« お花とペンギン | トップページ | もう天を仰がない・・・渡辺俊介2 »

2009年2月25日 (水)

進化する潜水艦・・・渡辺俊介1

WBCメンバーに渡辺俊介投手が残った

正直、今回も外されるのかな~と諦めもあったが、山田コーチが入っていることでアンダースローに理解を得ることができたのか?それとも、あの力強い“おっそい球”の評価を受けたのか?

やはり『強心臓』が一番買われたのではないか?と、うれしい気分であれやこれや俊介投手の魅力を思い返してみた

 

小学校の頃、毎週兄が買って来る週間ベースボールが待ち遠しかった・・・そして、高校になると本屋さんに立ち寄れるようになり、私が週間ベースボールを買う係りとなった

パソコンもなくスポーツ新聞も見る事はない私にとって、週間ベースボールとTVのスポーツニュース&ラジオは大きな情報源だった

大人になり多くの便利を得たことで、週べを穴が空くほど読み込んでいたあの頃の感覚はもうなく、好きなときだけ買い興味のあるところだけ読むようになった

そんな鈍感になった私が喜んで買った週ベの中に、今でも捨てられないものもある

  小坂やら、小坂やら、小坂・・・

 と、渡辺俊介投手なんかも

 

2008年9・15の中に、俊介投手の記事がある

その中で、自分自身を併殺をとれるタイプなので必ず野手の位置を確認していたと言っている。確認を怠ると、ゴロだと思っていたものが外野に抜けていて、アレ?と・・・それが一番ショックとも語っている

ランナーを出した次ぎの打者の、内野手を抜けるヒットは別にいいと思っているそうだ

確かに、シーズン中のお立ち台でのコメントで、『ゴロヒットはヒットと思っていませんから!』と言い切ったことがあった

ほんの何ミリかのズレで野手の正面か抜けるかなので、2分の1の確率で野手が捕れるところに行くだろうと・・・野手の正面に打たせることが、打たせて捕るタイプの俊介投手が、昨シーズンに行なっていた投球スタイルのようだった

その記事によると、0対0できて最後にサヨナラHRを浴びた6月29日の試合はかなりもったいなく感じたようだが、その後の7月20日は無四球完封劇を演じてくれた

  

昨シーズンの中で、個人的に特にうれしかったの2試合ある

そのうちの一つが、8月11日のバッファローズ戦

この試合は、内容もさることながら俊介投手が勝利投手になったことに喜びを感じた

   この時期世間では、五輪真っ只中!

最後の最後で、怪我でもメンバーとして残った選手がいる中、ベストな状態ながらも五輪メンバーから外された俊介投手・・・まだ五輪が社会人中心だった頃、五輪に行くためにあえてプロの道を断念した選手の話を聞いたことがある。社会人から来た俊介投手にとっては、より五輪への思いは誰よりも強かったはずだ

しかし、この日の試合は俊介投手らしく“ひょうひょう”とした表情で、自慢のバリバリブレーキがかかった様な“おっそい球”で打者を翻弄していった

相手がオリバだったため、強打者が力いっぱいスイングした後、スーとミットに収まる球がドキドキしながらも笑っちゃうほど楽しく感じた

ゴロヒットで失点しても、決して動揺を見せず、ひたすらリズムを崩さず自分の投球をしていた俊介投手

ただ、昨シーズンは13勝したものの防御率はイマイチだったのが少々残念に思う

 

2008年9・15の週間ベースボールに載っていた俊介投手の投球写真が、偶然にも7月20日に撮ったフォームに似ていたのには驚いた・・・おかげで同じような角度の同じような瞬間なので、よりカメラマン腕の違いが感じられ凹んだ

08_07_20_007

   ただ、写真の俊介投手の横にこんなセリフが載っていた

 『内野手の間を抜けるヒットは

     別にいいと思っている』

 

                       ・・・つづく

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« お花とペンギン | トップページ | もう天を仰がない・・・渡辺俊介2 »

ロッテ選手名鑑 投手編」カテゴリの記事

コメント

俊ちゃんのその
アンダースローへの敬意というか
自分の投げ方、個性への尊敬の保ち方というのは
人としてすごく見習わなければなぁといつも思います。
だからシモくんにもその系譜を継ぐものとして
自分のピッチングを大切にしていってほしいと思いますね。
続き、楽しみにしています♪

投稿: sedona | 2009年2月25日 (水) 19時08分

ふじきせきさん☆こんばんは

予告頂いた俊介投手のお話とても興味深かったです(^^)
渡辺俊介投手の特徴は投げ方だけじゃなく試合作りにもあったんだと、
本当に遅ればせながら知りました。
ただ見ていて俊介投手が投げると打たれてもアウトになるな〜と思ってただけで、
そうなる確固たる技術があったんですね☆
また次に俊介投手が投げてくれる日が楽しみになりました(≧▽≦)

さらに俊介投手はマーくんと仲良くお話してるのを見れるので、ヒーローインタビューが楽しみで仕方ないですo(^^)o

WBCのチームは俊介投手の力を発揮出来るチームだといいなと願うばかりです!

投稿: 黒水城 | 2009年2月25日 (水) 21時29分

sedonaさん、こんばんは
下敷領投手が、より俊介投手のような“おっそい球”が投げられるようになれば、また魅力が増す気がします
 
恥ずかしながら、『つづき・・・』って言いながら俊介投手話のはずなのに、なぜか小坂が登場


投稿: ふじきせき | 2009年2月25日 (水) 23時29分

黒水城さん、こんばんは
“ぐにょんぐにょん”が昨夜から離れません面白すぎる表現で、受けまくってました
 
2008年、俊介投手がこんな繊細な投球をしていたとは、私も記事を見るまで知りませんでした
 
マーくんの絡みが大好きで、デーゲームの俊介投手の先発の日は、ひたすら完投勝利を願ってます
 

投稿: ふじきせき | 2009年2月25日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化する潜水艦・・・渡辺俊介1:

« お花とペンギン | トップページ | もう天を仰がない・・・渡辺俊介2 »