« 新天地での開花・・・早川大輔 | トップページ | 南の島から・・・若手っていったい誰? »

2008年2月 3日 (日)

理と情の真っ赤なジャージ・・・立花龍司

各球団、暖かいところでキャンプ真っ只中!

鴨川メンバーの情報を、いただいたのだが、ちょっぴりショック!なことが・・・

昨年オフ、ひとりで猛ダッシュしていた定岡選手が、足に打球が当たりリタイヤとのこと。たいしたことなければいいが心配。

新人の大谷選手がフリーでライナー性のいい当たりが多く出ていたようだ。

野手転向だろう柳田選手は、守備と打撃の練習で、昨日もブルペンには入っていなかったそうだ。転向だとしたら、藤井くんのような使い方だけは避けて欲しい。

1軍の石垣島の方はどんな感じだろう?堀選手、釣りの誘惑に負けてないかな?

そういえば、立花コーチもいっしょらしい・・・できれば、新人にやった自主トレ先輩方にもさせてみては?

     

      = 立花コーチのお話 =

001

新人の合同自主トレの際、立花龍司コーチがマスコミに向け、植松のことを、“たとえればランディのよう”と評した。

初日の植松選手は、トレーニングでひとりバテバテ・・・大人たちからは、『植松、大丈夫か?』と、たびたび声をかけられていた。

最初は疲れながらも、笑顔を見せてはいたが、次第に笑顔が消え、その表情からは自分だけ落ちこぼれるのでは?というような、不安の表情が見て取れた。

傍からみると、この一番ついていけなかった子がどれだけ成長するか楽しみだったが、本人からしてみれば、辛くてしかたなかっただろう・・・。

しかし、15日の浦和見学では、この“ランディ”報道でか植松選手、笑顔いっぱい・・・と言うより、はしゃぎまくっていた。

  この姿を見た時、立花コーチの優しさを実感

本人に言うのではなく、マスコミに言うことによって、本人はうれしさ倍増!期待されてる喜びと、今はついていけなくてもコーチが見ていてくれているんだという安心感。

素人目からみても、唐川選手から明らかに離されている実力。しかし、立花コーチのコメントで上をみて進むことができる。(ついでに、唐川選手も“ドカベンに出てくる不知火のよう”と、気配りも忘れない)

005 004 トレーニング中は、選手にさせるだけでなく自分も動き、トンボがけも率先してはじめ、選手がそれに着いて行く。

    

この立花コーチ、高校時代投手だったが肩を壊し、大学進学後怪我が治らず野球を断念。故障の辛さを自ら知っているため、怪我のない体づくりにこだわったらしい。

昨シーズン、故障者が多かったので私は不安を感じたが、もしかしてそれだけ1軍選手はもともと怪我のない体づくりをしていなかったのかな?・・・とも最近思う。

以前、試合前のわずかなトレーニングでも、丁寧なのは誠&誠の横に座った選手くらい。(福浦選手に限っては、柔軟体操のやりすぎか、持病で、できればじっとしていてもらいたかった)

いくら激しいトレーニングをしても、硬い筋肉だと怪我をしやすくもなる。やり方、そのトレーニングの意味、体の構造・・・そんなことまで指導していた立花コーチ。

立花コーチの指導を理解できていた投手は、みんな息が長いようだ。伊良部・野茂・吉井・工藤・・・小宮山投手も、立花コーチの指導を受けている選手。

今年の新人達は、立花コーチが育てたおかげで、『怪我なくシーズンを過ごせた』となればいい・・・と思っている。

ボビーが信頼を置いている理由は、ボビー自身怪我で引退した選手だからであろう。ファームに限らず、1軍の選手も立花コーチの指導をしっかり受け、少しでも痛いところがあれば、隠さずにすぐ相談し、シーズン中は怪我なく活躍してほしい。

002 003   新人達の指導をみていると、

立花コーチの熱血指導が意味を成す

        そんな日が待ち遠しく思う

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 新天地での開花・・・早川大輔 | トップページ | 南の島から・・・若手っていったい誰? »

ロッテ スタッフ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理と情の真っ赤なジャージ・・・立花龍司:

« 新天地での開花・・・早川大輔 | トップページ | 南の島から・・・若手っていったい誰? »