« 俺の苦悩  第一話~黒い毛玉~ | トップページ | 今年初、千葉マリンスタジアム観戦 »

2007年3月14日 (水)

マスコット交流『やっと会えた』編

先日、根来コミッショナーが「ウミを出し切れ」と言っていたが、あの場所にあの方がいること自体少々疑問・・・だって、あの日あの出来事が実行されたら“責任とってやめる”って言っていたのに、だから“ストライキ”賛成したのに。

2004年9月18日、神戸のスタジアムに向かう・・・。

閑散とした球場のまわり、いったい私達はこの地に何しに来たのか?

そう、この日はあの衝撃の『ストライキ』の日だった。実はキャンセルしようかとも思ったが、私たちは、

(もしかしたら、ネッピーたちに会えるかも~)

なんて浅はかな考えで、ストライキ決定なのに球場に出向いたのだった。球場周辺を探しまわり、売店のおばちゃんにまで尋ね、いろいろ探したが、当然、ネッピーたちの姿などどこにも見当たらず。

そんな思いを引きずって、2005年8月13、14日。おもいっきり、神戸の美しいスタジアムと、ネッピー&リプシーを堪能させてもらった。Blog_264 Blog_273

  

近鉄とオリックスが合併し、選手たちも苦労したと思うが、マスコット達も心痛んだだろう。

バフィー達はいなくなるということで、大変だったろうけど、残る側のネッピーたちも、同じくらい、いやそれ以上に苦しんだと思う。

2004年の合併騒動が持ち上がった真っただ中の近鉄戦。

試合後、ファルルを見つけたが、周りはすごい人だかり。写真待ちかとおもいきや、ただファルルを見ているだけで幸せという近鉄ファンばかり。お陰で、親切な近鉄ファンの誘導で、ファルルと手をつないで何枚か写真を撮ってもらった。(残念ながら、パソコン故障でほとんどの写真が消えてしまったが)

写真を撮りながら、

「来年も来るから、また写真とってね。必ずファルルに会いに来るからね。」

と私がいうと、静かに下を向き、握っていた手をきつく握り返してきた。

マスコット達は、話しかけるとこちらを見て何かしらリアクションしてくれるのだが、この時ばかりは私に顔を向けることをしなかった。なのに、ファルルは私の手をきつく握ったまま、しばらく離そうとしなかったのだ。この瞬間だけ、マスコットの向こうに人間を感じた。

バフィーとファルルの分まで、ネッピーとリプシーを近鉄元ファンは応援してほしい。どちらのマスコットも、とても悲しい思いをしたはずだから・・・。Blog_279 Blog_286_1 Blog_288 Blog_289

|

« 俺の苦悩  第一話~黒い毛玉~ | トップページ | 今年初、千葉マリンスタジアム観戦 »

マスコット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコット交流『やっと会えた』編:

« 俺の苦悩  第一話~黒い毛玉~ | トップページ | 今年初、千葉マリンスタジアム観戦 »