« 6月26日 浦和VS湘南 | トップページ | 6月28日 VSライオンズ »

2008年6月28日 (土)

6月27日 VSライオンズ

大宮に向かう埼京線・・・ボーっと外を眺めながら、“武蔵浦和~”の音声につられ危うく下車するところだった

   

     試合結果  ●【M1対4L】

     先発   成瀬善久投手 

体を大きくしスピードをつける・・・って、あなたにはスピードより切れのある繊細なコントロールをみがいてほしいので、もう少し腰周りを絞ってほしいななんて思ってしまう

腰の切れが悪いように見えたのは私だけか?タメもなければテンポも悪い。

    次がんばれ~

  

6,7,8回の回をまたいでの投球だった高木投手と伊藤投手

高木投手は低めを丁寧に投げ分け、できればナカジーの時、1球高めを見せてくれれば打たれなかったような気がした。

7回途中からの伊藤投手は、練習の時1球もストライクが入らなかった(キャッチャーが捕れない位凄まじい球も)・・・しかし、相変わらず球の伸びはバツグン!

マウンドがいつもより平坦なようで、一生懸命“ホリホリ”していた。ホリホリが良かったのか、いざ本番はナイスな投球

時々手元が狂って打者のインハイをつく球があったが、またそれが効いて、打者がなかなか踏み込めずいい感じだった

2 伊藤投手の伸びのある球は、ワクワクする。多少荒れていたほうがいいかも・・・コントロールを気にし過ぎて、こじんまりまとまらないでほしい。

6~8回の裏の回は、進化を続ける高木投手&成長が目に見える伊藤投手を、ちょっぴり楽しめた

  

     = 打撃 =

  

3 1回 里崎選手のホームラン

       ・・・・・以上

  

マリーンズは今後ますます右打者は右投手を、左打者は左投手を苦手としていきそうだ

試合前、その日のスタメンが先に打撃練習をする。

8 この日は、相手の先発ホタテくんもどきのフォームでスタメンが練習していた(フォームが似てても球まで似ているとは限らない)まあ、それはいい・・・問題はその後だ。

控えの選手が打撃練習をするのだが、ホタテもどきではなく右投手にチェンジ。仕方ないのかな?ボビーは、これからも左右ですべて決めていくのだろう。

へーちゃんのように、左投手を上手く打てても、ボビーには関係ないのかもしれない

  

相手のホタテくんこと帆足投手の、右打者の膝元に入ってくる球に、みんなやられていた気がする・・・ボールに見えているようで、避けながら見逃したり、引っ掛けたり、空振りだったりと

配球もストライクを先行させるが、その後ボール球を振らせる配球&タイミングのずらし方でやられた。

サブちゃんの、四球の後の初球を必ず振ってくることがバレバレで、しっかりボールから入って振らせられ・・・

ズーリーは“立ってれば四球、振るなー!”と誰か言ってやってよといいたくなるほど、三振とりやすい打者になってた。4回の高めの見せ球と思ったら、見ないで振って三振になっちゃったしソフバ時代の、ボールをしっかり見ながらのレベルスイングはどこに行ってしまったのか?(アッパー指導だから仕方ないけど・・・)

  

     = 守備 =

1回 ランナー2塁で、ピッチャーゴロ。セカンドランナーが飛び出していたのでセカンドへ送球・・・フィルダースチョイス

5 しかし、タイミングはアウトかと・・・以前の西岡選手は、積極的なタッチをしていたが、ここ最近保守的な守備になり、ランナーを待ってタッチした為、追いタッチと判断されたのか?積極性を欠くことである意味ミスとも言え、プレーに対して“ナイスジャッジ!”なのかもしれない

 

  “里崎ぃ~、どうしたぁ~

1アウトランナー1・2塁で、里崎捕手が捕球の際、捕りにくかった球を胸で前に落とした・・・ここまでは良かったが、その後まさか走ると思わなかったのか、前に転がった球の捕球に急ごうとしなかった。

足を活かした、そつが無い西武である。しっかりセカンドランナーがサードに行き、それを見たファーストランナーもセカンドへ進塁・・・この時、なぜ里崎捕手はセカンドにではなく、サードに送球したのか?サードで刺せると思ったのだろう(申し訳ないが、私には無理に見え、できればセカンドに送球をしていただきたかった)

ファーストランナーはセカンドランナーを見てからのスタートなのだから、セカンドなら刺せたと思うが・・・。

6回の成瀬投手が交代となる前の片岡選手のヒット・・・まっすぐのストライクに見えた。片岡選手は、変化球をカットしストレート待ちをしていた。変化球か、ストレートならボールを投げると思っていたのに、待ってたストレートのストライクとはそれとも、ボールのつもりがうちに入っちゃったのか?

疲れて、配球がごちゃごちゃになっているのかな?

 

10 4回、ランナー2塁、細川のバント失敗・・・サードに送球、今江選手待ち構えてましたとばかりに“ガツン”とタッチでアウトー

  

7 5回、大塚選手、何気に捕球をしているのだが、落下地点に着くのが速い!かなりの移動距離があったと思うが、サラーと捕球

  

     お・ま・け

9 この日だけは、“4番サブロー”ではなく、“4番サブロ”だったもれなく、5番ズレー、6番オーテ、西武さんもブラゼやら、ボカチ・・・文字数3文字しか表示できないらしい

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 6月26日 浦和VS湘南 | トップページ | 6月28日 VSライオンズ »

観戦記 08年 06月」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。
僕も大宮で観戦しておりました。
観戦名人のふじきせきさんと同じ箇所が気になってブログに書いたら、同じことが書かれてあったので嬉しくなっちゃいました(笑)
マウンドほんと平坦でびっくりしました。
明のあのキャッチの決定的瞬間のシャッターを押してることがゴイスー・・・

投稿: mansengo | 2008年6月28日 (土) 02時30分

mansengoさん、おはようございます
朝一、ブログ拝見・・・さすが中味が濃く、ブログと言うより読み物ですね  
  
かなり平坦なマウンドで、わたしもビックリ(帆足投手があえて平坦にさせたでしょ?なんて思ったほどです)
  
楽しみが、外野の守備しかなくて、里崎捕手の構えるミット頼りに、偶然とれました(褒めていただけとってもうれしい~

投稿: ふじきせき | 2008年6月28日 (土) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月27日 VSライオンズ:

» 熱い思い届け [マリーンズじゃなきゃいられない]
53年ぶりにプロ野球が開催された埼玉県営大宮公園野球場。公式テキストライブの「せっかくですからもう少し長く楽しんで野球ができるよう・・・」には笑いましたが、残念ながら早めに終わってしまいました。成瀬投手は5回を球数97、被安打8、被本塁打2、失点4。ナイタ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 02時11分

« 6月26日 浦和VS湘南 | トップページ | 6月28日 VSライオンズ »