« マーくんファミリーinはっぴ? | トップページ | 8月14日 VSライオンズ »

2007年8月14日 (火)

年に一度のお注射

病気じゃないのに、毎日暑さで俺もグレもバテバテだ・・・

今日は、俺(ガス)が年に1度、決まった時期に病気でもないのに病院にいく話を書く。

   《 病気じゃないが・・・ 》

猫にも、年に1度予防注射というものがある。俺がうけたのは“猫3種混合”ワクチンである。

俺達の注射の日は、ゴールデンウィーク前後と決められ、野球がお休みの日あたりに連れて行かれる。

今年も連れて行かれた・・・猫は忘れっぽいというが、本能で嫌な予感を感じ取り、この日も“いや~な予感”がし、急いで押入れに隠れようとした。しかし、一歩遅かった。

   『ガス、つ~かまえた!』

バキは悪魔の微笑みを見せながら、俺を捕まえた。さすが、動作の速いグレは、押入れの奥底に身を潜めた。

俺は洗濯網に入れられ、グレが出てくるのを不安いっぱいで待つ。

   『ぶにゃ~(出してくれ~)』

とバキに懇願するが、バキは「普段、ご飯以外は鳴かないくせに、こんな時だけ鳴くなんて・・・。お注射だからしかたないのよ、静かにして!」と、グレが出てこないイライラを俺にぶつけるバキ。

  『グレちゃん~♪、おいで・・・』

と、おにゃじの優しいささやきにだまされ、ひょこひょこでてきたグレ。

そして、自転車の籠に乗せられ、病院に向かう。

Cyuusya1 洗濯網の中には俺

Cyuusya4 Blog_neko_064 待合室で、やっと網から開放・・・しかし、グレはやはり怖いのかバキが出そうとしてもなかなか袋から出ようとしない。

世間慣れしてない俺達だが、ここの先生だけは好きである。

Cyuusya3やさしい先生の声を聞くやいなや、グレも安心したらしく袋から出てきた。

    《 そして、診察室へ 》

まずは俺から

Cyuusya6 Cyuusya7 診察台に乗せられ、体重を量る。その後、体のあちこち触られての診察、そして顔を上げられ口を開こうと・・・

内心びっくりし(何をする、やめてくれ~)と、一瞬思ったが優しい先生の手の感覚に安心感を覚え、されるがままになる俺。とりあえず、歯槽膿漏などはないようだ。

Cyuusya9 Cyuusya8 何か背中に違和感を感じたが、“何だ?”と思っているうちに

『とても良い子でしたね~、終わりましたよ。』

と、優しい先生のお言葉。

予防注射が無事終了。

そして、次にグレの診察。

 

Cyuusya5 俺は棚の隅でグレを待つことにした。

Cyuusya11 Cyuusya10_1 Cyuusya12  グレも、おとなしくされるがまま。

先生曰く、俺達“暴れない”でじっとしているので、とても診察しやすいらしい。

そりゃそうだ・・・家庭の中で、試合負けると“大暴れ”するのがいて、それはまわりに迷惑をかけるのだということを、反面教師として学んでいるからね。

注射のあとは、体の細胞がバキみたいな菌と戦うためとても疲れる・・・だから帰宅後は、すぐぐったりしてしまうのだ。Cyuusya13

|

« マーくんファミリーinはっぴ? | トップページ | 8月14日 VSライオンズ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度のお注射:

« マーくんファミリーinはっぴ? | トップページ | 8月14日 VSライオンズ »