« 進化する潜水艦・・・渡辺俊介1 | トップページ | 本当のストライクを教えてください♪ »

2009年2月26日 (木)

もう天を仰がない・・・渡辺俊介2

昨日の続きで、今日も渡辺俊介投手のお話を・・・

  

渡辺俊介投手の2008年の登板の中で、私にとって8月11日ともうひとつ印象的だった試合が、4月13日の日ハム戦だった

(ちなみに、このブログは角中勝也&佐藤賢治、そして細谷圭の応援ブログの一面も持ち合わせている)

4月13日、この時期は怪我人続出、勝ち負けより1軍に選手を持っていかれたファームが無事試合を行なえるのかどうか?と余計な心配をしていた頃だった

調子が良い訳でもないのに、急遽1軍に呼ばれた細谷圭内野手・・・がんばれ~!と言いたい所だが、自分のポジションとは全く違うファーストを任せられての出場

心の中で『ファースト方向に球が飛びませんように!』とひたすら願ったのだが、そんな気持ちになればなるほど不思議と飛ぶのだ

ファンさえもこれだけ心配なのだから、一緒に試合をしたことのない“打たせて取る俊介投手”は、サードやショートならまだしも未知のファーストの細谷選手をドキドキしながら見ていたと思う

ファンの心配する気持ちをよそに、細谷選手は無難に、いやそれ以上の守備の上手さを披露

マウンド上の俊介投手は、回を重ねるごとに細谷選手に笑顔を向ける回数が増えていった。そして、その笑顔に答えるかのように好守備連発

ヒーローインタビューでは細谷選手のおかげだと言うことも口にしてくれた

  

08_04_13_137 俊介投手は恥ずかしがっていた細谷選手の右腕を掴み高々と揚げた・・・そして、それを見た根元選手も同じように細谷選手の左腕を揚げた

  

2005年4・18の週べにも彼の対談の記事が載っていたのだが、この日の試合を見た時、その記事を思い出した

 

記事の一部を載せたい

ー 楽天打線の印象はどうでしたか。

渡辺『投げる前に想像していた・・・

    ・・・(中略)・・・

前日の試合を見たらみんなコンパクトに振ってきてセンター返し。それをナオさん(清水直)のときにやっていたから脅威に感じていました。だから神経を使ってゴロを打たせようとしましたし、走者を出さないように、ためないように気をつけていました。ショート(小坂)に打たせておけば大丈夫ですからね。あそこに飛んだ打球はヒットコースもショートゴロになります。「あっ」と思ったら捕っていますからね、小坂さん。

 

こんな泣けてくるほどうれしいことを言ってくれたと、当時感激したことが蘇ってきた

 

この対談は、26対0開幕2戦目を勝利した楽天戦についてだった。

この試合は、1安打1四球2併殺の27人完封勝利という思い出深い試合であった

今シーズン、その小坂は楽天・・・不思議なめぐり合わせである

楽天戦の際は、小坂は出してもらえるかはわからないが、野手に頼らず自分の技で抑え込む俊介投手の投球を、ぜひ小坂に見せてやってほしい

2006年、ボビーに“不要な選手”と言われ、ジャイアンツに金銭トレードとなった小坂誠

小坂がいなくなった次ぎの年は、天を仰ぐシーンを多く見た・・・しかし強い男渡辺俊介は、進化して新たな戦い方を身に付け、昨シーズンは2桁勝利を成し遂げた

2005年の俊介投手は、ゴロヒットもアウトになっていたことが多かったので、多少のズレがあっても気にせずにいたのだろうが、今の俊介投手はわずかなズレにも神経を注ぐ人任せではない、自分の力で制する投手になった

敵も毎年研究してくる・・・そんな相手に、今年はどんな“おっそい魔球”を見せ翻弄するのか?

そしてどれほどの“強心臓”を魅せてくれるのか?

 

余談になるが、今回怪我でWBCから外された松中選手は、俊介投手の先輩であり天敵であるが、この松中選手が、以前TV番組で『凄い選手は誰ですか?』という質問に“小坂”と・・・

司会者はサラッと流してしまったが、その時松中選手が『忍者のように、気付くとスルスルっと出てきて捕っている・・・』みたいなことを言ってくれていた

監督にいらないと言われた小坂だが、チームメートの俊介投手には頼られていたことが救いである

こんな俊介投手を、今シーズンも応援させてもらおうっとscissors

 

あっ、そうそう、俊介投手といえば、この絡みも見逃せない

Ma    定番マーくんとの自然体の絡みsmile

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 進化する潜水艦・・・渡辺俊介1 | トップページ | 本当のストライクを教えてください♪ »

ロッテ選手名鑑 投手編」カテゴリの記事

コメント

 WBCにて渡辺俊投手は、先発で行けそうな
気がするのは、贔屓目でしょうか。
 細い体格のわりに体力がありますよね。
3回そこそこで、汗だくになって肩で
息をする元G上原とは雲泥の差。
強心臓の所以かもしれませんね。
二遊間、三遊間ゴロが確かに多いですね。
そして2005までは、ヒットかと思いきや
スルッと捕ってサラッと投げる①がいた。
 今でも時折、小阪ゾーンを観てテンションを
上げています。あの守備は芸術です。

投稿: すーさん | 2009年2月26日 (木) 03時02分

俊介君への熱いブログではありますが、あの試合は福浦1塁手の後釜は細谷君と感じさせた試合でした。
1塁を専門に練習させれば、福浦選手を追い越しますよ。そこに目がいかない首脳陣等にがっかりしてます。
余談ですが、俊介君の奧さんは社会的常識もあり謙虚で内助の功もあり素晴らしい奧さんです。(会ったことはありませんが、一度我がグループにお手紙を頂戴したことがあります)

投稿: 和田 興三(静岡) | 2009年2月26日 (木) 07時34分

細谷選手の活躍を喜ぶ俊介投手のお話は読みすすみながら笑顔になれましたo(*^-^*)o
細谷選手の活躍を言葉にして伝えてくれることも腕を持ち上げて讃えることも、
とても素敵だなっと思いました。
自分は小坂選手を見た記憶がとても少ないので、
ふじきせきさんのお話をたよりにしてきました。
でも今年は小坂選手の姿を見るチャンスがいっぱい待ってるんだなと思いました。
小坂選手、俊介投手はじめ細谷選手佐藤選手角中選手みんな活躍する姿をいっぱい見たいですね(≧▽≦)


自然にお話してる一人と一羽が可愛くて嬉しくてまた笑顔になります♪

投稿: 黒水城 | 2009年2月26日 (木) 23時11分

すーさん、こんばんはhappy01
俊介投手の先発・・・他国はパワー中心の国が多いので私もいけそうに思いますnote
球数制限があるので、俊介投手の先発投球のあと、他の投手が出た時、きっと140Kも150K位に見えちゃったりしてsmile
スタミナはピカイチの俊介投手なので、本当は国際舞台で『完投』なんて見たいのが本心ですdelicious
 
一番触れていただきたかったとこをナイスなコメントありがとうございますhappy01
『スルっと捕ってサラッと投げる①』・・・たまらなく感動happy02

投稿: ふじきせき | 2009年2月26日 (木) 23時14分

和田さん、こんばんはhappy01
2話連続で、俊介投手の熱いブログ書かせていただきましたが、2話目は俊介投手&小坂になっておりましたsmile
  
細谷くんには、次はサードかもしくは高校時代のショートで認めてもらえる選手目指してがんばってもらいたいですgood
 

投稿: ふじきせき | 2009年2月26日 (木) 23時26分

黒水城さん、こんばんはhappy01
私も、俊介投手がおもむろに細谷くんの腕を上げた時は、感謝&感動を覚えましたnote
3年間ジャイアンツで無駄な時を過ごし、すでに36歳の小坂・・・今年本当に楽天1軍で使ってもらえるかは定かではないのですが、小坂自身の気持ちが前向きになっているのは確かです!
黒水城さんに、以前の活躍はないとしても、美しい守備を守備固めでもいいので、観ていただきたいと願っておりますconfident
(細谷・角中・佐藤・・・みんな1軍に上がって、黒水城さんにチェックしてもらわないと!佐藤賢治くんだけ、ちょっと心配)

投稿: ふじきせき | 2009年2月26日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205053/28341068

この記事へのトラックバック一覧です: もう天を仰がない・・・渡辺俊介2:

« 進化する潜水艦・・・渡辺俊介1 | トップページ | 本当のストライクを教えてください♪ »