« 明治神宮野球大会・・・大学の部準決勝 | トップページ | 明治神宮野球大会・・・大学の部決勝 »

2007年11月16日 (金)

明治神宮野球大会・・・高校の部決勝

スポニチアネックスさん、秋季キャンプ終了ネタと内くんネタを、なんと2つも載せてくれた。いつもありがたいことで・・・

『秋季キャンプをやったから、春季キャンプなしね!』なんてボビー言いそうで怖い。

内くん手術無事成功・・・開幕には間に合わないそうだから、

       内くんひたすら走れ!

明日から、2月まではボールを触らなくてよし。ついでにTVゲームもするな。ある意味チャンスだと思って

        走れ!走れ!走り込め!

11月14日、神宮球場での決勝戦を観にいったのだが、10:30開始のためバリバリラッシュを避けることができ、やんわりラッシュに揺られて向かった。

   = 高校の部 =

1       常葉菊川高校 対 横浜高校

私立同士の対決だが、試合前の練習にしろ、補欠選手の数の多さにしろ、さすが名門横浜高校だ。円陣を組む姿は、落ち着き払った大人の雰囲気。2 それに比べ、常葉はなんか変な円陣だった。すぐ目の前だったので、よ~くみると、真ん中にも選手を置き、みんなでくすぐっているようだ。笑い声の含まれる円陣の声が響く。円陣を解くと、みんな笑顔だらけ・・・緊張感一切なし!

   

3 横浜先発・土屋投手・・・13日も先発だったが、明らかにこの日の投球の方が良く見えた。連投で疲れているどころか、前日より球が伸びており、切れもあった。ただ、相変わらずランナーを出すとかなり気にするタイプで、必要以上に牽制していた。2日間通して、土屋君はかなり頭でっかちになっているのではないだろうか?高度な指導を律儀に守ろうとするために、ランナーに神経質になり過ぎていた。四球が多いが、コントロールが悪いわけではなく、心の問題だと思う。

4 常葉先発・戸狩投手・・・1年の時から、田中君の控として甲子園のマウンドを経験している。フォームは、柔らかいイメージはなく、『カクカク』って雰囲気。しかし、サウスポー&経験という武器で、打たせてとる形で戦っていた。テンポがいいためか、守りやすそうだった。正直、生でいつも見ていないので、なんとも言えないが、私には準決勝で完投した1年生の萩原君の方が魅力を感じる。

5 1回(常)裏、土屋君ランナー気にし過ぎて、打者の伊藤君の頭に死球。本人以上に主審が動揺・・・検査をしたが、次の回から守備についていた。(なんともなくてよかった)

6 2回(横)表、キャプテン小川君ホームラン。

7 8 続く土屋君が上手い1・2塁間を抜けるライト前ヒットを放った。土屋君は、投手としてだけではなく、打者としても期待されているようで5番を打ち、7回にもセンター前にライナーできれいにヒットを打った。

1アウトランナー1塁でセカンドの難しいゴロを、セカンドの町田君が追いついた。そして、プロ張りのグラブトスで4-6-3のゲッツー・・・ちなみに、現マリーンズより上手かった。

9 3回(常)裏、控えめで律儀なタイプの前田くん、力ではなく技術で持って行ったようなホームラン

10 4回(常)裏、伊藤君ショートへの強襲、盗塁成功し1アウトランナー2塁で、なんか壷にはまる丹治君

11 12 13 ここでタイムリーを放ち、2対1となる

この丹治君、右打者なのだが、右足に重心を置くスイングを心がけることに、異様にこだわる。打っても打てなくても“まず右に重心”なのである。ネクストバッターズサークルでも、守備についても、せっせと“右に重心”の練習にいそしむ。(そんな姿が気になって、気になって、用もないのに見てしまう)

14 6回(横)表、やっぱり上手い!松本くんライト前にヒット。打ってよし、走ってよし、守ってよしの、プロにとても近い子だろう。

20 7回(常)裏、石川君ライト前にヒット・・・控えだが、やはり“打”の常葉を感じさせる

   

15_2 16 8回(常)裏、町田君センター返しで出塁、酒井君もセンター返しで、2アウトランナー1,3塁。伊藤君が四球で出て満塁となる。前日の横浜9回の凄まじい攻撃を思い出し、ここで追加点を・・・と。

伊藤君の四球は、次のこの日全くタイミングの合っておらず3三振の上嶋君と勝負するためのもの。しかし、ここがポイント・・・横浜のミス。土屋君はメンタル面に弱点がある、それも高校生。プロだって、こんなシーンはほとんど打たれる。相手は、伊達に甲子園で優勝したわけではない、打のチームなのだ。勝負して四球ならいいが、最初から避けてはいけない。

17 上嶋君、根性のタイムリー&エラーで3点追加

9回(横)表、松本くんセカンドへ強襲、エラーとなったが鋭い打撃。セカンドの町田君正面で抑えようとしたが、あまりの強さに横に弾き突き指し交代。

18 筒香君、ショートの後ろに落とし、ランナー1・2塁。ここで、さすが横浜!

19 土屋君の3ラン・・・スイングが高校生にしては速い!打撃がいいので、プロに行ったら潰しがきくだろう。

なんとか、1点差で常葉菊川が逃げ切った。

感想としては、まずはおもしろい。エラーと言っても難しい捕球。守備がしっかりしているため締りがあり、作戦もそこそこの技術を持ち合わせているので最後まで集中してみてしまう。

    お・ま・け

21 22 表彰式の時、足を高く上げきちっと揃う横浜の行進に対し、左右バラバラの上モジモジしながら進む常葉。賞状を授与する際のやり方がわからず、受け取って早足で戻ってしまう常葉に対し、授与式に慣れきっている横浜。どちらが優勝したのかわからないほど、笑ってしまった常葉のちょっぴり間の抜けた選手達・・・菊川の空気を吸うと、緊張感という言葉を忘れるのでしかたないが。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 明治神宮野球大会・・・大学の部準決勝 | トップページ | 明治神宮野球大会・・・大学の部決勝 »

観戦記 07年 プロ野球以外」カテゴリの記事

コメント

この頃は小生も新聞紙面を隅から隅までじっくり目を通します。ロッテの記事を見つければ、じっくり2回読みます。内君の記事もふじきせき殿の意見をおもいだしながら2回読みました。直君の記事もあったね。植松君の記事もあったね。小さいけど三つも載るなんて本日大漁だ!
地元菊川優勝おめでとう!おかげで来春のセンバツは静岡から2校、それも姉妹校が出場されそうです。話題一杯です。
横浜の土屋投手も静岡県出身ですね。
静岡は今、ユニバーサル技能五輪及び国際アビリンピックで盛り上がっています。真剣に物作りに取り組む姿に感動します。
今日は見えませんが、雪をかぶった富士山が世界からの来客を歓迎しています。良い季節です。

投稿: 和田 興三(静岡) | 2007年11月16日 (金) 07時53分

スイング姿から力強さが沢山伝わってきます。
本当に見ていてぐっと力が入ります。
いいお天気のもと、試合を見たみたいな気分になってしまいました(^^)

投稿: 黒水城 | 2007年11月16日 (金) 10時45分

和田さん、植松くんに関しては、我が家で『入団拒否されていたかと思ったけど、良かったね・・・』って話してました。無事契約終了し、一安心です。

黒水城さん、高校と言っても今の子は体も大きくパンチ力がありますね。
晴天のもと、みんな伸び伸び試合をしてました♪
個人的には、高校野球のマスコットがあってもいいなと思ってます。

投稿: ふじきせき | 2007年11月16日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮野球大会・・・高校の部決勝:

« 明治神宮野球大会・・・大学の部準決勝 | トップページ | 明治神宮野球大会・・・大学の部決勝 »