« 選手契約更改インタビュー 続 | トップページ | バキの目にもなみだ! »

2007年12月24日 (月)

選手契約更改インタビュー 続々

NHKで早大の斉藤投手が、楽天の田中投手を見て不安を感じ、その時不調だったので、原因を下半身と見て、10日で100K走ったそうだ。

木興君もそれくらいがんばれば、1軍のマウンドに立てるぞー!(なぜ、木興くんかというと、なんかいい素材をかんじたから・・・)

斉藤投手はなぜ大学にいったのか?もしかして、すでにメジャーから約束されているのかも・・・。

    

今日は大嶺くんから・・・

大嶺くんといったら、石垣島。石垣島の人たちはソフトバンクファンだっただろうが、大嶺くんのおかげでロッテファンばかりになってくれたらしい。きっと九州福岡近辺は当たり前のようにソフトバンクファンばかりだろう。

では、沖縄あたりまで行くと、どこファンが多いのかな~?ロッテファンているかな?

  大嶺祐太投手

『毎日トレーニングしないと怪我するんだなと・・・』怪我して気づく環境とは?まだ高校出て1年目の上、野球環境の整った名門から来たわけではない子に、なんのアドバイスもなかったのか?本当は1年目はじっくり体作りのはずではなかったのかと、大嶺くんの扱いに対して疑問に思ったシーズンだった。フォームに関してはとてもきれいで、焦らずじっくり育って欲しい。

  相原勝幸投手

『来年は、気持ちを強くもって・・・』と言っていた。身長があるので、てっきり上手投げでいけばミンチーみたいになれるかな?と思っていたが、下手投げオンリーになったようだ。そのため、ストライクがなかなか入らず苦しんでいた姿を何度か見たシーズンだった。

  定岡卓磨選手

2世はなかなか育たない世界だが、この選手はお父さん(元南海)やおじさん(元巨人&広島)より魅力を感じたし、元巨人のおじさんと違い、野球そのものが好きらしい。ソフバを2年で首にされ、ロッテに来たばかりの時は楽しそうではなかったが、人を蹴落とすシステムのないロッテの空気が彼を変えたようだ。シーズン後半には、強肩だったことを知り、打撃もパワーに加え変化球にも対応できるよう努力していた。ただ、難点は目標がちっちゃ過ぎること(ここが実は魅力なのだが)。今年HR6本、来年は8本を目標に掲げ、インタビューの人にもうちょっとと指摘され、言い換えたのが『HR10本』・・・ファームで10本と言わず、1軍に上がって高卒2年で首にしたソフバを見返してやって欲しい。

  角中勝也選手

四国リーグからの入団。最初の頃は、「酷い守備だな~」なんて思って見ていたけれど、年下の佐藤くんなどに聞いたりして、貪欲に学ぼうとしていた。急成長し、打撃もよく1年目にしてフレッシュオールスター出場となるまでになっていた。1軍にもあがり、充実したシーズンを過ごしたようだ。四国リーグの選手達の目標になるくらいがんばってほしい。今、1軍に一番近い選手ではないだろうか。

  江口亮輔投手

見た目は人気の出そうなルックスなので、1軍に上がったらファンがつくだろう。あとは、本人もわかっているだろうが、変化球をしっかり覚え、ストライクを取れるようになることと、勇気が必要かな?

  佐藤賢治くん♪

『プロと高校生の違いにびっくりし・・・』それって、ファーム投手なら、せいぜいベイスターズの高崎投手、Gの久保投手、1軍投手で西武の西口投手あたり?を基準にしているんだろうな~。西口投手の時なんか、打ちたくってたまらないのが見ていて伝わってきて、この子の気の強さがよ~くわかった(高卒1年の子に、楽~に打たれてしまったら、その瞬間西口引退しちゃうよ・・・)。来シーズンは3割を目標と言っていたので、自分自身で1軍はまだ先のようだ。私も、それが良いと思う・・・じっくり大きくなって1軍に来て欲しいから。

  金澤岳捕手

昨シーズンは、ファームの正捕手として過ごした。プレ五輪などで『気持ちが成長した・・・』と。捕手としての技術も、もっともっと学んでがんばってね。

  黒滝将人投手

この選手は、初めてのマウンドでボコボコにされたのに、良い笑顔をしていた。その後、出るたびに着実に力をつけていることがわかる。サインをいただいた時、(この子は、大きな怪我さえなければ必ず自分で1軍に這い上がってくるだろうな)と感じた。屈託のない幼さの残る笑顔の向こうに、我が道を行く怖いくらいの強さを感じた。

  渡辺正人選手

『きついシーズンだった』と。私も辛かった!守備が見るたびに落ちている。ファームだからと言って手を抜くと、ファンだって見てるし、何より相手チームだって見ているのだ。もし、ファームでも正人選手の堅実な守備を披露していれば、1軍即戦力でとトレードでお呼びがかかったかもしれない。

  竹原直隆選手

守備に難あり・・・と思ったが、練習したのだろう。そして、足がある為後半の守備は見ていて耐えられた。失敗を栄養にして成長していったシーズンのようだ。来シーズンは、普通の守備さえできれば、きっと1軍に残れると思うし、個人的には三振してもいいから、自分のスイングを崩さないようがんばってほしい。

  小野晋吾投手

年俸は少しダウン?しかし、私個人の見方としては、昨シーズンより今シーズンの晋吾投手の方が、強さを感じ気持ちも熱くなれた。上3人(薮・藤・雅)が抜け、一気に小宮山投手&高木投手の次に年が上となると言っていた・・・でも、高木投手と晋吾投手の間が開きすぎて、晋吾投手も微妙な位置かな?とりあえず、来シーズンも今年以上の“強気キレキレシュート”を楽しみにしている。

  内竜也投手

危機感は感じているのだろうか?手術をし、それなりに不安があると思うが、なぜか1軍のことばかり・・・1軍に上がる前に、また怪我しないようまずは体をつくろう。

  橋本将捕手

精神的に苦しかった1年だっただろうと思う。来シーズンは五輪があるが、きっと里崎捕手は選ばれるだろうから、その時は“タスク”あなたの出番!また、里崎捕手と争いそして仲良く試合に出て欲しい。

手嶌投手のところに、成瀬投手のインタビューがあったので、成瀬投手のところを見たら

     ・・・ここもニャーじゃ~ん!

手嶌投手はどこいっちゃったんだ?

どこ行った?といえば、どなたか小坂誠のことをご存じないかい・・・Gに残るとこまではわかったが、年俸は?いやその前に、契約更改してもらったのか?

       誠よ、どこに行った~!

   最後まで見てくださった方たちに

       クリスマスプレゼント♪

001 002 003 004

4羽とも、保留していいぞ~!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 選手契約更改インタビュー 続 | トップページ | バキの目にもなみだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

黒滝選手へ
黒木選手が言ってました。「僕の苗字にTAを加える人に背番号54を譲りたい。将来性があるから」と・・・
本人に伝えてあり、本人が球団へ申し出たらしいが拒否されたとか。
来年2軍で実績をつくり再度球団へ申し込んでほしいね。

投稿: 和田 興三(静岡) | 2007年12月24日 (月) 11時27分

和田さん、黒木さんのパーティー素敵だったことと思います♪
黒滝くんは、球団からぜひ54を・・・と言われるくらいの投手になってもらいたいです。
いつも笑顔の黒滝くんですが、とても意志の強そうな目が印象的です。
興味深い情報を有難うございます。また、お願い致します。

投稿: ふじきせき | 2007年12月24日 (月) 19時17分

12月に仕事で転属になったため契約更改という言葉がなんとなくドキドキしてしまいました。
来年に向けて、ふじきせきさんの選手のみなさんへの励ましの言葉を読んで、
自分も今年をふまえてしっかりしなくちゃと思いました。
そして自分にとってはメインです!!
クリスマスマーくんファミリー&クール
いただきます!!
ありがとうございます♪♪♪
この笑顔が最高にプレゼントです^^♪♪♪

投稿: 黒水城 | 2007年12月26日 (水) 13時42分

黒水城さん、マーくんフォト喜んでいただけてうれしいかぎりです♪
職場に変化がともなうと、精神的にも大変だと思われます。マーくんフォトが、少しは元気のもとになればと・・・。

投稿: ふじきせき | 2007年12月26日 (水) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選手契約更改インタビュー 続々:

« 選手契約更改インタビュー 続 | トップページ | バキの目にもなみだ! »