« 6月18日 浦和VSフューチャーズ | トップページ | 6月22日 VSドラゴンズ 交流戦 »

2008年6月23日 (月)

6月21日 VSドラゴンズ 交流戦

負けた日は疲れが増すが、今回はいつも以上に疲れた・・・が、22時過ぎまで新幹線があり、深夜1時でも動いている私鉄があることに感謝無事帰宅

   

   ナゴヤドームでのプレゼント

  2ベースヒットを打ったら『愛知米10K』

この日、大松選手&里崎選手&今江選手がもらった。大松選手は2本打ったから20K

   

私は3塁側で観戦だったが、まわりはほとんど中日ファン・・・『守備下手なチームだよな~』と言われ、悔しくも心の中で頷くしかなかった

   『40Kのお米、

    ボビーに千葉まで運ばせろー

と、自分でも訳のわからないことを叫びたい気持ちになった・・・

  

     試合結果    ●【M1対6D】

     先発   小野晋吾投手

ヒットのシーンがスクリーンに映し出されるのだが、ほとんど真ん中高目を痛打されているように見えた。

   

1 伊藤義弘投手・・・4回1アウト1・2塁から、小野投手を継いで登場。ドラゴンズの応援の雰囲気にのまれるのではと心配しながら観ていた。

早速四球だったのだが、動揺やあっちゃこっちゃのコントロールでもないようで、そこそこリードに従った逃げない投球に見えた。

その後の2人を連続三振で抑えたのだが、この時4点差とは言えまだ4回。相手だって流しにきているとは思えない。この日の伊藤投手の投球は、唯一小さな喜びだった

   

     = 打撃 =

8回 里崎選手、この回からの平井投手から2ベースヒット(お米ゲット)で出塁&ベニーのヒットでノーアウトランナー3塁

2      今江選手タイムリー2ベース

       今江選手もお米ゲット

       ・・・本日はこの1点のみ

相手の1点目は犠牲フライでのもの。その後も先の塁に進め、1点1点を丁寧にもぎ取ってくる攻撃。

4点リードをしていても、“もう1点”にこだわりバントをしてくる。前進守備の時は、しっかり叩くスイングをしてタイムリーに・・・

それに比べ、ノーアウトでランナー2塁に居ても返せず、3塁に進塁させようと言う気配も無いマリーンズ。

   

3 何を思ったのか、8回1アウト満塁のシーンで、ズーリーのライトへの浅いファールフライでベニータッチアップ

なぜ走らせたのだろう?ライトはあの英智選手なのに???それも今さら・・・

ただ、このベニーのクロスプレーのおかげで、皮肉にも清水将海捕手登場

この時の小田捕手のブロックを観て、中日ファンが『小田のブロックって、いつも変だよな~』と・・・守備のチームのファンだけあって、守備に関する会話がよく耳に入ってきた。

5回、せっかくのノーアウト1・2塁から2アウト1・2塁になった時、福浦選手が粘りに粘って四球を選ぶ。続くサブちゃん、見逃し三振

しかし、私は“4番サブロー”のために一言いいたい

4   『あれはボールだー

サブちゃん珍しく熱かった~

  

     = 守備 =

マリンスタジアムで行われた中日戦の際、井端選手の深い守備位置が気になった。今回、3塁側での観戦だったので改めて確認・・・と思ったら、怪我で代わりにデラロサ選手がショート。デラロサ選手も深く守り、場面や打者によって守備位置を変えていた。

ショート井端選手でない為か、荒木選手がショート方向にセカンドベースを越えながら流れるように守っていた。おかげでセンターには抜けにくく、内野安打もゴロヒットも生まれやしない

西岡選手の守備範囲が狭く、よく抜かれている。しかし、よく観ると守備位置が浅く、相手が荒木選手でもウッズ選手でも

   “いつも同じじゃ~ん”

のところにいる。もし、もう少し深めに守っていれば、肩が強いので深くからでも送球は間に合うと思うし、倒れての捕球が減るのではないか?その上、抜かれずに済む気がするが・・・

ランペンはなぜ守備位置の指示を出さないのだろう?

ちなみに、6回のオーちゃんズのセカンドゴロと、7回の西岡選手のセカンドゴロは、うちの守備だとヒットだよん

次の日、新聞の記事に、落合監督のコメントがあった・・・(バントで進める、またバントで進める)高校野球をやっていただけだよ。ミスは、川上にバントさせなかったことかな、打撃いいから・・・みたいなことが書いてあった。

  うちは高校野球に負けたようだ

  

     お・ま・け

5 落合監督が好きなわけではないが、投手交代の際、必ず自分がマウンドに行き、投手に声をかけボールも自らが手渡す・・・苦しい時こそ、このコミュニケーションが大切なのだろうと羨ましくも見えた。  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 6月18日 浦和VSフューチャーズ | トップページ | 6月22日 VSドラゴンズ 交流戦 »

観戦記 08年 06月」カテゴリの記事

コメント

2004年・2005年の投薬が余りに効き過ぎて球団も選手も我々も無変頭心(勝手に解釈してつくりました・起こっていることに不思議を感じないの意味で〜す)の状況です??? こんな状態で来年もかぁ・・・・。つらいで〜す、名古屋へ初めて観戦に行ってきて疲れ具合がいままでに味わった事の無い状態です。ただ一言「もったいない」いろんな事を含めて。

投稿: zoo | 2008年6月23日 (月) 12時51分

zooさん、本当に心までも疲れる試合でした
 
劇薬は最初は効きますが、慣れると効き目が無くなり、後遺症だけが残ります
来年は劇薬をメジャーにプレゼントしてくれると思いましたが、劇薬自身は外堀埋め始め残る準備をしているようですね
 
“無変頭心”・・・ロッテ辞書に載せさせたい!
 
最近、選手達が痛々しく思えてきております

投稿: ふじきせき | 2008年6月23日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月21日 VSドラゴンズ 交流戦:

» 名古屋を食べつくせグルメ旅(オプション:ナゴド) [マリーンズじゃなきゃいられない]
宴会の前半はしゃぎすぎ、後半は泥酔で爆睡とイケてない なお★ですσ(^_^;)宴会は総勢10名。初めてお会いした方々と十分にお話できなかったとか、爆睡しててタケの話を拾えなかったとか、[続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 04時00分

« 6月18日 浦和VSフューチャーズ | トップページ | 6月22日 VSドラゴンズ 交流戦 »