« 東都大学野球 10月31日 東洋大ー亜細亜大  「言葉」はいらない「白球」ひとつで解りあえる・・・戦国東都    | トップページ | 東京六大学新人戦 11月4日 慶大ー明大  惜敗も来年が楽しみな好投・・・慶応大の田中宏典 »

2008年11月11日 (火)

東京六大学新人戦 11月4日 東大ー法大 大物登場か?成田恭佑

六大学の秋季リーグが終了し、今度は新人戦が待っていた

心配なのは東大のメンバー・・・人数何とかそろっても、野球の形になるのかな~?とcoldsweats01東大は3年の鈴木以外は9回まで投げきれないし、なかなかストライクも入らない

この日は東大対法政の試合なのだが、新人戦とあってか、バックネット裏しか解放されず、入場料は700円、学生なら300円だった。

  

         試合結果1

  

東大

先発 前田善博(2年=栄光学園)→2番手 和田 響(1年=旭丘)→3番手 山下慎一郎(1年=栄光学園)→揚場 皓(2年=開成)→福井大和(2年=灘)→白鶴翔太郎(2年=福岡大大濠)→安原崇哲(2年=灘)

上記、投手登録9名中、7名出場させてなんとか9回まで行けたcoldsweats01

法大

  先発 北山史也(1年=履正社)

北山は東大相手だということを差し引いて考えたとしても、完投したことは好材料になったことだろう。法大の捕手が8回から代わったのだが、代わったと同時に、一気に三振の山を築いた・・・リードでかなり変わったのだろうか?

  

 ※ (東)=東大の攻撃 (法)=法政の攻撃

2 1回裏(法) 2アウトから3番成田恭佑(2年=東北)が左中間へ2塁打で出塁し、

  

3     5番亀田のタイムリーで先制note

  

4    きっちりホームインdash

 

5 2回裏(法) 8番中尾(1年=報徳学園)の2塁打

  

13  1番長谷川(1年=菊川常葉)タイムリー3塁打note

長谷川は高校時代から観ているが、守備はなかなかのセンスがある。

ただし、打撃は伸び悩んでいるようだったので、このタイムリーは外野手が突っ込んでしまったため3塁打になったのだが、それでも何か掴んでくれれば・・・

  

3回表(東) 

6_3 7_2 7番堀口(2年=高崎)舐めきっていたのか、浅~く守り過ぎていたライトを越す3塁打を放ち

  

8    8番平泉(1年=武蔵工大付)のタイムリーnote

  

4回裏(法) なんと東大ゲッツーを・・・

9    4-6-3の併殺good

  

5回裏(法) 前田&和田の2投手で何とか接戦にしていたが、5回投手交代し、一気に試合がハチャメチャに・・・coldsweats02

3番成田がソロホームランで、東大にとっての悪夢の始まりが・・・

2者連続ヒットで、バントでランナー2・3塁に進められると

  

10   7番今村の2点タイムリーnote

四球にWスチールに、ボークで失点の上、1番長谷川の犠牲フライで失点やら、いろいろ・・・

  

11   極めつけは、又も3番成田のホームランfuji

    この回一挙に8点をあげた法政

  

7回裏(法) 6回からマウンドに立つ投手白鶴は、7回四球2&死球で勝手に満塁のピンチを作り、

12 次の打者を三振に獲る・・・6・7回の2イニングを投げ、ヒットは打たれていない

  

  

東大は、ヒット数10本で、失点10、しかし四球が13個と多すぎ・・・同じ負けなら、四球より打たせたほうがと思うが、この学校はきっとそれはわかっているのだろう。ただ、ストライクがなかなか入らないだけなのだとcrying

しかし、想像より来シーズンの東大は、今シーズンより強くなりそうな予感がするsmile

  

     バキの独り言catface

小坂誠が金銭トレードで楽天に行くそうだ

賛成とか、反対とか別にない

ただ、誠がGへのトレードの際、『3年後戻ってくる』話は聞いていた。それも一人に聞いていたならまだマユツバだったが、そうではなかったので何人かのその言葉を頼りに誠が戻ってくる日を待っていた。

ボビーが監督以外の実権を握って、監督業以外にかなり幅をきかせていることは、年を追うごとに耳に入ってきた。

ランペンがコーチをしている以上、誠が戻ってきても使う気は全くないだろう。そう考えると、誠の地元に近い楽天への入団は良かったのかもしれない。

野村監督には、ぜひセカンドではなく、ショートで使ってくれることを願っている

Gファームでも、ほとんど試合に出してもらえず、セカンドなんかさせられ、ただただ無駄な3年を送り、気付くと白髪交じりの頭になっていた誠・・・トレードで悩みすぎてノイローゼになってしまったという。

日本一のショート過ごした辛い日々を思うと、どんな形でもいい、取れ返せない分幸せになってほしい

      誰が誠をGに出したのだろうか?

  

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ

|

« 東都大学野球 10月31日 東洋大ー亜細亜大  「言葉」はいらない「白球」ひとつで解りあえる・・・戦国東都    | トップページ | 東京六大学新人戦 11月4日 慶大ー明大  惜敗も来年が楽しみな好投・・・慶応大の田中宏典 »

観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/25196408

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学新人戦 11月4日 東大ー法大 大物登場か?成田恭佑 :

« 東都大学野球 10月31日 東洋大ー亜細亜大  「言葉」はいらない「白球」ひとつで解りあえる・・・戦国東都    | トップページ | 東京六大学新人戦 11月4日 慶大ー明大  惜敗も来年が楽しみな好投・・・慶応大の田中宏典 »