« 東京六大学野球 10月13日 法大ー早大 彼らは何処へ | トップページ | 東都大学野球 10月16日 東洋大ー立正大 会わせたい人がいます   »

2008年10月20日 (月)

東京六大学野球 10月15日 早大ー法大 熱投215球の結末は・・・

14日に、『早稲田対法政』の試合を観に神宮へ向かった。

雨はパラパラしていたが、行なわれるくらいの雨模様で、座席に座り準備万端・・・整ったと同時に、“中止”

グラウンド内では、早稲田は中止を知っていたかのように、さっさと引き上げたが、法大はギリギリまで準備していたようで、体を動かしてから引き上げていった・・・

この中止で、斉藤が明日は先発だろうと予想できた。

   ~15日神宮~

この日は早大対法大の1試合のみ

2対0で早稲田が勝ったのだが、きっと先発の斉藤佑樹はあまり勝った気はしなかったかもしれない。

相手の先発は、同じ2年の加賀美希昇であったが、まさかそこまでやるとは?と思うほどの感動の力投・・・つい試合後、ジ~ンと胸が熱くなった。

  

  

     試合結果

1

  先発

  早大 斉藤佑樹(2年=早稲田実)

  法大 加賀美希昇(2年=桐蔭学園)

  

斉藤・・・13日に行なわれた試合で、先発を任され完封勝利。そして、14日が雨で流れ体を休ませることができ、やはり先発で出てきた。

さすが甲子園を湧かせただけの男である!スタミナはあるgood

法政打線は、追い込まれないうちにという事でか、早打ちし、斉藤を助ける形になってしまった。早打ち過ぎて、味方の加賀美は全く休めず、3・4分で攻撃が終わってしまう回もあり、ますます斉藤を助けるcoldsweats01

相手の加賀美の投球につられ、投げていて楽しかっただろう・・・しかし9回、87球しか投げていないのに、球威が衰えてみえはしなかったが、0対0終了の時点で交代。

加賀美との投げあいの中、100ちょっとくらいなら投げさせてあげたかったな~楽しそうだったし・・・と思ったが、教育より勝ちにこだわる早稲田のことだ、次の慶応戦で使うために引っ込めたのだろう。

斉藤はまだ2年だが、4年の最後はボロボロの肩になってはいないだろうか?

 

加賀美・・・13回と3分の2・『215球』を投げ、四死球で押し出し失点2で交代した

すでに握力がなく、どう見ても交代だろう。

しかし、マウンドに向かう監督は“大丈夫か?行けるか?”と尋ねているようで、加賀美は12日の1対1完投で勝ちがつかなかったためか、勝ちたくて仕方なかったのだろう、監督にずっと大丈夫だとcrying・・・勝ちたい子が、『もうダメです』なんて、言うわけがない!

でも、215球はやめてほしかった・・・小松というエースは別にいて、すでに待機しているし、小松は前の試合の先発ですぐに交代しているため、疲れはないはず。

負けても、加賀美の将来を思えば、この試合は感動はしたものの、監督“引っ張りすぎー!”とも思った。

私は、加賀美にプロをめざしてほしいと思っているため、ますますこんな使い方をされたら、プロが遠のく気がした。

彼の体はとても柔らかく、スタミナもある・・・本当に大切に使ってほしい。

    

 ※ (早)=早大の攻撃  (法)=法大の攻撃

2回表(早) セカンドお手玉してセーフに・・・エラーなのに“H”表示wobbly

しかし、バントがフライになり、1塁手佐々木(2年=作新学院)がツッコミナイス捕球good

2 四球を出し、1アウトランナー1・2塁で、ショートゴロ・・・好判断でサードでアウトを取るscissors

  

4回表(早) 3番俊足の松本啓(4年=千葉経大付)が、センター方向へのセカンドゴロで・・・セーフdash

3    つまり内野安打coldsweats01

  

4回裏(法) ファーストエラー(“H”が付いてたけど)でランナー1塁&バントで2塁に進み、ライト松本への大きなフライでランナータッチアップ3塁へ

4   ・・・って、ギリギリセーフとはcoldsweats01

早稲田の試合観戦の際は、松本は足と守備がみもので~すscissors

  

5 6回裏(法) 楽しみな加賀美の打席

腰を引いて・・・でも、ストライクだってさbleah

振ってみたらバットに当たり、ひょろひょろ~っとショートの後ろに落ちちゃった・・・ってことはヒットscissors本人も驚いて、打球を観てしまい真っ直ぐ走らずよろめいていたsweat01

バントで2塁に無事進み、初球セフティバントだったらしいが、空振りし・・加賀美飛び出してしまい、必死にもどるsweat01

6 キャラがなせる技なのか?ベースカバーの野手が動揺しポロリ!

本人必死なのだが、笑わせてくれる加賀美であるcoldsweats01

  

7回表(早) サードゴロ・・・悪送球でランナーがセカンドに向かった

7    が、セカンドで刺すimpact

  

9回表(早) 加賀美まだまだ大丈夫なのか?149kマークしてはいるがgawk

8   先頭を首振って三振に押さえまず1アウト!

   

9 5番宇高(2年=今治西)がセンター前に・・・センターチャレンジしたがこぼし、ランナー1塁

10 6番泉(4年=国士舘)が上手くバットに乗せるようにセンター前にヒットで、1アウトランナー1・3塁

  

11 またも1塁佐々木がガッツなプレーで、ダッシュしてファールフライキャッチgood

2アウトだが、盗塁されランナーは2・3塁・・・加賀美踏ん張りセカンドフライに抑えた

  

10回表(早) 3番松本啓の打席・・・サードゴロでアウトのコールだったが、

 13      やっぱり俊足だdash

  

10回裏(法)から斉藤に代わり、

12  大石(2年=福岡大大濠)が登場

10回から11回にかけ、さすが!の三振ショー

そんな三振ショーにストップがかかった

11回、7番・8番と簡単に三振に取られ、次なる打者は“加賀美希昇”

  

14    クネクネ打法(?)でセンター前にヒットwobbly

次1番にまわり、しっかり三振でチェンジcoldsweats01

  

15 13回裏(法) 2あうと後、8番が打席に立つ。加賀美はその打席をネクストバッターズサークルで待つのだが、もう疲れていたようだった・・・打てないチームを眺めながら何を考えていたのか?

  

14回表(早) 1アウト後3連続ヒットで満塁となった。監督はマウンドに行くが、代えはしない。素人目から観ても、明らかに握力がなくなっている。

最後の力を振り絞るように、三振をとり2アウト満塁

しかし、限界だった・・・ついにストライクが入らなくなっていた。四球で押し出し

そして、監督はまだ代えない!死球でまたも押し出し

2対0になり、小松とようやく交代となった

16 『215球』を投げた投手は、がっくりと肩を落とす

ベンチに下がってきた時、悔しさが込み上げてきたのだろう、私には泣いていたように見えた。最初は帽子のツバを握るように押さえ顔を隠す。そしてベンチ近くに来たとたん、腕で涙を拭うような仕草を・・・思う存分泣いていいよconfident

  

17 試合は負けたが、この試合は加賀美一人のステージだった気がする・・・久しぶりに涙腺が緩んだcatface

  

ただ、やっぱりプロでこの選手を観たい!だから、もうこんな使い方は勘弁して欲しい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 東京六大学野球 10月13日 法大ー早大 彼らは何処へ | トップページ | 東都大学野球 10月16日 東洋大ー立正大 会わせたい人がいます   »

観戦記 08年 プロ野球以外」カテゴリの記事

コメント

スポーツは熱戦(熱闘・熱投)を期待するけど、200球はないね。本人は燃えているから投げ出すことはしないでしょうが、将来に夢があるんだから、指導者が勝ちにこだわりすぎて我々の夢と本人の夢を潰さないようにしてほしいね。
昨日まで3日間、仕事で鹿児島へ行ってきました。霧島神宮・鹿児島神宮も参拝しましたが、知覧へも行ってきました。自分の夢を捨てて、戦った若人のことを考えると、野球の夢を追いかける選手達は本当に幸せだ。自分が恵まれていることを認識してほしいものだ。

投稿: 和田 興三(静岡) | 2008年10月20日 (月) 07時12分

和田さん、こんにちはhappy01
 
加賀美も大切にして欲しいな~と、思いましたが、それ以上に早稲田の斉藤は、優勝がかかっているため、1日おき位にかなりのイニング投げさせています。
短期決戦ですが、プロに来る頃壊れていないでほしいなって思います。
  
鹿児島、楽しまれたようで・・・
 

投稿: ふじきせき | 2008年10月20日 (月) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/24577206

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学野球 10月15日 早大ー法大 熱投215球の結末は・・・:

« 東京六大学野球 10月13日 法大ー早大 彼らは何処へ | トップページ | 東都大学野球 10月16日 東洋大ー立正大 会わせたい人がいます   »