« 東都大学野球 10月7日 日大ー青大 まさかまさかの9回表 | トップページ | 東都大学野球 10月8日 中大ー亜大 好守連発、亜細亜外野陣 »

2008年10月11日 (土)

東都大学野球 10月8日 日大ー青大 苦労人が決めて青大サヨナラ

この日、朝もまだ雨が残っており試合が行なわれるか心配だった・・・ギリギリまで待って、家を出る

    無事開始

ドラフトに名が上がっている選手もいるので、その点意識してみようと思った。やはり、大学は即戦力になる人材さがしとなるだろう

  

六大学が、早稲田の斉藤投手のおかげでか、また人気が上がったらしいが、どうしても力関係が決まってしまっている為、勝ち負けにこだわると東都大学の方が断然おススメであるgood

東都大学は一部と二部(四部まである)があり、その入れ替え戦も加わるので、力が拮抗しやはり内容は面白いsmile

  本当に体を張っての戦いが観られるimpact

そして、投手が連投する為、力の温存を考え、打たせて獲る投球が多い。必然的に、野手の技術が上がっていく。守らなければ勝てないようになっている。

打てずとも守りはいいという選手が、名門から集まり、さらに守備に磨きがかかり、連係や送球の上手さは、選手によってはプロよりいいものを魅せてもらえる。

  

1試合目は日大対青大・・・2勝先にした方が勝ちとなる。前日青大は勝ち試合を逃し、ユニフォームもブルーだが、チームの気持ちもブルーだろう

  

1     試合結果 

 延長10回 

    日1対2x青

  

  

3  先発  日大 野田雄大(2年=青森山田)

  

2  先発  青大 垣ヶ原達也(1年=帝京)

  

野田・・・前日、初先発・通算2試合目(1試合目は3分の1・・・つまり1イニングも投げてない経験の少なさ)。それも、5回まで引っ張られ、まさかこの日も先発で出してくるとは、プロでは考えられないハードさwobbly

野田は投げた後、フラフラよろめくので、いったい何回まで引っ張るのかと見ていると

  なんと9回、いや10回2アウトまで引っ張ったshock

三振10個・ヒット6本・・・失点1

ノラリクラリ、でも打てそうで打てず、ただただ焦る青大選手

試合の中で、この日も着実に成長していったのが、手に取るようにわかった投手だったgood

 

垣ヶ原・・・6回2アウトランナー2・3塁で交代。4回、2アウト1・3塁のピンチで、打者に0-3になった。しかし、そこから2-3に持っていき、カットで粘られるも9球目をインコースに決め、見逃し三振を奪ったgood1年生なので、先が楽しみである

  

   ※ (日)=日大の攻撃  (青)=青大の攻撃

4 1回裏(青) 1アウト後2番木野(1年=PL)のレフトへ抜けるかという強い当たりを、ショート田中(1年=筑陽学園)が抑えたが、木野の足が速く内野安打に・・・

そして、木野盗塁成功&暴投で3塁に進むが、結局得点ならず・・・

  

5 2回裏(青) 5番加守田(3年青森山田)がレフトヒットで出塁・・・バントでランナーを進めたかったがセカンドアウト、

6 佐藤賢治外野手の同級、7番下水流(2年=横浜)がセンター前にヒットで、1アウトランナー1・3塁とし、

  

7_2  8番広滝(2年=清峰)の犠牲フライで得点note

  

   

4回表(日) 2アウト後、死球で出塁、

9 左打者の田中がライトにヒット・・・エンドランがかかっていたようだが、きっちりおっつけて打つ まだ1年だが、守備のセンスも感じられ、将来が楽しみな選手の一人だ

  しかし、この回得点ならず・・・

  

10 5回裏(青) オリバが狙ってる4番高島(4年=大阪桐蔭)がライトへヒットで出塁・・・エンドランがかかっていたので、進塁打でランナー2塁&四球で、1アウトランナー1・2塁のチャンス

11   8番広滝のセンター前へのヒット、タイムリーか?

  

12     ・・・ランナーホームでタッチアウトimpact

  

6回表(日) 1アウト後、

13  3番島影(4年=東陵)レフト線への2ベースで出塁

&四球でランナー1・2塁・・・そして進塁打で、2アウトランナー2・3塁のチャンスsign01田中の打ったゴロを、サードトンネルwobbly 

一人ホームイン、二人目ホームタッチアウトで、何とか同点にはなった日大

  

14_2 8回表(日) 6番田中の左中間への2ベース

  

  

そして、サードへボテボテのゴロが・・・

15 16 守備固めで入っていた篠塚の子(1年=桐蔭学院)が猛ダッシュで捕球&送球

個人的なことだが、篠塚の子がここで内野手としてプレーしていることに、自分が年を重ねたことと、子供の頃の野球にはまっていた自分を思い出し、しみじみした気持ちになった

贔屓目だとは思うが、やはり守備センスが垣間見られた

  

同点で迎えた10回裏(青)

それまで素晴らしい守備を魅せていた(日)ショート田中が、痛恨のエラー

・・・それもこの日一番簡単なショートゴロを、簡単に捕球、そして楽~に送球し、あまりの楽さに、球が浮き悪送球となったshock

バントでランナー進み、次が進塁打となり、2アウトランナー3塁

打者は篠塚の子・・・と思ったら、代打鈴木(4年=旭川東)が出てきた・・・

  

17    鈴木レフトへのサヨナラ打fuji

 

この鈴木快という選手について、アネックスさんが良い記事を載せてくれていた。

彼は、リーグ戦通算2打席目で値千金のサヨナラ打。その日、北海道からは両親が観戦に来ていたそうだ。

青山学院大学には、スポーツ推薦ではなく、一般入試での入学だというpencil

長打を買われ、3年春からやっとベンチ入り

全体練習後に、毎日3~4時間打ち込みを重ねる努力家

独立リーグ挑戦の為に、プロ志願も提出している 

                   ・・・とhappy01

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 東都大学野球 10月7日 日大ー青大 まさかまさかの9回表 | トップページ | 東都大学野球 10月8日 中大ー亜大 好守連発、亜細亜外野陣 »

観戦記 08年 プロ野球以外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/24362957

この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球 10月8日 日大ー青大 苦労人が決めて青大サヨナラ:

« 東都大学野球 10月7日 日大ー青大 まさかまさかの9回表 | トップページ | 東都大学野球 10月8日 中大ー亜大 好守連発、亜細亜外野陣 »