« 東都大学野球入替戦 11月10日 國學院大(二部優勝)ー日大(一部最下位)  | トップページ | 東都大学野球入替戦 11月13日 大正大(三部優勝)ー拓殖大(二部最下位)  »

2008年11月18日 (火)

東都大学野球入替戦 11月13日 一橋大(四部優勝)ー上智大(三部最下位) 

我らがマリーンズのメンバーになる予定(来てねheart04)の上野大樹投手が所属する、東都大学野球の東洋大が秋期リーグで優勝をし、大学野球の甲子園と言われる明治神宮野球大会に出場が決定し、ルンルンしていた頃の11月13日、まだ神宮球場では、熱い熱い戦いが繰り広げられていたbaseball

四部優勝の一橋大対三部最下位の上智大が、三部リーグへの生き残りをかけ11月11日から戦っていた

11日の1回戦・5対3で上智大が先勝、12日の2回戦は一橋大が2対1で1勝1敗に・・・

表面上は残留か昇格かの死闘っぽいが、結果だけを見ると、エラーやらマユツバもののヒットやらで、13日の神宮球場へのお出かけは、内容には期待せず観戦に出かけたcoldsweats01

球場に着くと座り放題・・・わけあって、上智大の3塁側に座ったの応援

すでに1塁側には、一橋の応援団が準備万端!しかし、3塁側上智大は授業でも忙しいのか?応援団は居ずcoldsweats02

  

 ふと、後ろを振向くと

 ・・・だれもいない上智応援席shock

  観戦でこんなに緊張したのは久しぶりだcoldsweats01

いざ観戦すると、一部とは全く違った新鮮な味わいがあり、これまた面白いことsmile

  

   試合結果 

    上智 5対4 一橋

    

先発

   上智大 坂本一樹(1年=逗子開成)

   一橋大 澤幡正志(4年=水戸第一)

上智の先発坂本は、4回1アウトランナー1・2塁で、2番手谷本哲也(2年=岡山城東)に交代したが、来シーズンのことを考えると、1・2年投手が試合を作れるのがまず救い

それに対し、一橋大はこの日4年の澤幡が完投しているのだが、なんとこの大学投手は5名(4年は2名)、全部で25名(4年は8名)・・・来シーズンは、野球部試合になるのか?

  

 ※ (上)=上智の攻撃 (一)一橋の攻撃

1回表(上) 1番中野(1年=都立戸山)がレフト前で出塁し、2番大石(1年=都立保谷)がバントで進める・・・(なんか、野球っぽいじゃんsmile

四球があり、1アウトランナー1・2塁で、ヒットが出れば先制だ~なんて思っていると、

1   4番佐藤(4年=桐蔭学園)がセンター返し

しかし、ホームインできず満塁となった・・・次の打者、仕掛ける前に四球で押し出し先制点

  

3回表(上) 2番大石がライト前にヒットで出塁し、3番橋本(3年=船橋東)がきっちりバントで1アウトランナー2塁

  

2    4番佐藤ライトへタイムリーnote

  

3 ホームはタイミングアウトだったが、ブロック甘くセーフimpact

この後ヒットと四球で満塁になったが、三振で追加点無し

  

3回裏(一) 2アウト後、四球で出塁

  

4 4番高橋(4年=県立前橋)がタイムリー2塁打note返球にもたつき、1塁ランナーがホームインしてしまったcoldsweats01

  

5 ランナー2塁に置いて、5番西嶋(3年=虎姫)がレフトフライを揚げた・・・レフトが捕球体勢に入ったが打球が横に落下、グラブに触れていないためタイムリー2塁打noteとなった

この日、光線が強く、レフトの選手はメガネをかけ、レンズに反射したのか守備に乱れが・・・

ランナー2塁で、6番菊池(2年=都立立川)がライトへヒットで、なぜかランナー3塁止まりで、1・3塁

7 7番西川圭(2年=藤島)がライトへ逆転タイムリーnote

   このまま行くと一橋大昇格かなsmile

  

4回裏(一) イケイケ気分の一橋・・・ヒットやら死球やら四球やらで、あっという間に1アウト満塁

このまま追加点になれば、上智大四部降格濃厚shock

サードへライナーが飛んだ・・・案外守備の上手なサード横瀬(2年=成城)が反応速くキャッチして、2アウト満塁

そして、打球がライトファール方向に上がった

10 なんとかライトが、がんばってファールをフェンスギリギリで捕球し、ピンチ脱出coldsweats01

  

5回表(上) ピンチの後はチャンスsign02

エラーで出塁&バントでランナー2塁に進め、

  

8  5番笹本(4年=帝京)左中間へ同点タイムリーnote

サードセーフで三塁打に・・・DHの働きをした笹本

追加点が欲しい上智、打席には守備で辛い思いをしていた6番清野(4年=厚木)、犠牲フライを放ち勝ち越し点をあげたgood

 

15 6回裏(一) 1塁ランナー盗塁を決めた・・・のに、油断しタイムをかけずベース離れ、アウトになっちゃったcoldsweats02

ライトへ打球が飛んだ時のこと。

16 ファインプレーに見える・・・が、普通のフライだと思うcoldsweats01でも、絵的にはナイスキャッチgood

  

  

9回裏(一) 1番橋本のセンターに抜けそうな打球を、セカンド大石が必死に捕球・・・も、投げられず内野安打

  

11_2 代打斉藤がライトへ同点タイムリー2塁打note土壇場で追いつくとはgood

  

10回表(上) 同点にされ、延長突入sign02

5番笹本がセンター前へのポテンヒットで出塁し、バントで進め・・・でも次が力み過ぎてセカンドフライ

   

12 13 2アウト2塁で代打鈴山(1年=鶴丸)のタイムリーnote

  

10回裏(一) 2アウト後四球を出し、ハラハラドキドキheart02

打球が1塁の頭上に・・・

14 なんとな~く、へっぴり腰?風の捕球で、打球と共に三部残留を手にした上智大coldsweats01

  

この三部・四部の戦いでわかったことは、野球の面白さは、両チームの実力がそこそこ同じ位であるべきなのだと・・・

プロ野球人気が落ちてきたのには、対戦相手との差がありすぎるため、面白さが減ってきたのかもしれない・・・野球とは、投手の出来で半分以上試合が決まると思っている(個人的には7割が投手だと考えている)。

同じリーグのエースをFAで獲ったりすることで、ますますチームの力の差を広げ、結局獲ったチームも、自身の首を絞めていることになるのではないだろうか?

   

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 野球ブログ 大学野球へ

|

« 東都大学野球入替戦 11月10日 國學院大(二部優勝)ー日大(一部最下位)  | トップページ | 東都大学野球入替戦 11月13日 大正大(三部優勝)ー拓殖大(二部最下位)  »

観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ」カテゴリの記事

コメント

ふじきせきさん、こんばんは

1部だけでなく3部4部までごくろうさまです。
上智と一橋って文系では名門ですが、野球部はリーグに参加してるんですね。私立対国立って感じも大学だなぁと感じる次第です。

ふじきせきさんの意見には僕も納得で、拮抗してないと面白さは半減しますよね。

投稿: しん | 2008年11月18日 (火) 21時54分

しんさん、こんにちはhappy01
コメントありがとうございますnote
  
3部・4部になると、選手数が激減し、試合そのものはプレーがスローなので、ゆったり観察できこれまた面白くて・・・
しんさんがおっしゃるように、やはり力が拮抗してこそですよねdelicious
  

投稿: ふじきせき | 2008年11月19日 (水) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/25396270

この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球入替戦 11月13日 一橋大(四部優勝)ー上智大(三部最下位) :

« 東都大学野球入替戦 11月10日 國學院大(二部優勝)ー日大(一部最下位)  | トップページ | 東都大学野球入替戦 11月13日 大正大(三部優勝)ー拓殖大(二部最下位)  »