« 3月8日 ファーム・ロッテ対スワローズ | トップページ | 3月10日 マリーンズVSベイスターズ »

2009年3月10日 (火)

3月8日 ファーム・ロッテ対スワローズ・・・サイドストーリー

こんにちは わたしグレ

3月8日にロッテ浦和球場で行なわれたスワローズ戦は【M4対12YS】の大差で負けてしまいましたが、収穫もなかなかありました

オープン戦の時期は、1軍のお兄さん達は調整のため、怪我のないよう無理をされず、相手チームに研究されないよう各自の課題の中で試合を行なわれますが、ファームはオープン戦なんて関係ないので、ファームの皆さん熱いプレーをされていました

WBCの戦いが世界で行なわれていますが、強豪キューバがお約束のように勝ち進んできています!

そのキューバから、マリーンズのチームに育成としてこのたび入団された“フアン カルロス ムニス”さんの打席を拝見できました

8回の青野さんの代打で登場したムニスさんは、三振に終わりました。しかし、内容は良く見えました。

1球目はストライクを見逃し、2球・3球目ともボール球を見逃します。1-2のカウントで、里崎さんではないけれど狙って振って行き、ファールになります。ファールした時のスイングは、叩くような力強いスイングに見え、タイミングはしっかり合っていたように思われました。

2-2から、冷静に見てカウント2-3に・・・そして次の球も思いっきり強いスイングで振ってファールにしました。このファールもタイミングは合っていたように思います。

そして7球目を見逃して三振・・・しかし、この時納得したように頷きながらベンチに下がって行かれました。

  

090308game_035 090308game_036 この打席打つこと以上に、ストライクとボールの確認を観ることが目的にも感じられました。

守備については、捕球は正直わかりません・・・最近、代田さんがきれいにフライをあげ過ぎて、みんな簡単に捕球できるようになってしまいました

(鴨川の時は、どこに行くかわからないから、案外良い練習になっていたのかも・・・)

送球を見ると、低くダイレクトでホームにコントロール良く送球され、南さん以上かもの返球もありました。

  

  

肩といえば、この日スタメンライトに南さんが入られていたのですが、さすが南さん!というシーンが・・・

“さすが”・・・と言うのは、良い守備だったとか鋭い返球だったとかではなく、『何もしないのに凄いファインプレー!』と言うものです。

1回、ランナー2塁のシーンで、ライトにヒットがでました。セカンドランナーはサードコーチの指示を見ながら走塁するのですが、そのコーチは南さんが捕球する前に、すでに手を広げ当たり前のようにランナーをサードで止めていました。

 

090308game_006 『南さんの肩だから』というのが、相手チームにも行き渡っています

  

  

地味ながらも確実に自分のものに・・・

岡田さんが入団し、その刺激を受け着実に多くのことを身につけていると思われる角中勝也さん

  

フライ捕球も次の送球動作を考えながらに見えます090308game_025

  

この日、レフトに飛んだ打球の中で、2つほど進塁をさせなかったシーンがありました。

2塁打張りの打球でしたが、角中さんは猛ダッシュで前進しながら、送球に対応できる勢いでの捕球ををされ、2塁打をシングル・2塁ランナーをホームインさせないなど、隠れたファインプレーを魅せてくれました

外野での捕球は、待って取ることで当たり前のようにセカンドランナーをホームに行かせてしまいます・・・強肩以上に前進捕球は、ランナーやコーチの視線から外野手の位置が前に感じ、走ることを躊躇する気がしました。

  

     試合前の風景の中 

この日調整として、野手では堀さん・福浦さん・ベニーさん・南さん・(塀内さん?)がいらしてました。

投手陣ともなると、小宮山さん・清水さん・コバ宏さん・その他大勢でサブグラウンドも溢れ返っておりました

そんな中、相変わらずいい味出されていたのが堀さんです

内野のノックを受ける際、トンボ持参で行かれるようで、角さんがトンボを堀さんに持って行った時、

  

090308bk_021 堀さん『一緒に守備やろう』と、優しい笑顔でお誘いの言葉を投げかけられてました。

しかし、角さんやることがいっぱいだった様で、うれしくも複雑な思いでベンチに戻り、困った様子でファームのお兄さん達に『どうしたらいいですか?』って、相談してました

でも、そんな気軽に声を掛けられ、角さんうれしかったと思いますし、緊張も少しは和らいでいたことでしょう・・・堀さんにはずっとロッテに居てもらいたいな~

  

090308ore_046 090308bk_028 そんな堀さんの横で、楽しそうな笑顔を見せながらノビノビ練習していたのが、福浦さん

この2人の笑顔からは、野球少年のような表情が覗えました

090308bk_035 090308bk_032 ノックが終わると、これまた楽しそうにトンボかけ

 

        塞翁が馬 

キャンプの時、怪我をしたと聞いて以来、ファームの観戦に行っても姿を見なかった細谷圭さん

バキは佐藤さんのオモシロ写真で何とかごまかしていたけど、おにゃじはちょっぴり心配気味・・・

『今日、細谷くん見た?』と聞かれて『見ニャかった・・・』と答えるのが辛いわたし

  

090308ore_003 この日、一目だけ細谷さんを見ることができました

見たのはいいのですが、ランニング以外は何もされなかったような・・・もしかして、怪我で走ることだけしかできない現状にゃのかな?と

おにゃじは『もう怪我したものはしかたない!今はある意味チャンスだと思って、誰よりも走って走って復活!!』と、まるで自分に言い聞かせるように言っておりました

おにゃじとバキの大好きな細谷さん、がんばって走って走って、おにゃじとバキを喜ばせてください

  

     おっきなおまけ 

今回も半強制的に、バキからのリクエスト・・・

この日、奇跡(?)のホームランを打った佐藤賢治さん

いつも佐藤さんの打席になる前、周りのギャルさんたちから

『サトケンだから、トイレ行ってこよ~』という声が聞こえます

でもこの日、一桁の年齢のかわいいギャルちゃん『佐藤さんがんばれ~とかわいく熱い声援

おじさまたちの愛情こもった声援ばかりうける佐藤さんですが、この日の黄色い声援を背に打席に立たれました

  

090308game_030 HRを打ちダイヤモンドを回るとき、誇らしげ・・・というより、照れていたように見受けられました

  

090308game_033 ホームでは、代田さんと角中さんが迎えてくれています

  

090308game_037 9回表にファインプレーもされ、チェンジの時の佐藤さん、置き去りにされず軽やかな足取りでベンチに戻ってこられました

 

3打席目のホームランも素晴しかったのですが、わたしは4打席目の空振り三振のスイング、案外好きです

  

090308game_031 いつもの腰の引けた空振りと違い、腰の入った空振りに思います

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 3月8日 ファーム・ロッテ対スワローズ | トップページ | 3月10日 マリーンズVSベイスターズ »

観戦記 09年 03月 イースタン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月8日 ファーム・ロッテ対スワローズ・・・サイドストーリー:

« 3月8日 ファーム・ロッテ対スワローズ | トップページ | 3月10日 マリーンズVSベイスターズ »