« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月 1日 (火)

4月30日 VSライオンズ

西武3連戦、ものすごい観客数・・・ビジターなのに、肩身の狭い思いをせずに済んだ。

ただ、昨日は西武が“勝たせてあげる”ってゲーム、遠慮しちゃってわざわざ負けてるし・・・。

   試合結果   ●【M6対7L】

   先発&未来の楽しみ   

Marines_07_04_30_025        大嶺祐太投手

2回5失点はしたけれど、素材の良さを感じる、観ていて楽しみな投手だった。

初めてのホームランがカブレラ選手、初めての三振もカブレラ選手。3回、カブレラ・リーファー・GG佐藤を三振!

   繋がりそうで繋がんない!

昨日は4度の満塁(内ノーアウト満塁2度)になった。が、得点2点だけ・・・

Marines_07_04_30_023 スムーズに取れたのは2回のサブロー選手のタイムリー

   

   え?ストライク?

Marines_07_04_30_032_1  へーちゃん一言、『なんで~?ボールじゃないの~?』ぐらい審判にいわなきゃ。

   本日のなぜ?

私は、青野選手のホームランを見てから、用事のため泣く泣く帰宅。逆転を願いながら・・・。

てっきり8回荻野投手は代えられてると思い、(藤田かな?川崎かな?高木かな?)とリーファー選手に誰出すか考えていた。

なぜ、いつも左右にこだわるのに、昨日はどうしちゃったんだろう?

   本日の“あの人誰?”

2回、レフトに大きなフライが伸びていく。

   「あっ!まずい。タケハラのとこ」

と思った瞬間、なんと竹原選手、

   ジャンプ一番でキャーチ!

「すごーい、竹原ですよね~。いつもの竹原じゃないですよね。」と失礼なことを、一緒に観戦していた方に言ってる私。

4回、レフトにライナーが飛んだ。

   「あっ!またタケハラだ。やばい」

と思った瞬間、なんと竹原選手

   飛び込んでキャーチ!

「すごーい、やっぱりあれ、竹原じゃないですよね。明日雨降ったりして。」と、またまた失礼な私。

内心(だめじゃん、諸さん。25付けて、試合にでたら・・・)なんて思ったりした私。

そういえば、昨日は全国放送。初めて竹原選手を見た人は、

「竹原って、守備上手いよな」なんて言ってたりして・・・。

   

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年5月 2日 (水)

“トリ”より、2軍?

昨日、主人が出かける前、

「今日は、雨が降らなくてもボビーの力で何が何でも“雨で中止”にするはず!ピッチャーいないから中止なの。」と言っていた。

私は、天気予報の衛星動画で、「雲が海沿いに流れるから、マリンスタジアムの上は雨やむの・・・だから、中止じゃない!」と、自己流天気図の見方で対抗。

午後3時50分、いざ出発!と思いきや、主人から『中止だよ』の電話。速い決定は助かったが、ちょっとあやしい・・・。やっぱりボビーが?

 今日は先日の“マスコットネタ”  

4月17日、マリンスタジアムでの親子試合。

ファームの試合後、ファーム選手のサイン会、引き続き中学生以下の選手とのキャッチボールのイベントが行われた。

あいにくの悪天候で、キャッチボールは屋根付きのちょっと狭い広場(?)。自然と暇な人々が、キャッチボール周辺に集まりだした。

何気なく、中央ステージの方向に目を向けると、なぜか暇してるマーくんファミリーが・・・。

そう、2軍選手のキャッチボールに、お客さん持ってかれたのである。

マーくんたちはこちらになんとなく歩いて来ると、いつの間にか広場に溶け込んでいた。

それでも、お客さんの視線は2軍選手へ・・・

側にいた子供が、ふとマーくん達を見つけると、大きな声で

『お母さ~ん、鳥いるよ~、トリ~』と。

アヒルならまだしも、とは・・・だが、確かに鳥で間違いないとも思うが。

  おかげで、わたし、トリとり放題!

どうぞ、ごらんください “トリ”

Marines_07_04_17_036 Marines_07_04_17_041 Marines_07_04_17_045 Marines_07_04_17_047 Marines_07_04_17_040

クールはいつも素敵な女性を引き連れている。

Marines_07_04_17_049 2軍選手より、有名なはずなのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

5月2日 VSファイターズ

昼間は日差しも強く、初夏の空気を感じながら、いざマリンスタジアムに向かった昨日。

   試合結果  ○【M4対0F】

   先発&本日のおススメ!

Marines_05_02_023 Marines_05_02_013 Marines_05_02_021    渡辺俊介投手とその仲間たち

 『完封!』 バッターのバットが振り下ろされると、一瞬球がバットの前で止まる・・・ように見えるほど、力強い遅い球。   

    本日の“ここでいいの?”Marines_05_02_010

 《へーポンと西岡選手こんなところ守ってます》

ピンチは試合開始早々訪れた。1回表、2アウトランナー3塁、バッターはセギノール選手。すると、野手はすかさず、『セギノールシフト?』に・・・のはずが、ひとり行ったり来たりして、不安そうに守備位置を何度も確認している選手がいた。

そう、セカンドのへーポン。

(へーポン、急いで構えないと球飛んできちゃうよ~)と心配しながら見ていた。

しかし、この日だけは、へーポンの不安わかる気が・・・だって、ほとんどライトの守備内なんだもん。

セギノール選手の打った球は、セカンドベースの側へ・・・そこには西岡選手、きちっと体正面でキャッチ!(へーポン、ドキドキもんだっただろうな)

   本日の攻撃!

3回裏、今江選手が2ベースヒットで出ると、バッター西岡剛選手。

Marines_05_02_016 Marines_05_02_017 絶妙なバント、しかし、ほんのわずか切れてしまった。いつもだったら、この後ヒッティングだろうと思いきや、もう一度バントを試みた。

    “バント成功”

Marines_05_02_015 このバントのおかげで、次の青野毅選手スクイズ成功・・・そして先制点となる。

Marines_05_02_019 先制点のあと、気楽にワティ選手ホームラン!

正直西岡選手は、今不調の波の中かもしれない。しかし、打てないならきっちりバントを決め、守備は自分なりに必死に守る。昨日エラーがついたが、あんな速い打球、よくグラブに当てたと思う。

好調な時は、何でも上手くいく。

しかし、不調の時はやることなすこと上手くいかない。その中で、精一杯やっているように見えた、昨日の西岡選手は、すぐ手を抜く私からすれば、あえて褒めてあげたかった選手の一人であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

5月3日 VSファイターズ

連休真っ只中!毎年、この時期は負けが込むので、できればビジターでどこかに行って欲しい。この時期の連戦は、ファンにとっても過酷なのである。

   試合結果   ●【M2対8F】

   先発  久保康友投手

Marines_07_05_03_015 確かに4失点だが、2球しか失投はなかった。

四球の後は、ベテランは振らないが、若手は必ず初球を狙う・・・なぜ、素人がわかる球を久保投手は投げてしまったのか?

でも、次はがんばってくれるだろう。

   本日のささやかな抵抗!

Marines_07_05_03_036 ベニー選手タイムリー

Marines_07_05_03_041 Marines_07_05_03_042 お気楽タスク選手の犠牲フライ&ベニーホームイン

   本日も未来の光!

Marines_07_05_03_040 最初はコントロールは良いが、力がな~と思っていた選手“荻野投手”

しかし、出るたびごとに成長を感じる。

Marines_07_05_03_047 昨年春、西武第二球場で見た川崎投手は、切れのある球を投げ、“良い投手じゃん”と喜ばせてくれた。

二人とも、楽しみでしかたない・・・。

   敵投手

『建山って、中継ぎだったじゃん!』なぜ、この投手がこんなにがんばったのか?

写真を撮ってた夫が「タイミングが合わない~」となげいていた。

建山投手は、球速でも配球でもない。タイミングの計り方、ずらし方が上手かったのだ。

マリーンズにはこんな投手はいない・・・よね。

   マリンの風

矢印はホームに向かって7m吹いていた。打者は、こんな日、高く打ち上げたらホームランも風に押し戻され、外野フライになる。

ライナーだと、低い位置の風向きは外野に向かって吹いているため、普段よりよく伸びる。ライナーの外野フライも、時にはホームランになる。マリン選手は、それを忘れていたのかな。

   本日の逃避!

いつも、あきらめ試合の時は、自然と逃避するのが身に付いているが、私だけではなかった。

Marines_07_05_03_020   逃避の前触れ“逃避行”

Marines_07_05_03_045    置き去りにされた悲しみ・・・

You_hori   おまけ

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

5月4日 VSイーグルス

昨日は、完璧逃避モードに入っていた。

6 4 高く、高く逃避行

   試合結果   ●【M2対6E】

   先発  清水直行投手2

初回から、嫌な予感・・・左足の踏み込みが、ファーストよりで体が開くためか、どうも球が外に流れていく。いい頃は、もっと“ガッ!”と踏み込んで、下半身に安定感を感じたが・・・。

でも、最初はそれなりに踏ん張っていた。孤立感もなかった。次あるかわかんないけどがんばれ~!

   本日の安定!

 どんな試合でも、文句も言わず(?)

      せっせと働く律儀なおじさん2人。

高木晃司投手は、いまでも140Kを出す。小宮山悟投手は、コントロールと配球を駆使しての投球。高木投手は、調子いいからと言って、予定より長く引っ張らなければ、しっかり抑えてくれるのだ。

9 8 おじさん2人とも踏み込む足に力を感じる。きっと、人一倍走り込んでいるんだろうな。

   本日の4本中3本のヒット!

3 7 今江選手の2本

10 西岡選手のあと少しでホームランだったかも・・・タイムリー

(へーちゃんのだけ、撮れなかった。ごめんちゃい)

   おまけ

あんなに素晴らしい2ベース打ったのに、最後の打席三振目立っちゃったね。

1 5 ベンチで、ズーリー出る気でいたのにね・・・。

   ちょっと腹立ち

リック選手の死球は、まったく避けていないので、“ボール”にして欲しかった。リック選手も、それをわかっていたらしく、一塁に進まなかったんだからね。それに、試合中楽天の選手と目の前で楽しそうに話すのやめて、ファンとしては、つい疑っちゃうから・・・たのむよ、中村審判。

   本日の思ったこと

清水投手交代の際、一塁側外野の方からしつこい程のブーイングが・・・ひとりひとりが、自分の気持ちを野次にして言うのでなく、集団で同じブーイング。単独で自分の言葉でいえないのに、なぜ集団になると言えるのか?あの凄いブーイングなら一回で充分じゃないのか?長ったらしく言うなら、自分の思いは、自分の言葉で伝えてよ。

顔が見えないことをいいことに卑怯だ!単なるいじめではないか。

喧嘩は1対1、集団になるとそれは卑怯者。おかげで、あのブーイングで、清水投手への腹立ちが薄らいだ。

まあ、ゴールデンウィークで、NHK放送とくれば、定番の“負けゲーム”だからいいとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

5月5日 VSイーグルス

Marines_07_05_05_062_1 マリンスタジアムに着くと、『あっ!お友達いるよ~』と、私に向かって言った夫。そこには、ぶーちゃんが・・・。

失礼な夫である!

    

  試合結果   ○【M5対1E】

   本日の先発   小林宏之投手1_1

素晴らしい出来だったといいたいところだが、私にはどうも本調子には見えなかった。ただ、よくないなりに、丁寧に投げゲームを作る。

これが『安定感のある投手』と言うのだろう。

   本日の気合!2_1

薮田安彦投手 高めにいっても“気合!”なのだ、

  本日の打った~&バレバレ作戦

5_1 4_1 7回、早川大輔選手が3ベースヒットでワンアウト3塁の大チャンス

8_1      西岡選手の“剛、宙に飛ぶ”

(あっ、スクイズだ~って私でも考えるという事は、そう見せかけて・・・ヒッティング)

って考えていたら、初球スクイズ試み失敗!って、オイオイ高校野球でも、初球警戒してはずして来るんだよ、プロだから少しは考えてね、ベンチさん。

   勝ちタイムリー

3_1 里崎智也選手の3ベースタイムリー

   ねちっこいおじさん

6_1 野村監督、抗議のあと、チェンジしたのに、改めてまた抗議に出てきていた。

   9回表3アウト

7_1 へーちゃん、ちゃんと捕れましたね。(捕球後、送球体勢に)

 ちょっと、球団へ文句

昨日、マリスタにつくと、動物たちとのふれあいとやらをやっていたが、屋根もなく水も見当たらない。日陰もない。箱と箱のわずかな日陰にいたウサギもいたが、ほとんど炎天下にさらされ、バテバテ・・・。

自慢のマスコットのカモメやペンギン、きのうは鷲に、豚もいたんだから、それで充分でしょう。どう見ても、動物虐待にしか思えない。痛々しくて、目をそらしてしまった。(文句言えなかった自分も情けなかったが)

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

5月6日 VSイーグルス

昨日の天気予報は、マリンスタジアムあたりは、降水確率90%の表示。

先日、中止がすぐ出たが、それを考えると明らかに昨日は中止だと思った。

しかし、知り合いから開門するらしいと連絡があり、競馬予想も半端で出発することにした。

ちなみに、東京11Rピンクカメオの複勝と、1、2番人気馬からのワイドを買うつもりでいた。

時間がなかったので、とりあえずピンクカメオの複勝を・・・。

この馬の名をはじめて新聞で見た時、読み方を間違えてしまい、おわびに買い続けている。

ピンクカメオを“ピンクオカメ”と読んでいた私・・・その上、この馬の生まれた牧場名は“パカパカファーム”

中止を速く決定してくれれば、美味しい馬券ゲットできたのに~、も~!

   試合結果   中止

   雨の日ならでは・・・

Marines_07_05_06_012 Marines_07_05_06_001   『笑顔がすてきな、おしゃべりの達人』

          こなつお姉さん

Marines_07_05_06_002_1 床にサインしてるクラッチに「そんなとこにサインしちゃだめ~」というお姉さん

Marines_07_05_06_014 テーブルに座るクラッチとクラッチーナに「そこには座らないの~」というお姉さん

Marines_07_05_06_005 なんのボケもない我らがマーくんファミリー

お姉さん、しゃべりは上手いが、ひとつだけチェック・・・

『も~、6人もいるとまとめるのに大変なんだから~』

って、何気なく聞き流していたが、お姉さんから見ると“6羽”じゃなくて“6人”なんだ。

Marines_07_05_06_004 座って待ってる姿もキュートなリーンちゃん・・・。

Marines_07_05_06_009 Marines_07_05_06_010 おっきいけどかわいい

Marines_07_05_06_016 いつも、大人っぽいきれいなお姉さんを引き連れているクール

明日から連敗続きのオリバ戦だが、100球投げたら、いくらいいピッチングをしても代えてしまうコリンズ流を、マリン選手が知っていて、4回あたりまで、球数投げさせられるかな?

西武さんは、とっくにコリンズ流に気づいて、さっさと球数投げさせ、中継ぎ陣から得点して勝ってるようだし・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

ゴキちゃんに追われて

今日は、俺ガスが担当・・・ちょこっと、野球ばなし

5月6日、あのサーフが無四球だった。あのサーフがだ!

コリンズは100球の球数で、どんなにいい投球をしていても代えてしまうため、きっとサーフなりに球数節約したのだろうな~。オリバ打線は、マリーンズより打てるし、7回までなんとか出ていれば、勝ちが付く可能性は大きい。

負けはしたが、それがいい結果に繋がったんだろう。

何とか、オリバの投手に、5回までに100球投げさせろ~!

   

1_2   初夏の風が俺の心をさそう。

ここで一句

  『青葉ゆれ 俺のこころも ともに揺れ』

2_2 バキ(飼い主)には、わからないだろうな。一度も行ったことのないベランダの向こう側に淡い憧れをもつ、俺の繊細な気持ちが・・・。

しかし、油断は禁物なのだ。ちょうど、今頃の季節。

俺は、すがすがしい日差しを体に受けながら、ゆらゆら揺れる木々を見つめていた。

すると、向こうから黒い物体が、俺めがけて飛んでくるではないか。

俺は、一瞬氷つきそうになったが、とりあえず走って逃げた。

その不気味な物体は、なおも必要に追ってくる。俺は振り返る事さえせず、一目散にバキのもとへ・・・。

『ガス、こっち~!私がやっつける!』

こんな時は、家族の中で一番野生の本能が強いバキが頼りになる。

バキは、その物体を追いまわし、部屋の隅まで追い詰めた。

    そして一撃!

そいつはゴミ箱へと運ばれていき、勝ち誇ったかのようにバキが

『ガス、やっつけたよ、ゴキちゃん』と言っていた。

そいつの名は、“ゴキちゃん”と言うらしかった。

この“ゴキちゃん”というものが、また我が家に現れたのである。

   その話は、またそのうち、ペットネタで・・・。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

5月8日 浦和VS所沢

3_2 こんにちは、久しぶりのファーム観戦なので、今日は私グレが担当します。

昨日は、とても暑くなりましたが、西武第2球場は、青葉が美しく、すがすがしい風の中、とても楽しく観戦できました。自然が多い西武第2球場で、“落とし文”を探してみました。

ロッテ浦和もいいけど、ここも好きです。

お兄さんチームも、成瀬さんがんばりました。特に、後半完封がかかっているのに、わざわざ守備固めではなく、守備緩和してたし・・・おにゃじ、成瀬へのいじめだ~と言っていました。

   試合結果   ○【M9対7GW】7_2

   先発  大嶺祐太さん

2_3 打たれても、自滅せず大きな崩れがないとこがよかったです。

3_3 その後、黒滝さんがちょっぴり打たれすぎましたが、先日のマリンスタジアムの時より、よく見えましたし、何より守備を覚えたようです。

 4_2 5_2     中継ぎ黒木さんに、松本さん。

   

そして、思いがけず足腰しっかりしていた

 6_2        抑えの内さん

    

  本日のパワー!

1_3 1回表1番角中さんのホームラン

   撮れなかった・・・

打つとわかっていて、佐藤さんの自慢話に花が咲き、打撃をカメラに収められず・・・ごめんなさい、佐藤さん。2塁打と、3塁打打ったのに・・・。

8_2 3塁打を打ったあとの佐藤さん。

   西武ファンのおじさん

試合開始10分前に、球場に到着。西武ファンおじさんのお隣に入れてもらいました。

1軍と違い、敵同士のはずなのに、とても和やかに観戦。これがファームの試合のいいところです。

そして、そのおじさん、西武の選手は当たり前ですが、マリーンズを含めた他チームの2軍選手のこともよくご存知で、いろんなお話聞かせてくださいました。

私はそのおじさんに、おススメは今年高校から入った佐藤さんなので、見ていて下さいとお願いしました。

そして、佐藤さんが打席に入ると、そのおじさん

『あの選手は誰だ?いいスイングしてるな~』と。

私は、すかさずあれが佐藤さんだと説明すると、

『いや、いまバッターボックスに入っている、ガタイのしっかりしたのだよ』と。

もう一度、佐藤さんだと言うと

『あ~、ロッテはもうひとり佐藤ってのがいるんだ・・・』と。

そのおじさん、いえいえあれが佐藤賢治さんだと改めて伝えると、

『えっ!高校出たばかりであの体?』

その上、打撃と走塁を目の当たりにして、

『体も、プレーももう1軍だな~、高校出立てとは思えないよ。凄いのとったな~』と褒めてくれていました。

      大きく育ってね、佐藤賢治さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

5月9日 浦和VS所沢

夕べ、お兄さんチームの試合経過で、バキ(飼い主)曰く「なんで、福浦捕れなかった打球が3塁打にまでなっちゃうのよ~!なんで1点にこだわって、ランナー進めないのよ~!」

最後には成瀬さんのこと好きなのに「ニャーが連勝するとか言ったから~、勝つとか連勝とか言ったら負けるんだから、誰か教えといてよ!」と言って暴れておりました。

4_3 昨日も西武第2球場に行ってまいりました。

そのため、今日もブログは私グレが担当致します。

西武第2球場は本当に大好き(次がロッテ浦和球場かな)。だって、空気はきれい、優しい緑がいっぱい、遠くから“岩清水”の音が聞こえてきそう・・・。

1_4 2_4 昨日は、素敵なお友達と観戦しました。種類は私と同じ、キジトラでオスの“しまちゃん”

   試合結果   ○【M5対4GW】

   先発   ウー・スヨさん

11 初回攻められましたが、その後はなんとか踏ん張っていました。ファンの声援に、はにかみながらも笑顔で、ちょこんとうなずいてました。言葉がわからなくても、応援されていることはわかるのでしょう。

9_110_2  その後をまかされたのが、相原勝幸さん。立ち上がりは少し不安定でしたが、その後すぐよくなり、とてもいいピッチングをされていました。次回は先発かしら・・・。

   素敵に繋がる!

3_4 4_4 3回表田中雅さんのタイムリー、大松さんの犠牲フライ

6_3 細谷さんの根性のテキサスヒット、

そして、バキ(私の飼い主)お気に入りの佐藤さんの

5_4 芸術的ラインギリギリに転がすバント

7_3 外野フライでのタッチアップの際、2塁佐藤さんが3塁へ好走塁、これは普通に納得・・・びっくりしたのは、1塁の代田さん、1塁から当たり前のようにタッチアップ!そして当然セーフ。(手前が佐藤さん、向こうの土ぼこりが代田さん)

8_3 正人さんの、ファンでもわかるスクイズ。やはり2軍、警戒もなくすんなり成功。

 

   

   卑怯なメンバー

13 西武さん、先日1軍で投げた河原さんが先発で、続いてバキが“帆立”と呼んでる帆足さん。そして、極めつけは顔で抑える石井さん。

石井さんがマウンドに立った時、マリンファンが『怖いのは顔だけ~しっかり打ってけ~!』と応援していました。

打撃のほうも、江藤さんに後藤武さん、高木さんに貝塚さんや赤田さん、高山さんなど、『1軍にいたじゃん』メンバーをつぎ込んでいました。(層が厚いです)

しかし、若さいっぱいのマリーンズはみんなで勝ったのです。

   センスが光る

12 守備で、細谷さんがファインプレーを続出してました。入ったばかりの頃、将来は“打てる小坂”と言われていただけあります。球から目を離さず、打った瞬間の体の反応がとても速いように思いました。

   ちょっといやな気分

9回裏、2アウトでランナー確か2人。ライトへの浅いフライが上がった時、ライトが突っ込んでキャッチして試合終了。

しかし、ワンバウンドした、しないでもめ、西武さんの監督さん審判団に意見・・・ならいいのですが、3塁側にいた私たちも聞こえるくらいの声で、とても聞いていて気分の悪くなるほどの汚い言葉を審判団に吐いていました。

15 腹が立つのはしかたないのですが、どうもその性格を疑いたくなるくらい、いやな気分にさせられました。

1.5軍をつぎ込んだんだから、さっさと初回に点入れればいいことなのににゃ~。

お兄さんチームの選手の方は、明日・・・って思うだけかもしれませんが、ファームを見て思うことは、ファームの選手はみなギリギリのところで必死になっているということです。それを思うと、ランナー進めるくらいのことは1軍選手だったら最低限の仕事として、がんばって欲しいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

マーくんも並ぶ?

凄まじい風が、昨夜からずっと続いている。

電車も止まっているというが、ホークスの選手はマリンスタジアムに到着できるのだろうか?

私も、強風で止まる京葉線が心配・・・風よやんでくれ~!

   

4月18日のバファローズ戦。昼間は、どんよりとしたお天気だったが、ファームの試合にはたいして影響なかった。

ファームの試合が終了する頃には、雨が降り始めており、だんだん本格的に降ってきた。

中止かな~と思いつつも、前日には雨の中行われたので、微妙な気持ちで窓口に並んで待っていた。

そんなファンの気持ちを察して、

  やってきました、

     マーくんファミリー!

平日に加え、雨・・・とくれば、子供達の姿はほとんどなく、マスコット達は、気軽に動き回っていた。

  中でも、マーくん大活躍!

Marines_07_04_18_041 Marines_07_04_18_038 まずは、カモメの窓口の列に並ぶマーくん。

Marines_07_04_18_040 そして、雨に弱いマーくんは、前に並んでるお姉さんの傘をなにげに奪い取り、勝手に自分のものに・・・。

Marines_07_04_18_042 すると、それを注意され、お姉さんに“ごめんなさい”

Marines_07_04_18_044 試合中止で、カモメの窓口に苦情(?)を言いに・・・。なぜか、窓口のお姉さん方大喜び。

(一部やらせです)

正直、この時、ひとりひとりのお客さんに、あのアヒル顔で接していたため、おじさんもおばさんも、しっかり童心になって、みんな試合中止だというのに良い笑顔をしていた。

あのむなしいひと時を、マーくんのアヒル顔が癒してくれた。

改めて、マーくんのプロフェッショナルをそこに見た気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

5月11日 VSホークス

今日は、清水投手をとばし、コバ宏投手。まあ、中6日なので、疲れの心配はないから、安心かな・・・。

   試合結果   ○【M9対5H】

   先発   久保康友投手

3_5 6回までは、強気の頼もしいピッチングをしてくれていた。7回疲れが見えながらも踏ん張った。8回誰を出すのかな?と思っていると、久保投手がそのままマウンドに・・・

8回、ランナーを出した時点で、交代かな?・・・って引っ張るし。

おかげで、最後までドキドキものだった。

不満がひとつ・・・マウンドにコーチが行くのは、マリーンズだけ1回しかダメなのか?

投手交代でただボールを渡すだけなら、へーちゃんでもできる。投手によっては、来て欲しくないという選手もいるが、久保投手や、大嶺投手など若手の時は、交代前に一度声かけに動いて欲しい。そしたらきっと、安心するだろうし、ついでにダイエットにもなるのでは・・・。

   成長!

8_4 後を任された荻野忠寛投手。

決して速い球を持っているわけではない。球種と経験をおおいにいかし、打者を押さえ込む。出る度ごとに、着実に力をつけ、成長している。

きっと、バッター心理を分析出来る投手なのだろう。

   根性の先制!

ズーリーちゃんが、最近無理に自分で決めようと思わなくなった感じで、きっちり四球を選んだ。ワティも四球。

2_5 そして、好調の今江選手のタイムリー。

   5回の集中打だ~!

4_5 まずは、不調で悩んでいたらしい(?)青野選手のホームラン

5_5 西岡選手が3盗をした時はびっくりしたが、相手投手と捕手はもっとびっくりしたはず。

その後、動揺が手に取るように伝わってきた・・・気がした。

この3盗成功で、私の中では“今日は勝った~!”と予感。

いつも、振り回すとファンから注意を受けてる里崎選手。

6_4 でも、今日は大切なところでコンパクトにきっちりいい仕事をしてくれた。

7_4 そして、好調の今江選手の3ラン!

   帳尻あわせ

1_5 サブロー選手のヒットで、両チームヒット数共に9本。

  

    

   

     本日のリボン9_2

母の日が近いため、リーンちゃんのポニーテールには、赤いカーネーションがついたリボンが・・・何気ないリーンちゃんの気配りが感じられる。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

5月12日 VSホークス

昨日は、9時前に終わりそう・・・なんて期待していた私が間違いだった。

家に着いたのは、日付替わって今日だった。

   試合結果   △【M1対1H】

   本日のおススメ!

      先発&3人のリレー

      まずは、先発小林宏之投手3_6

松中選手を抑えた後、つい安心したのか、ずっと抑えていた小久保選手に、たった1球の失投(?)・・・もったいなかったけど、でも素晴らしい投球だった。お隣のおじさんなんか、“なんて凄い!素晴らしい!誰も打てない!”とべた褒めしていた。それを聞いていた夫小声で「うちはもっとガトームソン打ててない・・・」と悲しそうに言っていた。

      2番手、川崎雄介投手4_6

ワンポイントと思いきや、1対1の厳しい場面の8回表、きっちり抑えひょうひょうとベンチに戻っていった。気づいたら、こんなに成長してくれていたとは・・・

      3番手、薮田安彦投手6_5

なぜだろう?130K台なのに、球が重く見える。気合と根性が乗っかっているみたいだ。不運なヒットはあったのに、今日は安心して見ていられた。

      そして、抑えの小林雅英投手5_6

コバ雅投手がこんなにかっこよく見えたのは、久しぶりだ。今日の掲示板150Kをマークしていなかったが、私の目には150Kに見えた!掲示板の故障だ~!っていうぐらい、薮田投手のように、気合がおもいっきり乗っていた・・・気がした。

     本日の満足!

12回裏、ズー・・・じゃなくてズーリーちゃん。アウトにはなってしまったが、もの凄い粘りを見せてくれ、アウトで戻ってくると、1塁内野から拍手喝采。拍手したくなるほど、ズーリーちゃんの頑張る気持ちが、お客にもしっかりと伝わっていた。

ソフバ時代は、いくら頑張っても打たなきゃ拍手なんかもらえなかったのだろう。ちょっと不思議だったみたい・・・。

2_6 1回のズーリーちゃんのヒット、この後盗塁も成功させた。

        本日の唯一1点!1_6

福浦選手の犠牲フライ、たった1本のヒットで1点とるなんて、理想じゃん。

昼間、弟チームの試合があったが、敵は実は味方にいた・・・って感じ。

後日ブログに載せる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

5月13日 VSホークス

昨日も延長戦。デーゲームに関しては、勝つとたくさん見られて得した気分になる私。

   試合結果   ○【M2×対1H】Marines_07_05_13_001_1 3_7

1対1で迎えた4回表、バッターは4番松中選手から。

(今日は松中シフトと逆方向に打って~ライトには打たないで~!)

と、私はひたすら願っていた・・・が、ライト前にヒット。

(小久保~、ライト狙わないで~お願ーい!)

という私の心の叫びは、無常にも打ち崩され、ライト前にまたヒット。

(もーいいじゃん、これ以上ライトいじめないでよ~柴原ぁ~!)

しかし、不思議なくらいまたライト前に・・・。

無死満塁、先日の楽天戦が頭をよぎる。

こんなにがんばっているのに、また崩れていくのだろうか?

9_3 10_3 (お願い、踏ん張って!さっきまであんなに頑張っていたじゃん。)

もうひとりの自分は逃避準備にとりかかっていた。

バッターは3回にヒットを打っているブキャナン選手

『な・お・ゆ・き~踏ん張れ~』しか言うことができない状態

なんと、ブキャナン選手三振!

森本選手浅いレフトへの打球を俊足早川選手キャーチ!

あと一人・・・

   山崎選手、さ・ん・し・ん!

2_7 何かひとつ乗り越えられた、そんな思いがし、心の中が熱く、そして目頭までも熱くなった。(つい、清水投手と一緒にガッツポーズしてしまった)

   

14 勝ちは付かなかったけれど、このあと延長12回ズーリーちゃん、無理に大振りせず2ベースヒット。

11_1 6_6 その後、いろいろ(あまり触れないでね。ちなみにソフバの外野あんなに前進してなかったら、らくらくヒットだったのにね、へーちゃん。青野は内野ゴロのあたりなのに・・・その選手の運かな?)あり、青野選手のさよならヒットで、代走に出ていた竹原選手生還。

12_1 7_5 “さよなら”の時、うれしさのあまり、あのズーリーちゃんもみくちゃにされ、口(歯?)を怪我しちゃったみたい・・・でも、うれしいからしかたないか~。

ヒーローインタビューの時、恥ずかしそうだったが、あれをやってくれた。

8_5      桜島ファイヤー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

5月12日 浦和VS横須賀

11_2 こんにちは、わたしグレが12日に行われた、親子の“子試合”の模様を担当します。(写真の上、クリックすると大きくなります)

この日は、土曜日とあって、平日よりお客さん多目でした。

ちょうど“衣更え”の時期、半そでの方も目に付きました。

日差しは暑いくらいで、バックネット裏か、フィールドか、わずかですが日陰になる26列の3箇所に、きれいにお客さん分かれていました。

21    試合結果   ●【M0対14S】

   先発   古谷拓哉さん

22 どうしたのでしょう?昨年は、成瀬さんの次は古谷さんの番と思ってたのですが。

この日も、たくさんの方が投げられましたが、失点は4回と5回だけです。

27 龍太郎(りょうたろう)さんは、以前交流戦(ベイスターズ時代)でバキが“いいピッチャーだね~”って言っていた方。この日の投球は、2三振。ただ、自滅するタイプらしく、ご自分にもっと自信を持っていただければ、必ず伸びてくると思うのですが・・・。

   ボビーの目に留まらぬように・・・

どうしてでしょう?細谷さんファースト、佐藤さんバットボーイ。代田さんベンチ、田中さんセカンド(本職ではないけど、ショートがんばっているのに・・・)、正人さんショートじゃなくてサードだし。

それも慣れないマリンスタジアムで。

ボビーが、誰々を見たいからって言ったためか、それとも(でもまさか)古賀さんがボビーに持ってかれないように、細谷さんと佐藤さんの存在を薄めてみたのか?かわいそうに、細谷さん慣れない守備、慣れない球場のため、エラーをし、慣れない汚い野次を受けとても落ち込んでいたようでした。

田中雅さんも同様、打撃は好調、本職は捕手。センスが良いばっかりに、ショートを守らされ、時々セカンド。なのに、よく跳ねる芝のため、いつもの感覚で捕りに行って、エラー・・・ファンから

『何やってんだー!田中、打てない上に守備もかよー、ピッチャーの足を引っ張るなー!』

とか言われ、本当にかわいそうでした。ファンも、本職がどこかくらい調べて野次らないと・・・。

26 でも、打撃の良い田中雅さん

『全然打てないじゃないか、ヒットぐらい打ってみろー』

って言われ、上手く打ち返しておりました。

この日の敵は、とっても弾む人工芝と慣れないひどい野次だったと思います。

   本日のタスクさん

25 24 23 なぜか突然参加。大きなファールフライ飛ばし、楽しそうに純コーチとお話もしていました。代打だけかと思ったのですが、ファーストに付き守備もしていました。

   

   本日のかわいいバイトさん

28 29 バット係のバキお気に入りの佐藤さん&バキの執着する背番号1を背負っている大嶺さん。先日の西武戦の時、2人だけで仲良く木陰でお弁当食べていたのですが、どう見ても少年野球の子にしか見えませんでした。とってもかわいらしい風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

5月15日 VSライオンズ

我が家の猫たちにとって、成瀬投手先発の前日は、困った日になる。

夫が、「ガスゥ、明日の先発は?」と言いながら、猫の背中をつついたり、尻尾をいじったりして、無理やり『ニャー!』と鳴かせる。確かに、成瀬投手のニックネームは“ニャー”だが、困ったものだ・・・

昨夜、スポーツニュースをハシゴ・・・“なぜ、西岡の超・超・超ファインプレーやんないのか?『あれを流さないTV局は、おかしー!絶対おかしー!』というと、夫はそんな私に『きっと幻だよ・・・』って。

1_7 2_8 試合前の、へーポンは青野選手と仲良く・・・前々日の悪夢は忘れることができたかな?

   試合結果   ○【M2対1L】

   先発   成瀬善久投手

 成瀬投手の招き猫投法(ニャーの由来?)

9_4 3_8 初回から球が甘く、見ているほうは“ハラハラ、ドキドキ”   しかし、ここぞという時、決して弱気を見せず、根気よく丁寧に投球していた。本当に我慢強い投手である。

   本日のヒーロー!

      『剛ではじまり、剛で〆る』

5_7 本日の得点は、初回の2点だけ。スタートが、西岡選手の2ベースヒット。

4_7 6_7 続く早川選手が、犠牲フライでランナー3塁へ。そして、福浦選手タイムリー。

7_6 8_6 サブロー選手ヒットで1,2塁、里崎選手のタイムリーで福浦選手ホームイン。

そして、9回表、小林雅投手はこのところ大忙しで、少しお疲れだったのか打たれる。

無死1塁で、バッターはスイングの強烈な和田選手。二遊間に飛んだ球は、打った瞬間

“抜けたー!”とあの球場にいたすべての人がそう思ったことだろう。

西岡選手が飛びついたが、その後がまた素晴らしい・・・すぐにセカンドに投げ、ゲッツーをとった。

そして、最後のバッターのショートライナーをがっちり掴みゲームセット。

10_4 あのプレーが、ただのファインプレーではなかったことを、ゲームセット後の小林雅投手のハイタッチで実感した。

  『今日のヒーローは“西岡剛!”君だぁ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

5月16日 VSライオンズ

1_8 試合前、へ-ちゃんがいつもと違う・・・西岡選手がなにやら笑顔で接しているのだが、どうも硬い表情のままだ。もしや、前回のことを未だに引っ張っているのだろうか?と思った。

しかし、スタメン発表で、その理由がなんとなくわかる気がした。投手は打たせて捕る小野選手・・・守り万全でなければ、なのにほとんどやっていないショートをこんな日にさせるとは。

その上、外野もシュートを武器にする小野投手なので、ライトベニー選手、センターサブロー選手、レフト早川選手ではなかったのか?風も上空で渦を巻くような日なのに・・・

   試合結果   ●【M3対8L】

   先発   小野晋吾投手

2_9 6回までは本当に良いテンポで頑張っていた。7回は甘い球が来ていたが、相手が下位打線からだったのでなんとかなった。8回は、どうしても交代して欲しかった。防御率なんて・・・といいながら、やっぱり気になる防御率。もし、7回で代っていたら小野投手自責点1だったのにな、もったいないな~。

   本日の得点!

4_8 6_8 2回、ズーリーちゃんのヒット、橋本選手のヒット、

7_7 そしてへーちゃんの不思議な3塁への2ベースタイムリー?(おーい!どう見てもエラーだろ~)

8_7 3回、福浦選手の無理やり力で持っていかないホームラン。(岸投手の球、力任せにバット振ると、芯からずれちゃうみたい・・・)

9_5 6回、ベニー選手の2塁打(塁上でファンに手をあげ、声援にこたえる姿)

   

   

   本日の感動!

6回の今江選手。何とか打ちたいって気持ちが強く伝わってきたシーンだった。10_6 11_4

根性で必死のカット!その後、ヒットが出た。最近、さらっと終わらず懸命に粘り、デビュー当時の泥臭さのような魅力が、また復活したのか?

   あ~あ!

前日あんなに素晴らしい守備と打撃を見せてくれた西岡剛選手を、なぜ休ませたのかな?2年前ならわかるが、その手法(良い状態になるとすぐ休ませ、出たくてしかたない心理にさせる)は、もう効かないと思う。

オーダーも、へーちゃんと小野選手へのいじめじゃないか?と言いたくなる。なぜ、セカンドではなくショートだったのか?それこそ青野選手がいるではないか。

    やっぱり、ボビー疲れてるのかな~?

   本日の逃避

3_9 5_8 堀選手、みんなと練習しないの?コーチになるには早過ぎるのでは?&愛らしいリーンちゃん

   2人合わせて“ホリリーン”

 

オリックスの宮内氏が、チームに怒ったらしい。しかし、怒るところが違う気がする。いつも、変なところにお金を使い、年俸渋って自ら選手層を薄くしているではないか。契約前に、今季絶望かも?という故障をもちながらそれを隠し、契約してから試合には出られない・・・なら、なぜK1にでたり、イチローと無理なトレーニングしたり、故障を少しでも治そうとしなかったのか?そっちの方が問題なのではないのか?

そんなことを思うと、マリーンズってなんやかんや言いながらも平和なのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

5月17日 VSライオンズ

わーい!わーい!もしかして、うちって強い?やっぱり投手陣の辛抱とがんばりって大きいな~。後は、守備を大切にしてくれればいいんだけど・・・。

   試合結果   ○【M3対2L】

   先発   渡辺俊介投手3_10

かなりの球数を投げていたと思うが、よく踏ん張っていた。いつも思うのだが、俊介投手の球は、ホームランバッターは思いっきり振るので、振ってからボールがミットにたどり着く。申し訳ないが、下位打線には遅い球がちょうどいいのか、“ポコン”と打たれる。そういえば、高木選手、先日西武第二球場にいたな~。

   先頭打者ホームラン!

1_9 どれくらいぶりだろう?剛選手の腰をしっかり回してのホームラン。

    

   

       心配・・・

4_9 5_9 3回表、レフト竹原選手と、ショート剛選手が激突!遠目ながらもかなり大変そう・・・なんとか立って守備に戻ったが、どうも様子が普通ではない。

2_10 そして4回、剛選手がヒットで、続く堀選手が四球・・・その時、剛選手の足どりがおかしい。走ることも出来ないようで、歩いて二塁に進むのだが、ふらついていた。脊髄や脳に何らかのダメージがなければいいのだけれど・・・。

二塁でやはり交代、へーちゃんだ。

   憑き物とれたね!

バリバリ日本人気質(?)のへーちゃん、自分のことではあまり力を発揮できないようだが、剛選手があれだけがんばっているのであればと、奮起!

6_9      へーちゃんタイムリー2ベース

7_8 そして、久しぶりに若々しいプレーを見せてくれた堀選手の勝ち越しタイムリー

10_7     堀選手のにこやかなお立ち台

せっかく勝ったのにちょっぴり文句・・・竹原選手のグラブ広げたまま追うのはダメよ。

落下地点に行ってから、ボール捕る時広げないとね。でも、少年野球で教えてもらっているはずなんだけど・・・。

9_6 9回表、2アウトバッター代打栗山選手、センターフライで終了・・・って、早川選手のファインプレーじゃん!良く獲ったと思う。これがプロの外野守備なのだね。

   おまけ・・・

8_8 福浦選手への死球だが、どうみても細川捕手が当てる様にサインを出したと思われる。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

5月13日 浦和対湘南

みなさん、こんにちは。今日は私グレが担当致します。

昨日は残念でしたが、バキひとりでブツブツ文句言ってました。

バキ『なんで、山崎全く動かないで、堂々とあたりにいってるのにデッドボール?避けることをしていないのに、デッドボールっておかしい!卑怯だー!ルールには“打者が避けようとせずにボールに当たった場合はボールになる”って決まっているはずじゃん・・・』って、また荒れておりました。

今朝、テーブルの上にバキからの置手紙がありました。2_11

   

この日は、昼間お兄さんチームが劇的さよならゲームをした日。感動をかかえたまま“薫風”がそよぐ中、気分よく観戦できました。

21_1    試合結果   ●【M1対2S】

   先発   手嶌智さん

28_1 負けは付きましたが、前回よりとても良く見えました。入団当初、即戦力のはずだったと思いますので、今年あたりが勝負の年になるのでしょうか?

   

   守備がんばれにゃん!

1回表、ライトに北川選手の大きなあたりが飛びました。この日のライトは大松選手。実は、この日お兄さんチームでは、ライトのいただけない守備があり、失点に繋がってしまいました。そのため、大松選手が良い守備をすれば、明日から1軍かも・・・って思っていたら、

27_1   やっちゃいました・・・残念です。

おまけに、3塁まで行かれました。普通にしてれば、せいぜい2塁だったのにと。

   本日の佐藤さん

25_1 チーム初ヒット きっちり合わせての打撃

26_1 足も速い佐藤さん、ノリで逆を付かれてしまいました。

   見学会?

23_1 22_1 ベンチ横で見学していた里崎選手と、竹原選手

負けはしましたが、締りのある良い試合でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

5月19日 VSイーグルス

仙台から戻ってのブログ・・・

夫の理解を得て(?)仙台へ出発

新幹線に乗ってから20分位たった所で、ふと外の景色に目をやると草野球らしきものが見えた。「あれ?あの人たちマリーンズのジャンパーっぽいのみんな着てるな~」 そばにロッテ工場が見えてきた

   ・・・って 今の浦和じゃん!

  私が目にしたものは、一応プロの球場だった。

   試合結果   ○【M12対4E】

   先発  小林宏之投手16

それなりに良いピッチング。ただ、あの3回は何だったんだろう。以前、打者の右・左に関係なく、一方方向に狙い打ちされたことがあったが(楽天・西武がよくやる)。その時と似ていたが、3回の失点から立ち直り、コバ宏投手らしいていねいな投球ができていた。

   本日の先制!

1_10 1回、早川選手のヒット、堀選手がきっちり進め、

3_11 福浦選手四球後、ズーリーちゃんタイムリー

   満塁での得点

2回、早川選手死球、きずくと満塁。みんなの心配を一掃してくれた

4_10 福浦選手の2点タイムリー

   つないでルンルン!

同点にされ、夫がいないことをいいことに、吠えまくる4回表。ベニー、タイムリーで2人を返す

5_10 5回、正人選手ヒット後、堀選手、また、きっちりバント

7_9 8_9 サブロー選手、4番らしい3ベースタイムリー&好走塁

9_7 今年こそ復活?また、ベニーのタイムリー

   雨の原因?

11_5 12_2 7回、竹原選手ホームランを打ったのだが、ホームインした瞬間、突如として土砂降りとなり、いっしょに観戦の方曰く、「竹原、ホームラン打ったから・・・」。 そういえば西武戦でファインプレーした時 「明日雨降るよ」 って言ったら本当に降ってしまった。

   たのしい祝杯タイム

13_1 14_1 夜は、お世話になっている方々と、ご一緒させていただき、“素敵なお店で素敵な時間”を過ごさせていただいた。

15_1 とても居心地のよい、お料理も美味しいお店だった・・・また行きたいな。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

5月20日 VSイーグルス

ホテルにギリギリまでいるか、もしくはせっかくの仙台どこか見学って思ったけれど、いざその時になると、さっさと真っ直ぐ球場へ向かってしまう。

到着すると、すでにみなさんいらしてるし・・・。

   試合結果   ○【M8対3E】

   先発   清水直行30

   『おめでとう!本当によかったね』

31 本人も言っていたが、素人の私から見ても前回の方がよかったくらい、この日は調子が安定していなかった。

しかし、ランナーを出してから、必死に踏ん張ろうとする心が感じ取られ、つい応援に熱がはいる。

山崎選手にホームランを打たれたとき、本来なら2-3なのできわどい所で無理せず・・・と考えるのであるが、今回だけは、打たれたら打たれたで、それはそれでいいのだと思った。

この時、清水投手の『今日は四球は出すものか!』という気持ちがなんとなく見て取れたシーンだった。

ボールとコールされた球には、素晴らしいが惜しいという球がいくつもあった。悪いなりにも逃げずにインコースもしっかりと攻める、そんな姿を見ていると、何が何でも勝たせてあげたかった・・・だって、その為に夫をほっといて仙台に来ちゃったんだから。

   本日の先制

21_2 22_2 今江選手の2塁打のあと、調子の上がってきた福浦選手のタイムリー

   繋がっってるじゃん!

23_2 24_1 3回福浦選手が、なんと内野安打そして、4番サブロー選手2ベースのタイムリー。

その後苦手な満塁でベニー・・・ 

25_2 ワーイワーイ!満塁でタイムリーだ~!!

26_2 27_2 5回、怪我がまだ治っていないのに、がんばるズーリーちゃんタイムリーそして、ただいま絶好調のベニー選手の2ベースヒット

28_2 29_1 竹原選手3回に打てなかった犠牲フライ、5回で打つことができ、かなり浅めだったがズーリーちゃん一生懸命走ってタッチアップ成功。

   こんなに強気!

32 中継ぎで出てきた荻野忠寛投手。出るたびごと成長を見せ、見ていて楽しい強気の投球。柔らかくしなるフォームが魅力的だ。

試合時間がとても長く、新幹線遅い時間にしてよかった~と、改めて思った・・・が、楽天の試合は、投手交代もタラタラ、コーチのマウンドの指示もタラタラ、作戦らしいが余分な時間使いすぎ。

ビジター内野はいつも“針のむしろ”状態”・・・そんな中で勝つ試合は、ホーム以上にありがたいく、余韻も長い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

5月15日 浦和VS川崎

11_6 こんにちは、私グレ。

今日から、いよいよ交流戦です。お兄さんチームは、今年も交流戦優勝めざして頑張って欲しいものです。

今日のブログは、先日のファーム観戦記を書きますね。

この日は、強風で不安定なお天気、時々空で『ゴロゴロ』と・・・初夏らしい“青嵐”の日。

でも、私雷が大嫌いで、あの音耳にすると時々腰抜かしてます。

21_3    試合結果   ●【M1対2G】

   先発   大嶺祐太さん

33_1 30_2 24_3 27_4 被安打4 奪三振7 2失点したものの、味方のエラーがあり自責点0。そして完投。肩の力の抜けた緩急のあるピッチング。先日の西武戦での力まかせの投球とはうって変わっての大人のピッチングでした。

31_2 最後の打者をサードゴロに打ち取り、へーちゃんを迎える大嶺さん。

   

   本日の得点ニャン!

25_4 26_3 四球で出塁そして盗塁で2塁に角中さんをおいて 田中雅彦さんタイムリー3ベースヒット

   相手投手さん

オビスポさん 背番号129 ジャイアンツの内野陣が「がんばれ、オビちゃん!」と声をかけているのが印象的でした22_3 23_3

   プチネタ!  

日曜日の文化放送でロッテアフタヌーンレポート(12:20~30)という番組があるのですが、そこでおもしろいことを耳にしました。

その番組担当のかわのをとやさん(ライオンズナイターでマリーンズの応援担当で、あのロッテの敵・斉藤一美アナにいつもいじめられている)が、その日のナイトゲームのライトスタンドで、大嶺さんと黒滝さんが一緒にいるのを見つけたそうです。大嶺さんは人目につかぬようパーカーのフードを目深にかぶって、ひっそりと観戦・・・のつもりが逆に、もの凄く挙動不審で目立っていたそうです。

そして、かわのさんが大嶺さんに「もし1軍でマリンスタジアムで初勝利をあげた時は、“石垣島ファイヤー”をしてほしい」と言ったら、「無理っすよ、そんな~」と答えていたとのこと。

 でも、やって欲しいですね・・・

          “石垣島ファイヤー”

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

5月22日 VSドラゴンズ

交流戦初戦、パリーグすべて勝ち!

敵であるはずのパリーグ他チームの、勝ってるスコアがバックスクリーンに流れると、不思議とちょっとうれしくなるのはなぜだろう?

1_11 試合前、外野の練習に目を向けてみた。

見てはいけないものを見てしまった。

    

     “あちゃ!”ズーリーちゃんしっかりね。

2_12       かわいいお客様

   試合結果   ○【M8対3D】

   先発   成瀬善久9_8

いつもより、ちょっと高め目に行ってたような気がしていた。しかし、丁寧さは相変わらずで、きっちり試合をつくっていた。風のためか、微妙なコントロールがつきにくかったらしいが、大きく崩れるようなことが、あまり見られない成瀬選手のピッチングは、魅力いっぱいだ。コントロールが売りの成瀬投手の敵は、案外風かもしれない。

   本日の先制!

3_12 4_11 剛選手のヒットの次は、早川選手3ベースのタイムリー

         2人でまずは1点!

   うれしい追加点!

5_11 11_7 3回、またも早川選手ヒットで、福浦選手2ベース、

6_11 ランナー2,3塁で里崎選手タイムリー

      強い男!

7_10 ズーリーちゃん、3回に死球があったが、自分に当たったボールを拾い上げ・・・

(もしかして、ピッチャーに投げつけるのか?)

そっと、マウンドに戻しながら、何事もなかったようにファーストへ向かった。

とても紳士的で、素敵だったよズーリーちゃん

   普通の野球が生む、プロの味

10_8 8回、四球ででた剛選手を、早川選手がきっちりバントで進め、

12_4 絶好調の福浦選手、なんとタイムリー3ベースヒット

  “普通にやれば、点取れるじゃん!”

続いて、3回の裏、満塁で打てなかったベニー選手

       『ウッ!また、満塁だ・・・』

8_10 しかし、仙台に続いて、またもそんな心配吹き飛ばしてくれるヒットがでた。それも3得点も入っちゃったし・・・。

   これこそが、プロなんだろうな。

パリーグの他チーム、今日も負けて欲しいような、でも勝って欲しいような・・・複雑な思いの元セリーグファン、今パリーグファンの私。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

5月23日 VSドラゴンズ

 といあえず助かった~、

  ソフバも西武も負けたし、ついでに仲良くうちも負け!

   試合結果   ●【M2対5D】

   先発   小野晋吾投手

3_14 5_12  4回の失点までは、さらっと終わっているように見えるが、いつもの球のキレが感じられなかった。しかし、1失点後、いつもの晋吾投手らしいキレがビシバシ!

さあ、この後は安心・・・と、8回前ベンチ側では晋吾選手、正人選手相手にキャッチボール。

いざ、チェンジになると、8回頭から藤田投手。

この所三振をとりにいくと、バットに当てられ粘られるようになってきている。昨日も、ノーアウト1,2塁にし、薮田選手にマウンドを渡して去っていった。薮田選手もパッとしないうちに打ち込まれる。

ある意味、晋吾投手は勝ちは付かなかったが、傷もない。

最近、急成長をとげている荻野投手と川崎投手。これがよく言う“世代交代”というものなのだろうか?昨日サイン会で、荻野投手と川崎投手にサインしてもらったが、帰りの電車でそのサインを眺めていると、剛選手や今江選手の成長を喜びながらも、少しずつ薄れ行く『小坂誠』へのせつなかった思いを思い出してしまった。

   ベテランで先制!

4_12 10_9 堀選手の2ベースヒットに続いて、福浦選手も2ベースタイムリー

   ゲッツー!

6_13 7_12 5-4-3

9_9 8_11 6-3(堀にもボール触らせてやってよ)

守りが良ければ、必ず負けない・・・勝つはずだったのに。

   本日の根性!

11_8 7回、橋本選手、必死の激走での3ベースヒット。この後、剛選手のタイムリーが出たが、3塁まで走ったので、あの1点があったのだといえる。

   なんだ?

1_12 2_13 リーンちゃんの髪飾りは、《えびふりゃ~》 ・・・次回はシュウマイか?  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

ビジターカモメとライオン前半

朝から雨・・・やはり先発31のあの人だからか?

予定より早い雨ってことは、もしかして夕方には試合できるのかも。

今日は、マスコットねたで・・・。

連休突入の4月28日。千葉ロッテマリーンズは、グッドウィルドームでの3連戦初日。

埼玉ということに加え、ビジターデーということもあり、西武ファンの方には申し訳ないが、半分以上マリーンズファンで埋め尽くされていた気がする。

開門と同時に、ポイント&バッチの列に並んだ。ふと、横に目を向けると、人混みの中でもよく目立つあれが・・・

   そう“アヒル顔のカモメ”2羽

一瞬にして人だかりができ、中央ステージに向かうはずのカモメ2羽は前に進めず。

しかし、嫌な顔ひとつせず(といってもあのアヒル顔のままだが)、サインや写真に快く応じていた。

ひと仕事終え、ライオン達の待ってるステージへ向かう・・・バッチをもらった私も当たり前のように急いでステージへ。

ステージを取り囲む柵には、ブルーのユニフォームを着た子供と親達、ちらほらマスコットファンらしき大人たち。

髪飾りを売りにしているライナに対抗(?)リーンちゃんの頭には菜の花をあしらったデカデカリボン・・・といっても、頭のサイズを考えるとリボンのサイズはちょうどいい。

Marines_07_04_28_093 Marines_07_04_28_088 ライナにリボンを直してもらったり、小道具で遊ぶメス1羽と1頭。

Marines_07_04_28_090 ダンスが始まると、やはりキュートなリーンちゃん。(ライナには悪いが、ライオンがカモメに食われてるし・・・)

ついリーンちゃんをカメラで追っかけていると、突然画面にライオンアップ!

Marines_07_04_28_094 反射的に「うあっ!」と驚いてしまったが、ライナもかわいいし、サービス精神旺盛。

ダンスの後は写真撮影会・・・恥ずかしながら、つい並んでしまった。

司会のおねえさんが、マーくんの地獄耳を知らずに、つい、

  『マーくん目立ちますね~、

    やっぱり頭が大きいからかな?』

     いつものお約束、

マーくん敏感に反応し、一応怒ったふり・・・。

  りーんちゃんは、傷ついて泣いてるふり・・・。

係りの方に、撮影はマスコットだけでとお願いすると、一番最後に回された。

いよいよ私の番。すると、係りの方大きな声で、マスコット達に

  『最後の方、着ぐるみだけで撮りたいって~。』

  “私は、マスコットと言ったはずだ!”Marines_07_04_28_085 Marines_07_04_28_095

着ぐるみではなくマスコット撮らせていただいた・・・。

最後の写真はわがままなファン(私)が、「ラスト1枚」と言われた時、『かわいいポーズお願い~』と言って撮らせてもらった。Marines_07_04_28_089_2

    なぜかカモメが猫のポーズ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

ビジターカモメとライオン後半

自然の摂理なら、むごい事でも自分の中で消化できる・・・が、人間がビジネスのために命をおもちゃにすることには、どうしても怒りが込み上げてくる。

こんなことを考えてはいけないとわかりつつも、“企画した人間もお客も罰当たっちゃえ~!”って思ってしまった。(中国のサファリパーク報道にて)

4月28日のグッドウィルドームはビジターデー。

ドーム外のマスコットの活躍の前半に続き、今日はドーム内での後半・・・

22_4 グラウンド整備中、大きな袋をさげたリーンちゃんが登場。胸には大きなピンクのリボン・・・しかし、どう見てもお買い物のおばちゃんだ。

   

23_5 24_4 36 25_7 その大きな袋をさげたまま、マーくんと一緒に整備係りの方のジャマをし、

37 38 ライオンズのダンスがはじまると座って眺め・・・。

27_6 そして、マーくんたちも参加の場面、袋から出したものは“う・ち・わ”そう、よくアイドルの応援に使うあの顔が載ってる団扇だ。

   

29_2 31_3 30_3 マーくんとレオがアイドルの真似をするのだが、どうもお笑いになってしまう。

次に、リーンちゃんとライナが、漫画の主人公になりきり、歌とダンスをお披露目。

32_1 35 34 なぜか、かわいく、ポーズも決まっていた。

でも、この2頭と2羽、この日のためにかなり練習したように思う。

ビジターデーは、野球の殺伐感を少しだけ和らげてくれる・・・試合中はファンも敵、しかしお互い野球好き。

マスコットくらいは両チームのマスコットを楽しみ、応援してあげたい。

   おまけ!

Pavi7 次の日、マリーンズが勝ち、ヒーローインタビューの際、ライオン達が泣いていた。

いい演出に感じ、ついヒーローよりライオンに目が行ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

5月26日 VSベイスターズ

今回も、雨男がスライド・・・

7_13 始球式は“凄い男”村田兆治さん。相変わらず鍛え抜かれた投球をお披露目。

あの『マサカリ』を撮り、ルンルン気分でトリミングする私。その時、私の背中に激痛が走る。

      『ウッ!痛い!』

椅子と背中の間から丸い異物が・・・恐る恐る手に取ると、そこにはボールが・・・。(私がカメラのトリミングしていた時、ちょうど試合前の選手のボール投げ入れが行われている最中だった)5_13

うれしい痛さを抱えて、私はこの日里崎選手を中心に応援することに決めたのだった。

 

 

   試合結果   ○【M8対3YB】

   先発   渡辺俊介投手9_10

調子良すぎたのか、遅すぎるボールが微妙に速くなっていた気がした。粘られた回もあったが、それなりに気持ちよいアウトが見られ、8回の2失点はご愛嬌ってことで・・・。

   早速の先制打!

11_10 10_11 1回、早川選手のレフト前ヒット、福浦選手のタイムリー2ベースヒットで、俊足早川選手の余裕ホームインで、まず1点。

   続いて・・・

12_5 2回、ただいま絶好調のベニー選手のレフトフェンス直撃のヒット、ランナーをひとり置いての

13_2 青野選手の9号桜島ファイヤーホームラン!

   またまた・・・

15_2 3回、サブロー選手の犠牲フライで4点目。5回、押し出しと犠牲フライで6点となり、なんとなく安心・・・

   

   

   おーい、戻っておいで~!

6回表、1アウトランナー1塁で、仁志選手3-6-3のゲッツー!

お客『ナイスー、にしおかぁ~』しかし、戻ってこない

お客『ゲッツーで、チェンジだよ~ん♪』

やっとチェンジに気づき選手達が戻ってきたが、剛選手とっても恥ずかしそうで、照れながら戻ってきた。

   本日のおススメ!

まずは、青野選手。ホームランも良かったが、

17 8回に打ったライト前ヒットは本当に素晴らしかった。これで、また好調になっていく気がする。

そして、もうひとりが左右の打席でヒットを打った早川選手。

18 その上、守備では一見普通に見えたフライでも、バッターのファールを見て、位置を変えながら守り、集中力を切らしていなかった。

   なんだ?

3_15 2_14 リーンちゃんの髪飾り  崎陽軒?のシュウマイ

ヤクルトは、やっぱり乳酸菌のヤクルトで、広島はもみじ饅頭希望、阪神はたこ焼き?

ただ、地元にいっさい根付こうとしない巨人は、東京ではないし、“新聞紙”?もしかして“札束”?夢がないチームは、思いつかないな~

   おまけ

1_13 6_14   ズーちゃんの、☆だらけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

グレの身に・・・。

俺、ガス。今日は、俺がブログ担当。

昨日は大勝のマリーンズ、おかげでバキ(飼い主)がご機嫌かと思いきや、TVでもパソコンでも試合中継しておらず、BSとか入れてないし、野球が見られないイライラからか、おにゃじの馬券を見て、

Baken2   『なんで単勝だけなのよ~!

    馬単とかワイドとかは買ってないの~?』

って八つ当たりされてた。当たって文句言われるとは・・・相変わらず、不幸なおにゃじだ。

   

05_28 ベランダに出て、心地良い風を体に受け、日差しがちょっぴり強い季節。

去年の今頃、決してあってはならない事件が起こった。

俺たちは、とても音に敏感。わずかな音でも、聞きなれていない音だとすぐに警戒する。

その日は、バキ(飼い主)がまわりを注意せず(いつものことだが)、ベランダで洗濯ものを干していた。

毎回、おにゃじに

「ベランダに出る時は、必ず猫達のことをしっかり見ておくように・・・。」

と言われていたのに、まるで馬耳東風のバキ。

グレがベランダにそっと向かった。俺は心配だったが、気軽に出ることができない俺は、下半身を部屋に残し、身を乗り出すように上半身だけベランダに出し

「グレ~、大丈夫?」と小さく声をかけてみた。

と、その時

     『ブオ、ブオーン!』

と凄まじい爆音が聞こえた。俺は瞬間的に体が動き、部屋の隅へと避難した・・・と同時に、

         『あっ、グレ~!』

と、バキの激しい叫び声。

おにゃじが、バキの叫び声で駆けつけていたが、同時にバキが玄関を飛び出していった。

俺は何があったのかわからなかったが、グレの身にきっとなにかが!

心配になり、部屋の中からだが、ベランダに向かって

     『グレ~、どこにいるの~?』

と何度も呼んでみた。

すると、ベランダより遠くから、

   『ミャオー!ミャオー!』

 と、グレの必死の“SOS”の声が・・・。

俺はどうすればいいんだ?とりあえず鳴くしかない。

俺は必死に鳴き続けた・・・と、バキが玄関からグレを抱え戻ってきた。

「グレ、バイクのエンジンふかす音で驚いちゃって・・・ベランダから飛び降りちゃった。」

言い訳するバキに、ただただあきれる俺とおにゃじ。

「ガスうるさい!あんた、鳴きすぎ・・・。」と、バキの八つ当たり。

それを聞いたおにゃじは、

「ガスは心配で鳴いてたのがわからないのか?あんなに注意しろっていったのに。ガスに当たるのはおかしいぞ!」

とバキを叱った。

(さすが、“俺たちのおにゃじ”、

もっとこの“不注意バキ”にいってやってくれ~!)

かわいそうに、グレはよっぽど怖かったのだろう、

    この日から少しの間一人(?)でベランダにでなくなった。

やはり、猫は忘れっぽい、最近グレも、またそっとベランダに出て行くのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

続 グレの身に・・・

05_29 今日も俺、ガスがブログ担当。

昨日の昼間、バキ(飼い主)が

『うちの福浦は、お金で外からとって来たんじゃないんだ!高校からの大切に育てた生え抜きで、軸なんだよ~!当てるんだったら、うちの4番当ててよね~!』って怒ってた

おにゃじがぼそっと、

   『4番も一応生え抜きなんだけど・・・』

夜、帰宅したバキは、昼間とうって変わってご機嫌だった。

     我が家の平和はマリーンズ次第か~。

   

バキ(飼い主)とおにゃじ(飼い主の夫)は、野球シーズンの土日、昨年まで朝早くから出かけていたが、今年は開門が早まり、朝6時頃に出発するのはやはりキツイらしく、逆に試合ギリギリに行くようになった。

おかげで、ベランダに出て日光浴もよくしてくれるようになり、俺はずっと側にいられるのはジャマだが、朝のすがすがしさを味わえるのはちょっぴりうれしい。

そんなバッチ配布とやらのある日、

『今日配布だったから、おにゃじ急いで行って!私は、ギリギリに行くね。』

と、おにゃじはバキに催促されながら

『じゃあ、先に行くね。 

 くれぐれも“ガスグレ点検”忘れないように・・・』

バキは冷たく

『わかっているから。はやく行かないと・・・』

と、追い出すようにおにゃじに言っていた。ちなみに、“ガスグレ点検”とは火のガスに加え、俺(ガス)とグレ(俺の姉)がちゃんといるか?の点検のことだ。

   家には、俺とグレとバキ。

バキは、晴れ渡る空を眺めながら、唯一マメにやる洗濯(といっても、実際は洗濯機が仕事してるのだが)をし、ルンルン♪しながら、洗濯ものを干していた、俺達が一緒にベランダに出ていることも気づかず・・・。

バキが洗濯ものを干している間、俺は風の香りを楽しみ、日差しを体に取り入れ“外”をそれなりに満喫。

バキが、せっせと支度をし、いざ出かける時間になった。

『お風呂のガス大丈夫!ガス(俺)も大丈夫!グレも・・・あれ?』

『グレ~!どこ行ったぁ?おいでぇ~』

だんだん、バキの声に引きつりがともなってきた。

『グレ~、グレ~、どこ~?』

猫じゃらし片手に、狭い部屋じゅう探したが、グレは見当たらないらしい。

俺も、以前の事件(グレがベランダから落下)があるので心配になってきた。

バキは最後の手段を使った・・・“モンプチ”だ。

缶詰を開ける音をゆっくり響き渡らせ、

   『グレ~モンプチだよ~』

しかし、どこにもいる気配がしない。

バキが窓を開け、外に向かってグレを呼ぶ。俺も“モンプチ”どころじゃなくなり、窓に手を掛け、外に向かって『ニャー』と叫ぶ。

しかし、どこにも見当たらず、バキは玄関をでていった。外のほうで“グレ~”と呼ぶ声が、むなしくこだまする。

玄関でバキを待っていると、バキが手ぶらで戻ってきた。やはり、見あたらなかったらしい・・・。

目を潤ませながら、俺を抱きしめ、

『おにゃじに、連絡しなきゃね。離婚かも・・・あんたはどっちに付くの?』

と、肩を落とし言った・・・と、モンプチの入っているお皿のほうから

“クチャクチャ、ペチャペチャ”

と音がし、そちらを見ると、何事もなかったかのように、キジトラ一匹食事中。

 『い、い、いったいどこにいたの?』

グレは、いったいどこに隠れていたのか?俺をも欺くとは・・・。

『あんた、猫なのに、なんでグレの隠れてたとこわかんなかったのよー!』

と、俺に八つ当たりしながら、バキはあわてて球場へと向かっていったのだった。

おかげで、時間外のモンプチを食べられたが、心が敏感な俺としては理解しがたい時間を過ごしてしまった気がする。

05_29_02 グレは、のんきに寝てるし・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

マーくんとゴキちゃん

ズー・・・じゃなくて、ズーリーちゃんが登録抹消。

ちょうど交流戦中だから、しっかり怪我を治してもどってきてね。

   

5月15日、この日夫から

「ゴキブリ来るから、撮り忘れないように!」

と言われたが、傍から聞いたら変な話である。

中央ステージに向かい、ゴキブリ探し・・・しかし、なんの気配もなく、恥ずかしながらも係りの方に、

「今日、ゴキブリ来ます?」

と、なんか変な気分でお伺いしてみた。

すると、とても親切に問い合わせて下さり“ゴキブリ”の登場時間と、企画内容まで教えてくれた。

そして、時間が近付くと、トーク上手なこなつお姉さんが登場し、ゴキブリについての説明。

『今日は、女の子のゴキブリと男の子のゴキブリが、もうすぐ来てくれます。そして、ゴキブリが問題を出しますので・・・』と、なんか不思議な説明をしていた。“ゴキブリ”という言葉にやはり抵抗を感じる。

51 ふと、通路を見ると、必死でゴキブリが紙を見ながら練習をしている。

  

  

   そして、いよいよ登場

とてもリアルなスタイルである。

52 “ゴキちゃん”と呼ばれていた、女の子のゴキブリが、かわいいと言うより、おもいっきり色っぽいのが、摩訶不思議。

53 54 55 その後、ゴキブリ退治のアース君やら、アースジェットくんやら、しかし、動きが大変そうで、階段ひとつ上がるのにも、2人がかりの大仕事。

   =いざ、球場=

58 56 57_1 59_1 身軽なゴキブリたちは、ダンスにもすんなり参加。マーくんとのからみもなかなかのもの。(ゴキちゃんをいじめる?マーくん&クール・・・がんばれゴキ!)

それに比べて、アース君やジェット君は動くの大変!

でも、大変ながら必死にジャンプしたり、自由のきかない短い手をパタパタ動かし、なんかいじらしくなっちゃって、心の中で“がんばれ~”って応援していた私。

球場外で、マスコットを見ても、たいして興味を持たないが、なぜかマリンスタジアムだと、どんなマスコットにも興味が湧いてしまう・・・なぜだろう?

60 ちなみに、先発成瀬投手だったけど、なんかもの珍しそうにマスコットたちを眺めていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木)

リーンお仕事&クール転職?

昨日はRCCインターネットラジオに感謝!今日もロッテ対広島戦、流してくれるかな~?

先日、佐藤賢治選手にマリンスタジアムでのフェンスギリギリフライだったが、とても素晴らしい打撃フォームだったので、その写真にサインを頂いた。

一言、『浦和だったら、確実にホームランだったのですが・・・』と。

そんな狭いファーム使用の浦和より、1軍使用の神宮球場はもっと狭いのだ。

しかし、広島球場はそれよりさらに狭い(これでいいのか?)

ヤクルトのガイエル選手は9本もHRを打っているが、神宮4本、広島3本、とっても狭い盛岡1本、円山1本、広島の新井選手は14本中9本が神宮&広島球場・・・これじゃあ、ピッチャーもやってられないよね。

逆に、黒田投手がパリーグにきたら、もっと活躍できるんだろうなぁ~。

5月17日。親子試合が行われるはずだったこの日は、昼間雨が降りファームの試合は中止・・・しかし、予定もないので、早めにユルユル球場に向かった。

お客さんたちも、ちらほらで、なんとなく優勝前のほのぼのマリンスタジアムだった。

中央では、マスコットではなく、DJの方とこなつお姉さんが、大人チックなトークをお披露目。

お二人のトークを、ボーっと遠目で見ていると、

『銀だこさ~ん・・・あっ!クールが△#◆※○』

(えっ?なに?クールが銀だこ?)

意味わからず、銀だこさんに目をやると、クールがなにやら銀だこさんと交渉。

 すぐさまカメラを用意し、“猛ダッシュ!”

     【クールたこ焼きを焼く】35_1 31_4 32_2

              ん?転職か?

33_2 34_1 37_1 平日は、子供と言えばかなり小さい子達。リーンちゃん、リリーフカー?で、ファンサービスしていた。

36_1     みんな、いろいろ考えているんだな~

球場に入ると、マスコット達はそこでもいろいろ頑張っていたのだが、マーくんとリーンちゃんが西武の選手となにやら楽しそうにしていた。

38_1 (マスコット好きな選手いるんだ~、ナカジーかな?和田だったりして~、GG佐藤あたりだと面白いよな~)

39     ・・・って本当にGG佐藤かよー! 

   敵の選手がちょっぴりかわいく見えてしまった。

他球団の選手の癒しにもなってるマーくんファミリーは、やっぱり凄い。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »