« 3月1日 ファーム・ロッテ対日ハム | トップページ | 3月3日 ファーム・ロッテ対湘南 »

2009年3月 3日 (火)

3月1日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・サイドストーリー

こんにちは、わたしグレ

3月1日に鎌ヶ谷スタジアムに観戦に行きました

試合は3対1でロッテが勝利、ゲームの主な内容は“ロッテ対日ハム”に記載いたしましたが、今日は個ネコ的観戦を書きます

 

鴨川キャンプでの練習風景から、楽しみにしていた一人が岡田幸文外野手

この日、岡田さんは1番打者

1打席目は10球の粘りに加え、俊足を活かし野手を慌てさせ、そしてエラーを呼び寄せての出塁で、先制点に繋げました

2打席目は2-1から打ってセカンドゴロ

3打席目、前の方に守っていたセンターの紺田さんに捕球されてしまいましたが、きっちりミートし、鴨川キャンプの初日に見た当てるだけの打撃ではなく、しっかり呼び込んでの強い打撃に見えました

  

090301ore_040  センターライナーでしたが、ミート打撃

  

090301ore_047 4打席目初球セフティバントにチャレンジ・・・ファールになりましたが、この動きが相手に必要以上の神経を使わせるものですので、ナイスな選択かも?なんて思いました

そしてセンターへのヒットを放ち、1打席ごとに実のある内容を感じさせてくれました

以前は、バットが先に出てしまっていましたが、我慢して自分のポイントで叩くことができるようになったのかにゃ~なんて感じました

  

090301ore_052      4打席目のセンター返し

  

そんな岡田さんの守備も楽しいです・・・今は1軍に行かれてますが、日ハムの村田さんみたいに守備範囲が広く、軽快な雰囲気を感じさせてくれます

バキに頼まれ、ライト方向のファインプレーを見逃さないよう気をつけていました

5回裏、大平さんの打球が右中間ライト寄りにあがった時です。

わたしはライトの佐藤さんを中心にカメラを構えると、すでに落下地点に岡田さんが余裕の構えで立ってられました・・・佐藤さん、最初からカバーの位置に入っていましたし

  

090301ore_039    余裕の捕球・・・岡田幸文さん

  

チェンジの時は、日ハムさんのダッシュが好きでしたが、村田さんや糸井さんが1軍に行かれたせいか、この日は普通のダッシュでした・・・代わりに、我がチームにダッシュで守備位置に付く方がいらっしゃいました。その勢いで、周りもさっさと動かれ投手も野手もリズムがいい試合になってました

  

090301baki_032    気持ちの良いダッシュ岡田さん

  

この日、岡田さんの他にもう2人、注目させてくださった選手が・・・

まず一人は角晃多さん

高卒育成とは思えないほど守備力はなかなかのものをすでに持っているようにおもわれますが、それ以上に感動したのが打撃

この日9番に座った角さん、3打席ともヒットはないものの中味が良かったと思います

1打席目は、ピッチャー返しですが、力がありました

そして2打席目は、8番宮本さんがタイムリーを放った時に耳にした“芯で捉えた打撃音”と同じような音をさせ、それもひっぱりのライトへの強烈なライナー

あんなに小柄なのに、どこにあれだけ強くひっぱる力があるのかしら?と感心致しました

3打席目も、センターへの良い当たりのライナーでした

足に怪我さえしてなかったら、ドラフト1・2を争う選手だと教えてくださったとある社会人チームの監督さんの話は嘘ではなかったのだと・・・

 

そしてもう一人は、宮本裕司捕手

打撃に関しては、いつも通りの好調さ

大きな体なのに、なんで?って言うくらい打つ瞬間柔らかい打撃をされ、インコース胸元も上手く捌き、外も腰砕けにならずしっかり叩ける選手だと思います

捕手としては、正直観る機会が少なくよくわかりませんでした

この日はスタメンとして出場され、リードを拝見

どの投手に対してもテンポを崩さないよう返球されていたようです。できる限りストライクを先行し、投手が有利に立てるような、そして打者の心理を考えてるなって配球にも思えました。

この試合、四球は1つ・・・正直相手投手の方が全体的によく見えましたが、相手は四球2つで、四球のあと2つともヒット(タイムリー含む)を打たれています。

四球は観ているほうも疲れるので、きっと野手の方はもっと疲れるものかもしれません。

  

ロッテ対日ハムという対決の中、もうひとつかわいい対決を見つけました

       白川対賢治

この日、バットとボールの相性が悪かった2人がいました。

4回を終了した時に、2人ほど2打席連続三振の選手が・・・

どちらが三振地獄から脱出できるかにゃ?と思っていたら、3打席目にかろうじて白川さん脱出

バキのお気に入り佐藤さんは結局4つとも相性が悪かったみたいです

打てないことは仕方ないですし、佐藤さんに関しては過保護バキ

『賢ちゃんはいいの!打撃フォームを絶対変えてるもん』と・・・

確かに、足の幅を以前より広げてスイングしていたように見えましたし、写真を比べると確かに素人目でもわかる位変わってました。

打撃が不調の時は守備で・・・ってことで、

  

090301ore_025   白川さんは良い動きをされてました

2回の今成さんの打球に抜かれるも、あと少しだったのが惜しい!

そして佐藤さん・・・

9回裏、飯山さんライト前のシングルヒットが佐藤さんの下に

  

090301ore_060   普通に捕って・・・って逸らして2塁打に

気を取り直して最後の打者を

  

090301ore_065    前進ダッシュでライトフライに

  

090301ore_061_2 しかし、ひとり落ち込んだままみんなの下へ(岡田さん、心配そうに気を使っていたようです)

  

090301ore_063     佐藤さんて、引きずるタイプだったのかニャ?

  

      日ハム・杉谷拳士 

昨シーズン、他チームでも良い選手を見るのが楽しみでした。日ハムの村田さんの守備や足はチームを越えて楽しませていただきました。

出てくるものなんですね!村田さんが1軍に行かれましたが、今度はサードを守っていた杉谷さんというガッツある選手を見つけました

2回に、サードとレフトの中間あたりに行ったファールフライに

  

090301ore_023    飛び込んでく杉谷さんしかし捕れず

そして今度はベンチ前へのファールボール

  

090301ore_028    飛び込んでナイスキャッチ

守備範囲の広さといい、球際の強さといい、ショートがいいかもなんて言っていたら、高校時代ショートを守っていたそうです

まだ高校出たてなので、これからの成長過程が楽しみな選手です

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 3月1日 ファーム・ロッテ対日ハム | トップページ | 3月3日 ファーム・ロッテ対湘南 »

観戦記 09年 03月 イースタン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月1日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・サイドストーリー:

« 3月1日 ファーム・ロッテ対日ハム | トップページ | 3月3日 ファーム・ロッテ対湘南 »