« マスコット交流2008inマリスタ ベイスターズ | トップページ | 6月26日 浦和VS湘南 »

2008年6月26日 (木)

6月25日 浦和対湘南

こんにちは、わたしグレ

昨日は横須賀スタジアムに行って参りました。

ここのDJの方は、いつも感心させられます

試合も見ず、ただ『ボールくださ~い』という子供たちへの注意や、ボール投げ込みの際のグラブを持って走っての移動の注意など・・・

以前、マリーンズファンが裸で迷惑をかけた時、そのファンのもとに行き、きっちり注意(同じファンとして、とても恥ずかしい行為でした

私は、野球を楽しく観ることを基本とする考えを大切にしている“シーレックス”というチーム体系を高く評価したいです

勝ち負けは別として、シーレックスのDJの方の試合前のお話を聞くだけでも、野球ファンとして意味がある気が致します。

  

     試合結果  ●【M0対1S】

先発  大嶺祐太さんー松本幸大さんー小林憲幸さん

  

1 大嶺さん・・・立ち上がり早速2球目ヒット。“いつものことか~”と思いきや、次三振

なんと、この日の三振は6回を投げて10個、ヒットはこの先頭バッターの1本のみストライク先行を意識していたようでした(ただ、それでもノーストライク3ボールはありましたが・・・)

ヒットで出したランナーも、がんばって覚えた牽制球で刺したし

今までスタミナ不足で、5,6回辺りに不安を抱えていたいましたが、この日は6回にも三振2つ・・・2回の桑原さんからの三振は、落ちる球での三振で、まるでコバヒロみたい~なんて思いました。

何より粘られたJJ選手から見逃し三振をとった時には、膝上あたりでちっちゃくガッツポーズとっちゃいました

JJ選手には2打席目に、粘られたあげく四球を出していたので、3打席目の三振はとてもうれしいものでした。

ファールを打たせてカウントを稼ぐということを覚えられたようです。

1軍先発を考えると、7回までは投げてほしかったにゃ~

   

松本さん・・・なんとか0点に抑えましたが、ストライクを入れるとバットに当てられるので、ボールを振らすしかありません。ストライク先行なら優位に立てますが、ボール先行になると、苦しい投球になってしまいます。決め球があるといいのですが・・・

  

コバ憲さん・・・絶不調って感じでした。持ち前のテンポのよさも無ければ、好調時の攻めの姿勢も無く、ボール先行。金澤さんのリード自体が、この時ボール先行なら問題なのでは?なんて思いました。コバ憲さんは、攻めの投球が魅力なのに、ボール球を振らす事しか考えてないような配球に見えました

いつもの思いっきりの投球ではなく、そっと置きに行ったような球をヒットにされ、ノーアウトランナー1・3塁・・・次の打者はピッチャーゴロでランナー進めず、次の打者JJは2-3から四球(ボールを振らせようと考え・・・ファーストも空いてるし)、そして次の打者に犠牲フライを打たれ1失点。

周りからは、背番号123番だから、こんな場面で荷が重過ぎるとか、育成にはまだ早いとかの声が聞こえてきました

コバ憲さんの好調の時は、“いつでも上げて”の投球をしてくれます。まだコバ憲さんの本当の姿を目にされていらっしゃらない熱きマリーンズファンの為にも、早くご自分らしい投球に戻られることを期待しておりますにゃん

  

      打撃 

  本日は3本でした・・・シングルヒットが

  

2 1回、早坂選手の2-3から振りぬいたライトへのヒット・・・三浦投手から

  

3 3回、初球をライトへ・・・早川選手

  

4 7回、山口選手からセンター前に・・・竹原選手

  

6回の早川選手の打席は、工藤投手相手にライトフライでした。。しかし、この日一番見ごたえがあった打席でした。

1~6球まで全てカット・・・きっと、ご自分のストライクゾーンをきちっと設定し、振るか振らないかを決めていたように思います。

7,8球目は明らかなるボール球、9球目がまたカット。

そして10球目がライトフライなのですが、ライト線上で外野フェンスギリギリでした。

 

この日の相手投手は、5回まで三浦さん、6回工藤さん、7回山口さん、8回ヒューズさんと、ファーム選手にとって勉強になる投手の方ばかりで、負けましたがなんか得した気分でした。

ただ、相手投手がいいからこそ、ランナーがでたら何かして欲しかったのですが、全く監督は指示されず、まるでお兄さんチームと同じだニャンと悲しくなりました。

  

      守備 

7回、金澤さんのリードで、ショートあたりに行くニャン!と、カメラを構え守備ショットを楽しみにしていたら、

5   “撮っちゃった~

     エラーのシーン

捕球の瞬間、目を離してしまわれたのか?残念です

  

     お・ま・け

  

6 田中雅さんの盗塁成功・・・セカンドもできる走れる捕手

  

シーレックスのやさしさ

8 9 お誕生日の選手名に早坂さんも

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« マスコット交流2008inマリスタ ベイスターズ | トップページ | 6月26日 浦和VS湘南 »

観戦記 08年 06月 イースタン」カテゴリの記事

コメント

グレちゃん今晩は
早川選手の10球で一振り一振りが意味のあること、僭越ながらすごく関心しました。
いつもグレちゃんのお話は野球を見る時の参考にとてもなります。
そして粋な演出もしてくれる横須賀スタジアム、とっても行ってみたくなりました(^^)

投稿: 黒水城 | 2008年6月26日 (木) 02時04分

黒水城さん、こんにゃちは
早川さんは、1打席目ゴロのアウトでしたが、叩きつけてきっちりランナーを進められました。
早川さんの魅力は、1軍でもファームでも手を抜かないプレーをしてくれるところだと思います
  
レックくんのチキンダンスはわたしお気に入りニャンです
DJのお兄さんも、皆さんがいい観戦をできるようご努力されてます  

投稿: わたしグレ | 2008年6月26日 (木) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月25日 浦和対湘南:

« マスコット交流2008inマリスタ ベイスターズ | トップページ | 6月26日 浦和VS湘南 »