« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月 1日 (木)

年賀状で~す・・・byガス

  

  明けまして

    おめでとうにゃん

             by ガス

    

       年賀状のお届け 

  

  まずは、ロッテファンのみなさまへ

1a   

 

そして、いるかいないか不明だが、

  俺&グレを好んで下さってるみなさまへ

1b

  

  

昨年、ロッテが勝てる試合などを逃した時は、バキが暴風雨・・・いや、台風となって戻ってきた

俺&グレ&おにゃじは『今年こそ、ロッテの勝ち負けに左右されない生活が送れます様に・・・』と、願っているだけニャン

  我が家で“イベリコ豚”ならぬ、

       “威張りこぶた”

のバキは、なんやかんや言いながらも、今年もロッテを主体として、野球を応援するらしい・・・

    ただ、楽天戦のみどうなることやら?

 

  2009年、みなさまにとって、

    すてきにゃ一年で

         ありますように

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

元旦から悪魔のささやき・・・

1a 元旦になった瞬間、『明けましておめでとう~・・・で、おやすみ~』と

そして、年末にいただいたかわいいカレンダーを1月1日にセッティング

寝る前、“にほんブログ村”のPing送信をしてから寝ようとしたが、どうも繋がってるかはっきりしない

あと少し待ってみよう、待ってみようと、何度もチャレンジして、あっという間に1時をまわる

諦めて眠りにつき、朝送信することとした

  きっと、一斉に送信して混雑でもしたのだろう

  

   明け方、4時半・・・

枕元で、『ふぁ~ん ふぁ~ん』と鳴き、無視すると頭の周りを駆け回る

今年も“悪魔のささやきいや、叫び”で、半端な時間起こされ悩まされるのだな~と

昼間はひっくり返しても、ひっぱっても、口をつぐんで“にゃん”とも言わない雄猫のガス

しかし、明け方4時になると耳元へ来て、しつこく鳴きたてる。

仕方なく缶詰を空け与えるが、食べ終わると“新鮮なぬるま湯をくれー”と要求しまた鳴き続ける

  私は眠りたい!

しかしお湯を飲み終わると、今度は雌猫グレを探して呼ぶ・・・グレは私の布団の中で、息を潜めてじっと身を隠す(しつこい男は、猫の世界でも嫌がられるらしい

しつこい雄の“ネズミ猫ガス”が、今年も明け方に悪魔に変身するのだと思うと、少々気が重い

  

1b しかし、昼間になると、全く鳴かず、私に身を任せ、されるがままの愛おしい猫ガスになっているのである・・・

  

初詣をし、食事をする予定が、明け方のしつこいささやきで、ズレにズレ込み10時に出発・・・

今年も、猫のお寺で有名な『豪徳寺』に行った。

   

帰宅すると、おせちもどきに高級酒で、昼からカンパ~イ

 

1c   高級酒とは、又今年も頂き物

 

お世話になっている上、高級酒をいただいて・・・いただいた美味しい日本酒を口にしながら、今年こそ一つくらいお役に立たないと!と誓いをたてたのである

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

初詣したのに~・・・また空き巣

  

年末に、夫の仕事場に空き巣が入った・・・

今年はそんな出来事が無いよう、しっかりとお願いしなくっちゃと思い、1月1日初詣に

  

  

1 初詣は、今年も近所の“豪徳寺”に出かけた

昨年と同じお寺への初詣だったが、あらたな発見もあり

 

8   昨年見つけた三重の塔

1階(?)の部分には、十二子が描かれ、ついでにニャンコも・・・

今年は、2階の(?)の部分にも彫り物があったことを発見

ただ、網で保護されせっかくのかわいさがしっかりと見えなかったことが残念だった。

  

9 10 11 仏様とニャンコが彫られており、その姿がまた自然体でいい

 

『豪徳寺』といえば、“招き猫のお寺”で有名で、初詣の際は、前の年に求めた“招き猫”を持参し奉納にくる

6   

昨年はギュウギュウ詰めの奉納所だったが、今年は数も少なく、すこし寂しく感じた。ただ、詣で客は昨年よりかなり増え、車も渋滞していた

  

そして、昨年には置いてなかったはずの、新しい置物お目見え

  

5  格式あり、趣ある静寂の似合う豪徳寺

  

2 そんな中にひときわ軽~い雰囲気をかもし出す置物一体

3 良く見ると、シンプルすぎるニャンコが置かれていた

   

  

とりあえず、散歩がてらに出かけた初詣で、招き猫を求め、今年1年の祈願をした

  

そして、1月2日の昨日

  『また空き巣にやられた~

  

  

Ga1 ふと思ったのだが、ガス&招き猫を並べて写真なんかに撮ったから罰が当たったのか?

12 それとも、豪徳寺の招き猫と、お気に入りの焼酎の空き瓶の招き猫を同じようにガスとの2ショットを撮ってしまったから・・・罰が当たったのか?

  

初詣で、もっとしっかりお願いすべきだったのだろう

  『空き巣に入られませんように』って

 

またもベランダから侵入したらしい・・・悔しいからガラス窓に

    “親が泣くぞー!”

       と、張っておいてやった

 

     ちょっと一言・・・

空き巣は夫の仕事場をリストアップでもしているようだが、ヤクルトは早稲田の楠田投手と松下投手をリストアップしたという。

スカウトは2人とも素晴しいとコメントしているが、どう考えても“斉藤佑樹取り”のためだろうと想像できる・・・ヤクルト本気で斉藤を今からとりに来ているのが凄い!

   

ただ、神宮球場で知ったことは、目玉がいなくても、その後の繋がりを考え、足を運ばねばならないということなど・・・

今年4年になる神宮使用の大学選手で、目玉になりそうな選手は『亜細亜大・下平恵司外野手』なんだけどな~

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

東洋大、神宮の次は箱根を制す

俺ガス

昨日は、飼い主バキが駅伝からず~とTVにしがみ付き、俺はいじられまくった

東都大学野球が好きなのはいいが、同じ東都大学を応援するバキ・・・

ついでに、俺とグレに『一緒に応援しよう』と無理やりTVを見せられ、ゆっくり寝ることもできなかった

昨年の明治神宮大会を制した東洋大が、今年の箱根駅伝を往路・復路共に1位で優勝した

TVでは、野球と同じで早稲田中心の中継・・・そのためか、バキはより熱くなっていたようだ

  

しかし、駅伝の東洋大がゴールした時のバキは、うるさかったこと、うるさかったこと

そのうるさい盛り上がりは、1月2日の事件にあった・・・

  

1月2日、おにゃじは午後から仕事で、お昼前に出かけて行った

バキは、駅伝を見ながらゆるゆるお正月のまま

    ・・・のはずだった

 

おにゃじが出かけ、しばらくすると、バキの携帯電話が鳴る

バキ『あっ、おにゃじ~

      どうかした?

         ・・・

       え゛ー

    また、空き巣~

 

そう、またおにゃじの仕事場に空き巣が入ったのだ。

バキは年末に入られた時とは違い、電話を切ってからなんの躊躇もなく、お出掛け準備をし、さっさとカメラ片手に出かけていった

  

     ~ そして、2人が帰宅し・・・ ~

前回と違い、おにゃじがどうも不機嫌である

バキ『おにゃじぃ~、今回は見向きもしないでお隣に行っちゃったみたいだね、ドロボー。

最近、近所でかなり空き巣に入られてるんだって・・・それも、同じ犯人らしくって、アルミの扉の所なんか、焼ききって入るとか言ってたよ。

   (・・・中略・・・)

だけど警察の人に、前回壊したガラスではなく隣のガラスを割ってあるって言ったら、気づいていなかったみたいでもう一度確認してたよ

私の指紋もとらないし・・・いいのかな~?

でも、怪我もなかったことだし、盗まれたものもなかったんだから、厄落としだと思えばいいよ・・・ね

  

ますます口数少なく、不機嫌なままのおにゃじ

バキ『そう、そう、“オグリキャップ”の番組ビデオに撮っておいたから、見ながらご飯食べよう・・・ね

※オグリキャップという芦毛(アシゲ)の地方馬が、中央に行き活躍した。その馬の生い立ちから、今に至るお話である。ちなみに芦毛とは若い時は俺色で、年を重ねると白くなっていく(1月2日TBSにて放映されました)

   

すると、おにゃじがおもむろに

『ずっと警察と話してたんでしょ~

     あれだけジャマするなって言ったのにー!』

と、おにゃじからキツイ言葉がバキに向けられた・・・

  

バキが急いで仕事場に向かったのは、前回逃したパトカーや私服警官、現場の捜査を見たかったのである

ただ、見るだけならいいが、つい警察の人に根掘り葉掘り・・・

  

おにゃじは知り合いに、空き巣が入ったのに、なぜかバキがうれしそうって言われ、恥をかいたらしい

 

1 割られたガラス 向かって左のガラスが、前回割られ直した方。空き巣も割りやすい方を選ぶらしい

 

2 お隣の歯医者さんの割られたガラス

 

この後、“オグリキャップ”ビデオを見終え、おにゃじは心穏やかになり、スポーツニュースの駅伝往路を見た時だった・・・

バキ『なに~?東洋が1位???

       ・・・

    ドロボーのアホ~

 絶対、捕まえたら首絞めてやるー!』

と、突然立ち上がり、ぶちきれた

そう、もし空き巣事件がなければ、感動の往路1位の瞬間を見ることができたのである

1月3日の箱根復路を見ていたバキは、往路の感動を見逃した反動がめいっぱい出ていた

   

警察よ、がんばって犯人を捕まえてくれニャンおにゃじがかわいそうで、かわいそうで・・・    

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

新人自主トレ、ジャージの着こなしを見逃すな!伊藤義弘

昨年末のニュースで、サブちゃんのお友達の中日ショート“イバチン”が、河野アナと結婚した報道が流れた

河野アナは、イバチンの『華麗な守備』に惚れていたそうだ

なんていい話なんだろ~好みは人それぞれだが、その風貌を好んだというより、そのプレー姿をかっこいいと好んだのだから、プロ野球選手として誇らしかったことだと思う

・・・と思うと同時に、ある選手のことが頭に浮かんだ

   

08_08_25_021    伊藤義弘投手(JR東海出身)

 

去年の1月10日、浦和球場で新人の自主トレがスタートした

初めて見る新人選手・・・誰が誰だか、少し離れると2・3人位しか識別できずにいた

新人選手の中に、インパクトのある顔立ちだったり、目立つ動きをしていれば、何となく良い印象が残る

  

そんな中、“普通”の空気を漂わせる男がいた

  

1 ガタイが大きくもなく、小さくもなく、強い顔の表情は持ち合わせておらず、年齢不詳、髪型は“カッパか?”って感じ、その上私の好まない

   

   “ジャージの中に

  上着を入れる”スタイル

In   

  

正直、(この選手、選手ではなくトレーナーか?)と思ったほど・・・

ブルペンで最初に投げたのだが、球はなかなかの速さだったが、どうも投げていない時は“強さ”も“オーラ”も感じられなかった。

ただ、私にとっては“カッパヘアー&上着はジャージの中へ”が強烈な印象となって刻み込まれたのは事実だった

3月に入り、オープン戦がはじまると、この“ジャージの中に上着を入れる男”が出てきた

  

3月14日あたりには、147Kをマークした

しかし、どんなに伸びがあっても、スピードがあっても、

   『コントロール悪すぎー!

・・・で、4月に入ってもそれは変わらず、ついに4月11日ファーム落ちをする

ファームでも、簡単に打たれない伸びのあるいい球を抛るのだが、なにせストライクが入らないそして、コントロールを気にするあまり打たれてしまい、悪戦苦闘の日々を送っていたようだ

  

     5月21日のGとの交流戦

この日伊藤義弘はマリンスタジアムに帰ってきた

伊藤がかわったと素人目でもなんとなくわかった

まず、今までのせっかちな投球をせず、以前よりゆったりとした投げ込みになっており、何と言っても、バラバラだった踏み込みが意識的に一定にしようとしていた

6月になると、伊藤義弘が出てくると私の心は躍った

伊藤の球の伸びは素晴しく、打者の手元でしっかり伸びる。テンポのいいその球が、ミットに収まる時、そしてバットが空をきる時、聞こえないはずのどちらの音も、心に響いてくる・・・そんな錯覚を起こした

6・7月はやはりまだ負け試合中心だった

しかし、与えられたイニングをきっちり抑え、確実に成長をとげてもいた

6月8日の神宮でのヤクルト戦でのこと

試合中、小宮山が伊藤を連れて三塁ベース後方で試合を観ながら何かを教えていた・・・小宮山はその後立ち去ったのだが、伊藤はそのまま試合を観ていた

小宮山は何を教えていたのだろう?

6月27日の大宮での西武戦では、威力ある“ドヒャ-!”と驚く暴投があったが、またそれが魅力にも思えた

7月下旬になると、見た目痩せてきていたようだったが、それでも出続けていた。

球が走らない日もあったが、気合で投げ込む・・・8月19日には、152Kも魅せた

  

2008年、伊藤がマウンドに立つと、負けていてもその瞬間ワクワクさせられた

この楽しさを今シーズンも、味わいたい

できれば勝ち試合で抑える伊藤を、ぜひ観たい

伊藤義弘・・・2008年5月4日、6回にマウンドに上がり、西武のボカチカにソロホームランを打たれた

シーズンを通し、59イニング投げ、被本塁打はこの1本のみであった

   

     マウンドに立った瞬間、

 伊藤義弘は最高にかっこいい男になる

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

そのマスコット凶暴につき・・・3塁側の戦い

2008年の7月5日の出来事だった

試合前の中央ステージに、マスコットがいるとつい見てしまう

その日は新ダンスを身につけたズーちゃんが、ラップを披露

  

01  どんな格好をしても、

 かわいいズーちゃんである

 

試合開始間近になると、ユルユルとマスコット達と付き添いのダンスのお姉さんが、グラウンドに顔を出し始め、ファンサービスを行なう

1塁ホーム側担当がマーくん&りーんちゃん、3塁側担当はズーちゃん&クール。

ズーちゃんとクールには申し訳ないのだが、どうしてもマーくんたちに目が向いてしまう

 

何気に3塁側に目をやると

  

  『あれはなんだー

  

02 緑と黄色の変なものが、我がもの顔で3塁側のファールグラウンドを駆け回っているではないか

 

04_3 その奇異な物体は、準備中らしきクールに襲い掛かり、追廻はじめた

  

05ールは、バット片手に必死に逃げ回るが、そのしつこさといったら・・・

  

仕方なく、クールはその奇異な物体と絡むことにしたらしい

  

06 持っていたバットをよこせと言われ、クールはしぶしぶバットを渡すと、

  

07  突然バットで攻撃しはじめるではないか!

  

そこにのん気にやってきたズーちゃん・・・

奇異な物体は、まるで獲物を見つけたかのように、ズーちゃんに突進し、ズーちゃんの後ろから

  

08     キ~ック

  

突然の攻撃にビックリしたズーちゃんは、何はともあれ

  

09    必死に逃げるだけ

(必死なのだが、アヒル笑顔が必死さを削ぐ)

 

010 獲物たち(?)に逃げられた奇異な物体は、側にいたお姉さんに攻撃をし始めた・・・

  

 それを見たズーちゃんは、

 

011  バット片手にお姉さんを救おうと戦う

  

正直、相手がハードな攻撃過ぎて、

012   

徐々に本気で戦い始めたズーちゃん

  

やりたい放題の奇異な物体に、今度はクールが

  

013 014      プロレス技で挑む

  

  この後、長々この戦いは続くのだが、

  この時1塁側では、

   思いがけないかわいいシーンが・・・ 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

そのマスコット凶暴につき 2・・・1塁側のにゃ~

鹿児島在住の、ブログをされている方のパソコンが故障し、新しくされたらしい。同じ扱いができればいいが、今までとはまるっきり違ってくると、また大変だろうと思う

パソコンが壊れ、修理できればいいが、パソコンはすぐに使いたいものである。新しくするとなると、やっぱり何かと面倒なものだし・・・

  

マリンスタジアムに、ハードなマスコットが来た時に、ズーちゃんは慣れていないマスコットに対応するのに、まるで新しいパソコンにしたかのようなぎこちない対応で、ちょっぴり慣れるまでに苦労したようだった

  

今日は、そんなズーちゃんが慣れるに一苦労だったマスコット話の続きを・・・ 

今江選手が『幕張のウルトラマンになる』と言ったそうだが、実はウルトラキックができる幕張の人気もの(一応)すでにいたのだ・・・

     

  2008年7月5日のマスコット話の続き・・・

  

1a 1b この日、3塁側ではズーちゃん&クール、そしてダンスのお姉さんと、どこからともなく現れた緑と黄色の奇異のマスコットが、本気で戦っていた

身体能力の高いクールが、プロレス技で応戦

  

1c お姉さんも餌食となり追い掛け回されるが、さすがマリーンズ所属!元気な方が多く、奇異マスコットにバットで叩かれると

   

1d        しっかり反撃

  

1e 今度は他のお姉さんをひっぱり始めた奇異なマスコット

  

そこでクールが『へん~ しん! トォ』って言ったかは定かではないが、その奇異なマスコットに

  

 1f       ウルトラキ~ック

  

3塁側でそんなハードな絡みをしていた頃、1塁側では・・・

  

マリーンズベンチ前でマーくん&リーンちゃんが、誰かとお話

  

よ~く見てみると、

   

1h 誰かがせっせとリーンちゃんのユニのボタンを一つずつ締めてあげている

リーンちゃんもされるがまま

 

1i    え~、本気で下まで締めてるよ~

  

  ・・・って、なるせ投手じゃ~ん

成瀬投手も、リーンちゃん好きなんだ~

  

1j 1k それが済むと、2羽と1人は普通にお話・・・リーンちゃん、ボタンはめてもらって距離感が縮まったのか、ベンチの手すりに肩肘付いて・・・普通に話し込んでるし

 

最近感じるのだが、選手内に『隠れリーンちゃんファン』多いんじゃないのかな?

  

  その時3塁側では、

1l   

 ウルトラファイトもどきが

     続いていた

まるで最新パソコンのように、慣れてくると楽しくてたまらない奇異なマスコットようだった

  奇異なマスコットとはスプライトだそうだ 

  

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

そのスィッチは俺が押す!・・・真夏の夜編

2008年7月29日・・・

 

試合前のマスコットの絡みの時、ベンチ前にはボビーを囲んでの大勢の外人さんたちがアーダコーダしており、狭い範囲でのマスコットの動きとなっていた

  

1a そのため、何事か揉めていたようだったが、よくわからず・・・

  

1b ただ、マーくんとクールが、指さし合いながら何かいちゃもん(?)つけているようであった

  

夏真っ盛りのマリンスタジアムは、この時期当たり前のように試合途中で上がる花火が恒例となる

この花火にはスィッチがあり、押すのはその日いらしたマスコットのお客様か大半はマーくんが押すものだと、暗黙の了解できまっている

     ・・・はずだった

  

この日、いつものようにマーくんがスィッチを抱えて登場し、いつもの場所にスィッチを置く

  

1c そして、いざスィッチの前で体勢を整えようとした時、クールが絡んできた

もしや、試合前のもめごとの延長か~?なんて見ていると

  

1d クール、マーくんからスイッチの権利を奪い取り、うれしそうに(?)スィッチを握り準備万端

  

そして、いつもはマーくんが行なう“スィッチONを、この日はクールが・・・

 

    ~ 2羽の戦い勃発 ~

  

1e もめごとも済み、仲良く花火見学

  

   ・・・だと思ったら

   そんなに甘くはなかった

  

スイッチの争いがもとで、花火が上がると共に、

  

1f     早速、2羽の戦い勃発

リーンちゃんが止めに入ったものの効果なし

  ますます激しくなる取っ組み合いの喧嘩

  

1g 1h 花火が上がっていても、見向きもせず、ひたすら戦う2羽

  

1i 1j そしてその横では・・・かわいくリーンちゃん&ズーちゃんが、普段あまり触れないスィッチをさわって、そ~と遊ぶ

  

  

1k スィッチに飽きてきたら、次は花火見学

  

1l 1m 1n 横の喧嘩中の2羽には見向きもせずに楽しそう

 

楽しそうなリーン&ズーチームの後ろで、戦いは途切れることなく続く

  

花火が終了となった・・・

  

   いつものことだが、

1o   

何事もなかったかのように   

さっさと引き上げる4羽であった

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

いないのは誰だ!?・・・阿部和成 前編

  

 2008年、新人初自主トレの日、

      どうも人数が合わない・・・

       ひとり行方不明(?)

  

新人さんなので、写真と生を合わせながら、チェック!

根本投手とコバ憲投手の見分けがつかなかったり、伊藤投手がトレーナーに見えたり・・・

  重ね合わせる作業で一苦労

トレーナーの人たちを消去して、人数を確認・・・

    やっぱり、誰かいない!

  

内心(ロッテだから、土壇場で嫌だ~って言われてたりして)なんて、ありそうな想像をめぐらせてしまった

もしかしたら、このまま消えていく子なのかも・・・

   

そして迎えた1月16日の新人自主トレの日、その一人が合流していた

 

他の選手と比べると明らかに線が細すぎて、

   『この子本当にやっていけるの~?』

            なんて思ったほど・・・

4   

  

この年期待の唐川投手も、高卒で体が細く、ベビーフェイス

  

Abe しかし、同じ細さでもやはり違いがわかり、トレーニングにも唐川くんは何とかついていく体力があった

  

  

しかし、この時点での阿部和成は、同期の体格はいいがついて行くのにいっぱいいっぱいだといわれた植松投手より、一つ一つに遅れがあった

  

Abe1 根本投手が隣でトレーニングを共にした時、何かしら会話をしていたが、この頃やっと雰囲気に馴染み始めていた

 

  

A1 A2 慣れない守備も余裕がなく、自分をアピールするどころではなかったようで、見ているほうも少々不安を感じもした

  

  

 この時マリーンズは、

12球団1の投手数を抱えていた

1軍は左がほしいためか、ファームでも左投手優先なのだろう、左投手というだけで、チャンスをもらいやすい。

その上、1軍から調整で投手が下がってくると、右投手たちのチャンスは激減していった・・・

なかなか試合が回ってこない右投手たちは、いざ出番となっても、一部を除いてほとんどの投手がいい投球内容だとしても、1イニングからせいぜい3イニングぐらいで、試合感が付く前に忘れてしまいそうなローテで組まれる

数少ない登板機会に結果を残さなければならないため、一つでも四球やエラーが出たりすると、投手が急にパニックになってしまったように崩れていく姿をたびたび目にした・・・

首脳陣の方針で球数制限がファームにもあると聞いた。しかし、その前に投球機会も少ない上、投手が多くてその球を受ける人間が不足しているようにしか思えなかった・・・投球練習もろくにできなかったことだろう

   

そんな中、阿部和成は数少ない機会の中、一段一段階段を踏みしめるように登って行くのがわかった

  

どんな場面でも、出るとテンポよく尚且つ丁寧な投球をし、体が細いせいか球は明らかにまだ軽いが、伸びはなかなかのもの、なによりコントロールが整っている

同期に唐川投手がいるため、その活躍を目の当たりにすれば焦るのが当たり前・・・だが、この子は我が道を行くって感じで、試合に出れば自分自身の進む形を把握していた。

細身の体は、いつしか細いながらも強いバネをいれているような体格になっていた

 

5月1日に1イニングと3分の2を投げて以来、22日まで出番がなかった・・・

  

A1_2 22日の出番では、8回出た早々にゲッツーをとり、仕事は終了

    この時点で、防御率は4.40

 

間隔が空き過ぎても、決して自分を見失わず、いつも強い心でマウンドに立つ姿は、いつしかファームファンを惹きつけていた

  

   阿部和成の成長は

  地味ながらも着実に伸びていった

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

直行の相似形、ただいま成長中♪      ・・・阿部和成 後編

 

 ドラフト4位、九州高校球界では

     №1右腕と称された阿部和成

 

初めて見た時、その細さに『本当に九州高校球界№1右腕?』と疑問付が・・・

新人自主トレのスタートも出遅れ、トレーニングもついて行くのでいっぱいいっぱいの様子

 

5月を過ぎた頃『わずかな出番を決して無駄にしない、頭のいい子だ』という印象にかわっていった

  

A1_3 6月1日の試合は投手陣がガンガン打たれはしたが、一人しっかり自分の仕事をした

この日5回の1イニングを三人きっちり抑え、無失点

 

  

7月27日の横須賀で行なわれた湘南戦

9回を終え10対10・・・延長に突入し、10回途中のことだった

ロッテの投手はすでに6人目をつぎ込んでいた

ランナーを抱えピンチとなり、誰を出すのかファンも気がきではなかった

ベンチには、珍しく(?)ここまできたからには負ける訳にはいかないという空気が感じられた

そして出てきたのは

       右腕“阿部和成”

経験豊富なベテランでもなく、抑えでもなく、それまで多くを投げ込んできたわけでもなく、彼はドラフト4位の高卒新人だ

10回1安打を許すも10回途中から11回、そのテンポのよさが味方の好守備を呼び、0点に抑えた

惜しくも同点で試合は終了したが、マウンド度胸の素晴しさを魅せ付けてくれた

 

そして、着実に実力を付けていった9月2日

3番手に出てきて、勝ち投手となった

直行投手に似ているように見えてしかたがない・・・A1_4

一見細身のままに見えるも、マウンドに立った阿部和成の体つきは、大きく見えた

  

そして9月23日の鎌ヶ谷での試合

     彼は先発で出場

過去にも先発はあったが、ローテに組み込まれたことは1度もなかった

この日、18人に対し56球・被安打2本・3三振・1四球

  5回を投げ、失点は1

この失点は、唯一出した四球のランナーをヒットで返された失点だった

 

A1_5

  

  

阿部和成のマウンド姿は、いつもあの選手にそっくりだと思っていた

投球前も、投球中も、そして投球後も・・・

体つきは全く違うはずなのに、そっくりに感じる

 

入団前から先を走っている同期の唐川投手・・・

近い将来、エースの座をめぐって戦うのは、この細身の

  清水直行似の阿部くんかも・・・

 

そういえば入団当初、阿部和成は食事もノドを通らないほど悩んだと聞いたことがあったが、それも今の彼を見ると、笑い話になってしまいそうだ

   

       お・ま・け

9月23日の素晴しい投球をした阿部くん・・・

   5回が終わると、休む暇なく

     

A1_6      ボールボーイ

 

マリーンズファームの投手は、1年目良くても2年目はよくない・・・なんて投手を見ているので、絶対阿部くんには、まだまだ走り込みを重ねて、3・4年後を目安に伸びていって欲しい

   

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月11日 (日)

ロッテ新人自主トレ・初日・・・浦和球場

1_10  こんにちは、

  わたしグレ

  

昨日、浦和球場に行ってまいりました

浦和街道は、カカオの香りが漂い、つい工場に入っちゃうところでしたそういえばロッテは、あのメリーさんを買収されたそうですね。

金融商品については、ニャンコの私にはよくわかりませんが、メリーさんは本業は黒字で、金融商品の関係で大変になっちゃったとか・・・

後継者がいないのでって理由で、ロッテと一緒になられたコージーコーナーさんとは違い、カカオの香りを“クンクン”しながら時代の厳しさを感じました。

でも、球場で新人さんたちを目にした時、また気持ちは明るくなった私です

新人自主トレ初日と言うこともあり、大勢のマスコミ関係者&ファンも押し寄せ、浦和にしては大賑わいの雰囲気でした

ただ、いままでオコタで過ごしていた私には、厳しい寒さが耳や前足を冷え冷えにしてくれ・・・

  

      新人さん自主トレ 

 

A1       やっぱり今年も立花コーチ

  

1       まずはみんなで体をほぐします

  

2 ただこの頃(10時位)、まだ見ている方も行なっているほうも、寒さに震えて・・・

  

3    次はみんなでライト方向に向かいます

  

4 体操(?)を含めながらのユルユルとしたランニングっぽいの・・・

  

5 6    徐々に体をほぐしていくようです

  

7    そして普通のランニングに・・・

  

8 9 しばらくして、レフトで各自ブルーシートを敷き、その上で体操

前日の雨で、まだ湿り気を帯びているためなのでしょう

10 多くのトレーニングをされてましたが、覚えるのにも一苦労・・・そのトレーニングがどこに効いているのかわかっている選手もいれば、苦手そうでとりあえず“こうかな?”と思いながら行なっているように見える選手もいました。

  

じっくりランニングやらトレーニングやらで体をほぐすと、11時過ぎあたり、今度はキャッチボール

A2 A3     プチ遠投?

  

A4 どうしても、東都メンバーの上野さんに目が行ってしまうにゃん

  

20分ほどキャッチボールを行なった後は、恒例(?)の円になって、複数のトレーニングを移動しながら行ないましたが、昨年はなかった、もしくはわからなかった

  

名づけて『もがきのトレーニング』を発見

  

A5 A6 どうみても、もがいているようにしか私には見えず、わき腹とかに効くのかにゃ~?なんて考えましたが、どうもみ~んなもがいているようにしか・・・

そんな体と頭を同時に鍛えるっぽいトレーニングの後、みんな揃ってレフトに移動されました

  なにかにゃ~?

新人さんが向かった先には、あの“清水直行”さんがキャッチボールをされています

  

A7 そして、直行さんを囲み『お話聞きタイム』

  

さて、いよいよ昨年も行なっていた『地獄の3分ランニング後、1分全速力』の時間です

説明を受け、最初はその地獄を知らないせいか、意気揚々と

  

11 12 しかし、回を重ねるごとに、全速力が顔の表情だけ全速力風で、体はついて行かず・・・

しかし、皆さん懸命についていかれてました

 

13 そんな中、すでに上野さんは神宮球場で応援してましたので、気になってチェック・・・一段と鍛えられ入団された気が致しました

後、角さん・・・高校卒で決して長身ではないのですが、すでに鍛えられた筋肉って感じがしました。ただ、ちょっぴり気になったのは、いい色に焼けてらしたので、南の島でトレーニングでもされたのかにゃ?なんて

 

後半は、室内練習場に移ったようでした

  

  そんなこんなで終了した新人自主トレ

  

多くの選手達のためにプロの技を駆使して、怪我のないマウンド作りをしてくださる裏方さんたちが、選手のいなくなったグラウンドや、ブルペンを大切に整備されてました

 

A8   プロフェッショナルなグランド整備さん

  

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年1月12日 (月)

新人自主トレを横目で見ながら?        (ロッテ浦和球場)

07_07_28  こんにちは

  わたしグレ

1月10日に浦和球場で行なわれた新人自主トレ初日

新人さんと一緒に、他の選手の方たちも何名かいらしてました

その中でも、素敵だったのが

  

1b       堀幸一さん

  

1a_2 1c まだ寒い10時頃、堀さん登場・・・あの優しい笑顔や、いろいろな楽しいお顔でまわりを暖かい空気で包んで下さってました。

1d そんな素敵な堀さんを見て、

バキ『あっ!クールポコの右

      とても失礼なことを・・・

  

1 新人さんへの激励も兼ねてトレーニングにいらしたのが、清水さん

  

2  そしてこわ~く見えちゃう小宮山さん

噂に聞いたのが、上野さんに小宮山さんが質問したそうですが、きっと上野さん恐かったのではないでしょうか?

上野さんて、大学時代からいつも控え目で、エースになったのも4年の途中からです・・・それまでは、ソフバの大場さんがエース、その後は一つ下の乾さんがエース(おかげで、肩の故障の不安は少ないかと)

“自分が!自分が!”って自信過剰ではない上野さんには、プロという事で、もう少しずうずうしさを持ってかまわない気が致します。

 

外野のフェンス沿いに走っていらした方が何人か・・・

  

3      内さん&青野さん

  

4      川﨑さん&松本さん

  

5 そして、軽快にダッシュ気味の走りを見せてくれたのが、タスクさん

  

マスコミがいる3塁側を避け、ずっとライトで走られていた方がお2人

  

6    神田さん&高木さんみたい

  

メジャーのコバ雅さんも、3塁側でトレーニング

  

7 メジャーの選手ってことでかにゃ?マスコミの方達とたくさんお話されてました

コバ雅さんは、どの方とお話するのにも、敬体でお話されるのに、記事になる時はいつの間にか常体に変身

とっても柔らかくお話されていたのに、活字ではまるで自信家みたいになっちゃってました

この日、前日の雨で、ベンチ横にはボールも用意されてましたが、グラウンド内野は使用せず、昨年ほどのグラウンド使用はなかったので、マスコミの方々もネタがなかなか見つからず、コバ雅さん頼み・・・

誰もいないグラウンドに、コバ雅さんが3塁側でポツン

トレーニングなのか、ボーと寝ながら考え事か?お一人なので、張り合いもなく、ちょっぴり寂しそうでした

  

8 新人さん達と移動したはずの木村さんが呼ばれ、コバ雅さんのところへ・・・

すると一斉にカメラがコバ雅さんのところにダッシュ

その後、コバ雅さんも帰り支度をし、ファンサービスをされ去っていかれました

千葉の選手の方も、わざわざ浦和に来らっしゃるのは、手入れされた土のグラウンドで、怪我なくじっくり鍛えられるからなのかもしれません

そう言えば、浦和でトレーニングをされる方は、皆さん長く現役をされてる印象が強いですにゃん

 

この日、3塁客席の裏で、池田さんと宮本さんがキャッチボールをされてました(そのほか、ランニングもされてました)

1e 9      宮本さん&池田さん

宮本さん、一時期肩を痛められてましたが、この日はもう大丈夫だったようです

  

10 池田さんの今年の抱負は、『1軍に行くこと』だそうです

ただ心配なのは、フォームを変えることを指導したイエーツコーチが消えちゃったこと山ケンコーチお願いしますニャン

 

A11 今年からコーチになられた代田さんも、見学にいらしてました。相変わらず、おしゃれです・・・

  

1f おしゃれといえば、この方もそう、諸積さん

  

実はこの日、目に付いた選手の方が・・・

その方がいらっしゃった瞬間

バキ『来たよ~、

     コンビニ強盗

     でも、バレバレだよって

  これまた失礼なバキです

  

12 寒いので、お顔まで覆っていらした金澤さん・・・風邪に気をつけてがんばってくださいにゃん

  

13    清水さんと金澤さん     

  

14    タスクさんと金澤さん

この日、バキの大好きな高橋慶彦コーチもいらしてたそうですが、お見かけできず・・・sedonaさんのブログでかっこいい高橋コーチが見られま~す

  

 

   

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年1月13日 (火)

新人自主トレ1月12日・・・浦和球場にて

こんにちは  わたしグレ

  

昨日も浦和に行ってまいりました

   

1 2 新人さんたち、この日も黙々とトレーニング・・・昨年と比べ、雰囲気が対照的に感じた今年です。

昨年は、トレーニングの合い間は、池田さんを楽しそうにおもちゃにする下敷領さんや、明るい空気を振りまく植松さん、率先して笑顔で先に先にと動いていた唐川さん

すこし遅れて合流した阿部さんに、優しく何かを教えていた白川さん、ちょっぴりハニカミながらの服部さん、他の方も何かしら個性がポコポコ出ていた気がします・・・

   

今年は、鋭い空気を感じる方や、トレーニングも大変そうに見えない方など、すでに“手馴れた雰囲気?”

ストイックさがジンワリ伝わってきていたのは、私だけかしら?

  

3 1_2 2_2   

走っている姿をみても、キャッチボールの姿をみても、ロッテっぽくない空気が・・・

(噂によると、今年は育成から必ず1軍に送り込まないと、スカウトさんたちの立場が危なくなるとか

  

これはある育成選手の知り合いの方に教えていただいたことですが、角さんは長身ではなかったこととあるちょっとした事情で、スカウトの方が躊躇してしまったお話をうかがいました。

野球の技術に関しては、ほんの少しの事情を省けば、必ずドラフト上位でどこかが手を挙げていただろうとのことでした。

確かに、野球好きの知り合いが、高校時代の角さんを観に行き、『守備もよく、センスのいい選手だよ~』っておっしゃってたことを思いだしました。

親の七光りではないことは確かな、テストできっちり入団された角さん、くれぐれも怪我だけには気をつけてにゃん

 

       猫耳ダンボ~ 

ある空間でのお話を、聞き耳立てて・・・いや、耳ダンボ状態にし、情報収集

育成の方たちについては、お顔とお名前を覚えるので精一杯

 

   育成6順目

   岡田幸文外野手(全足利クラブ)

せいぜい持ち合わせている情報といえば、すでにご結婚をされて、お子様までいらっしゃりながら、育成選手としてプロ野球界にチャレンジ・・・とか言っても、今まで勤務されてたガス会社の時よりお給料が減るので、ご家族も覚悟されての入団!

 

耳ダンボ情報・・・岡田選手の売りは“スピード”だそうです。

シングルヒットでファーストからサードに行くのは当たり前

守備だけなら、即1軍でも大丈夫と言われているそうです。

関係者の方に、ロッテファンらしき方がおられ、このところの守備力がおろそかになっており、外野の守備の上手さは『大塚』と・・・そして痛いところをついたのが、『角中や佐藤はどんな感じなのか?』と(わたしとしては、南さんが最大のライバルになる気が致します)

ちなみに、好き嫌いはほとんどなく、何でも食べられるとか

  

朝8時から夕方5時まで、ガスのタンクを取り扱う体力勝負のお仕事をされ、夕方から夜にかけて、野球の練習・・・

人懐っこい笑顔の奥底には、背負っているものが違うのでしょう、ストイックなハートが1軍の舞台に向かって躍動しているようでした

おにゃじが言うには、

『いつもおコタにいるガスやグレに対し、岡田選手はこの寒空の中で過ごす“お外のにゃんこ”ってとこかな!』

     お・ま・け

『次、サーキットで~す』という掛け声と共にスタートした、円になってのいろんな体操

その中で、大好きになっちゃったのが『もがきのスタイル』

  

6 7 表情からして“もがいてます!”って感じもあれば、“なんか楽しいかも!”って方も

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

新人自主トレ1月12日の横で・・・浦和球場にて

   こんにちは

     わたしグレ

1月12日の新人さん自主トレ見学の際、新人さん以外にもこの日皆さんいらしてました

朝から霜が降りたらしく、グラウンドはこの日もぬかるみ、芝を中心としたトレーニングで、ノックなどは行なわれなかったです

腰に負担がかからず、手入れの行き届いているグラウンドは、特に投手の方たちにとっては練習しやすいのかもしれません

この日、一番腰に負担をかけたくない投手が、ほのぼのランニングをされておりました

  

小野晋吾投手・・・お子様といっしょにいらっしゃり、黙々とランニング。しつけのいいお子様なのでしょう。決して他の選手に迷惑をかけることもなく、お父さまである小野投手のジャマをするわけでもなく、お行儀よくその子自身も自主トレ

この姿が、寒~い中見学をしているファンの心をとっても和ませてくれ、みなさんかわいくがんばる姿を目を細めてみてました

  

A1 何年か後に、もしかしたらお父さんと同じマリーンズ選手になっているかも

 

バキのお気に入りの高木さん、この日も神田さんと一緒にまずは得意のランニングから・・・

  

A2 高木さんの“走り”に対してのノウハウは、あの小宮山さんも脱帽ものだと聞きました。“走り”の際のグッツについても詳しいらしいです

誰よりも“走り”にこだわることで、いつでも『行け!』と言われたら、すぐに行ける体が作られるのでしょう

  

A3 そんな高木さんのトレーニング姿をキャッチ

  

A5 しばらくすると、高木さんと神田さんがグラブを持ち出し、遠投が始まりました

神田さんの遠投を見ながら、お友達が『今年なんとか1軍に上がれないかな~?いい球もってるんだけど・・・』と。

  

A4 投球の姿、『やっぱり、高木さんだ~』のスタイル

  

高木さんのすぐ後ろはネットなので逸らしてもいいのですが、神田さんの後ろは広~いグラウンド・・・ってことは、神田さんがボールを逸らしたらがんばって拾いに行かなくてはならないので、神田さんは捕球にも必死

  

A6 初日の日は、3塁側で練習されていたコバ雅さんでしたが、この日は遠く派離れた1塁側でトレーニング&マッサージ

この日も、ファンサービスに勤しんで下さってました

 

コバ憲さんと田村さんと下敷領さんが、一緒にトレーニングをされていたのですが、当たり前と思いながらも、

  

A7  やっぱりキャッチボールも下手投げ

 

A8 昨年まで、代田さんとトレーニングをされていた南さん、今年はお一人で黙々と・・・

 

 

A1_2 ドラ1内さん、青野さんや金澤さんと走ってましたが、シーズン前に今年こそ、怪我に強い体作りをにゃん

  

     バキの一言

元ヤクルトのゴンザレス選手が、今度はGと契約

ところで我らがロッテは、ベニーとシコースキー以外、決まっていない。

オーティズとの契約もなく、アブレイユも呉も・・・

昨シーズンまで、ボビーの契約の中に外人さん部門を一手に任せるとなってたらしい。おかげで、外人さんスカウトを置かなくなり、外人さんの変わりに井口さん?

今、古賀さんが慌しく探しているかもしれない

古賀さんとは、海外に行かれるから、もう浦和ではお会いできなくなるのか~寂しいな

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

新人自主トレ1月14日・・・浦和球場にて

   こんにちは

      わたしグレ

 

1月14日、ロッテ浦和球場は、やっぱり寒くって・・・

  

1 そんな中、この日も立花コーチの熱い指導のもと、新人さんたちが熱心にトレーニング

バランスが良い方もいれば、そうでない方も

 

2 走ったり、体操したり、軽くキャッチボールしたり・・・

ちょっぴり違ったのは、ファールゾーンでのノック

マウンド整備中だったので、ファールゾーンを使用

育成は3塁側、ドラフト指名は1塁側で行ないました

  

      ノック練習 

  

3塁側・・・育成の方の中で、一番声を出していたのが、岡田さんでした。

年上のせいか、リーダーシップを感じました。楽しくもハードな雰囲気つくりをされてましたが、どうも回りがいっぱいいっぱいで・・・

  

写真にとると普通の捕球に見えますが、速い打球も逸れた打球も、できるだけ正面で、尚且つ両手で大切に捕球されていた方を見つけました

3 4   両手での捕球が身についていた生山さん

  

元気な声に負けないくらい、元気な動きをされていたのが岡田さん

 5 6  自然に腰を低くして捕球する岡田さん

  

高校卒にしては、きっちり低姿勢&両手捕球が身についていた方が・・・

O1   角さんの高校生卒とは思えぬ捕球体勢

 

1塁側・・・皆さん投手ばかりで、ノックは野手の多い育成の方への速い打球とは違い、一度送球する真似をしてバント処理って感じのノック練習でした。

  

7 香月さんは、下半身の安定した捕球を見せてくれました

  

8 上野さんは、手馴れたものです・・・東洋大は、亜細亜大と守ってこその争いをされてましたから

  

9 高校卒の山本さん、なかなかの捕球です

  

14 あら?坪井さん、なんとな~く、腰が引けてるような?

皆さん、野球選手らしいボールさばきをされてました

       

       

      ・・・一人を除いては

その一人とは、ドラ一の木村さん

どうも木村さんは、投げるのが専門で、その後の処理は慣れていないようでした。

  

練習の合い間に、ベンチに行くシーンがあるのですが、香月さんが上野さんに、大学時代のウォーミングアップの仕方を聞かれていたようでした。

その後も、木村さんにも・・・多くの話を聞き、自分の糧にしようと努力されている様子が感じられます

  

寒空の下、皆さんせっせとトレーニングに勤しんでいらっしゃいました

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

新人自主トレ1月14日・・・ロッテ浦和球場のアンガールズな2人

   

1月14日、新人自主トレの見学に行った・・・

    

以前、横浜に指名されるも入団せず、その後すぐ西武との裏金問題で話題になった選手。その選手が、今年の新人として、ロッテがドラフト1位に指名した

   その名は『木村雄太』

ある雑誌の寸評には、テンポのいい投球で存在感を示していたそうで、相手打者をしっかりと観察し、緩急も生かしたマウンドさばきに、実戦力の高さを感じたという。

ドラフト会議の頃、彼について、社会人チームで謹慎時期を過ごした際、どんなにか精神的にもハードな日々を送ったことだろう。

きっと、目つきは鋭くなり、ストイックな雰囲気をかもし出し、周囲を圧倒するキャラになっているかもしれない・・・そんな想像をしていた

  

     1月14日の浦和球場 

この日、ベテランたちも数少なく、新人を中心に見続けていた。

  

1a 立花コーチが見本で、トレーニングのスタイルを説明し、それを見てみんなが試してみる

  

  ひとりだけ、どうもバランスが悪く、

      立っていられない選手がいた

  

1b まわりの選手が、みんなで教えるが、上手くいかず・・・

  

1c 1d 立花コーチ、仕方なくもう一度見せて指導&やらせてみるが・・・バランスとるの苦手らしい木村選手

  

ノックタイムの際、1塁側ではドラフトメンバーがノックを受けていた・・・投手ばかりだったので、野手のようなハードさはないが、『木村&坪井』以外は捕球が身に付いている

そうは言っても、坪井投手もなんとか正面で捕るようしていた

  

1e   ・・・が、木村投手はぎこちなさが漂う

そのぎこちなさが、実は不思議と癖になってくる

  

ノックが終了すると、トンボがけ・・・

1g 育成グループでは、いつも一番早く動く岡田選手が、やっぱり最初に動き、さっさとトンボがけ

  

1h ドラフトグループも、やっぱりストイックな雰囲気がにじみ出ている香月選手が、率先していち早く動いていた

そんな2人のスピーディーさに、みんな何とか付いていくのだが、

 ひとり取り残されてる子が・・・

  

1i   トンボも何にもなく、なぜかグラウンド外に・・・

  

1j   困って立花コーチに相談するも、ウロウロ

   

  ・・・で、やっとできたのは、

 1k    ボール一つ見つけた“THE木村くん”

  

   サーキットトレーニングタイムがやってきた

“THE木村くん”に嵌ってしまい、彼一人を追ってみた

彼は坪井選手と2人で動くようだったので、ますます彼の面白さが堪能できるかと観察

1l 1m まず、ボールを抱え左右に動くのだが、2人とも同じように見えた

 

  

1z 次にうつ伏せに寝て、スタートすると、2人の息はピッタリ

  あれ~、期待はずれか?

  

1o 1p 1q 次も、その次も・・・息が合っていないようで、なぜか最後はしっかり合っている

  (アンガールかい?)心の中で突っ込み

  

1r  コーチたちの掛け声に

   全くあっていないこの2人・・・

  

最初は“THE木村くん”を楽しもうと思ったが、気付くとアンガールズ風の“木村&坪井”を堪能

一見当たり前に思ったが、ちょっと他も観察してみた

   やっぱり、この2人、ちょっと何かが違う

  

1s 腕や足を地面には付けない状態で、左右に腹筋を鍛えながら動くトレーニングの時、彼はコロコロ転がっていた・・・

しばらくして、立花コーチが走って“THE木村くん”に近づいてきた

   立花コーチに見つかっちゃった

   

1t    そして、しっかり指導され・・・

 

 この日、ちょっと違う意味だが

   なかなか楽しませてくれた木村&坪井

  

1u   思いがけず、ふた~り

    ロッテ色っぽい選手を見つけたなんてね 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

リーンちゃん、一人旅・・・神戸&大阪

昨日ある新聞に、ソフバの選手会納会の記事が載っていた・・・半分以上が嘘っぽい、スポーツ新聞だとわかっていながら、いつも怪しい記事をお酒のつまみに楽しんでもいた

しかし、昨夜だけは

 『絶対、嘘であってほしい』と・・・

  

  はじめて泣けてきた話だった

内容は書きたくないほど、私にはショックな内容だった

2007年の明治神宮大会で、今年日ハムに入団した大野とバッテリーを組み、一人ですべてを投げきり、涙が出るほどの感動を与えてくれた『大場翔太』

そして昨日、ショッキングな記事を見て、涙がでるほど『大場翔太』がかわいそうでならなかった・・・記事が本当なら、大場は悔しくてどうしようもなかっただろう。

   

  辛い話の後は、マスコットで心落ち着かせ・・・

オリバがフェルナンデスをとった・・・天然芝での守備はどうなるのだろう?

天然芝の美しい、あの神戸のスカイマーク使用が昨今減ったが、選手の怪我防止にはちょうどいい球場

選手達は大阪ドームの方が使いやすいのかな~?

スカイマークは内野1階のネットがなく、開放感があり見易さは格別

あんなにいい球場なのに、使用回数を減らすとは、もったいない気もするが・・・

  

   8月10日スカイマークスタジアムにて

この時期、鹿児島のファームの試合で、マーくんは九州方面に遠征

ビジターデーなのだが、マーくん来れないだろうな~と、思いながらも観戦に

 

一旦2階に行き、美しいスタジアムを眺め、日が暮れるのを待つ・・・

だんだん夕日のオレンジが鮮やかになった頃、

    マーくん代行、登場

  

1a   キュートなリーン・・・ではなく、清楚なリーン

よく見ると、衣装が以前のものに・・・2008年のリーンちゃんは、衣装が新しくなっていた。しかし、この日のリーンちゃんは、なつかしの衣装で登場

仕草や雰囲気も、いつものイケイケとは離れ、少々おしとやか風

だからと言って、手を抜くのではなく、お子様ファンにサインを求められると、優しいお姉さん風に対応

  

1b A1  たまにはこんなリーンちゃんも、なかなか素敵

  

A2      おすましリーン

最近は、ビジターデーになると、マーくんとクールがほとんど担当するので、遠いところのビジター球場では、なかなかリーンちゃんをお披露目できないのが、とても残念に思っていた

 

この日試合途中に上がる花火のスイッチを、

  

1c  ネッピー&リプシーと一緒にスイッチON

  

1d 1羽&2人でかわいらしくお座りしながら、

       花火を見上げ・・・

  

実は、試合を見ていると、用もないところでオリバの選手がカメラ視線でアピール・・・

その横に目をやると、カメラ席内に

A3      “白いもの”がいた

  

Aa1    じ~とカメラ席で待機していたリーンちゃん

  

花火のために、リーンちゃんは一人で大人しく待っていたのだカメラさん、もっと後ろまでカメラを向ければ、心和む映像撮れたのに

  

   8月11日大阪ドームのリーンちゃん

次の日は場所をかえ、大阪ドームで試合が行なわれた

この日も、マーくん代理でリーンちゃんが登場

早速、コネタらしきことを・・・

 まずは、リーンちゃんお得意の

板のようなものを持った整備の方に接近

  

A1_3   興味シンシンのリーンちゃん

  

A2_2  そして、定番のかわいいお手伝い開始

 

  そこにネッピー&リプシー登場

すると、リーンちゃんおもむろに、ネッピーに箒を渡す

  

1a_2    『はいどうぞって感じ

  

A3_2 ネッピーも、リーンちゃんにお願いされたら、お仕事するしかないでしょう

  

A4_3 そんなお仕事されてる整備の方とネッピーに、

     お礼のご挨拶

 

一通りのお仕事を終えると、1羽と2人は静かに遊ぶ

   

 1c_2    カモメのリーンちゃん

      パタパタしてみたのかな

  

       ご存知ですか?

1月18日(日)に、里崎選手と唐川選手のトークショーが行なわれるらしい。マーくんファミリーも行くのかな?

マスコット好きでなくても、よく知られているマスコット担当(?)のお兄さんがいる

以前からマーくんファミリーの演出を上手く仕切り、マスコット見学の子供達の教育にも気を配られている、マスコットと一緒に活動されている小柄ながらも優しい笑顔の印象的なお兄さん。

今年も見えないところへの気配り、子供達への優しくも教育的な接し方でマーくんたちと共にがんばられるのかな?

そのお兄さんは、マリーンズマスコットの縁の下の力持ち&マリーンズを底辺で支えている方

そして、この笑顔が最高に素敵なお兄さんが誘導すると、不思議と子供達がお行儀よくルールを守るから不・思・議

ぜひ、球団もこのお兄さんを大切にして欲しいと、マスコットファン&母親たちは願っていることを知ってほしい・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

オールドユニの夜・・・狙われたのは

井口選手は、ロッテを選択するだろうか?

メジャーのことを教えてくれるお友達が、井口選手はもう1年メジャーにいれば、年金がもらえると教えてくれた

もし、チームを選ばなければどこかが欲しいといいそうだが、井口選手はロッテを選ぶのか?それともメジャーでもう一度チャレンジ?

はたまた、年金か?

私だったら・・・メジャーの年金かも

   

私には、井口選手はソフバというより、“ダイエー”の響きの選手だが、ふとダイエーオレンジのユニを思い出した・・・

   今日はロッテの思い出ユニ話で・・・

2008年8月13日、オールドユニスタートの日だった

選手だけでなく、マスコット達もしっかりオールドユニでファンサービス

 

       13日のカモメたち 

  

試合前の中央ステージでは、いつものように4羽の楽しいキャラクターショーが行なわれていたが、オールドユニのためかなぜか新鮮さを感じ、つい見入ってしまった

 

    4羽揃ってオールドユニ着用

1 2 3 4 5

    

  

ステージの4羽のダンスもいいけれど、やっぱりアドリブいっぱいのグラウンドのカモメたちが面白い

  

6 マーくん、オールドユニの撮影を・・・ちょっぴりおじさん臭さがまたいい

  

リーンちゃん、撮影が終わるとスタスタベンチ前に・・・何しに行ったのだろう?と見ていたら、金澤捕手と神戸選手に

  

7_2  『リボンもオールドユニ』って見せに・・・

リーンちゃん、かわいいったらありゃしない金澤捕手と神戸選手に、リーンちゃんどう映ったかな

  

そんなリーンちゃんの後ろでは、なぜかマイク片手に

  

8    こぶしをきかせてズーちゃん熱唱

 

マーくん、なぜかオールドユニにちなんで、西村コーチを呼び出していた・・・マーくん、何のようなのだろう?と眺めていると

  

9      西村コーチと記念撮影

      

  

10 13日の始球式はペプシマン

リーちゃんが親切誘導・・・しかし、同じカモメでも、いたずらカモメも存在するのだ

  

花火タイムのお客様は、当然“ペプシマン”である

  

11      みんなで仲良く花火見学って・・・

   ペプシマン、その考えは甘かった

  

12_2 花火が始まると、ペプシマンが

     急にもがきだした

 

   どうしたのか?よ~く見ると

  かわいい顔したマーくん&ズーちゃん、

  

13      ペプシマンのマスクを

 剥ぎ取ろうとしているではないか

  

  14 15

ペプシマン、まさかかわいい顔したカモメたちに、そんなことをされるとは思わなかっただろうに・・・

  

16 花火がおわるとそそくさと最初に去っていったペプシマンだった

    

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

新人自主トレ1月18日・・・浦和球場にて

07_07_28  こんにちは

 わたしグレ

1月18日、浦和球場に自主トレ見学に行って参りました

浦和の空はどんよりとし、雨もパラパラ・・・止んで~と、お祈りしながら球場に向かいました

ロッテ工場を右手に見ながら、季節ごとに少しずつ変化していくロッテのお庭

球場にたどり着くまでの、このロッテの小道・・・優しいぬくもりが感じられ好きでした

しかし、何かを造るのか、木々は切られ、花々は刈り取られ、見るも寒々しい空き地になっていました

1 そして、以前そこにあったはずのおうちを、小鳥さんが一生懸命探してました

  

  

重く垂れ下がった曇り空のもと、この日も新人さんたちは、黙々とトレーニング

ただ、観客席は満員御礼(?)・・・実は、朝からバスで乗り付けてきた団体さんがいらっしゃいました

育成ドラフトの吉田真史さんの母校、群馬の太田工高の野球部員さん

この野球部には、細谷圭さんが教え子だったという方が、現在指導者としていらっしゃるそうです。

そして、学校は違うものの、細谷さんの名は知られており『町では、とても有名ですよっておっしゃってました

    

      新人さん自主トレ 

トレーニングも、初日からのものもあれば、新しいものも・・・

  

1_2 2 新しいものは、立花コーチ自ら行なってくれ、みんながそれを真似ます

4 ただ、気持ちは同じことをやっているつもりでも、何かしら違ってくるから面白いにゃ

  

3 横に移動しながら片足で立ち、上半身を低くし、両手を前から横に向かって広げるたり・・・

5 見ているこちらまで、足が絡んでしまいそうなトレーニングもありました

 

この日も、ノックをされましたが、野手で一番球際に強いと感じたのが

  

2_2 6    今回も角晃多内野手

  

7     グラブ捌きもスムーズで

 

8 エラーをしてしまっても、仲間で声を掛け合い、コーチの明るい叱咤激励が、いい雰囲気を生み出してました

初日には、みなさん人見知りで控え目な方ばかりで、どうなるのだろう?と心配に思いましたが、やはりスポーツマンです

  

9 この日は、そこかしこで明るい笑顔で励ましあいながらのトレーニングを見ることができました

  

  ノック後のとんぼかけ・・・

  

10  木村さん、なんとかトンボ確保

11   

なんとな~く、腰の入っていない姿がいい味出してました

 

       気になる18歳 

  

12     ドラフト5位の山本徹矢さん

  

トレーニング姿を見ていると、一つ一つの動きに対し、惰性で行なわず、丁寧にきっちり行なっていらっしゃいました

  

13 何気なく撮った写真ですが、すでに頑丈なふとももを持ち、体つきは投手の体になってます。

  

3 あまり体が柔らかくないようで、柔軟体操の時はとても苦しそうな表情ですが、一生懸命さが伝わってきて、自分自身と戦っているように見えました

ほんのわずかな休憩タイムも、何かしら体を動かし、きっと自分の成長を毎日手に取るように感じているのではないでしょうか

  

14 いつも角選手と行動しているところをみますが、2人でいる時の笑顔は、やっぱり18歳(このお2人、似た雰囲気を感じました)

  

15 そうそう、2人といえば、昨日も木村さんと坪井さんが、アンガールズな雰囲気を感じさせてくれ、バキ大喜び

 

帰りは、急に冷え込みが激しくなり、雨を降らせなかったお空に感謝しながら帰路につきましたにゃん

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

新人自主トレ1月18日の横で・・・浦和球場にて

05_31 こんにちは

わたしグレ

今日は1月18日の新人合同自主トレの時の、先輩方のお話

  

球場に到着すると、すでに群馬からいらしていた太田工高の野球部の方達が見学されてました

そんなみなさんの間を『前を失礼しますにゃん』と通らせていただきながら座席に・・・

さあ、見学と思ったら、カメラを出す間もなく、宮本さんグラウンドでの練習は終了され、室内の方へ

朝早くからこんな寒いグラウンドで、練習されていらしたのにゃ~と・・・精神が強くにゃりそうです

  

新人さんを横目に、お2人が登場・・・

  

A2 A3      林さん(緑)&田村さん(赤)

  

新人さんのノックを見学してたら、

   

1a     田村さんと林さんも見学?

 

目の前を、リュック姿の方が・・・

  

1b    エースの清水さんです

太田工高の方達、清水さんはご存知らしく、ザワザワし始めました

  

A1 しばらくすると、強そうな真っ黒の装いでタスクさんがいらしたのですが、もう一方真っ白の装いの方も登場

どなたかしら?と、じっと観察すると、歩き方であの方だと確認!

1d     なんと塀内さん真っ白にゃん

その塀内さん、新人さんたちの集団に呼ばれ、照れくさそうに近づくと、軽くご挨拶

  ・・・ではなく、

  

1e 何人かと握手なんかして、サングラスもはずし、丁重なご挨拶

 

1f 傍から見ていてもわかるくらい、新人さんたちより緊張されてました

  

わたしがそんな塀内さんの姿に感心していると、それを見ていたバキは

『へーちゃん、“足ひっぱっちゃうけどよろしく~”って先に謝っているんだよ、きっと』と、とても失礼なことを・・・

  

ランニングやら、マッサージ?やらが済んだ清水さん、仕上げはキャッチボールです

  

1h      やっぱり見ごたえがあります

清水さんが、グラウンドでの練習を終了し移動すると同時に、客席にたくさんいらした野球部の方達も、一斉に移動・・・

覗いてみると、門のところで清水さんを取り囲み、写真撮影やらサイン会・・・清水さん自身もビックリされてました

遠くからはるばるいらした生徒さんたちには、素敵な思い出になったようで、清水さんが去られた後も、みなさんうれしそうにされてました

  

そろそろ、いらっしゃる時間かな~?と思ったら、やっぱり登場

     高木さん&神田さん

  

1i グラウンドがまだ乾ききっていないためか、お2人は芝のところをなぞる様にランニング・・・そのため正面からのショットが撮れました

  

1j グラウンドの横にある、黒木さんが走ってたことで有名な『黒木ロード』では、手島さんがダッシュをされてました

  

いつものメニュー通り、高木さんたちは最後に遠投

目測ですが、80Mくらいかにゃ?お2人でじっくり遠投のキャッチボール

徐々に気分が乗ってきたのか、

  

1k  高木さん、なぜかセットポジションからの遠投

 体にしみ込んでいるのですね、リリーフの癖

先日、ソフバの納会での、先輩の横暴が記事にでていました。野球界は上下関係が厳しいといいますが、そんなお話を知った後、神田さんと高木さんのキャッチボールを見て、ちょっぴりうれしくなります

それは、年下の神田さんの手元が狂い、ずっと年上高木さんが必死にキャッチ

この時、静かなグラウンドに素敵な台詞が響きました

神田さん『あ゛~、ごめ~んと・・・

  なんか、あったかいチームだにゃ~

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

リーンちゃんをさがせ

昨日、井口選手の入団が決まった

ちょうどオバマ大統領就任に合わせたのかな?と・・・

   ロッテもチェンジか?

オバマの掲げる『緑の公共事業』、ぜひ本気なら、まずは京都議定書にサインをお願いしたい。

大嶺くんの育った石垣島は沖縄県であるが、この沖縄で今、干潟が国の力で壊され、多くの珊瑚などが殺されている。

なんか日本の矛盾を感じながら、昨夜はニュースのハシゴだった・・・

  

今日は、オバマ張りの警備をしていれば、きっと連れ去られなかっただろうマスコットの話を・・・

2008年8月16・17日と、試合前『セコム』のマスコットショー?が行なわれた。

実は、2007年にもこのマスコットを使ったセコムの『リーンちゃんを捜せ企画』が合ったのだが、私は思いがけないおもしろさに仰天したほどだった

今シーズンは、どんなストーリーなのか?ワクワクしながら、この日を待った

  

      そして、16日・・・ 

    まずは、みんなでダンスタイム

1a   

すると、どこからともなく“黒タイツ”の悪者役らしき何人かが現れ、あっという間にリーンちゃんを連れ去り・・・

  

1b   リーンちゃん今年もノリノリ

  

1c ・・・で、クールは指さすも、残った3羽、見てるだけで、助ける気なし?

 

1d      そこに、セコムさん登場

  

ダンスの子達&雄3羽を守るため、セコムさん一人で立ち向かう

  

1e     強いぞ、セコムさん

  

1f その後、ぞくぞくとセコムさんが増え、黒タイツと戦う

  

  1g

     

1h 無事、黒タイツ軍団をやっつけたセコムさん・・・みんなでヤンヤヤンヤの大喝采

 

喜びもつかの間、リーンちゃんはきっちり連れ去られているのである

   

1j   ズーちゃん気付いて頭を抱える

  

1k すかさず、セコムさん本部からの指令が、なぜかスクリーンに

  

リーンちゃんの誘拐にショックを受けていた3羽

       ・・・だったと思ったのだが、

  

1l  帰るときには何事もなかったように、

      のん気に去っていった

  

 リーンちゃんのいない花火の時間

1m なぜだろう?リーンちゃんがいないと、まるで殺風景な男子校みたいな雰囲気の3羽・・・はなっから、この3羽まとまる気はサラサラないらしいが、実はこのまとまりのなさがなかなか面白いのだ

  

1n  マーくん、さっさと帰り支度し始め

   

1o    終わったと同時に走って帰る

  

そして、無事リーンちゃんが見つかったという知らせが、球場全体に放送された

   『どこだ、どこだ?』と見回すと

  

 1p       いたー

 

1q  スクリーンにもしっかり映し出されて

 

今年もそこそこ楽しめたな~と思ったが、次の日も同じセコムさんの企画だった・・・ただ、雨が降ったため、思いがけないシーンを目撃

              それは、次に

      

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

雨天でのリーンちゃんをさがせ1・・・

2008年8月16・17日のセコムさん企画、『リーンちゃんをさがせ』

16日は予定通りだったらしいが、17日は雨で試合自体が心配だった

  

 17日のリーンちゃんを捜せ

  

1a_2  前日と同じ様に、ダンスからスタート・・・

前日、さらわれたことを忘れたかのように、楽しそうに踊る

  

1b_2       “ヒロインのリーンちゃん

  

1c_2 ぬかるみの中、作業が進む・・・その向こうでは、普通にマーくんが踊ってる

  

1d_2 そして、当然のようにこの日も黒タイツ軍団が登場

2日目ともなると、両者アドリブがきいて来るので、前日とはまた一味違って、見ているほうもそんなシーンを見逃せない

  

1e_2 前日弱かったはずのズーちゃんが、異様に積極的に戦う

  

1f_2 やられ役のマーくんスクリーンに映し出される

1g_2 1h_2 リーンちゃん、お約束通り連れ去られる

  

何気なくやられていたマーくんに目を向けると、

 

1i    なぜか反撃に出ていた

  

1k_2 1j_2 縛られてさらわれていくリーンちゃん・・・なぜかツボに嵌り笑ってしまう

  

そんな『大事件』が繰り広げられている風景の前では、

 

1l_2     せっせとグラウンドの整備

  

1m_2 前日と同じように、まずお一人セコムさんが登場し、しばらくすると、大勢のセコムさんが登場

 

前日にも増して、

1n_2 1o_2 1p_2 白熱したアクションを繰り広げるセコム対黒タイツ

  

1q_2 んな激しい戦いを背に、必死の作業は続く・・・

  

この後、微妙な天候が、とんでもなくおもしろい風景を演出してくれたのであった

        後半につづく・・・

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

雨天でのリーンちゃんをさがせ2・・・ダチョウが3羽

2008年8月17日は、天候が悪く試合ができるかどうか心配だった

だが、『リーンちゃんをさがせ』企画はスタート

 

    悪天候が運んできた楽しい時間

試合前のダンスショーの際、セコムさんとの企画で、リーンちゃんがさらわれた

そして、試合開始に突入するのだが、なにせこの日は天候が悪く、シートを畳んだり広げたりと、なかなか試合が始まらなかった

そんな合い間を上手く楽しむのが

        『マーくんファミリー』

  

A1 マーくん、さっそくオモチャを見つけた・・・マーくんの手にかかると、何でもオモチャになってしまう

  

A2 すかさず荷台に乗り、せっせと作業している風景をのんびり見学

そこに来た来た・・・

  

A3_2 A4_2        残り2羽

  

各自いたずらを探していると、

  

A5   職員の方に移動するよう注意を受ける3羽

  

この3羽が素直に言うことを

     ・・・

     

    聞くわけがな~い

  

A6_2 A7_3 まずは何か相談し、『○○やる人~?』と・・・

  

A8_2   マーくん&クールが2羽で『ハーイ』って

  

それにつられ、遅れ気味にズーちゃんも『ハーイ』と手を挙げると、

  

A9_2    マーくん&クールは『どうぞ、どうぞ』

  ・・・って『ダチョウクラブかよー

  肥後マー・寺門クール・

    そして上島ズーのミニコント終了

A10_2 ミニコントが終了すると、次のオモチャ探しに出発

 

  

職員の方々は、何とか試合を開始できないかと、懸命にマウンド内でお仕事をされている。そのため、余計なところには目が届かない

    ・・・ってことは

  マーくんやりたい放題タ~イム

1塁ファールゾーンに敷いてあったブルーシートがマーくんを誘う

なんとな~く、体が吸い寄せられるように、

  

A11     マーくんスケート風に“スル~

  

A12 なかなかおもしろいらしく、ズーちゃんを誘うが、どうもズーちゃんは躊躇気味・・・

  

A13 A14 そんなマーくん『こんな感じ~と、また滑ってみせる

  

A15 それを見たクールも“スル~っと・・・

A16 A17 A18 マーくん&クール、調子に乗って滑りまくる

  

そんな2羽を眺めていたズーちゃん・・・マーくん&クールが滑りに飽きた頃、

  

A19   勇気をもってズーちゃんチャレンジ

しかし、滑り始めた横から、職員さんに『シート畳むから、そこどいてと・・・

  

A20 ズーちゃん滑りかけなのにアタフタ戻る

せっかく勇気出したのにね~間が悪かったみたい

 

その様子を見て、マーくん要領よく、さっさとひとり、次のオモチャを探しに・・・

    しかし、そうは問屋がおろさない!

  

A21 マーくんこの後、遊んでいられなくなっちゃった

  

       またまた・・・つづく

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

雨天でのリーンちゃんを探せ3・・・カモメの手も借りたい

2008年8月17日、雨天で試合ができるかどうか微妙な状態の中、マスコットはのん気に雨天を楽しんでいた・・・

前回のお話は、マーくんたちが1塁ファールゾーンに敷かれたシートの上で遊んでいたお話だった

試合を開始しようか、雨との戦いだったこの日・・・

そして、小雨になり、試合を開始する方向で作業を始めた球団

  

    いざ、開始準備となると、大忙し

  

     マーくん働くの巻 

次のオモチャ探しに、1塁付近をうろつくも、おもちゃになりそうだったシートは畳まれ、

 

B1     どう遊ぼうか悩むマーくん(?)

すると、大忙しの球団職員がやってきて、トラックにシートを乗せようとしたが、重くて側に居るマーくんに手伝ってもらうことにしたらしい・・・

ちなみに、このシートを持ち上げる際、大人4人以上が平均的

  

D2  2人と1羽で“わっせ!”と持ち上げる

  

B3  トラックの前で、ズーちゃんと雑談・・・

トラックは1塁から、2塁、3塁、そしてホームの順にシートを積みに回るらしい

そのことを知ってか知らずか、シートを持ち上げるに必要な4人が確保されているホームに、マーくん合流

  

B4 これなら、遊び相手もいるし、マスコットらしくウニウニしてればいいよね

な~んて思いながら眺めていた

  

B5 遊び相手は?と思っても、正直試合が出来るかどうか微妙なため、みなさん真剣

  

マーくんも、そんな雰囲気を察してか、極力おとなしめに

     ・・・な~んて、無理

ついついでちゃう、悪い癖?笑わせたくって仕方ないらしい

  

B6 “マーくんのVサイン カニ歩き

    しかし、みなさん完全無視

  

そしてトラックが、ホームに向かってきた・・・と思ったら、一人が急遽3塁方向に呼ばれて行ってしまったではないかシートをあげるのは4人以上がベスト!

マーくん、もうひとり来るのを待っていると、当たり前のように手伝うよう指示が飛ぶ

  

B7     断るひまなく、急いでお手伝い

  

若いスタッフが、マーくんの働いている姿を見て、急いで駆けつけ、すかさず変わろうと・・・

しかし、マーくんだって持った以上安易に変われない

B8 がんばる気ではいたが、立ち位置が悪かった

なにせ“巨大な頭”がジャマで、

  

B9         即交代・・・

  

    とりあえず側で気持ちだけ参加

 

B10 最終的にマーくん、みなさんの後ろで応援し、無事試合開始となった

 

この日、試合は開始されたものの、雨が酷くなり中止に・・・

雨で中止といえば、諸積コーチの『雨のヘッドスライディング』が見られる

お約束通りの気合のこもったスライディングが見られた

C1 ・・・で、その様子を見ながら、打ち合わせらしきを行なっている者がいた

(もしかして、クールもかな?)

 

  

  クール・雨のヘッドスライディング

    

C2 C3      打席に立ち、気合をこめる&鋭く振る

  

C4 C5   1塁に滑り込み、立ち上がる・・・ビチャビチャ

  

C6 C7   リードする&牽制で戻る・・・って、細かい演出

  

C8      2塁へ滑り込み

   

C9    そして挑発・・・って誰に?

  

 C10    セカンドから一気にホームイン

  

C11           ・・・寒かっただろうに

 

この日の中止になった試合は9月に行なわれたが、もれなく『リーンちゃんを捜せ』企画もまた行なったのだった 

  

   

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

新人自主トレ1月24日・・・雹降る浦和に熱い男!

4 こんにちは

わたしグレ

昨日は初雪が舞うロッテ浦和球場に行って参りました

おうちを出る時は、お日様も見えていましたが、浦和は今にも泣きそうな空模様

しばらくして、空からなぜか痛い雨が降ってきました・・・『雹(ひょう)』でした

  

   球場では・・・

   新人さんが見当たらないないにゃん

と思っていたら、早くにいらした方から、朝から雪が降っており新人さんたちは一度出てきたらしいのですが、室内に行っちゃったとのことでした

もしかして、どなたもいらっしゃらないかも・・・なんて諦めていると、

   いらっしゃいました~

  それも不思議な組み合わせ?

  

1   定岡さん&金澤さん&田中雅さん

  

しばらくすると、雪が舞って来ました

  

 そんな雪の舞う中、

2    小鳥さんたちが自主トレ?

  

すると、雪を待っていたかのように、黒滝さんがいらっしゃいました

 

3   雪と共に走る黒滝さん

わたしには初雪でしたが、黒滝さんは北海道でたくさんの雪をご覧になってきたことでしょうにゃん

 

雪もおさまり、11時40分くらいだと思います・・・観客席の後ろがにぎやかに

   にゃにかしら

と、思って行ってみると、

  

   新人さん達が走ってました

  

4_2 5 タイムを計りながらの“ダッシュ”のようでしたが、走るのが得意な方は、自然と表情が笑顔に近い明るいお顔になられるようです

   

お写真を撮らせていただこうと思い、カメラを構えたら、目の前が暗く・・・あれ?

  

6  長身の木村さんが立ちはだかってました

 

そんな木村さん、

7  

  案外走るの得意みたいニャン

  

9 単なるダッシュだけでなく、往復を繰り返すので、瞬発力以上に持久力も必要になってくるトレーニングだったようです

  

思いがけなかったのが、山本徹矢さんでした

  

新人さんのトレーニングの時、足が売りだろうにゃ~と感じていた生山さんと組んで走られましたが、その際山本さん

  

8    なかなか速いニャンと感心

  

10_2 皆さんかなり『キツ~イとおっしゃっていましたが、トレーナーさんが、この後お昼ご飯だからと、激を飛ばしてました

最近、浦和ロッテの中で、インフルエンザがはやっていると聞きました。先日も、球場で球団の方が“インフルエンザ”という言葉をくちにしていたにゃ~

皆さん、体調には気をつけてがんばってほしいニャン

  

新人さんで盛り上がっている頃、お一人ライトに・・・

    どなたかしら?

    よ~く観察してみると

    

11     あの“熱い男早川さん”

びっくりしてしまいましたまさかマリンスタジアムにお近いはずの早川さんが、この浦和にいらっしゃるとは

 

“熱い男早川さん”が、どれほど熱いか、この後しみじみ感じさせてくれました

 

        お・ま・け

   本日のアンガールズなふたり

 

12         “坪井&木村”

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

新人自主トレ1月24日の横で・・・どこまでも熱い男

こんにちは わたしグレ

今日は、1月24日のロッテ浦和球場での自主トレ見学の続きをお送りいたします

 

この日お昼前、新人さんのダッシュのトレーニングが観客席裏で行なわれていた頃、レフトに思いがけない方を発見

あの“熱い男”早川さんがトレーニングをされていらしたのです

この日他にも何人かいらしてました

最初に金澤さん&定岡さん&田中雅さんがいらっしゃいました。その後、雪の中黒滝さんが・・・

そして、雪の中を黙々と走るいつものお二人

  

1a      高木さん&神田さん

  

1b 1c  青松さんや宮本さんも&南さんはライトで

  

1d メジャーリーガーのコバ雅さんもいらしてました。練習後、サインをベンチに座られ行なってました・・・体冷えないかにゃ~?

  

     早川大輔の熱トレ 

  

1e ライトの片隅で行なわれていたのに、寒さを蹴散らすくらいそこだけ熱い・・・そんな雰囲気をかもし出していた早川さん

  

1f 1g     熱~く、体をほぐす

  

1h     走る前の熱~い準備?

  

1i なにやら、腕をブルンブルン振り回し始め、その振りがどんどんハードになって行き、

  

1j   振りながらダッシュ

こんなダッシュ見たことにゃい

一度の走りで、腕も鍛えてるのかにゃ?早川さんの熱~いトレーニング、見ていて全く飽きません

あっという間に時間は経ち、早川さんのグラウンドでのメニューは終わられたようで、早川さん帰られるかと思いきや、トンボ片手に戻ってこられました

  

1k そして、ライト線のところからトンボかけ・・・

わたし、外野でのトレーニング後のトンボかけははじめて見ました

あんなに幅広くかけられるのね・・・って思ってみていましたが

  

1l    どんどん幅は広がっていき、

  

1m    センターの方まで・・・

丁寧なトンボかけも終了

  

1n  ワイルドにトンボを担ぐ姿がまた熱い  

  

1o 熱い早川さん、これで終了にゃのねって、去り行く後姿を見届けて・・・

  

      あら?

  

1p     え?まさかトンボで

  

1q    片足をあげて、そのフォームは?

  

  

1r_2          『振ったー

まさか、トンボでバッティング練習とは・・・

やはり、最後の最後まで、早川さんは熱い方でした

この後、早川さんは室内で次のトレーニングメニューをこなされていたようです

 

その後いらしてせっせとトレーニングをされていた唐川さん、神戸さんに声を掛けられ

  

1s    何やら神戸さんが、球場のお話を・・・

かわいいカップルに見えちゃったにゃん

急に凍りつきそうな風が流れ、その冷たさに押し出されるように、浦和球場を後にしました

  

     バキのたわごと

アネックスさんの記事に、井口選手のお話があったが、その中に

  

―新たな本拠地となる千葉マリンスタジアムについては。

 「ライナー性の打球が(特有の強風で)伸びる。僕はそういうタイプの打者なので楽しみ」

  

この問答の記事を目にした時、心に響くものを感じた

  

以前、応援でそれを言ったら、野球通らしき人にバカにされた

そんなことにへこたれず、『今日はライナー、ライナーで打ってけー』と・・・

ボビーの方針はアッパーだが、今シーズンどうなるのだろう?

大松はアッパーでは打たず、ライナーでホームランを打つ男である

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

童顔の不動明王・・・唐川侑己

  

K2 K1 先日の自主トレに現れた唐川侑己は、パーマをかけたのかますます愛らしい風貌になっていた・・・

今年も1月10日に新人合同自主トレが始まり、新人もそろそろロッテに慣れてきた頃だろう

新人自主トレを眺めながら、2008年の新人合同自主トレを思いだす

  

キャッチボールを見ながら、『やっぱり唐川くんは特別な子だったのかな~?』と

  明日へのキャッチボール

      (唐川くんのキャッチボール話

唐川くんのキャッチボール姿は、とても目立っていた

キャッチボールではないのだ・・・一球一球を大切に、まるでブルペンでのフォームを気にしての投げ込みを見ているようだった

 

     5月13日 唐川侑己先発

この日東京ドームで、ロッテ対日ハム戦が行なわれた

開門前からゲートに並び、じっと東京ドームの鳩を眺めながら階段に座って待っていた

すると、わたしより年上のご夫婦が、列に並ばれた・・・

交流戦のG対決と違い、早くから来ても長蛇の列にはほど遠く、数人の塊のまま時間が過ぎていく

ご夫婦の奥様の方が、『わたし達、はじめてなんだけど・・・』と、話しかけてきた

ご主人がカメラをお持ちだったので、撮りやすい位置や座席の並びなど、わたしの知りうる限りお伝えした。

そんなこんなで話が弾み、唐川侑己の話へと・・・

そのご夫婦は、彼のファン&家族ぐるみのお付合いらしかった

唐川侑己は2007年ロッテドラフト1位指名の投手

広島カープも唐川侑己を希望していたのだが、この時カープファンが『ぜひ広島に』と、広島から車で訪ねて来ていたという

ロッテに決まった瞬間、つい地元の方たちが喜んだが、広島ファンは『がんばってね~』と言い残し、明るく去って行ったそうだ

この話を聞いた時、広島というチームのずっと先のことを考えての行動だったのだろうと・・・熱心なファンてこんな感じかもしれないなんて羨ましく思った

彼が高校に入学し野球部に入り、彼の投球を見た者は、

『この子に、甲子園に連れて行ってもらおう』と、みんな口々に言ったそうだ

  

   みんなが惚れた高校球児 

高校時代、ある野球の有名校との練習試合の出来事・・・

同点で迎えた9回、練習試合ということで終了しようとしたが、相手チームの監督がどうしても延長戦で・・・との要望が出て10回突入

仕方なく10回から投手を換え続行

しかし続行した途端、相手チームの監督さんがやっぱりやめようと・・・

その理由は

    『唐川くんをもっと見たかった』

                    とのことだった

 

ある練習試合でのこと

9回あと1アウトのところで、ストライクを入れていく唐川くん

しかし、なぜかど真ん中を審判が

        『ボールとコールする

ベンチも観客もヤンヤヤンヤ・・・どう見てもど真ん中に見えたという

ベンチは審判に抗議すると、その審判が言った言葉は

 『唐川くんの素晴しい球を

 もう一球だけ見たかったから』と

 

『惚れられる投球』以外にも、伝説はある

彼はいつもお茶くみなどの雑用を率先して行なったという・・・それも、後輩がいながらも。

その行いについて周り尋ねると、

『好きだからいいんです』と笑顔で答えたそうだ。

たまにならわかるが、毎回自主的に好き好んで行なったとは思えない。本当のところはわからないが、なかなかできることではないと思う。

 

そんな唐川くんも一度はいらだったことがあったらしい・・・

ドラフトでロッテ入りが決まった後、ある新聞者の女性が、成田のとあるところで唐川くんの取材をした時のこと。

新聞の記事に、ジャンプする唐川くんを載せたかったらしい

しかし唐川くんが思いっきりジャンプできず、女性記者から

     『もっとジャンプできないかな?』と要求

    何度かジャンプを繰り返す・・・

相変わらず小さなジャンプだったので、少々嫌味じみたことを言われたらしい。

その様子を見ていた、子供の頃から唐川くんを知る唐川くんの知り合いが、こそっと

『どこか怪我でもしているの?いつももっと高く飛べるのに、今日はどうしたの?』

と、心配して問いかけると

彼は、本尊を背にするだけでも失礼なのに、ジャンプなんて・・・ということを言ったそうだ

成田といえば成田山新勝寺・・・彼の父親はここで仕事をしていると聞いた

彼も新勝寺には深く携わっているのだろう

本尊(不動明王)を背にジャンプすることは、彼にとってはとんでもなく失礼に思えていたのだろう。

宗教は人それぞれなのでこれといって意見はないが、この話を聞いた時彼なりのこだわりや信念を感じた・・・そのことを、相手の記者にはあえて言わなかったことにも、彼らしさがうかがえる

  

愛らしい笑顔も、マウンドに立つと険しく鋭い表情に変わる

そのマウンドでの表情を見て、成田のファンの間では『不動明王の生まれ変わり』とまで言われている唐川侑己

今後、このロッテをどう背負って戦っていってくれるか?

新勝寺とは、『また新たに勝つ』という意味からそう呼ばれるようになったらしい

今シーズン『また新たに勝ってくれ!』

  

だが、どんなに唐川侑己が支えてくれても

  “ファームの浦和から成田移転計画”は反対

そのためにも、唐川侑己は1軍に居続けてくれねば

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・憧れは下敷領?

こんにちは わたしグレ

昨日はロッテ浦和球場に行って参りました

寒さを覚悟し向かったのですが、とても穏やかな暖かい日でした。

日向ぼっこにピッタリのポカポカ陽気・・・その陽気につられ、20人+1人が登場

昨シーズン後半、安定してきた下敷領さんですが、今年は1軍に行けるかニャ?

  

A 下敷領さんは、最初根本さんとランニングをされ、

  

B C D     その後いろんな形のトレーニング

    

        偏差値78の白鶴の憧れ 

東大野球部に白鶴翔太郎さん(現2年)という投手がいます。この投手は、早稲田の大石達也投手と同じ福岡大付属大濠高校出身で、東大には偏差値78を引っさげて入学

そんな経歴を持つ白鶴さんの好きなスポーツ選手って、(上村愛子さんはこっちに置いといて)山田久志さんに渡辺俊介さん

    そして下敷領悠太さん~

 

そうなんです、

 

Si1   白鶴さんてアンダースローなんです

バキは白鶴さんのフォームを見て『誰かアンダースロー教えてやってよ~』って偉そうなことを言います

Si2

(サイドって言わないでね、アンダーのつもりだから)

白鶴さんの将来の夢は、

        『自分が投げて、早稲田に勝つ』

この夢は、バキ曰く

『下敷領が1軍で西武に完全試合するより難しい

   この子、ヒットはあまり打たれないけどね・・・

       四球でランナー出しちゃうかな~

と、言っていました

白鶴さん更にこんなことも

 『実現不可能に思える目標の実現』

ちなみに、『実現可能でもな~んもやらないバキ』は、白鶴さんの隠れファンらしい・・・野手が普通にアウトを取ると、帽子を取ってその野手に頭をさげお礼を言うかららしいですにゃん

白鶴さんの“好きなスポーツ選手・下敷領悠太”を今シーズンはマリンスタジアムで魅せてあげてニャン

  

E 最後の仕上げのキャッチボールのとき、サイドとオーバーの中間みたいな位置やら、お得意のアンダーやら、いろんな位置からボールを投げ込んでいました

  

F でもやっぱりアンダースローが似合いますニャン

 

自主トレは、2・3人でやる方もいれば、お一人の方も・・・

  

G 黒滝さんは、いつもお一人・・・

  

H 唐川さんや宮本さんも、なんとなくお一人で黙々とというイメージがつきます

  

I そんな中、いつもどなたかと一緒だった内さん、昨日はお一人だったからちょっとビックリ

  

J 途中、大谷さんが合流・・・なんとな~く、どの方にも馴染んでました

   写真(下敷領・大谷・根本)

  

K   ベビーフェイスの2ショット・唐川&大谷

  

他にも、角中さん&白川さん・田村さん&林さん・南さん・田中雅さん・青松さん・定岡さん・高木さん&神田さん・大嶺さん・メジャーのコバ雅さん・グラウンドに入ろうかな~と思ったら、なぜかUターンしてしまった植松さん

 

              後半へつづく・・・

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・目印は男前

1 こんにちは

わたしグレ

今日は1月27日のロッテ浦和球場見学のお話の続き・・・

この日、新人さんの姿が見えませんでした。新人さん達は千葉で筋力測定をされていたそうで、ドラフト1位の木村さんが野茂さん以上の数値を上げられたとか・・・

木村さん、細かなトレーニングとトンボかけは苦手のようでしたが、確かに(持久力もダッシュも)走りの時だけはいつも前にいらっしゃいました

とても細身ですが、下半身の筋力は素晴しかったんですね投手として、とても期待です

   

    いつもの組み合わせ 

この日、いつもの組み合わせ(?)のお二人が・・・

  

A1 田村領平さん(赤)と林啓介さん(緑)、お約束のようにライト方向へ直行

  

A2 A3 軽くランニングを終えると、いろんなトレーニング

同じメニューのようで、同じ動きをされてました

  

Ab   見つめる先も、なぜか同じ

  

トレーニングや短いダッシュなどの後、キャッチボールの準備

  

A5    ニット帽を整えるのも同じ

  

A6 そして、一旦休憩

にゃにを相談しているのかしら?

  

A7_2 今度はライト線からレフト線方向への長距離ダッシュみたいなのされてました

  

A8 A9 軽快なお2人の走りに見とれていると、何やら林さんがレフトのUターン先にお声をかけてました

  

A10   とてもわかりやすいUターンの目印

A12 そんなハードな走りを終えると移動のようです・・・この時もご一緒

林さんは後輩なので、ダッシュの際も田村さんの指示に『ハイ!』と返事・・・声が静かなグラウンドに響いてました切磋琢磨しながらがんばって下さいにゃん

  

       ・・・で、

  林さんが目印にしていたのは

バキ曰く

    『男前なのに、格好悪い

  

A11_2       定岡卓磨さんでした

 

    気になる組み合わせ 

どなたかしら?と眺めていると、不思議な組み合わせのお二人・・・

  

A13   白川大輔さんと角中勝也さんでした

角中さん、手に持った袋を“クルクル”振り回しながらライト方向へ行かれたのですが、

  

A14 どうみても野球好きの仲間のノリ・・・

あの“一匹オオカミの角中さん”も、白川さんの手にかかると、『飼いわんこ』になっちゃうニャン

白川さんと接する人は、不思議なことに選手もファンも優しい笑顔にニャッちゃうのよね

  

 A15 A16      早速キャッチボール

  

A17 途中、お二人で同じ方向を向いて何やら・・・

 

A18  『え?どこに向かって?』と思ったら、

 

Ac    壁に向かって投げられてました

交代しながら、壁にぶっつけて、返って来る球を捕球・・・そんな練習(?)をされてました。

目を逸らしている間に、白川さんが消えちゃい(どこに行かれたのかしら?)とキョロキョロ

  

A20 A21 すると、ネットの向こうに白川さん・・・

壁を越えてしまった球を拾いに行かれたようでした

  

A22 その後、仲良く移動されていかれました

   明日のブログは渋めに・・・  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・ベテランの香り

こんにちは

わたしグレ

今日は1月27日の自主トレで、ベテランを取り巻くあれこれを・・・

 

   午後の渋いひと時 

白川さん&角中さんや、田村さん&林さんが去った後、やってきた組み合わせは、味のある定番組み合わせ

  

1a   高木晃次さん&神田義英さん

渋い空気を感じながらの見学です

  

1b   いつもの芝に添ったランニング

  

1c そんなお二人の後を追うように、青松敬鎔さんも同じコースをランニング

  

ライトの方には、マリーンズ1、2を争うほど長~い足の持ち主

 

1g      南さんがトレーニング

 

高木さんたち、ランニング後はポカポカ陽気で芝が乾いていた為か、いつもはあまりお見かけしない体ほぐしを・・・

 

1d 1e 1f そして、いろんな体操やらダッシュをされた後は、仕上げのキャッチボールで終了

  

1l その横でコバ雅さんが気持ち良さそうに体操?

  

   コバ雅さんのシート張り 

コバ雅さん、トレーニング用にシートを張ります

  

1h 1i まず、角の穴に金具を刺し、位置を決め地面に刺します・・・2個目の穴もひっぱりながら金具で止め

  

1j 1k そして、残りの2つをひっぱりながら金具で止めれば、きれいにシートが張れました

 

1_2 そして終了したら、角をきれいに合わせ、小さく畳んで終了コバ雅さんて、案外几帳面だったのニャン

  

午後、大嶺裕太さんがいらしたのですが、皆さんにあいさつまわり

レフト中心にトレーニングされるようでしたが、ライトまでわざわざ行かれご挨拶

  

1m ライトにいらした田中雅さんにご挨拶田中雅さんも笑顔で対応

1n 南さんもご自分から手を出し優しく対応・・・握手をされるんですにゃん

  

  

ランニングの際、大嶺さんの風貌を見て、

  

2  (なんとな~くヒッピー?)

     って思っちゃいました

  

     明日は、隠し球をご紹介いたします

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・かわいいあいつが登場

こんにちは わたしグレ

いよいよキャンプ石垣島メンバーはすでに石垣入り

そして鴨川メンバーは明日の2月1日からスタート

今日も1月27日のロッテ浦和球場での出来事の続きを・・・予備知識になるかはわかりませんが、よかったら見てくださいニャン

 

    打ちたくって・・・ 

この日、好天に恵まれ20人+1人が練習におとずれました

基本はランニングやら柔軟体操やら、キャッチボール・・・

      しかし、やっぱり野球人

ライトでトレーニングをされていた田中雅彦さん&南竜介さんが、急にバットとボールを持ち出し、

  

Abc 南さんがバットを持って、田中雅さんが投げて拾って・・・

  

Abd_2     “打って捕って”を交代で

  

お二人は一旦去られましたが、再びグラウンドへ戻り、ホームベース辺りで打撃練習の準備をし、外野でひとり練習していた唐川さんに何か叫ばれてました

A 耳を澄ませると『ごめんね~(どいてね)』と・・・唐川さん、ペットボトルとジャージ抱えてライトに急いで移動されます

       何かニャ~と眺めていると

外野には誰もいないのですが、その外野に向かって

   『カキ~ンとトスバッティング

  

1b 南さんの気持ち良さそうな打撃姿を見て、昨シーズン後半の手術(?)経過も良いようだニャンと安心致しました

  

1c その次は、田中雅さんがトスバッティング・・・やっぱり打撃すきなんですニャ

今回、石垣メンバーではなかった南さんですが、マリーンズを誇る強肩に、昨シーズン急激に伸びた守備力、そしてファームでは安定して中軸を打っていた方です・・・今年は絶対1軍に上がって、大活躍を希望致します

でも、首脳陣は相手チームの南さんの肩への警戒を見てないのかニャ~

  

     唐川侑己の戦い 

再びグラウンドに登場した唐川さん

  

1d    お荷物をフェンスの上に・・・

そしてユルユル歩きながら考え事?

意を決したかのように、ジャージを脱ぎ走り込み準備

  

1f レフト線から外野フェンスギリギリのところを、ライト線まで軽快に猛ダッシュ

  

1e ライトまで到達すると、少し息を整え再びライト線からレフト線へとダッシュ

そのくり返しは2・3回ではなく、かなりの回数をこなされてました

バテバテのはずなのに、そんな疲れた自分との戦いのように、黙々と走り込んむ・・・ベビーフェイスの唐川さんですが、こんな姿を目にすると本当に頼もしく感じます

  

ポカポカ陽気の日でしたが、やはり時間と共にヒンヤリした空気が流れ始めると帰りの準備を・・・

そんな時、いらっしゃったのが20人+1人の

      その1人が登場

       ( ̄ε ̄@)

      (上記なお★さん作)

         

  

1g    バキお気に入りの佐藤賢治さん

  

1h 南さんと田中雅さんにご挨拶をされ、ライトで少々動かれ移動されて行かれました

 

   ちょっぴり気がかり・・・

この時、背広の方々がグラウンドや“ジョニーロード”など見学され、移動する唐川さんと当たり前のように集団撮影

なんとな~く、“成田移転”の香りが漂ってました

   お願いだから

    移転しにゃいで~

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »