« 明治神宮野球大会 準決勝 高校の部 鵡川対慶応 | トップページ | 明治神宮野球大会 準決勝 大学の部 早稲田対東北福祉 »

2008年12月14日 (日)

明治神宮野球大会 準決勝 大学の部 立命館対東洋

11月18日の3試合目は、上野が先発だったhappy01

相変わらず、東洋お得意のアテウマ・・・それも、この日は2人もcoldsweats01

  

       試合結果

先発

  立命館大 藤原正典(3年=県立岐阜商)

  東洋大  上野大樹(4年=帝京)

2 藤原・・・遅い球をひっかけさせたり、インコースをしっかり攻め、東洋のサラッと攻撃も手伝って、9回完投

前日からの連投で、疲れがあったようだ。それでも完投したのだから、たいしたものだgood

3 上野・・・8回と3分の1・9三振・ヒット3本・球数98球を投げ交代したが、最初は少々飛ばし、後半へ力を温存。そして、8回には3者連続三振を披露

100kちょっと~140k中盤と、緩急を上手く使い、テンポよく投げ込んでいた

  では、上野投手三振9個ゲット!を・・・

A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7 A8 A9

  

  

 ※ (立)=立命館の攻撃 (東)=東洋の攻撃

2回裏(東) 5番大野四球、6番中倉バントで進め、

  

5_2 18  7番鈴木大&8番柘植の連続死球shock

頭にあたった柘植は、ふらふら~(ちょっと心配したが、そのまま)

そして東都はDHのため、投手は打席に立たない。しかし、この日DH制でないため、9番に上野が入っていた

6 1アウト満塁で、上野本人もビックリの犠牲フライで先制点note

  

7 しかし、立教も踏ん張り、ファールフライを根性で捕った捕手乗替

  

8 3回表(立) 投手に打たれ出塁されるも、セカンドライナーでランナー戻れずゲッツー

  

4回表(立) 1アウト後、3番上内に四球、

  

9 10 11   4番柳田にライトへタイムリー3塁打note

        ・・・・同点となる

柳田の打撃フォームが誰かに似てるな~って思ったら、なんか里崎に似ていた気がした。背番号は33だけど・・・smile

 

6回表(立) 1アウト後、ショートの柘植がファインプレーで良い空気の中、突然捕手大野がもぞもぞ・・・すると、ベンチから控え捕手の中曽根が『中曽根~、中曽根~!』と呼ばれ、中曽根も『はい!』と元気よくベンチ前に・・・

pig(もしかしたら、記念出場かな?でも、いつものことだがアテウマで中曽根くんは出られないはずだけどな~?)

なんて心配していると、

 『中曽根~、右貸せ~!』と・・・

12 なんか大野の右足のグッズが壊れたらしく、捕手中曽根は、右足のグッズだけ、大野の足に付けられ出場することとなったcoldsweats01

  

3番上内の打撃はなかなかのもの・・・打球は右中間を抜け、少なくとも2塁打かと思ったら

  

13 14    センター林崎の超ファインプレーでキャ~チgood

  

6回裏(東) 焦っている雰囲気が感じられず、(大丈夫なの~?)と不安を感じながら観ていると、先頭4番十九浦が四球で出塁

  

15   5番大野センターへタイムリー2塁打note

  

16   1塁にいた十九浦・・・激走でホームインdash

バントが上手く、すでにこの日も2打席連続バントを成功している6番中倉がバント・・・しかし、サードでランナー大野が刺される

パスボールでランナー1塁から2塁に進み、

  

17 7番鈴木大のライトへのヒット&ライトエラーで追加点note

  

準決勝くらいになると、はじめて観た選手でも目をひく選手が多く、ベンチのかけ引きも面白いhappy01

相変わらず、東洋大の監督は、勝ちより野球を楽しませることにメインを置いているようで、応援している方は“ハラハラ・ドキドキ”coldsweats01

しかし、この後行なわれた早稲田対東北福祉の試合を観て、この東洋大の『ノビノビ楽しそうな指導』こそ、学生野球にとっての理想の指導方法なのかも・・・と思わせてくれた。

  

     バキの独り言pig

里崎捕手が、WBC辞退・・・実際、シーズン中怪我のせいで、DH出場やベンチの日は悔しかったと思う。その上、目の前のライバルタスク捕手が、今まで見たことのない“ガンガン打つ”男になってたしcoldsweats01

そんなノリノリのタスク捕手も怪我をし、改めて体を万全にと思ったのだろう。自分が不十分な状態だと、チームの和のためにも言いたいことも言えなくなる。

当たり前のことだが“怪我”にはくれぐれも注意して、どの選手も来シーズン良いスタートを迎えてほしい・・・と。

  

そして、WBCなどのように、世界での試合のために、飛ぶボールはやめたらどうだろう。ボールぐらい、統一できないものだろうか?

にほんブログ村 野球ブログへ

|

« 明治神宮野球大会 準決勝 高校の部 鵡川対慶応 | トップページ | 明治神宮野球大会 準決勝 大学の部 早稲田対東北福祉 »

観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ」カテゴリの記事

コメント

飛ぶボールは何年か前からやめてますよね?

投稿: みぃ | 2008年12月14日 (日) 13時26分

みいさん、こんにちは♪
情報ありがとうございます。
 
ラビットボール時代に比べ、飛ばないボールにしたと聞きましたが、まだそれでも統一されてないと聞いたのですが、もう統一されていたんですね(うれしい話です)。
  
WBCで使用しているボールは、日本製とは違うサイズ(少し大きいと)だと聞いておりましたが、同じだとしたらひと安心です。
  
日本代表投手も、同じ球なら、繊細な投球でがんばってほしいです。
 
飛ぶバット(米)の話を以前何かで見ましたが、進化していきますね(今のところソフトの世界ですが・・・)。

投稿: ふじきせき | 2008年12月14日 (日) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/26086299

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮野球大会 準決勝 大学の部 立命館対東洋:

« 明治神宮野球大会 準決勝 高校の部 鵡川対慶応 | トップページ | 明治神宮野球大会 準決勝 大学の部 早稲田対東北福祉 »