽先みたいになってしまった。

下半身の毛が薄くなった俺たちを見て、無神経なバキは「あ~上が猫で、下が手羽先じゃん」と失礼なことを口にする。

しかし、後でわかったことだが、おしっこ焼けで下半身鶏状態になった原因は“バキ”のせいだったのだ。ミルクを薄めすぎて水分の取り過ぎになっていたらしい。おかげで、俺たちはミルク嫌いになってしまった。

病院通いは、なかなか好きである。俺担当は若くてかわいい看護婦さん。検査が終わると「はい、終わりましたよ~、お母さんのところへ・・・あらあら、こっちじゃないのよ。まだちっちゃいから、わかんなくなっちゃうのね。」と、看護婦さん。

     いや、わかっている。

検査が終わると、俺はどうしてもやさしい看護婦さんから離れたくなく、必死に向きを変え看護婦さんのもとへ戻ろうとする。しかし、そんな俺をバキは無理やり引き離しにかかる。

(このまま、看護婦さんのもとに預けていってくれ~)という俺は叫ぶのだが。

医者もペット好きの心理を見抜いて、上手いことを言う。

どう見ても、3匹の中で一番見劣りするグレに「かわいい女の子になってきましたね~。将来は美人さんだね。」と、(どう転んでも無理だろう)と思うが、平気で歯の浮くせりふを言う。0042

俺には「きれいなグレーで、アメショウ(アメリカンショートヘアー)が入っているのでは?」と。わかっているが、うそでもうれしい。0023

なのに、バキは「メスは飼いやすいのにもらい手つかなかったのは、顔がブスだからですかね~。それに、オスは足短いからバリバリ和猫ですよね。なんちゃってアメショウって呼んじゃお。」と、相も変わらず無神経さを披露。

しかし、水野美紀似のかわいいお姉さんにもらわれることが決まっていた俺は、このバキの仕打ちにじっと耐えていた。

この後、このおかめ顔のバキが飼い主になってしまうこともしらずに・・・。

           続きはまたいずれ・・・。Nennga_008

              じゃ、そろそろ寝ま~す。

|

« 小野晋吾 骨折! | トップページ | 小坂誠の背番号1 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺たちの誕生日:

« 小野晋吾 骨折! | トップページ | 小坂誠の背番号1 »