« 6月27日 VSライオンズ | トップページ | 6月29日 VSライオンズ »

2008年6月29日 (日)

6月28日 VSライオンズ

ヒーローインタビューは里崎捕手・・・何となくいつもの笑顔が見えず、元気ないな~なんてとても心配になった。

帰りの電車内でも、里崎捕手の心配の話ばかり。『最下位だから、素直に喜べないのかもね』なんて・・・

そして、帰宅後マリーンズホームページを開くと

  “うれしさいっぱい、

     満面の笑みの里ちゃん”

画面に映っていた里崎捕手の笑顔を見た瞬間  

 何だったんだろう?今までの心配は・・・と。

   

     試合結果  ○【M11対3L】

     先発   渡辺俊介投手

失点はあったものの、1回のボーンヘッドに足を引っ張られ、

1 あとは2-0からブラゼル選手に打たれたHR・・・里崎捕手の裏をかいての配球だろうが、見逃しはしないだろう。低いボール球で行ってほしかった。

90K台でストライクをとれ、120K台でもきっちりストライクをとれたことで、緩急も活かされ、安定感ある投球に思えた。

7回の内野安打連続出塁は、当たりそこないの不幸な打球だった。完璧に打ち取っていたので悔しかったと思う。

  

松本投手・・・てっきりワンポイントかと

2_2 低め大好きブラゼルに、4球とも地を這う投球で三振をとる。

そして、次のGGをライトフライに・・・のはずだったが、サブロー選手どうしたことか、捕球もせず、その上バウンド後頭を越えられ2ベースにしてしまった。

11対3で、久保投手&川﨑投手&荻野投手は肩慣らしなのか?でも、出さなくていいような気がしたが(小宮山投手、暇してたけど・・・

   

     = 打撃 =

3回 ベニーポテンヒットで出塁&早川選手バントでランナー進め、

3_2 西岡選手のライト線へのタイムリー2ベース

根元選手内野ゴロで、ランナー3塁

4 3番が似合う男福浦選手のタイムリー

5回 1アウト後ベニー四球&西岡選手死球&福浦選手四球で2アウト満塁

  

5_2 6_2 打席は里崎選手・・・まずはストライクを見送る。そして次高めのボール

7_3 1_3  3球目を振りぬき満塁ホームラン

いつもは10安打で1得点・・・昨日は5安打で6得点という滅多に見られない省エネ攻撃

7回 早川選手内野安打で出塁

2_3   根元選手の2ベース

  

3_3   福浦選手、2度目のタイムリー

  

8回 オーマッポテンヒット・・・打球を見て止まっていることなく、しっかり走ったおかげで2ベースに(代走代田)

  

4_2    今江選手タイムリー

5 代走代田選手が、きっちりホームイン

8_2 でも、今江選手ファーストをまわり、戻れなくて挟まれアウト

そして、ベニー2ベースヒット

9_2   早川選手、2ランホームラン

  

     = 守備 =

 勝ったが忘れちゃいけないボーンヘッド

1回裏、ファーストは守備判断がいい福浦選手、打者は決して俊足とは思えないブラゼル選手

1アウト1・3塁のシーン・・・球は福浦選手のところへ飛び

 “ラッキーゲッツーコース

福浦選手は、すかさずセカンドに送球。セカンドに入った西岡選手、ベースを踏むのではなく、

10_2    ランナー待ってタッチ

    ・・・って、何してるー

以前にも、確かファーストオーティズの時同じミスをしたが、その時コーチは指導しなかったのか?あんなミス、2回もするなんて不思議すぎる

7回裏、ライトへ飛んでいったフライを、サブちゃんなぜか躊躇し、ワンバウンドで捕球・・・するつもりが、バウンドが大きく頭を越えていった。

8回裏、セカンドに打球が飛んだ時、必死にファーストオーちゃんズが捕球に乗り出し、それを見た荻野投手も急いでベースに駆け込む。

早坂選手に捕らせ、オーちゃんズはファーストベースにつかないと・・・荻野投手“ゼハゼハ”状態だったよセカンドをやっていると、ついファーストでも捕りたくなっちゃうようだ。

   

     お・ま・け

来年、西武もフィールドシートができるらしい

11    一足お先にこの方が・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 6月27日 VSライオンズ | トップページ | 6月29日 VSライオンズ »

観戦記 08年 06月」カテゴリの記事

コメント

 昨日は大宮球場へ行きました。
1軍と似たような試合展開。
ホームランで稼いだ得点が、目立ち
ますけれど、細谷選手や田中雅選手の
丁寧な守備も堪能しました。
1番DH堀なんて、嬉しいサプライズも
あり。 和みます。
 
 数年後には、このメンバーが
マリンスタジアムを湧かすのかなぁ。
そんな期待をしつつ観戦していました。
 
 サカタ監督自らノックをしていました。
打つのは勿論ですが、最後に笑うのは
やっぱり守備力のあるチームでは
ないでしょうか。

 第2の小坂出現を心待ちにしています。
  
 
 

投稿: すーさん | 2008年6月29日 (日) 03時35分

1回の守備
 あれは完全に福浦選手のミスです。先頭打者のバント処理をミスしたことが、頭にあり、ベース踏まずに(自分の頭の中では靴の側面でベースタッチしている?)あわてて2塁へ送球している。西岡選手は当然1塁ベースタッチ後の送球と判断し、タッチプレーにいった。緩い打球なら2塁から1塁でのゲッツー狙いであるが(むずかしい判断ではあるが)、あの打球なら、1塁から2塁へのプレーだと思います。テレビで見ると福浦選手の迷いが感じられます。球場でも内野席の野球通らしき方々が福浦・サブロー・里の守備、おかしいぞーといってました。
おまけの写真
 あの写真の横を写してください。
 選手は小宮山投手の周りで、離れた所に成本コーチが1人ポツンと椅子に座ってます。これもおかしいぞー。 
まだチャンスあり、ひょっとして、ひょっとするかも・・・

投稿: 和田 興三(静岡) | 2008年6月29日 (日) 07時53分

すーさん、こんにちは
  
1番堀選手とは、凄いサプライズ

細谷くんの満塁ホームランに、細谷くんの攻守備堪能と、楽しい観戦・・・羨ましいです(い~な、い~なぁ)
  
守備力って大切ですよね・・・お兄さんチームは、守備力なんて考えてないようで悲しいです

投稿: ふじきせき | 2008年6月29日 (日) 08時18分

和田さん、こんにちは
  
1死1,3塁 3塁は俊足片岡なのでホームは無理。1塁走者中島も足は速い。打者走者はほとんど歩いてるブラゼルという状況。一塁手がベースを踏んでの2塁送球はタッチプレーに。
しかし、1塁ベースを踏まず、セカンド送球からファーストへの送球になればタッチは必要なく、ベースを踏んで併殺を捕ることができます(1塁を踏んだ場合、セカンドが捕球後タッチをしなければならないので併殺はまず無理でしょう)。
  
この状況から、私はホーンヘッドとみました。
どちらにせよ、ファーストが踏んだか踏まないか、見ていればタッチかどうか判断できたはずです。
普段の緊張感がない守備練習がもたらしたプレーだと思います。
  
野球は難しいですねだから面白いのですが・・・

投稿: ふじきせき | 2008年6月29日 (日) 08時36分

>どちらにせよ、ファーストが踏んだか踏まないか、
>見ていればタッチかどうか判断できたはずです。

出来ないと思いますよ。草野球じゃないんだから。
普通、打球の位置と強さで判断です。
そういう意味でも連係プレイの練習不足か、
福浦くんの凡ミスかと思われます。

投稿: 稲毛っ子 | 2008年6月29日 (日) 09時22分

福浦さん自身は完璧にゲッツー狙いだったと思うのですが、傍から見ているとベースを踏んだかどうか微妙な位置でしたし、ツヨシもタッチに行っちゃったのかなーとも思います。

とはいえ、名手福浦を知っていればあそこは阿吽でゲッツー取りに行けるよなあ、と思いましたが・・・

プロに向かって失礼ではありますが、単純に練習不足ではないかと・・・自分自身のスキルは自己責任にしても、チームのスキルはやっぱり練習あってこそですよね。

投稿: 川崎まりんず | 2008年6月29日 (日) 12時19分

稲毛っ子さん、はじめまして・・・かしら?もし、違ったらごめんなさい
おっしゃる通りだと思います。マリーンズは草野球チーム以下かもしれません
本来、先のランナーを刺すのが基本なので、見なくても福浦選手がベースを踏まず投げてくることはファンの誰しも知ってるくらい、いつものこと。
意志の疎通ができてないのでしょうか?
  
日ハムがあんなに打てないのに、2年連続で優勝し、今シーズンも怪我人だらけで今2位・・・守備の基本ができているチームが、結局上位に来るのでしょうね。

投稿: ふじきせき | 2008年6月29日 (日) 23時04分

川崎まりんずさん、こんばんは
  
いつもの福浦選手の得意なプレーである【いくらすぐ横にベースがあっても踏まず、セカンドに投げ、ゲッツーをとる】熱くなる見せ場・・・いつものように『さすがふくうら~、ナイス西岡~』の声援を用意してましたが、ずっこけました
  
連係は大切にしてほしいなって思う今日この頃です
  

  

投稿: ふじきせき | 2008年6月29日 (日) 23時23分

はじめまして。

ご指摘の初回のプレーは、どう見ても西岡選手のミスです。
福浦選手はベースを「踏まずに2塁送球」が当前のプレーです。
私には、福浦選手はわざわざベースを踏んでいない事を確認したようにさえ見えました。
1塁を踏んでいたら本塁送球をしているはず、踏んで2塁送球=3塁走者生還で失点になりますからね。

私には、守備の連携やら意思の疎通などではなく、基本ができていないチームなんだと認識させられたプレーでした。

投稿: R-A | 2008年6月30日 (月) 13時42分

R-Aさん、はじめまして
コメントありがとうございます。

1塁を踏んでからの2塁送球の場合、2塁でのアウトの前に3塁走者がホームインしたら得点になり、2塁へ投げての併殺プレーの場合その間に3塁走者がホームインしても得点にはならないと思っていましたので、福浦選手のミスにはどうしても思えませんでした。
  
プロとして、やはり当たり前のプレーをしてほしいです
  
今後とも、よろしくお願いします
  
 

投稿: ふじきせき | 2008年6月30日 (月) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月28日 VSライオンズ:

» やばばば~い [マリーンズじゃなきゃいられない]
先日カメラを買い変え、パパラ・デビューのなお★です。やばばば~い。はまるかも♪d(´▽`)b♪イースタンリーグ6/28(土) vsライオンズ ○11-4 @大宮バッテリー: ○呉(5回)-神田(3回)-古谷(1回)=金澤スタメン: (指)堀-(遊)塀内-(中)南-(左)竹原-(三)細谷-(一)神...... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 01時07分

« 6月27日 VSライオンズ | トップページ | 6月29日 VSライオンズ »