« 東京六大学野球 10月5日 慶大-東大 | トップページ | 東都大学野球 10月7日 亜大ー中大 »

2008年10月 8日 (水)

東京六大学野球 10月5日 法大-明大

俺ガスcat

10月5日の第2試合は法大対明大の2回戦baseball

前日(10月4日)の1回戦は明大が3-0で先勝。1年生の野村投手(1年=広陵)が被安打2、奪三振12の完封だった。

この日の観戦の楽しみは明大の岩田投手(4年=東邦)、法大の小松投手(4年=室戸)といった、ドラフト候補の投手を見ることeye

我らがマリーンズは、あまりの投手の多さに、投手はチャンスが少なすぎ、野手はいなさ過ぎたため、本職を練習し辛い状況で、投手も野手も育ちにくい環境だったと思う。

社会人&大学野球は、即戦力として魅力ある選手を、スカウトは探すのだろうにゃ~cat

        ・・・で、俺も俺なりに偵察smile

  

           試合結果

29

  

21  先発   明大 岩田慎司投手(4年=東邦)

   

22_2 先発   法大は武内久士投手(3年=城東)

  

岩田投手は6回・9回以外は毎回ランナーを出す一見苦しそうな内容。

しかし走者を出してから強いタイプのようだ。間合いを充分にとり、牽制もかなりしつこく、打者のタイミングを外し、打ち気をそらす技のマウンドさばき。7分程度の力で打たせて取りに行き、走者が出ると三振を取りに行く大人の投手といった感じだったにゃ~

この投球は、もしや長いイニングの投球を考え、ランナーが出たら抑えにかかるという力配分を意識したのか?

5回の1死2・3塁での“連続三振”がこの日の見せ場だったsign03

ストレートは140K台前半位なのだが、得意球らしいスライダーを勝負所で決めていた。

被安打7四死球3奪三振で9回完封、投球数は159球good

マリーンズの投手に例えると久保投手を図太くした感じsmile

プロに入ったら先発というよりセットアッパー的な起用法が向いているように思えた。

  

法政の武内投手は、この試合『最速150K』を計時したストレートが魅力の剛球投手。また110K台の変化球もキレはいいのだが、制球が安定しないcoldsweats02

三振も四球もそれなりに多くなるタイプなのかgawk

この試合、後がない法大は7人の投手を登板させるのだが、四死球が10を数え、被安打5本なのに、その走者をタイムリー&エラーなどで還され、HRなどないのになんと7点を失ったshock投手・野手とも自滅して落とした試合といえるにゃ~

  

法大7人目にプロ注目の小松剛投手(4年=室戸)が登板。

  

32 1イニングだけの投球だったが、ストレートが重く“ズドン”と来る感じで、明大の岩田選手とは対照的に本格派剛球投手という感想を持った。

8月に背筋を痛めて約一ヶ月は投球ができなかったらしい。本来ならエースとして、先発の軸となる投手だったろうだけに残念だ。リーグ戦はまだ続くので、ぜひ今度は、小松投手のロングイニングでの投球を見に来てみたいにゃcat

  

     

23 2回裏の明大、小道選手(3年=二松学舎大付)がライト前ヒット

四球後、ランナー2人を置いて

  

24 岩田選手が左中間へ先制2点タイムリー2塁打note

  

さらにリリーフの二神投手(3年=高知)から、

25 荒木郁選手(2年=日大三)がセンター前にタイムリーnote

  

26 3回裏の明大、1死後、連続四球、そして中野選手(4年=拓大広陵)が死球を受けるcoldsweats02

この日の第一試合で同じようなシーンがあり、担架に乗せられ退場したことを思い出す。しかし中野選手はふらつきながらも元気に1塁へsweat01

ここで投手交代。

左の変則フォームの藤田投手(3年=丸亀城西)が登板。

  

27 またも岩田選手がしぶとくレフト前へポテンヒット2点タイムリーnote

  

6回裏の明大 四球で出した2人のランナーをしっかり送るgood2死後、サードへボテボテのゴロ・・・3塁手が1塁へ悪送球、明大はこの回無安打で2得点coldsweats01

結局、失点のもとになったのは大半が四球とエラーで、7-0で明大の一方的な試合となってしまったdespair

  

     お・ま・け

  

28 法大のショートは長谷川選手(1年=常葉菊川)。打つほうは無安打ながら7回三遊間の深いゴロを難無くさばいたので、出身校ではないが地元菊川のバキに報告

  

30 明治の応援団が解散となり明るく軽快にサンバのリズムを多用する明大応援

  

31 健康的な女子大生が、元気にがんばる法大応援・・・不健康なのに無駄に元気なpigバキへのプレゼントにしてやったにゃ~smile

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 東京六大学野球 10月5日 慶大-東大 | トップページ | 東都大学野球 10月7日 亜大ー中大 »

観戦記 08年 プロ野球以外」カテゴリの記事

コメント

社会人野球、高校野球(4日に地元で観戦した)は毎年1回は観戦しているけど、六大学野球は数十年みてないなー。高卒の小生には関係ないが、早明戦を見て感動・感激したことを想い出しました。今度の休みに行ってみようかナーと言う気分になりました。学生野球はいいねー。

投稿: 和田 興三(静岡) | 2008年10月 8日 (水) 07時08分

和田氏、おはようにゃんcat
  
やはり、学生野球もそうですが、社会人も・プロも“真剣勝負”はいいですねhappy01
  

 

投稿: 俺ガス | 2008年10月 8日 (水) 09時18分

今年の夏の全国大学野球選手権を中継で見てて、甲子園で活躍した選手を見ながら成長を垣間見たり、自分の同じ年の選手を見てると、同じ年の兄ちゃんとは思えないくらいのプレーにびっくりします。
神宮はヤクルトだけではないのだと、ガス君の記事で感じました。

投稿: しん | 2008年10月 8日 (水) 21時05分

しん氏、コメントありがとニャンcat
  
大学に進んだ選手は、パワーはプロには負けますが、守備はプロより上だにゃ~と思わせてくれるシーンが数々happy01
 
野手の高卒でプロに進む選手は、大半が打撃でのパワー・・・そのため、大学は守備が上手い選手が目に付きますニャンcat
  
(神宮球場は、ネットを見やすく改修したので、以前よりよくなったにゃんeye
 
  

投稿: 俺ガス | 2008年10月 8日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/24290412

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学野球 10月5日 法大-明大:

« 東京六大学野球 10月5日 慶大-東大 | トップページ | 東都大学野球 10月7日 亜大ー中大 »