« 新人自主トレ1月24日の横で・・・どこまでも熱い男 | トップページ | ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・憧れは下敷領? »

2009年1月27日 (火)

童顔の不動明王・・・唐川侑己

  

K2 K1 先日の自主トレに現れた唐川侑己は、パーマをかけたのかますます愛らしい風貌になっていた・・・

今年も1月10日に新人合同自主トレが始まり、新人もそろそろロッテに慣れてきた頃だろう

新人自主トレを眺めながら、2008年の新人合同自主トレを思いだす

  

キャッチボールを見ながら、『やっぱり唐川くんは特別な子だったのかな~?』と

  明日へのキャッチボール

      (唐川くんのキャッチボール話

唐川くんのキャッチボール姿は、とても目立っていた

キャッチボールではないのだ・・・一球一球を大切に、まるでブルペンでのフォームを気にしての投げ込みを見ているようだった

 

     5月13日 唐川侑己先発

この日東京ドームで、ロッテ対日ハム戦が行なわれた

開門前からゲートに並び、じっと東京ドームの鳩を眺めながら階段に座って待っていた

すると、わたしより年上のご夫婦が、列に並ばれた・・・

交流戦のG対決と違い、早くから来ても長蛇の列にはほど遠く、数人の塊のまま時間が過ぎていく

ご夫婦の奥様の方が、『わたし達、はじめてなんだけど・・・』と、話しかけてきた

ご主人がカメラをお持ちだったので、撮りやすい位置や座席の並びなど、わたしの知りうる限りお伝えした。

そんなこんなで話が弾み、唐川侑己の話へと・・・

そのご夫婦は、彼のファン&家族ぐるみのお付合いらしかった

唐川侑己は2007年ロッテドラフト1位指名の投手

広島カープも唐川侑己を希望していたのだが、この時カープファンが『ぜひ広島に』と、広島から車で訪ねて来ていたという

ロッテに決まった瞬間、つい地元の方たちが喜んだが、広島ファンは『がんばってね~』と言い残し、明るく去って行ったそうだ

この話を聞いた時、広島というチームのずっと先のことを考えての行動だったのだろうと・・・熱心なファンてこんな感じかもしれないなんて羨ましく思った

彼が高校に入学し野球部に入り、彼の投球を見た者は、

『この子に、甲子園に連れて行ってもらおう』と、みんな口々に言ったそうだ

  

   みんなが惚れた高校球児 

高校時代、ある野球の有名校との練習試合の出来事・・・

同点で迎えた9回、練習試合ということで終了しようとしたが、相手チームの監督がどうしても延長戦で・・・との要望が出て10回突入

仕方なく10回から投手を換え続行

しかし続行した途端、相手チームの監督さんがやっぱりやめようと・・・

その理由は

    『唐川くんをもっと見たかった』

                    とのことだった

 

ある練習試合でのこと

9回あと1アウトのところで、ストライクを入れていく唐川くん

しかし、なぜかど真ん中を審判が

        『ボールとコールする

ベンチも観客もヤンヤヤンヤ・・・どう見てもど真ん中に見えたという

ベンチは審判に抗議すると、その審判が言った言葉は

 『唐川くんの素晴しい球を

 もう一球だけ見たかったから』と

 

『惚れられる投球』以外にも、伝説はある

彼はいつもお茶くみなどの雑用を率先して行なったという・・・それも、後輩がいながらも。

その行いについて周り尋ねると、

『好きだからいいんです』と笑顔で答えたそうだ。

たまにならわかるが、毎回自主的に好き好んで行なったとは思えない。本当のところはわからないが、なかなかできることではないと思う。

 

そんな唐川くんも一度はいらだったことがあったらしい・・・

ドラフトでロッテ入りが決まった後、ある新聞者の女性が、成田のとあるところで唐川くんの取材をした時のこと。

新聞の記事に、ジャンプする唐川くんを載せたかったらしい

しかし唐川くんが思いっきりジャンプできず、女性記者から

     『もっとジャンプできないかな?』と要求

    何度かジャンプを繰り返す・・・

相変わらず小さなジャンプだったので、少々嫌味じみたことを言われたらしい。

その様子を見ていた、子供の頃から唐川くんを知る唐川くんの知り合いが、こそっと

『どこか怪我でもしているの?いつももっと高く飛べるのに、今日はどうしたの?』

と、心配して問いかけると

彼は、本尊を背にするだけでも失礼なのに、ジャンプなんて・・・ということを言ったそうだ

成田といえば成田山新勝寺・・・彼の父親はここで仕事をしていると聞いた

彼も新勝寺には深く携わっているのだろう

本尊(不動明王)を背にジャンプすることは、彼にとってはとんでもなく失礼に思えていたのだろう。

宗教は人それぞれなのでこれといって意見はないが、この話を聞いた時彼なりのこだわりや信念を感じた・・・そのことを、相手の記者にはあえて言わなかったことにも、彼らしさがうかがえる

  

愛らしい笑顔も、マウンドに立つと険しく鋭い表情に変わる

そのマウンドでの表情を見て、成田のファンの間では『不動明王の生まれ変わり』とまで言われている唐川侑己

今後、このロッテをどう背負って戦っていってくれるか?

新勝寺とは、『また新たに勝つ』という意味からそう呼ばれるようになったらしい

今シーズン『また新たに勝ってくれ!』

  

だが、どんなに唐川侑己が支えてくれても

  “ファームの浦和から成田移転計画”は反対

そのためにも、唐川侑己は1軍に居続けてくれねば

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 新人自主トレ1月24日の横で・・・どこまでも熱い男 | トップページ | ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・憧れは下敷領? »

ロッテ選手名鑑 投手編」カテゴリの記事

コメント

ふじきせきさん、今晩は。
残業帰りの電車でお話を読んでいたのですが、
素敵という言葉では足りないぐらい唐川選手の素敵さが胸にぐっときました(≧▽≦)

何をするにも大切な心掛けを思い出せたような気がしますo(^^)o

唐川選手はマリーンズの不動様になっていくんだろうなっと凄く楽しみになりました♪

投稿: 黒水城 | 2009年1月27日 (火) 00時31分

昨日の早川さんも素敵ですが、今日の唐川君の可愛い
可愛くて実力もあって性格もいいなんて、こんな子が会社にいたら毎日楽しいのになあ。

投稿: cherry | 2009年1月27日 (火) 15時18分

黒水城さん、こんにちは
お仕事帰りの電車の中で・・・ありがとうございます
高校時代の唐川くんの話を知り、わたしも成長しなければ・・・と反省しきり。
 
遅くまでのお仕事、クタクタにお疲れだと思います。どうぞ、お体ご自愛下さい・・・ガス、部屋の中なのに風邪ひきました
 

投稿: ふじきせき | 2009年1月27日 (火) 18時18分

cherryさん、こんにちは
早川選手も見ていただけ、感激です
唐川くん、昨年より幼くかわいくなってました(髪の毛ふわふわに)
強い子のはずなのに、ファンには優しい笑顔を見せてくれ、本当に『いい子』って言いたくなります

投稿: ふじきせき | 2009年1月27日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 童顔の不動明王・・・唐川侑己:

« 新人自主トレ1月24日の横で・・・どこまでも熱い男 | トップページ | ロッテ浦和球場・自主トレ1月27日・・・憧れは下敷領? »