« 無名のドラ1 内 竜也 | トップページ | マスコット交流『虎ちゃん』編 »

2007年3月 5日 (月)

 内 竜也 1軍マウンド奮戦記

今日は、ひいきの引き倒しで、内くん話のつづき。

昨日のドラゴンズ戦、2失点とは・・・まあ、オープン戦だし~

って内くん言ってられないよ!

そろそろ、千葉ロッテマリーンズドラ1の根性見せないと。

  

内くんは、姪と同い年のせいか、どうも心配でしかたない選手。

2006年4月15日、インボイスドーム。

大松選手の逆転第1号満塁ホームランを放ち、4対3の場面で“内竜也”

「やめて~、内くん打たれて負けついたらかわいそうじゃない・・・」

という私に、夫は

「そろそろ過保護扱いもできないでしょう、大切な場面も経験させないとね。」と。

内くん、江藤選手に2ラン打たれ逆転された。

しかーし、やっぱり内くん運がいいぞ~、再逆転でマリーンズ大勝。

4月23日、札幌ドーム、8回裏、バッターは新庄選手。

(内くん、打たれてもかまわないから、勝負ね!)

しかし、フォアボール・・・後ろの日ハムファンの方が

「なんで勝負しないんだ~!」と怒ってた。Blog_541

私も、かわいい内くんだが、この時ばかりは腹が立ってしかたなかった。

4月29日、俊介投手が素晴らしいピッチングをしながら、危険球退場となり、7回急きょ内くん登場となる。23日の事があり、心配でハラハラドキドキ・・・。

急きょマウンドに出てきた内くん。状況を飲み込めないまま、2球を投じて、なぜかさらっと3アウトチェンジ。Blog_543 Blog_545

そういえば、4月13日のホークス戦で、6回1アウト満塁のピンチ、バッターズレータ選手。そして、訳がわからずマウンドに立っていた内くんは、簡単にゲッツーとって、さらっと抑え、次の回も3人でピシャリ・・・。

いったい内くんは、なんなんだろう?強気なのか、弱気なのか?何にも考えていないのか?

         今は、“第5のマスコット”だが、

  将来は『150キロ楽勝の豪腕投手』と呼びたい。Blog_584

  真っ直ぐ&スライダー(?)以外球種増えたかな?

|

« 無名のドラ1 内 竜也 | トップページ | マスコット交流『虎ちゃん』編 »

ロッテ選手名鑑 投手編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  内 竜也 1軍マウンド奮戦記:

« 無名のドラ1 内 竜也 | トップページ | マスコット交流『虎ちゃん』編 »