« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月 1日 (金)

5月31日 浦和VS山形

05_31_1 みなさん、こんにちは。

今日は、私グレが担当致します。

お兄さんチームがんばってますね。“にゃー(成瀬善久投手)”さんが、また勝利投手。昨年、打てない守れない、1失点したら負け投手、それが当たり前だと思って投げていたせいか、今年は多少打てなくても、エラーが出ても動じなくなっていますね。

昨日、久しぶりに浦和球場に行ってまいりました。

ロッテ工場通りは、青々と茂った“新樹(しんじゅ)”が、暑さを和らげてくれていました。

 10_12   試合結果   ○【M9対4E】

   先発   手嶌智さん

1_15 前回いい感じでしたが、今回はまた少し、不調なようでした。ランナーを出すと、どうも打者への球が甘く入ってしまうみたいでした。低めのいい球何度かあったのですが・・・。

手嶌さんの後を任された、相原さん、松本さん、黒木さん、三島さん、しっかり抑え勝利しましたが、ファームにお詳しい知り合いの方が

『なんで、抑え内を出して育てないんだ?三島は先発にしてるんじゃないのか?わかんないな~』と、悩んでいらっしゃいました。

   もう、大丈夫?

2_16 3_16 センターに大塚さんが入られました。内野安打(エラーっぽかったのですが)で走ってましたが、守備から戻られる時、なんとなく走りがぎこちなく、まだ調子が良くないのでは・・・と思わせる雰囲気でした。焦らず、じっくり治していただきたいと思います。

   本日のおススメにゃん!

4_13 逆転タイムリーを放った細谷圭さん

5_14 素晴らしい走塁で、サードに滑り込む細谷さん。

6_15 7_14 5回、7回にも細谷さんにヒットがでて、打撃好調でしたが、それ以上に守備が光っておりました。2度ほど、明らかに内野安打になる球を、猛ダッシュで捕りに行き、体勢斜めに崩れながらもファーストに好送球。細谷さん、噂通りの『打てる小坂』になってきています。

   あっ!この人もここに・・・

怪我でもないのに、ファームの試合に出るのは、きっとつらいと思います。速い真っ直ぐには強いのですから、変化球にバットが当たるよう頑張ってくださいね、ワティさん。

11_11 5回、ワティさん犠牲フライ。(諸積コーチがどうしても入っちゃうんです。どいてって言えないし・・・)

    

   

  プチおススメにゃん!

9_11 8_12 7回、根元さんのタイムリーに、途中交代でレフトについていたバキお気に入りの佐藤さんの技のヒット。

のんびり楽しく観戦しすぎて、9回終了してもまだ観ていたい気分でした。平日のわりに、観客の方多かったにゃ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

マーくん&クールin仙台

今日は、夫が神宮にヤクルト対ロッテのチケットを買いに、朝早くから出かけていった。

ただ、ちょうど大人気の大学野球があるので、窓口間違えなければいいのだが・・・

   

5月19、20日の仙台ビジターデー。

マーくんと共に、今回はクールがお供に・・・

51_1 試合前の中央ステージでは、楽天ファンの子達とクラッチーナのからみが少しあり、その後“マーくん&クールショー”が行われた。

54_1 52_1 53_1 ノリノリの2羽は、ステージの隅から隅まで使って、おおいにアピール。

ビジターのマリーンズファンにとっては、うれしい企画・・・楽天ファンもいっしょに楽しめ、なんか平和。

場所をカラスコの巣に移動し、熱いクールのライブステージ

 55_1 56_1 57_2 58_1           ・・・一曲しかないのが辛い。

クール、CDデビューしたはいいが、自腹でCDつくり、10枚くらいしか売れてないらしい。

興味あったら、誰か買ってあげてね(ごめん、私は買ってない)

    球場内では、お得意ダンス!

61 62 63   クラッチとクラッチーナとのからみもOK

60_1 59_2 マーくん、楽天のお姉さんのダンスを目にすると、ボンボンもって近寄って、一緒に踊りはじめっちゃうし♪

64  やっぱり、今回も気が付くとダンスチームのメンバーしてるし・・・。

マーくんも、クールも大忙しの遠征だっただろう。

   おまけ

71 カラスコのいつもの、壁ぶち当たりシーン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

6月2日 VSスワローズ

なんか久しぶりのマリンスタジアムって感じ・・・

   試合結果  ●【M2対3YS】

   先発   小野晋吾投手

4_14 5_15 あ~負けちゃった・・・でも完投なんだよね。

3回の福川選手へのHRは、“置きに行っちゃった”球に見えた。(あの打率見ると、つい簡単にいってしまう気持ちもわかるな~)

ただ、いつもの晋吾投手より、全体的に球が高めだった気がした。

   本日の足!

10_13 まずは、“ボー”っとしてるかと思ってたら、しっかり盗塁できたサブちゃん

12_6 走れば、必ず決めるベニー選手の余裕の盗塁・・・しかし、余裕なのにいただけない守備をされ、ベニー選手が踏みつけられ怪我。

14_2 11_12 怪我も痛いが、チームも痛い!

(なんで、ベニーのユニフォーム破けてんのよー、田中浩!)

ここでみんな盛り上がる・・・はずなのに、我らがマリーンズは逆転される。

私が『普通、ベニーのためにも“勝ってやる!”って思うでしょ?』と、腹立たしくなり夫に愚痴ると、

夫『だってみんなベニーが好きだから、心配で試合どころじゃないんだよ、きっと。』

 そんなふざけた解釈もあるのか~と思ったが、

     我らがマリーンズなら、案外ありえるかも・・・。

   本日の得点!

6_16 4回、福浦選手のライト前ヒット。

8_13 サブロー選手、客が『ライト狙って~、穴だからー!』の声援に答え?ライト前2ベースタイムリー

7_15 ベニー選手センター前タイムリー

   流石、ふくうら~

15_3 17_1 猛打賞に加え、3-6-3と、3-6-1のゲッツーが2つ。つい、ファーストベースを踏みたくなるのを我慢して、セカンドに投げるところが、やはり“流石”なのである。

   私の本日希望

どうしても、ガイエル選手だけには、HRを打たれたくなかった。彼をHRバッターとして扱うなら、パリーグの球場でHRを打ってからにしてほしい。好き嫌いは別として、HRバッターは、松中選手(夕べの走塁は最悪だったが)や、カブレラ選手、山崎選手、ローズ選手、ズレータ選手(うちの青野もかな?)くらいなら納得するが・・・。

   ふと思う・・・

考えてみれば、ズレータ選手、今江選手、堀選手、大塚選手、(もれなく大松選手も)は居ず、早川選手(昨日の内野ゴロは、いつもなら内野安打)は明らかに怪我らしい、剛選手、福浦選手も万全ではないようで、そんな中での試合、やっぱり強いのかも、うちって。

今は、ベニー選手が何ともないことを祈るだけ・・・。

へーちゃん、いたって健康!

   報われないヒット・・・

19 なぜだろう~?ヘーちゃん、9回にもう少しでホームランだったのに、ヒットになっちゃった。いつも、微妙に運がないんだよね。次こそがんばれ!

   なんだ?

2_17 1_16 予想?通り・・・といっても、みんな想像がついた『ヤ・ク・ル・ト/乳酸飲料』

いつも、手作りなんだな~

案外、リーンちゃんの髪飾り、楽しみにしているファン多いと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

6月3日 VSスワローズ

昨日は、ピンバッチの日&“つば九郎”が来てくれると思った日

来てくれなかった・・・(悲しいな~)

いろいろ、球団の事情があるんだろうけど、去年は来ていて今年はパスって・・・案外、楽しみにしていた人多かったと思う。

つば九郎を気に入って、日帰りでいけるからと神宮まで、定価で座席を支払うお客さんが来てくれたかも・・・。

以前、マーくんをビジター球場で見たからって、来ていた他チームファンいたな~。

ちなみに、マーくんが行くから私はビジターの応援にいくんだぁ~。

   試合結果   ○【M5対1YS】

   でました~!腰を使った

       先頭打者ホームラ~ン3_17 4_15 6_17

ぬいぐるみの投げ入れ、失敗すると自分でとりにいくのね。

先日まで、この男はやはりセカンドがいいと思っていた・・・が、もうそんなことは思わない。

小坂ファンとしては悔しいが、上手くなった!

今日もやってくれた、客の『西岡~、正人~、ゲッツー!』に答えての6-4-3のプレー

7回の表のショートゴロ、ランナーもいて、変なバウンドだったのに上手く捕っていた(この日は私3塁からの観戦)

   “堅実9個のセカンドゴロさばく”

7_16 この人がいたから、1失点!と思えるほどの、いい動きをしていたのが『渡辺正人選手』だった。やはり、正面でキチッと捕る丁寧さはピカイチ!

   怒涛の8回裏!

8_14 あっ!いたんだ?だったら、昨日出て~の代打堀選手の、2ベースヒット。

9_12 剛選手のレフト前ヒット・・・代走へーちゃん打者剛選手のために(?)『迷走塁で、名手惑わす』、宮本選手にショートゴロ捕らせず、レフト前ヒットに導く。

つい、「へーちゃん、なに行ったり来たり、ウロウロしてんのよ~」って小声で文句を言ってた私。

13_3 福浦選手、右中間への2点タイムリー2ベース。

12_7 サブロータイムリー、

11_13 激走をみせた福浦選手。

14_3 おまけにベニー選手までも、タイムリー

   “ヒーロー”

先発の渡辺俊介投手1_17

すばらしかったが、6回宮出選手への投球はどうしたのかな?すご~く変だったよ。あの長身が気になったのかな?

16_2 ヒーローインタビューの時、俊介投手とマスコット達の、コアなからみが面白すぎて気になり、福浦選手のインタビューがうわの空になってしまった。(写真内容、俊介投手が手に持ってる人形を左右に動かし、それにあわせてリーンちゃんも動いてたシーン)

17_2 その後、福浦選手にズーちゃんからもうとしたけど、福浦選手なかなかからんでくれず・・・    

   「福浦選手ゥ、少しはからんでやってね。」  

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

ズーちゃん探偵

今日から、ジャイアンツ2連戦。カモメとウサギのからみはあるのだろうか?

ウサギは来たくても来れないだろうな・・・自分の事しか考えない球団だから。

    

ファンサービスの一環として、選手だけではなく、マスコット達もいろいろ考え、私たちを楽しませてくれている。31_5 33_3

   

   では、ズーちゃんどうぞ・・・40_1 41_1 42_1 43_1 44_1 45_1 46_1

いかがでしたでしょうか?ズーちゃん探偵ショー

今後とも、マリーンズのマスコット達を応援してあげてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

6月5日 VSジャイアンツ

球場に着くと、どうもいつもと雰囲気が違う・・・そう、年齢層がかなり高い空気。

前売りを買っていると、横から『指定席の窓口は?』と迷子のおじいさん。

暇な私は係員に変身、一般窓口にごあんな~い!

ユルユルBゲートに行くと、またもや迷子の疲れ果てたおじいさん。不親切な係員さんに当たり、大きなショックを受けていた。私暇だったので、またもや係員代行ってことでごあんな~い!

こんなおじいさんたちの為にも、Gは生え抜きの選手を育てて欲しい。

   試合結果   ○【M5対4G】

『守りよければ、必ず勝つ!』内野も外野も、素晴らしいプレーがわんさわんさ、守備を観ているだけで充分満足できた楽しい一日だった。

   先発   久保康友投手

3_18 7回に粘られた時、この回までと思ったが、ボビーは8回も出してきた。引っ張って失敗したのに、今回も・・・と言う事は、ボビーは長い目で見て、久保投手に踏ん張る力とスタミナを付けさせたいと考えているのではないかと、いつもの勝手な解釈をしてみた。8回は、やはり疲れからか打たれてしまったが、それまではインコースもキチッと攻め、ノーアウト3塁でもしっかり踏ん張りきれた。

12_8 久保投手って“ピカチュウ”と相性良いんだよね。

11_14 この日も熱くしてくれた薮田投手。二岡選手を三振にとった時は、快感だった。

   今回も先頭打者ホームラン

2_18 剛選手のホームイン。悲しいことに、皆さん落ち着いて席に着いてくれず、心霊写真みたいなのばかりの一日。いつもは、チェンジなどのタイミングで、皆さん動くのに・・・剛選手のホームラン、誰かの頭になっていた。

6_18 サブロー選手の2ラン!

   『いいぞ!サブ&正人&里』

3回表、“クロスプレー”になると思い、カメラを構えると、女の子2人が私の前でカキ氷食べながら、止まった~

9_13 私、急いで立って、女の子の間に割り込み、必死で撮ったが、やっぱりぼけちゃった(涙)。

サブちゃんの返球を正人選手が入り、そして里崎選手がブロック、アウト!

そんな素晴らしいプレーのさなか、なんでウロウロするんだろう?

   =里崎選手のなせる業=

13_4 14_4 15_7 8回、ノーアウトランナー1塁。里崎選手打つ構えからバントに切り替える。それを2度した後、あきらめて最初からバントの構えで・・・と見せかけて、バスター。あと少しでセーフだったのにね。

      ジャンパイアー?

5_16 17_3 佐々木さん、勘弁して~、里崎選手のストライクは我慢するとしても、橋本選手のはどうみてもボールでしょう。

   なんだ?

“札束”なんて、品のない発想をしていた私と違い、さすがリーンちゃん。

1_18 8_15 本日の髪飾りは、『東京ばな奈?』。今回もかわいらしい手作りで、本当に感心させられる。きっと、とても悩んだんだろうな~。

   おまけ10_14

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

6月6日 VSジャイアンツ&危険球でしょう!

まずは、下品な言葉で失礼いたします。

  『危険球だろがー!

    ナ・カ・ム・ラ~!!』

8_17 根元選手は、1,2軍の間にいるため、めまいしようが何しようが、そうやすやす『痛いから代わらせて・・・』なんていえないのよ!・・・しかし、頭は心配。ちょっとでもおかしかったら、必ずお医者さんにみてもらってね。ボビー自身、その経験者だから、人一倍心配してたんだろうな。

   試合結果   

○【M9対4G】・・・あっ!誠はGだった【M8対5G】

   先発   小林宏之投手

バットの芯でとらえられたかな?って思う球もひと伸び足りず。風の向きから考えると、ライナーはかなり伸びるはずだが、宏之投手の力が勝っていたのだろう。

とりあえず、“勝ち投手おめでとうございます”

   本日の決め手!

2_20 まこっちゃんがベンチにいたこと。

1回の早川選手のあたり、てっきりショートゴロかと思いきや【ヒット】

投手はショートが捕ってくれると思ってたんだろうけど、“誠はベンチ、残念!”

   4番の仕事

3_20 今日も爆発、サブロー選手の2点タイムリー2ベース

   もう1点!

4_17 1_19 3回、剛選手のヒット、早川選手がきっちり送ると福浦選手も犠牲フライ

またも“4番サブロー”がタイムリー

   その後・・・

6_19 根元選手にタイムリーが出て、当たってる剛選手に2点タイムリー、

7_17 またまた、サブロー選手ダメ押し2点タイムリー

   本日の不満&満足

9_14 10_15 なんでみんなまこっちゃんに任せないんだろう?

あっ!そうか、いつものショートは捕りに来ないもんね。

11_15   小坂選手の2ベースヒット

               なんかうれしい・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

6月6日 浦和VS所沢

06_07 今日はわたしグレが、グッドウィルドームで行われたファームの試合を担当します。

お兄さんチームは、ただいま絶好調のようで、我が家では『なぜ、サブローがあんなに変身できたのか?』が話題になっております。

バキの主観的意見は

   「昨年より、バット短く持っている気がする。」

とのことですが、とりあえず横浜戦も頑張ってください、4番サブローさん。

Good_will ファーム戦ですが、ドーム内で行われたため、紫外線を受けずネット裏の『ふかふかシート』にて、適度な“涼風”を感じながらの観戦になりました。23_7 22_7

   試合結果   ●【M2対3GW】

   先発   手嶌智さん

24_6 相手メンバーを良く見ると、びっくりしました。石井義さん、おかわりさん、リーファーさん、貝塚さん、柴田さん、後半赤田さんまでも・・・いつにも増して1軍メンバーばかりで、『なんでここにいるのかしら?』と、不思議に思う選手が何人もいらっしゃいました。

そのメンバー相手に3失点なら、なかなかのものではないでしょうか。

   3回の攻撃!

27_8   神戸さんヒット後、

25_9 細谷さんタイムリー

   5回の攻撃!

28_3 藤井さんの2塁打、

29_3 31_6 新里さんのヒットでランナー3塁、早坂さんの犠牲フライで得点。

21_5 30_4 フレッシュリーグに選ばれ、以前いらした四国リーグに今のバージョンアップした姿見せられるね・・・って思う角中さんの2塁打、でも新里さんホームでアウトになってしまいました。

正直、 『ふかふかシート』の誘惑で、試合を観る気持ちが緩みがちになってしまいました。

我が家にあんなシートがあれば、一日中そこでゴロニャンしてるのにニャ・・・。

      

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

今年もみんなで・・・ドラゴンズマスコット前編

昨日は、サブちゃん9打数連続ヒット途切れて残念だったが、そこがサブちゃんらしいな~

でも、チームは大勝、清水投手は完投でいい笑顔と、いいことばかり・・・明日は“にゃー”頑張ってね。

   

5月22日、23日のマリンスタジアムでのドラゴンズ戦には、今年もあの3人(?)が来てくれた。34_2

22日は私一人観戦だったが、23日は夫も一緒に観戦。

おかげで役割分担ができたが、23日は私がサイン係り、夫は“マスコット撮り”係り。

かなり恥ずかしかったようだが、中央ステージでのショットは、『わが子を撮る親』を演じながらマスコット達を撮ったらしい・・・でないと、M’sクラッシュを撮る気持ち悪いおじさんになってしまうので(マスコット撮ってる夫も、充分気持ち悪く見られると思うが・・・)。

試合前からの、中央ステージでは、我らマリーンズが誇る抜群のしゃべりの達人こなつお姉さんの司会で、

   ドラゴンズのマスコットエンジン全開!

昨年には見られなかった、シャオロン&パオロンのスピーディーな動きに、夫は感動したそうだ。35_2 36_2

どの角度から見ても、かわいすぎて癖になる

        “ピンクの竜”

37_2 相変わらず、動きが激しすぎて、単に落ち着きのないマスコットに見えてしまう頑張りやのドアラ。

我らがマリーンズ自慢のマスコット達も負けていません・・・のはずが、

まあ、企画としてサラリーマンにちなんで、リーンちゃんのネクタイ姿はいいとしよう。39_1

38_2 しかし、マーくんとクールの、地方の飲み屋街の呼び込みにしか見えない姿は、なんと言ったらいいのか。いったいどこで借りてきたのか?そのコスチューム。

 なんやかんやいいながら、

        そんな姿がうけるのだが・・・。

     =クールのやさしさ=

抽選でのサイン会が中央ステージで行われたのだが、2人1組でサインをする。しかし、成瀬選手は一人ぼっち。待てどくらせど、もうひとりの選手は来ず・・・

かわいそうに思ったのか、クールが隣に座りもうひとりが来るまで相手をしていた。

  『いったい誰だ~!

   天下のニャーを待たせるのは!』

              ・・・清水投手だった。

        (だめじゃん、清水ゥ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

6月9日 VSベイスターズ

選手は今頃名古屋か~。

のんきなサブちゃん、ヒット出たけど、前の打席で打ってほしかったなぁ・・・。

バットに当ててほしかったなぁ~。ほんのわずかなことだけど、ランナーをひとつでも進めるって、やっぱり大切な気がする。

「3回なぜ早川選手にバント?いつも、『きっちりバント~』といっても打たせるくせに、何を弱気になってんの?もし、確実に点を入れたいのなら、1回からランナー進めることにこだわってよね!」な~んて、えらそうなこと思っていた私。

   試合結果   ●【M0対2YS】

   先発   “にゃー”

1_20 5回失点2・・・どうみても高めで、コースが決まらない。よくぞ2失点で抑えた!負けはしたが、大崩れせず、ボビーも変に引っ張らず、傷口小さくさっさと交代させて、しまりあるゲームを作らせたと思う。

贅沢言わせていただければ、データを重んじるのなら、パワーの吉村選手には四球覚悟でのきわどい低めの投球をして欲しかった・・・だって、1塁あいてたじゃん。

   二番手   荻野投手

2_21 クルーン投手のためなのか、球速の表示本当なのかな?って・・・。

荻野投手が、ガンガン140k出してるんだもん。

相も変わらず、柔らかいフォームからくりだす球は、ファンをも魅了する・・・て感じ。

本当に140Kなら、出るたびごとに球速上がってる様な・・・。

   三番手   川崎投手

3_21 先日の悪かったところを、しっかり直し、エラーがでてもなんの動揺もなく、淡々と自分の投球をし、しっかり抑えていた。

   お・さ・え? 小宮山投手

4_18 なんで、さらっと抑えちゃうんだろう?

こんなに簡単に抑えちゃうんだったら、にゃーにいろいろ教えてやってね・・・って思ってしまったほど。

負けてるところで出てくる投手がいいと、最後まで試合が締まる。マリーンズは、やっぱり投手陣が自慢だね。

   

確かに負けはしたが、日ハムも負けたことだし、横浜も今苦労してることだし、たまにはいいかって思ってしまった。

しかし、今日、明日は何が何でも勝って欲しい。だって落合監督、ロッテに愛がないもん。

       プチネタ!

近日中に、ある選手の重大“祝”発表があるという噂(あくまで噂)を耳に・・・いい仕事をして、堂々と気持ちよく発表できるといいね(もしかして、発表無理かも)・・・。

      《予 告》

5_18 後日、マーくんたちのハマスタ編載せる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

今年もみんなで・・・ドラゴンズマスコット後編

昨日も残念・・・しかし、めげずに今日はがんばって!

   

5月22日、23日のドラゴンズ戦でのマスコット達ネタ後編(ブログって一般的に日記らしいが、気にしないでほしい)

球場外のファンサービスも楽しいが、球場内でのファンサービスも感心するものばかり

マスコット同士のダンスもいいが、そのまえの何気ないわずかな時間に、思いがけずかわいい風景をみかける。

14_5 67 定番だが、つい見てしまう試合前のマスコット達のダンス。

22日の企画は『花火』

22_8 23_8 24_7 25_10 マーくん対ドアラの花火対決という趣向だが、花火を打ち上げるまでのからみがまた面白い。

23日は、サラリーマンの日。なんと、ドアラも協力してくれ、ドアラ&クールのスーツ姿でのアクロバット競演が行われた。

48 49 66 ドアラと共にドラゴンズのダンスのお姉さんたちも来てくれた。

昼間、バスでお姉さんたちと一緒になったが、試合前ディズニーランドに行って来た様で、楽しそうにお話していた。いい思い出になったかな?

68_1 どこかの球団の勝手な考えで、交流戦が減って、変なスケジュールになったが、マスコットの交流は昨年にもまして深いものになっている気がするが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ビジターカモメ、湾岸交流!前半

あ~あ・・・負けちゃった。

残念だったけど、シーズン全部勝てるわけないから、今はちょっと一休み。

    

6月9日、ハマスタにマーくんを見に・・・いやいや、試合観戦に行ってきたのだが、マーくんとリーンちゃんもしっかり遠征。

昼は野球、夜はサッカーの湾岸対決があるということで、4チーム&TBSのマスコットが勢ぞろい。

23_9 28_4 千葉からは、アヒル顔のカモメ2羽&秋田犬の“ジェフィ”と“ユニティ”

21_7 22_9 横浜からは、☆3個&千葉のカモメよりアヒル顔しているカモメの“マリノスくん”と“マリノスケ”

試合前の球場外でのマスコットショーを見に・・・と言うより、撮りに夫をほっておいて、マスコットたちのところへいそいそと。24_8 25_11

     =愚痴です=

いつもマーくんファミリーに付き添っているお兄さんが、

「ここまで下がってくださいね~。はい、僕達(子供達)もここまで下がって並ぼうね~」

と、いつものやさしい言い方で、列を整え子供達も見えるよう配慮してくれた。

     しか~し!!

せっかくみんなが楽しめるよう位置取りを決めてくれたのに、おっきなカメラ持ったおっさんや、TV局の人らしきのが、我が物顔でルールを破り、ガンガン並んでいる小さな子供の前で写真撮り放題。

百歩ゆずって、撮っているときは我慢しよう。だが、あなた達だけが撮っているわけではない!撮ったら、えらそうにそこにとどまらず、どいてよね~!

『すいませ~ん。写真撮りたいので、撮り終わったら少しよけて下さ~い。』と、お願いしても聞きゃあしない。それも出来ないのなら、子供達の後ろに行くぐらいはして欲しい。

幼稚園児くらいの子がルール守って、おっさんがルール守んないとは・・・。

  “それに、ベイスターズ球団さん”

マリーンズはゲストなんだから、マリーンズのスタッフに列の整理させていいのかな?それは、そちらが舞台造るなり、スタッフ置くなりするべきでしょう。

かわいそうに、マリーンズスタッフのお兄さん、ひとりでマスコット撮りながら、マリーンズ以外のマスコット達と観客の対応をしていたよ・・・(でも、とても手慣れてはいたが)

26_4 こんなイライラ感を和らげてくれたのは、リーンちゃん。知ってか知らずか、カメラの前に来てくれ、キュートなポーズを決めてくれた。

 マスコットと言ったら・・・『こなつお姉さん』

Konatu_2 マスコットいっぱいでも、扱いなれてるこなつお姉さん。

ビジユニも似合っていたし、相変わらずしゃべりも笑顔も“OK!”のこなつお姉さんだった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

6月12日 浦和VS川崎

07_06_12_1 こんにちは、わたしグレ!

昨日、ジャイアンツ球場へ足を運んだのですが、思いがけず長旅になってしまいました。

ジャイアンツ球場で、“夏野”を満喫して参りました。

今回は、“巨人の道”とやらを経由して行くこととなり、京王線の急行に乗りました。

調布を出てしばらくすると、山の中にジェットコースターやら観覧車やらが見え、

 『あっ!よみうりランドだにゃん♪』

と次の駅が待ち遠しくワクワクしながら、窓の外を眺めていると、目の前を“よみうりランド前”という文字が通過していきました。

  そう、急行は止まらなかったのです、

            よみうりランド前では・・・

しかたなく、じっと乗っていると、京王永山という駅で止まりました。ダッシュで反対ホームに向かうと、なかなか電車は来てくれません。ふと、ホームの外に目をやると、とっても山奥に来てしまったような錯覚をしてしまいました。

なんやかんやあり、ようやくよみうりランド前に・・・。

駅を出て、過酷と噂の『巨人への道』に向かいました。

1_22 入り口には、本当にここでいいの?と思わせる『巨人への道』と書かれたちょっと地味なゲートが迎えてくれました。

少し行くと、草木の多い山道って感じになってきて、心地よい風が涼やかに通り抜けていきました・・・が、やはり過酷。

ひたすら登っていくと、勇気付けてくれてるような、「実は、まだまだだよ~ん」って言っているような絵が順番に現れてきました。15_9 16_3 14_6 13_5

やっと、たどり着くと意味不明な、地味な『巨人への道』の碑が・・・。12_9

                ふ~!

11_16    試合結果   ●【M2対5G】

   先発   古谷拓哉さん

2_23  最初は高めに集まり、コントロールが定まらず・・・多少のボール球も芯でとらえられ、不調のようでした。

   

   

   本日のおススメ!

4_19 いつもはサードですが、この日は高校の頃のポジションショートを守っていた細谷圭さん。

最初は、いつもサードのためか、定位置より気持ち前過ぎたみたいでした。しかし、体が覚えているのでしょう、

   後半ひとりゲッツーが出ました!

打つ瞬間すでに動いて、キャッチした時は、トスするとゲッツーが取れないとすばやい判断で、自分でセカンドベースを踏みながら、ファーストへ送球。

こんなプレーを観られたから、今日は負けてもいいかな・・・って思ってしまいました。本当に、『打てる小坂』になってくれるかもしれません。

3_22 8_18 打撃も、相手投手久保さんから、2本のヒット。久保さん、110k台~149k(もっと出ていたかも)まで緩急付け、9回までスピード落ちず、敵ながら感心して観ていました。その久保さんからのヒットなんです、凄いです細谷さん。

   きゃ!びっくりにゃ~

10_16 角中さんが打者の時、カメラを構えていたら、わたしの方にボールが・・・ネットがあってもドキドキびっくりしました。

6_20 でも角中さん4回には、きっちりヒットを撮らせて下さいました。

   あきらめない・・・

古賀監督が入院中は、金澤さんスタメンからはずされていたようですが、古賀監督お元気に戻られ、金澤さんもがんばりました。

9_15 9回、さらっと終わらず、素晴らしい2ベースヒットを見せてくれました。

7_18 まずは、古賀監督がお元気になられたことが、何より喜ばしいことだと・・・。

  

  

   =他チームだけど= 

他チームのことですが、久保さんがすべて素晴らしかったわけではなく、久保さんの球を最大限に生かした“星さん(捕手)”が素晴らしかった気がしました。素人の私から見てですが、阿部さんより加藤さんや実松さん、星さんの方がリード面は良くみえちゃいますにゃ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

6月13日 VSカープ

なかなか負けない日ハムさんが負け、ひとつ差が縮んだ。

本来敵チームではあるが、田中投手の完封勝利は喜ばしく、西武さんの勝ちは少し安心。

心配なのは、今日のお天気・・・マリンスタジアムの真上だけ雨雲消えてくれないかな。

   試合結果   ○【M7対3C】

   先発   久保康友投手13_6

失点3だったが、内容的には楽しくさせてくれる投球だった。失点の6回以外は、回を重ねるごとにキレを増し、初回の大量点のおかげもあり、安心しながら観ることができた。

ちょっと(応援しすぎて)血管がきれそうになったのは6回だけだったな・・・

広島選手の皆さん、外野フライなのに瞬間ホームランの錯覚を起こすみたいで、球場の広さの違いを実感してたみたいだった。

   さっさと猛攻!

1_23 2_25 1回、1・2塁にランナーを置いて、福浦選手の3ラ~ン♪

3_23 4_20 続くサブちゃん、何気な~い顔してさらっと3塁打&好走塁

   

5_19 3塁にランナーを置いて、きちっとタイムリーのベニー選手

6_21 久しぶり?の“牛鬼橋本”の豪快な2ベースヒット、2塁に橋本選手3塁にベニー選手を置いて、堀選手の内野ゴロで5点目・・・次の青野選手の内野ゴロをエラー、6点目が入る。

   

7_19 早々、1回でマウンドをおりた相手投手でしたが、外人同士は通訳いらず・・・

   

   

   地味にがんばる

9_16 10_17 実は、青野選手、みなさんがなかなか打てなかった2回以降、2本ヒット打っていたんだよね。徐々に良い感じを取り戻してきたのかな?

   ラッキーなダメ押し

8回、後1点あったらな~と思っていたらほんとに1点入っちゃった。

11_17 12_10 里崎選手の技ありヒットに続き、ベニー選手ヒット

へーちゃんの“あと少しでホームランだったよ”大きなフライで、ランナー1・3塁になり、パスボールで追加点とは・・・。

勝ちゲームの上、時間も9時前に終わったので、帰宅は心も体も軽やかで、疲れも吹っ飛んで行っちゃった。

   《昨日の、ファームは後日に載せる予定です》

   追伸  なんだ?

52_2 51_2 お約束通りリーンちゃんの髪飾り“もみじ饅頭”

今回もかわいらしい手作り・・・努力してるね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

6月14日 VSカープ

昨日も勝ち~!それも、広島球場じゃあないから、ホームラン打たれてないもんね~!

あえて言うなら、栗原選手のスイングの速さは素晴らしかった。

   試合結果   ○【M14対4C】

     《おかしいよ、それ!第一弾》

2_26 1回、剛選手の内野ゴロ・・・って内野安打だよー!

   

      《おかしいよ、それ!第二弾》

4回までは、雨でも水はけの良いマリーンズスタジアム。5回あたりから、急に強い雨が・・・過去の試合を思い出すと、中止寸前って感じ。

無事5回終了後、『これで終了。勝ったからいいか』って思ってたら、試合続けるし・・・。

8_19 7回当たりになると、過去の阪神戦やヤクルト戦の土砂降り&グチャグチャ状態より凄いことになっていた。なのに

    9回まで試合やったしー!

マリーンズは、5回終了で困る理由はなにもない。ありがたいくらいだ。

中村審判は、こんな凄まじいグラウンドは初めてだろうし、いつもの中村さんだったら中止にしている。

   誰なんだ~、

   中止を拒む心無いものはー!

7回以降は、試合なんて出来る状態ではなかった。

途中までは、点差あいてるからと、応援控えたけど、どう考えても中止拒むのそっちチームだよな~、一言『中止でいいよ・・・』っていってくれればすぐに中止になるのに。

そっちチームに、わかりやすく中村審判がアピールしてたでしょう。

なんだか、腹立たしくなり、『取られた分取り返せ~』って、また応援熱くなっちゃった。選手も、さらっと終わる予定が、自滅投手のおかげで得点してしまった。

9_17 剛選手はファーストベースに付かず、後ろの芝生でリードとってたし、正人選手なんか『無言の抵抗、ナイス走塁』を披露(ホームにわざと滑り込み、泥しぶきがはじけ散っていた)

12_11 両選手たち&(他の審判はジャンパー着てたけど)ジャンパー着てなかった中村主審が、とてもかわいそうに感じた。

   本日の踏ん張り4人

1_25   先発の小林宏之投手は、雨にも負けず1失点のいい投球をしてくれた。

7_21 10_19 続く川崎投手は、雨で手元が狂ったのがわかったが、冷静に投球をしていた。

小宮山投手は、ちょっとばかり遊びすぎたけど、それなりに楽しませてもらった。

13_8 最後の高木投手は、ほとんど打ち取っていたが、飽和状態のスポンジ化したグラウンドに少し足を引っ張られたが、経験という力で抑えた。

   有り余るほどの攻撃の中で・・・

3_24 先制、サブロー選手のタイムリー

4_21 3回、盛りだくさんの話題の中で、おススメが里崎選手のうれしいまさかの走塁・・・2ベースだと思っていたら3塁めがけて走ってるんだもん、驚いちゃった。

5_20 6_22 久しぶりのベニー選手のホームラン

   初ヒット?

11_18 田中雅彦選手のヒット。

本職は捕手だが、ファームでは内野ばかり、1軍にきても活躍の場がなかなか回ってこず、でも頑張った・・・よく打った!

   華麗な守り

剛選手、この日は観ていて本当に楽しい活躍をしてくれた。守備も、センターに100%抜けると思っていた打球をなんとか捕球、そしてファーストへ送球。捕っただけでも素晴らしいのに、コントロール良く送球しアウトにした。見ていて楽しい選手である。

   本日の一生懸命賞

なんといっても裏方さんたち。信じられないほどの悲惨なグラウンドを、ずっとダッシュしながら動き回って整備されていた。だれ一人として手を抜く人はいなかった。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

6月13日 浦和VS川崎

21_8 こんにちは、今日は6月13日読売球場で行われたファーム戦を、わたしグレ(メス猫)が担当いたします。

この日は、おにゃじと一緒に観戦。おかげで、電車で乗り越すことなくスムーズに到着できました。駅に着くと、この日も『巨人への道』と言われる“夏木立”の中の階段をせっせと進んで行きました。

40_2     試合結果   ○【M3対0G】

   本日の感動!『内 竜也』

35_3 36_3 完封勝ちで終わるなんて、とてもめずらしかったのですが、それ以上におにゃじが内さんのことを、 “別人”と・・・。

おにゃじがはじめて内さんを見たのが、入団当初。荒削りだけど150Kは出てると思うくらいいい投手だと話していました。

あれから、『年を重ねるごとにスピードが落ちてる』っておにゃじ嘆いておりました。

しかし、この日抑えとして出てきた内さんの投球を見て、

心臓を押さえながら『ここに響いてきた!』と・・・

37_3 あの日(入団当初の投球)を越える感動を感じたそうです。球速表示も150Kをマーク、おにゃじに言わせると標示以上の伸びのある重い球に感じたと・・・。

しかし、次の日内さんのブログを覗いて、「俺、内って言うユニフォーム着た違う選手見ていたのかなぁ~」と、おにゃじ落ち込んでおりました。

   先発 お顔長い対決!

      G門倉さん対M手嶌さん

23_10 24_9 手嶌さん、別に失点があったわけではないのに3回で降板、調整?・・・てことは、もしかして近々1軍に?と思ったら、背中が痛かったみたいで、体大切にして下さいね。

   攻撃はまとめて・・・

27_9 4回、ワティさん2ベースヒット(さすがスイングは速いです)

26_5 ランナー2塁で角中さんのタイムリー

28_5 34_4  次の細谷さんのライトフライで進塁、南さん死球退場。南さん心配・・・

30_6 続く神戸さんタイムリー、この時代走平下さん好走塁で1塁から3塁へ

33_4 もう1点とばかり、新里さんスクイズ

G裏方さんの水の撒き過ぎが、神戸さんのタイムリーを生みました。つくづく浦和の裏方さんの高度な技術と、選手達のことをいつも考えているのだと良くわかったシーンです。

   未来の3,4番?

64_1 角中選手ごめんなさいって、おにゃじが言ってました。はじめて見た時、“守備がな~”とか“パワーはあるけど打撃雑だな~”なんて思っていたそうですが、見るたびごとに着実なる成長を感じてるそうです。

   頑張ってるにゃん!

61_1 63_1 数字には表れませんが、早坂さん見ていてとても素敵でした。アウトでも駆け抜ける姿や、守備も守らなきゃって姿から、『頑張ってる』が心に伝わってきました。

   かわいそうにゃん!

さすがお金かかってるだけあり、いい素材がゴロゴロしてます。

62_1 でも、いくら努力してもほとんど報われず、野球人生をよみうりランド横で終わってしまうことを、この人達は知っているのかしら?ちょっぴり胸が痛みます。

   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

6月16日 VSタイガース

昨日、マリンスタジアムに向かうバスの中、

わたし『負けたくないな・・・選手の力だけに頼って、なんの作戦もないチームなんかに』

夫『そうだけど・・・ただ、うちって、選手が阪神ファンばかりなんだよね』

   

マリーンズファンのみなさんへ、

               癒されてください・・・2_27

  リーンちゃんの髪飾り、

1_26       期待通りの“たこ焼き”

かわいいリーンちゃん、楽しんでいただけたでしょうか?

   試合結果   ●【M7対11T】

   先発   清水直行投手

9_18 失点2だったけれど、7回・・・いや6回までもって欲しかった。また、セットポジションからの投球に戻せないかな~?

  好調な野手はいつも通り

8_20 3回、“牛鬼タスク”の鋭い打球で内野安打

5_22 チャンスメイクの青野選手がセンター前で続く

6_23 そして、早川選手の2点タイムリー

 続・好調な野手はいつも通り

7_22 4回、橋本選手の四球後、青野選手のヒット

11_20 1軍とファームの狭間の根元選手、福浦選手や早川選手みたいに腕を折りたたんでの、技ありタイムリー

 続々・好調な野手はいつも通り

12_13 5回、サブロー選手ファールしながらフォームを修正、基本に戻ってセンター返し

13_9 14_7 続く里崎選手、タイムリー2ベース(サブちゃんナイスラン)

15_10 またも2塁にランナーを置いてベニー選手タイムリー

   サービスし過ぎ17_4 16_4

        藤田投手&小林雅投手

5回の5点で終わっていれば、緊張感が保たれ、試合も違っていただろうな。

      申し訳ないが昨日の試合は、

 ボビーが『ちょっとばかり、

        間違っちゃった!』ようだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

6月17日 VSタイガース

4戦2勝1敗1分・・・この1分が昨日の試合

なぜ、この投手の投球は《とろけてしびれて》しまうのか?150K投げられないのに・・・コントロールとキレであそこまで出来るものなのか?

   まだ醒めない成瀬投手の投球の余韻。

        勝ち負けを超越する感動!

  これほどの強靭な精神力は

        どこからうまれてくるんだ~!!!

   試合結果   △【M0対0T】

   “THE・にゃー”成瀬善久投手1_28 2_29

   相手投手はジャン

3_25    ちょっと来て、ジャン

   ゲッツーとれず・・・

4_22 根元選手と堀選手、お互い微妙に遠慮してしまったようだ。

5_23    わがまま ジャン

    “キレまくる・にゃー”

6_24 7_24 8_21      そして9回を投げ終え・・・

9_19 1塁ベンチに戻っていく成瀬投手には、『投げきったね』の大拍手で迎えられる。

      でも、10回も・にゃー

10_20     本日の129球目の投球フォーム

12_15 11_22 これで終わりかにゃー?の成瀬投手&終わりだよって、やさしく迎える堀選手

   本日の唯一、長打!誰だ?

15_11 渡辺正人選手・・・エラーしちゃったけど、12回頭脳プレーに参加。守備才能はピカイチだから、練習がんばってね。練習は裏切らないっていうから。

   おまけ  『ブーブーしつこい人』

13_10 16_5 抗議にエネルギー使うくらいだったら、もう少し選手任せにせず、自分でも頭使って作戦考えたらいかがでしょう。

   理解に苦しむ

鳥谷選手が、福浦選手の打球をキャッチした際、信じたくないが、あのライトスタンドから拍手・・・“おー”とか、反射的にでる反応ならまだしも、拍手とは。この接戦の時、福浦選手はどうすればいいのか?

阪神ファンなのに、ビジター席を選ばず、あえて真っ黄っ黄のはっぴで1塁席にくるファンもどうかと思うが、大差でもないのに拍手していた昨日のマリーンズファンは理解できない。

きっと、ライトスタンドに阪神ファンが混ざっていたんだろうな・・・・わたしは、絶対福浦選手に、『当たりよかったよ~、ドンマ~イ!』って言う、いや、言ったし・・・。

   いらないもの

フィールドシートはいらない。今日の福浦選手の守備を観て、改めて感じた。ファールボール捕ってくれたが、私としては怪我が心配。それに、フィールドシートがなければ、もっと守備の上手さが引き立つのに。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

ビジターカモメ、湾岸交流!後半

6月9日、ハマスタ球場内でのマスコット達は、場外でのファンサービス以上にすごかった。

52_3 困ったことに数が多すぎ、どこの面白ネタに絞ろうかと一苦労・・・と、うれしい悩み。

     ☆スピードガンコンテスト☆

31_8 36_4 37_4 32_3 各チームのマスコット代表が投球。我らがマリーンズからは、マーくん参加。

33_6    やってくれました“ナイス・ボケ”

そして、外野ファンからの、お決まりのブーイング。

34_5 35_4 マーくん、うなだれながら平謝り

50 そんな楽しいスピードガンコンテストを、なぜか3塁側から正座して眺めている2人(?)

   

    

  各自いろいろ・・・ファンサービス

    ベイスターズの3☆の芸

Hosi_1     幽体離脱~

    マリーンズの芸

38_3 リーンちゃん、マーくんを起こす・・・しかし、マーくん微動だにしない。

Hosi_2_1 リーンちゃん焦って、なぜか心臓マッサージをはじめ、マーくんを助ける。

  ・・・・って、いったいなにやってるんだろ~?

   お・ま・け 

40_4 39_3   エキべーの舌でウ二ってるマーくん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

6月19日 VSジャイアンツ

まず、西岡選手が登録抹消になったことについて・・・

先日に盗塁で、首あたりを痛めたのか?勝手な想像だが、まさか竹原選手と接触した時の後遺症でなければいいのだが。

今江選手が、まだ25番を付けていた頃、ある日サインをしてもらったのだが、その翌日すぐ登録抹消になった。手の骨折だったそうだが、本人1軍に上がったばかりで、せっかく手にしたポジションを失いたくなく隠していたそうだ。

しかし、脅威の回復力で、すぐに1軍に戻ってきた。

ズーリーにしろ、今江選手、大塚選手、そして西岡選手、アイシングもいいけど、ひどくなってからでは、もっとチームにも、本人にも痛手となるのでは?精密検査とか、すぐしてやってほしいな。

選手たちのケアー、しっかりお願いしますね、専属の方・・・うちの大切な宝なんだから。

   試合結果   ●【M2対5G】

   先発   小野晋吾投手1_29 

昨日は、2階バックネット裏真上からの観戦のため、コースはよくわかった。

どうも、バッターのインコースを攻め切れていない気がし、球が外に流れていたような・・・。よく2失点で済んだ気がした。なかなか打てないけど、昨日の守りはとても頑張って守っていた。

小野投手、次はキレキレシュートたくさん見せてね。

   本日の得点

6_25 なんと、根元選手のプロ入り初ホームランで2得点

   本日の黒

3_26 外野以外にも、かなりのマリーンズたちがいた。

   いいぞ!ロッテ

8_22 なんとなく、遠まわしにロッテ応援してるみたいで、ちょっと好き。

   いいぞ!ロッテがおうちに帰る

11_23 こんなところに、帰ってるとは知らなかった。

   そこに打つな~!

2_30 早川選手よ、そこに打つとヒットが内野ゴロになっちゃうんだよ。

   想像しえなかったこと

代打大道選手の後に自分が入り、自分の後ろを『誠&ガッツ&スンちゃん&キム拓&谷亮子さんの旦那が守る』とは、さすがの豊田投手も、想像してなかっただろうな。

   プチコメント

よみうりランド横には、伸び盛りの光る素材がわんさわんさいるのだが、誰も気づいていないんだろうな・・・Gファンは、他チームで出来上がったものばかりを見せられて楽しいのだろうか?高校からの素材が、ジワジワ育っていく過程を見るのは、とても楽しいのに。

   おまけ

7_25 星野さんが名前をあげた為か、“にゃー”報道陣に囲まれる。広報部の方、“にゃー”がいらぬ神経使わないよう守ってあげてね。

   

   《予告》

昼間、浦和にてハードな試合観てきたので、後日載せます。

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

6月20日 VSジャイアンツ

あちゃ~、また負けちゃった~!

昼間行った浦和も負けちゃったし・・・。

1_30 この日もいっぱい、マリーンズたち

   試合結果   ●【M3対7G】

   先発   渡辺俊介投手

4_23 6_26 私が、俊介投手を見る基準は、100K未満の球で三振をガンガンとること。

昨日は100K未満がストライクになかなかならず、かなり納得いってないようだった。

もっともっと、遅い球に磨きをかけ、俊介投手自慢の、“バット振ってから、球がやっと到着”を見せて欲しい。

やはり、西岡選手が恋しい、私以上に俊介投手や晋吾投手は実感しているはず。

ピッチャーの足元を抜けるゴロを、俊介が球とともに振り向いた。いつもそこにはまこっちゃんが・・・そして、最近西岡選手が必ずいて、普通にさばいてくれていた。しかし、この時後ろには誰もいなかった。

   ベニーがいなくなると・・・

2_31 4回表の攻撃、ベニーの2ベースヒット。

しかし、足を痛めたらしく代走が出てきた・・・代田かな?でもまだ4回だから、竹原あたりかな?なんて思っていると、ワティ選手だった。なぜだろう?

ヒット1本で帰ってこれないし、足が遅いためバントもなかなかできない。なんとか根元選手がヒット・・・って、やっぱり帰ってこないし~!

俊介投手バント・・・って、ワティ選手だからスクイズなんて考えていない確率が高い、それこそ警戒してないからチャンスだったのに、ワティ選手動かないし。

しかし、これはしかたないことだと思っている。ただ、その後の回が問題。

浦和でとことん守備練習をしていたわけではなく、打つことばかり・・・。

浦和で、打つのも「真っ直ぐ以外は打てないんだよな~」って言われ、「守備は論外」とまで。

なのに、レフトを守らせるとは・・・そして、代わってすぐレフトへのライナーが飛んできた。

簡単なライナー性のフライ、キャッチするかと思ったら、バックしてバウンドさせてのヒットにしてしまった。なぜ、わざわざ下がってフライをヒットにしたのか私には理解できなかった。

これが、マリーンズから勝ち星が遠のいた瞬間だった。

代打としてしてならいいけど、守備は勘弁してね。もし守るなら、プライド捨てて守備練習して、お願い。

守備で思い出したが、早坂選手と根元選手、浦和じゃないんだから、もっと深く守っていいよ。ふと見ると、少しずつ前に出てきてるよ。足も速いんだから、深く守ったって間に合うからね。

   オモシロファン

後ろのロッテファンの親子

母「わたしGGってはじめて~。どんな選手かわかんない」

子「GGって、GG佐藤?」

母「GG佐藤は外野、それも西武だし!」

こんな会話の横で、Gファン会話

G「さすが上手いよな、二岡」

私(あそこはザルだ!)

G「加藤って誰だ?」

私(敵チーム、いや移籍組ならまだしも、自分とこの選手ぐらい覚えてやってよ)

G「木村は足速いんだ、最近出てきた若手選手らしいよ」

私(木村は新人?ならまこっちゃんも新人になっちゃうじゃん)

なんか、不思議な空間を体験してしまった気分だった。

   本日の渋い味わい

8_23 高木投手私が気づいた限りでは144Kを出していたし、

7_26 小宮山投手は三振なんかとってるし。

おじさんたち、地味だけどむちゃくちゃいい仕事してるよね。

野球は、ピッチャーが大切。けが人の多い中、投手陣は体のケアーくれぐれも頼みますね。

藤田投手、以前のふてぶてしいほどのずうずうしさを、早く取り戻して・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

6月19日 浦和VS戸田

06_21_01 こんにちは、暑くなりましたね。今日は、先日浦和球場で行われたファームの試合を、私グレが担当致します。

21_10 平日のわりには、この日もなかなかの入りでした。グラウンドでは、この季節ピッタリの“打ち水”・・・そんなものではないくらい凄い水撒きがされ、風に流され霧雨みたいに舞ってきた水分が、なかなか心地よく・・・

   ビックリにゃ!

バキ期待の☆細谷さんが、なんとセカンドに・・・もしやボビー、次上げてくるのは細谷さんということで、固定されてないポジションのセカンドを、急遽練習させるために?

でも、まさか・・・たまたまこの日だけって信じたいです。お兄さんチームがどうであれ、細谷さんは“打てる小坂”にするのだから(バキの勝手な夢ですが)、じっくり育てて下さい。

36_5    試合結果   ○【M4х対3YS】

   先発   古谷拓哉さん

22_11 数字的にはよく見えますが、三振が少なく、良い時の古谷さんまでにはまだまだでした。

ヒット性のあたりを、野手の方々がしっかり守り、最小得点で抑えてくれました。

   先制にゃん!

24_10 25_12 神戸さんの2ベース&佐藤さんのヒットで1・3塁

26_6 27_10 ここで、この日キャッチャーなのにサードの新里さんの犠牲フライで先制点。

   同点にゃん!

29_4 M1対2YSで迎えた7回裏、金澤さんの2ベースの後、佐藤さんバント成功・・・勝手な想像ですが、佐藤さん一度でバントを決めませんでした。失敗といっても、上手くファールにしたように見えました。バントサインから、打ってよしのサインに変わる事を期待していたのかしら?いつも佐藤さんのバントって、芸術的センスがにじみ出てるんです。

30_7 ランナー3塁に置いて、またも新里さん。決めました、スクイズ。

   逆転にゃ~!

31_9 33_7 8回、四国リーグの☆角中さんのヒット&南さんのバント

34_6 そして、神戸さんに代わった大塚さん逆転タイムリー

この頼もしさを目にすると、やはり早く1軍に戻ってきていただきたいと思います。

   俊敏にゃ守備!

28_6 すばらしい守りが目につきました。金澤さんの肩・・・ランナーを刺す時のコントロール良くなっています。そして、捕球側の細谷さんも、きっちりブロック。

23_11 器用な藤井さん、いくつヒットを内野ゴロに変身させたのかにゃ?5回表、バッターのスイングを見て、絶対サード左にくると思い、そこを狙っていたら藤井さんが捕りに・・・そこまで守るとは、凄いファインプレーでした。

10回表、2アウトでランナー2人抱えた場面、強烈な打球がファースト定岡さんの横を抜ける・・・と思ったら、差し出したグラブの先にボールがいました。

とても恥ずかしそうに定岡さん戻ってきましたが、だめですよ!ファンのみなさんも、他の選手のみなさんも、そこは笑うところじゃありませんよ。(でも、私も笑ってしまいました・・・ごめんにゃさい定岡さん)

   10回裏も新里さん

35_5 お兄さんチームの時間も気にしながら迎えた10回裏。大松さん四球で、次がファインプレーをした定岡さん、なんとホームランかと思わせる素晴らしいあたり。大松さんでも余裕で3塁楽勝かと思いきや、2塁にとどまっておりました。定岡さん、泣くに泣けないくらい残念だったでしょう。普通なら、“さよなら”だったのにニャ~。

続く金澤さん、痛かったと思いますが、ナイスな死球。

次が、本日サードドキドキ守備をしていた新里さん、すでに2得点しています。

50_1      打ちました『さ・よ・にゃ・ら~!』

この後、悪夢が待ち構えている東京ドームへ、ニャンニャン気分で向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

6月20日 浦和VS戸田

06_21_02 こんにちは、私グレが今日も浦和球場での試合担当致します。

昨日は、雨でお兄さんチームが中止。バキ(飼い主)は行くつもりのようでした。中止になり、とても残念がっているかと思いきや、なんか“ホッ”としている様子。

先日の東京ドームでの、空気の悪さと突然風が吹いたり、止まったりと体に良くなかったらしく、体調を壊していました。その上、マリーンズお兄さんチームも、ズーリーさん&今江さん&大塚さん&西岡さん・・・と多くの方がおらず、少しお休みさせてあげたかった時。

ちょうど良かったのかもしれませんね。

   

ロッテ通りの“紫陽花”も、梅雨のはずのこの時期に思いがけないほどの暑さで、ぐったりしてました。

前の日、光化学スモック発令で、空気がモワモワしていたので、この日係りの方とお話させていただくと、やはりお部屋に入っていなければいけないと・・・しかし、試合中止になることはありえないとも。選手&スタッフのみなさん、体に気をつけてくださいね。

   あやしいにゃ?

この日も、セカンド細谷さん。本当に1軍へ急いで上げることを計画しているのかしら?半端な状態で行くより、もう少しファームで育ててからでも遅くない気がしますが。

25_13    試合結果   ●【M1対3YS】

   先発   林さん

21_11 見るたびごとに、成長を感じます。打たれた後、大崩せず、踏ん張る力が付いてきたようですね。体も、少し大きく見えました。

   

   唯一の得点!

22_12 2回、大松さんのホームラン。喜びたいのですが、マリンスタジアムだったら単なるフライです。大松さんなら、もっともっと大きいの目指して頑張って下さい。

   本日の頼もしいにゃん!

青松さん、ランナーたくさん刺しました。

27_11 4回3つ目の盗塁阻止(細谷さんナイスブロック)

33_8 角中さんの強肩(?)9回セカンドランナーがホームに突っ込んできた時、思いがけず好返球が・・・角中さん、すべてにおいて伸びに伸びてます。ただいま、スポンジ状態で、なんでも吸収中。

猛打賞プラス四球の神戸選手

神戸さん、体がとっても大きいので、ストライクゾーンも凄く広いです。

23_12 24_11 28_7 29_5 32_4 2回の2ベースヒット&4回も2ベースヒット&もう一本

神戸さん、体の大きさが守備でも活かされておりました。

30_8 5回体硬そうだったのに、練習したんでしょう。一生懸命低い体勢でも捕球してました。

6回には、高くそれた送球を、ジャンプ一番の捕球。さすが体が大きいと、的も広いのでしょう。

   気持ち強いにゃん!

31_10 はじめての交流戦で、横浜の投手として1軍で投げた龍太郎(りょうたろう)さん。その時、伸びのある球を投げる素晴らしいピッチャーという印象でした。マリーンズにいらしてからは、自滅してしまいなかなか結果が出ませんでしたが、この日の投球はあの時を思わせてくれる、強気の投球に見えました。死球もありましたが、それは逃げずに攻めて行っての結果。期待してますね。

   プチにゃん

26_7 塀内さん、第一打席“ボー”としてたのか、さらっと見逃し三振。第3打席にようやく目が覚めたらしく、塀内さんらしい柔らかなフォームでのヒットが出ました。

   やさしいにゃん

新里さんが、まぶしさの為、ファールフライを落としてしまいました。しかし、その次の回、ヤクルトの3塁コーチ飯田さんが自分のサングラスをもって、新里さんに「サングラス貸してあげようか?」って、ついでにフライ捕る真似しながらなにかお話していらっしゃいました。

新里さん、とってもにこやかになり、リラックスできたようです。慣れない守備で、飯田さんの何気ない言葉、うれしかったのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

6月23日 VSスワローズ

悔しくって、悔しくって・・・・

 “あんな球場をプロなら使うな~!”

勝っても負けても、ファームの浦和球場より狭い球場をプロ使用にしないでほしい。

しかし、そんなことより・・・って試合だった。

守備ってやっぱり大切なんだよね。

   試合結果   ●【M3対17YS】

   本日のバッテリー

1_31 小林宏之投手&里崎智也捕手

4_24 さすが、身体能力抜群のコバ宏投手。

相手投手・捕手の気を散らそうと、マリンスタジアム内野席定番の応援で、2塁にいたコバ宏投手に「走ってもいいよ~!」って言ったら、後ろのお客さんから走るわけないだろって言われた。

内心(わかっているよ、そんなこと!コバ宏ピッチャーだし、本当に走らせたい時は言わないんだよ!このどあほ~!!)って思ったけど、もしかしてコバ宏投手自身何とかしたくて、走りたかったかも・・・。

   プチ盛り上がり!

3_27 ベニー選手のホームラン

   ただでは起きない

まだまだ非力の根元選手。守備に関しては正直どうだろう?最初の一歩がなかなか出ず、抜かれていた。センスさえあれば、練習で成長できるはず!

打撃に関しては、この1日の試合の中でしっかり成長を感じた。自分の力を客観的に分析する能力があるのだろう。今後の成長を期待したい。

5_24 根元選手のタイムリー

2_32 ついでに、この人の守備と打撃を参考にしたらどうだろう?華やかな選手になれるよ、きっと。

   どうもな~?

申し訳ないが、早坂選手は・・・。

一見、飛びつく姿はファインプレーもどきに見えるが、どう見ても打者の球に対しての反応が遅すぎる。それに、以前から直さなければいけなかった送球の乱れ、1年以上前からの課題なのに直ってない・・・というより、直せないのかも。これこそ、センスってものかもしれない。下手に足があるから、グラブにあて外野手に負担をかけてしまう。浦和では、一生懸命動いてはいたが、それとこれとは別。

   ちょっぴり1軍の抵抗

7_27 8_24 里崎選手のヒット&サブロー選手のヒット

   早く戻ってきて~!

今、お休み中の選手達、早くもどってきてね。この日、早川選手と福浦選手のチェンジの時の走り方おかしかったよ。無理してゲームに出ているのかも・・・心配。

   いったい何が?

6_27 『宗一、どうしてしまったんだ~?なぜ、インコースえぐらない?なぜ、ふてぶてしく攻めたてない?早く以前の宗一に戻って~!せつな過ぎるよ・・・』

   ちょっぴり和み・・・

こんな時こそ見るもの。

『にゃーの防御率』1位だよ~ん!   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

6月24日 VSスワローズ

    勝因『神宮球場』これに尽きる!

   試合結果   ○【M6対4YS】

   先発   清水直行投手

4_25 よく3点で抑えられた気がする。四球もちょっぴり多かったかな?でも、野手ががんばって守ってくれていたね。(必死のバントが相手のエラーをさそう)

   

   この日も文句も言わず・・・

7_28 結果は四球だったが、内容は納得のもの。この所休みなしでずっと出ずっぱりの高木投手。最近、無性に応援したくなる投手。

8_25 9_20 投手陣の儀式・・・負けていても和やかなところがなんかいい。

   まずは先制

1_32 スタートはこの男“青野”のヒットから始まった。この後、渡辺選手がゲッツー崩れで1塁に残った。

2_33 早川選手のタイムリー

3_29 渡辺選手のナイスランでのホームイン

   『ほりー、マサトー、ゲッツー!』

5_25 4回同点にされ、嫌なムードの中、ファンの声に答えてのゲッツー・・・悪く言うと躍動感のないゲッツー、良く言うと無駄な動きのないゲッツー。そんな堀選手がたまらなく癖になる。

   あ~あ、打ち上げちゃった~が・・・

11_24 8回、竹原選手レフト前にライナーでのヒット。いつの間にかスイングを変えたようで・・・アッパーで振ってなかったね。2軍ではアッパーでも打てるけど、1軍はそうはいかないと悟ったのかな?いいスイングだったね。

10_21 続く早川選手。さすがだ!相手の守備の下手さもあり2ベースヒットに

12_16 そして、堀!よくぞ見切った、そのボール・・・やっぱりあなたには、まだまだいてほしい。

雨の日の神宮、交流戦、そして満塁の場面・・・いやでも思い出される、そう、あの日の場面。里崎選手もしかして?

  やっぱり打った“里崎キャプテン”

 16_6      ☆満塁ホームラン☆

実は、里崎選手粘りに粘っての打撃だったが、打ち上げられた瞬間、私を含めまわりのファンの方々、皆さんおもいっきり『あ~、上げちゃった~』っと言う言葉と共にため息が・・・。

  どう見ても『外野フライじゃ~ん!』

13_11 シコースキー投手、マリンスタジアムだったら外野フライだったのにって思ってただろうな。

うれしかったが、後になりプロにとってこの球場はありなのか?って思ってしまった。プロの体型も大きくなり、飛ぶボールも使用できるこの時代、こんな球場でやっていたら、野球好きは離れていくよ・・・といっても、セ・リーグのことだし。

7回表に、『マリーンズのラッキーセブンです。どうぞご声援ください』って言ったのに、マリーンズの曲が流れてこない。

ファンは、じっと曲が流れるのを待っていたが、全く流れてこないため、しかたなく外野のトランペットの方が演奏してくれた。

この時、内野の応援席(私も含め)に変化が・・・

屈辱に似た、すごく嫌な気持ちにさせられ、その反動で一気に応援のテンションが上がり、8回には内野応援プラス外野応援のハードな声援をおくる内野ファン。

里崎選手がヒーローインタビューの時、ライトよりレフトの方が入っていたような言い方をしていたが、あのコメントでなにか救われた気分になれた。

ヤクルトさんにとっては、球場のお客は0人でもかまわないのだろう。GとTの球団とゲームをしたいだけなので、マスコットの交流もせず(去年はしたのに)、パ・リーグの曲も流す(マリンスタジアムはビジターの曲も流す)気はないのだろう。

横浜や中日、阪神、広島までも協力してくれる中、東京2チームは自分のチームしか考えていないように見えた。何が選手会なんだか、口だけだったんだって思ってしまった・・・。

   凄いお・ま・け

15_12 ワティのホームラン!この時ひたすら私は神に祈った、『ストレートを・・・』と。

   お疲れ様

18_1   とってもよく働いてました、堀さん。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

6月21日 浦和VS戸田

06_21_03 こんにちは、わたしグレ。

昨日のお兄さんチーム、残念でした。しかし、荻野投手や川崎投手のように、若い力が経験を重ね伸びてくる姿はいいものですね。

   

このところ暑い日ばかりで、梅雨が消えてしまったようです。

ロッテ工場通りのアスファルトには“糸遊(いとゆう)”が遊んでいました。

   試合結果   ●【M1対7YS】

試合前は、みんなでお仕事です。

2_34   定岡さんも大松さんも・・・

1_33   あの塀内さんも・・・

3_30   そして、佐藤さん「重いな~」

4_26   佐藤さん「ほんと、重いな~」

佐藤さん「なんでこんなに重いのかな~?」

5_26      ・・・って、藤井さんが乗ってます。

7_29 試合前の、柔軟体操・・・怪我防止の意味もあると思うので、しっかりやりましょう。

10_22 この日のボールボーイ・・・末永さんと、大嶺さん、ん?諸積さん?

   先発   相原さん

9_21 最近先発にまわり、まずまずのがんばりを見せてくれています。

 

   本日の得点にゃん!

12_17 金澤さんのヒット

11_26 新里さんもヒットで繋ぎます

16_7 そして、“打てる小坂”細谷さんタイムリー

   相変わらず絶好調

15_13 さすが成長株?打撃フォームも安定してきた角中さんの、素晴らしいヒット

   どうしたのかにゃ?

先日まで、好調でおにゃじをも唸らせた内さん。この日は、元に戻ってしまったのか荒れ気味(3失点)でした。

18_2 やはり、先日好投をした21番は別人だったのでしょうか?

腕や肩だけに頼ると、怪我しちゃうので、走りこみで下半身一回りも二回りも大きくし、おにゃじの期待に答えてあげてください。

   まわるかな?

17_5 9回裏、2アウト。最後の打者がバッターボックスに入ります。そして、その時次の打者は佐藤さん・・・なぜか大嶺さんと末永さんと和んでます。いいにゃ~ファームって・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

ジェントルマン・スライリー・・・広島マスコット前編

わーい!わーい!他力本願でまた1位・・・うれしいような、ちょっと不思議な気分。

   

6月12,13日のカープ戦。

カープのマスコットスライリーは、一度も生で見たことがない。

この日、マリンスタジアムに来てくれることを知り、とても楽しみにしていた。

アメリカのマスコットに良く見られる姿で、見かけはかわいくなく、なんか変・・・この思いは、昔TVからの画面で感じたこと。しかし、怖いもの見たさではないが、やはり生で見てみたい!

   そして、球場に到着

まだステージは始まっていない。

この日の目的は、スライリー以外にもうひとつ・・・そう、あのかわいいピンクカモメ“リーンちゃんの髪飾り”

もみじ饅頭かな?ってワクワクする気持ちを抑え、ひたすらリーンちゃんを捜す大人の私。

  『みつけた~!リーンちゃん』

31_11 期待通り、髪にはもみじ饅頭

困ったことに、海浜幕張の4店舗のお店を回って、カメラの電池を探し求めたがどこにもなく、節約を意識しながらのカメラ撮り。

リーンちゃんに、ポーズのリクエストなんかして無事撮り終えると・・・って、こんな時に限ってトラブル発生!

リーンちゃんはひと仕事終え、ステージに向かおうとしていた。わがままな私は、事情を話しもう一度撮らせてほしいと頼むと、嫌な顔せず、(かわいいいつものアヒル顔で)“うん、うん”ってうなずいて、また同じポーズをしてくれた。

この場をかりて『りーんちゃん、本当にご迷惑おかけしました。ありがとう・・・』

いそいそとリーンちゃんの向かった先には、スライリーがお待ちかね。

すでに人だかりになっており、写真がなかなか撮れず、その上節約も・・・しかし、リーンちゃん&スライリーの仲の良さを目の当たりにしてしまうと

《え~い!電池使い切ってもいいやー》

    そんな気にさせられてしまった。

55_2 54_3 56_2 32_5   あんな姿(スライリーごめんちゃい)なのに、とてもジェントルマンのスライリー。それに答えるリーンちゃんも、お姫様気分。

そう言えば、りーんちゃん、以前はどこ行ってもお姫様だったのに、最近そんな扱いされてなかったな~。

ステージが始まると、ステージの裏でスライリー待機。その時表で、『巨人の星』の曲が流れたのだが、その曲を耳にした瞬間、スライリーが反応。

58_2 59_3 60_3 73 74 地面をたたいたり、落ち込んだり、暴れるそぶりを見せたり・・・やっぱりスライリーも好きじゃないんだなあのチーム、なんて思うとますますスライリーが気に入ってしまった私。

57_3 ズーちゃんも頭にスライリー

このあとの球場内では、マーくんたちとの絡みがあったが、またこれがいい味出していた。

球場内ネタは後編に記載・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ジェントルマン・スライリー・・・広島マスコット後編

交流戦も終わり、ちょっと一休み。

スポーツニュース記事には、グリンが表彰されたネタが・・・わずかに我らがサブちゃん。

スポーツ記事に、よく生え抜きがなんたらかんたら書いてあるが、いざ生え抜きが活躍しても気づきゃしない・・・サブちゃん生え抜きなのに。

それに、オールスター楽天選手ばっかりになってしまってるし。本当に応援してたら松本投手は入れはしないだろう。もし、入れるならファームまで追っかけてしっかり応援しろ~!

楽天選手みんなが、本当に選ばれて喜んでると思っているのか?他チームだが、かわいそうに思ってしまった。

今日は、広島マスコットスライリーが、マリンスタジアムに遊びに来てくれた時の後編のお話。

試合開始前、グラウンド上には我らが自慢のマーくんファミリーと、わざわざ広島から駆けつけてくれたスライリーとの共演。

91 グラウンドに入場の時、マーくんの助手席にはスライリー

81  なんか似ている“お・し・り”

92 93 そんなおしりで、尻相撲?・・・

82 なにげなく背中にまわした手が、マスコット達の心の交流も感じさせてくれる。

83 フラッグをこなつお姉さんが、マーくんファミリーに配った時、スライリーも手を出して待っていた。しかし、ビジターのため渡すわけにはいかず、しかたなくスライリーは自分のユニフォームを脱いで、フラッグの代わりに振っていた。

この気転を利かすところが、不動の人気を持続させている理由なのだろう。

95 96 2日目には、そのフラッグ代わりのユニフォームで、闘牛シーンをクールと見せてくれた。

72 始球式では、ピッチャーマウンドからボールが投げられると、瞬時に頭を抱えてしゃがみこむ・・・コネタ満載

今回の交流戦で、主観的マリンスタジアムでのマスコットランキングをかってに付けてみた(くれぐれも、おもいっきり主観だが)

1位 カープ  スライリー

94 よくぞ、1人(?)であんなに敵チームのファンにも、ファンサービスできるなんて凄い!それも、敵チームファン1人の為でも、すぐに反応していたし・・・。

   

2位 ドラゴンズマスコット達

101 1位にしたかったけど、ほんのわずかの差で・・・ごめんね。昨年以上にファンサービスしてたね。球場外でのステージでは、人が多く写真が撮れず、ドラゴンズファンの方に『少し撮りたいのですが・・・』とお願いすると、快くしゃがんでくれた。マスコットへの思いはどこも一緒なんだな。

3位 タイガースマスコット達

101_1 今年も控えめな2人(?)だった感じ。人が多すぎて、思うようにファンサービスできたかな?って、すこし心配。Tファンの一部信じられないほどのマナーの悪さに腹が立ち、せっかく遊びに来てくれたマスコットがかわいそうに思えた。

4位 ベイスターズ ホッシー?

本当にホッシーだったのか?それに、昨年より手抜きすぎ。大矢さん好きだけど、球団は訳わからず・・・たかがマスコットだと思っているんだろうな。

残り2チームは来ず・・・。

上記1~3位は、ほとんど1位と思ってね。

広島球場にスライリー見に行きたいけど、全球場をまわった温和な方にお話を聞いて、行く気になれない。信じられないが、ビジター席に球団自ら広島応援団の場所を確保し、応援させているとやら。

内野ビジターには、かなり居心地の悪い球場らしいが・・・。

  マスコットだけは、仲良くしてね。

追伸 俺ガス・・・明日からガス文庫五話連続になるにゃん。無視せず、絶対読んでくれ。バキのブログは、写真がないと意味不明だが、俺は物書きの腕で勝負。野球じゃないが、読み物としてみてくれ・・・よろしくにゃん。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

引越しの理由・・・貝殻事件①

101_2 野球ファンの方々、今日から五話連続、俺“ガス”が執筆する。

野球じゃないからって、スルーしないでくれ!

絶対、バキよりまともな文だから・・・。

ちょっと、トレード話・・・吉井投手が来ると、バキより年上選手、小宮山投手に加えもうひとり。

よかったね、バキ。だた、バキが“必死応援”をしていた久保投手が骨折!ただいま、バキ落ち込んでいる最中。久保投手よ、俺達の家庭平和のためにも、早く治ってくれ。そして、先発にこだわる吉井投手よ、バキが暴れることのないような、いいピッチングをしてくれ・・・。   

   《引越しの理由、スタート》   

俺達が最初住んでいたマンションは、表向きペット禁止だった。

バキ(飼い主)は、俺達を拾った瞬間かなり悩んだが、マンションのすぐ隣にある派出所に“落し物”として届けた。

警官の人に「もし、受け取ってしまうと、保健所へということになりますが・・・。」と言われ、とりあえず部屋に連れて帰ってくれたバキ。

実はこのマンション、みなさんかなり昔からペットを飼っていたそうだが、捨て猫などを飼ってくれるらしいという噂が流れ、一時期マンションに捨て猫が増えたという。

そのため、近所にはあのマンションはペット禁止らしいと言うことになっている・・・と言っていたそうだ。

管理人さんが親切な方で、俺達を堂々と飼える環境を作ってくれた。

お陰で、お隣さんのことさえなければ、引っ越すこともなかったのかもしれない・・・。

ある日、いたずらグレ(俺の姉)が、バキがトイレから出る瞬間、トイレの手洗いタンクの水を飲みに入って行った。すると、トイレから

  『ガラ~ン♪』と不思議な音。

と、同時に、グレがそそくさとトイレから出てきた。

そして、バキがトイレに入る。

  『たいへ~ん!水が流れな~い!』

バキが、ハッ!と思い出した。

  『サザエがな~い!

      グレやったでしょ!』

バキに言わせると、タンクの水が流れるところにサザエの貝殻を置いてたらしいが、それがなくなっているという。そして、あの『ガラ~ン♪』という音。

俺に言わせれば、グレが便器の蓋を開け、貝殻を落とせるはずがない。蓋を開けっ放しにしたバキが悪いと思うが・・・。

夕方、おにゃじ(飼い主の夫)と相談し、業者に頼むことにした

・・・が、バキは一番の原因?をおにゃじにはまだ言っていなかったのだ。

言えるはずもない。いつも、グレがタンクの水で遊ぶので、必ず便座の蓋はするよう、おにゃじからしつこく言われていたのだ。

しかし、こんな小さな出来事が、あとあと信じられないほどの大事になるとは、俺も予想できなかった。

    次回の貝殻事件②で本当の原因が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

引越しの理由・・・貝殻事件②

102 ①に続く・・・野球ファン達のみなさん①読んでくれてる?信じてるよ・・・。

    

その夜、トイレ修理を頼んだ業者がきた。

賃貸のため、チェックだけして、後日大家さんに連絡するということとなった。

以前から、徐々に水の流れが悪くなってはいたらしいが、いくらおにゃじが修理してもらおうと言っても、ズボラなバキにはたいして気にならなかったらしい。

おにゃじは、「前から直そうと言ったのに、ぜんぜん言うこと聞かないから・・・。」と、バキに言うと、めずらしくバキが

「そうだね。もっと早く頼むべきだったね。まだいいって言っていた私がいけなかったの、ごめんなさい。」

この気持ち悪いほど素直な応対に、おにゃじは何かを感じた。そして

     「なんか、俺に隠してるだろう?」

      さすがおにゃじ!

そして、バキの一言

  「何にも落としてないもん!」

おにゃじ「おとしたんでしょ、詰まる物・・・」

バキ「貝なんて落としてないもん!」

俺(自分から暴露してどうする?おもいっきり誘導尋問に引っかかってるじゃないか。)

おにゃじ「どれくらいの大きさの貝?」

バキ「・・・サ・ザ・エ。」

おにゃじ「済んだことはしかたないから、正直にはなして修理しよう。」

おにゃじは業者に正直にいきさつを説明したが、

業者「そんなの詰まりませんよ。この筒通過すると下広いですから・・・それに、もうとっくに流れてますって。原因は古すぎるからです。」

これで少しは安心した我が家だった・・・が、この出来事が、多くのトラブル?を招くことになるとは、まだ誰も知る由もなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »