« 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム | トップページ | 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・けんちゃんがいっぱい »

2009年3月 7日 (土)

3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・サイドストーリー

こんにちは わたしグレ

不安定なお天気が続きますが、3月5日の浦和球場での日ハムさんとの試合は好天に恵まれ、その上【M5対1F】で勝利

青野毅さんと宮本裕司さんの連続ソロホームランがとび出したり、佐藤さんと土屋さんの横浜高校対決や、生山裕人さん&岡田幸文さんのW俊足を目の当たりにし感動したりと、面白い内容を堪能

今日は3月5日の試合を、個ネコ的視点でお話します

 

        守 備 

捕手のおはなし・・・

ここ3試合連続スタメンマスクは宮本さんでした。青松さんがまだお怪我が全快されていないということで、残りは新里さん

しかし新里賢さんも、捕手としてベンチに待機ではなく、野手の不足により3試合連続サードだったのです。

昨シーズンはセカンドを中心にされ、気付くとなかなかのセカンドの守備力を披露

今度はサードと言う事ですが、困ったことにこれまた無難に、いやそれ以上に上手くこなされていました。

 

090305ore_034 2回、4番強打者金子洋さんの、レフト線を抜けそうな打球を、逆シングルで捕球&乱れることなく送球

この時、観客席のおじ様方から『上手い!』と力強い声が聞こえました

4回、6番大野さんのサード前の当たりに、新里さん猛ダッシュ

 

090305ore_042    相変わらずナイス捕球にナイス送球

内野手定岡さんがサードで、新里さんファーストの方がいいんじゃないかと思ったのですが、新里さんの守備力を見ていたら、『ベンチは正しい!』と実感(定さんごめんちゃい)

新里さんの捕手としての働きは、正直観たのは数少なくなんとも判断できませんが、内野をこなせ打撃が安定している新里さんを見ていると、ライバルは“田中雅さん”なのかもしれニャいと思いました。

  

スタメンマスクの宮本裕司さん・・・

我が家では、なぜかマリーンズの捕手さんみ~んな大好きで、ポジションがひとつだけというのがとても辛くて・・・

しかし情に流されず、あえて厳しい気持ちで観察

偶然投手が良かったのか?それともリードが良かったのか?

ここ3試合を観て、リードの上手さが投手を支えているのでは?と感じています。

この日、2回の植松さんは2者連続四球を出されました。実は1回、低めギリギリ素晴しいコースで三振を奪い、2回に同じコースに投げるとボールと判定

『さっきストライクって言ったコースにゃのになぜ?』と思ったのですが、そこから崩れ気味の雰囲気が漂いました

2個目の四球の時は、周りから『あ~、また悪い癖が出てきたよ』と・・・悪い癖と言うのは、昨シーズンの安易なフォアボール出しまくりのことです。

四球の後の初球は狙え!と言いますが、場合によってはそれに怯えて結局また四球になるくらいなら打たせたほうがいいと考えます。

宮本さんは、それを承知の上でストライクから投げさせました!

打者に2球目を打たせファーストゴロに抑えました。この時植松さん、何か掴んだのか次の打者を強気に攻めて空振り三振に取りました。

四球とシングルヒットで、同じ1塁ランナーを抱えるなら、やはりヒットのほうがまだいいです。打たせることでヒットになったとしても、野手の集中力が途切れず、時には好プレーで抑えることも・・・

宮本さんはきっと忙しいこととは思いますが、試合に出られる充実感も感じられていることでしょう

贔屓目に観ず、良いリードをされていると思います・・・心配なのは、宮本さんの構えるところに素直に投げ込んでくれるかどうか?と言う事です。

もうひとつ宮本さんへの心配(?)は、HRを打った後の2打席での構え。

HRだった時のバッターボックスでの構えの左肘の位置と、その後の2打席の左肘の高さが、HRの時より肘が大分上がっていると、側から話が聞こえてきました。

HRの後の打席こそ、欲張らずミートを心がけると案外良いのが打てるのではないかと、勝手に思っちゃいました

 

090305ore_033 1回、攻める植松さんの気持ちに応え様と、相手ベンチ前まで突進してファールボールを追う宮本さん・・・捕球はできずとも、気持ちが伝わったのでしょう、この後三振ゲット!

  

 安心がにじみでている岡田さん、

 そして刺激を受けて伸び盛りの角中さん

前戦では、あまり良い送球が拝見できませんでしたが、この日ファームの空気に慣れてきたのか、コントロールもなかなかの速く良い送球を見せてくれました。

本当は肩も良く、やっとここに来て本来のご自分の力を前面に出されてきたのかもしれません・・・だとすると、

    すぐに支配下登録にしてあげて~!

と思いましたが、4月23日の全足利対シリウス戦に岡田さんを出すとのこと・・・この日、ジャイアンツ戦がよみうりであるのににゃんでかにゃ~

いくら出身の全足利相手でも、個ネコ的にはジャイアンツ戦に出場してもらいたかったニャン

鎌ヶ谷での岡田さんを見て、あの守備にほれ込んだファンは多いようです。実際、球場で岡田さんをまた見たくてという声を聞きました

そんな岡田さん、この日も“安心”という文字が浮き出てくるかのような好守備を披露

4回、4番金子洋さんの打球は右中間へ飛びました・・・今までの浦和守備に慣れきっていたお客様たちが、打球が上がった時は諦めの『あ~』の声が・・・そして、当たり前のように落下地点にすでに入っていた岡田さんが目に入った時は、『オー』と喜びの声に変わりました

 

090305ore_041 楽な捕球体勢に見えますが、フェンス間近の右中間の当たりでした

 

5回、2アウト満塁でDH3番尾崎さん・・・0-2から思いっきり振りぬき、打球はセンター方向、岡田さんバックして

 

090305ore_053   ・・・って、速い!楽~に捕球

深い当たりだったのですが、すでにお客様方は贅沢なもので、『岡田さんなら当たり前』の感覚になっておられ、ファンとしてちょっと誇らしげな気分にもさせてくれました

そんな岡田さんの影響を受けているだろうニャ!ってヒシヒシ伝わってくるのが角中勝也さん

3回、レフトライン際の打球に追いつき、しっかり捕球

 

090305ore_037    着実に成長されている守備力

  

このブログの主であるバキは佐藤賢治さんを応援(?)しております

       半強制的に、佐藤さんのお話を・・・

佐藤さん、7回に後輩の土屋さんと対決し、センターへのヒットを放ちました。

チェンジの際、1塁コーチャーズボックスの代田さんを待ち、そして立ち話

 

090305ore_070    喜びを伝えているのかな?

 

9回、2アウトまでこぎ着け、あと一人のときです

打球がユラユラとライトに上がりました

落下地点に真っ直ぐ向かう佐藤さん

   ・・・と思ったら、佐藤さんもよろめいてました

 

090305ore_077 このフライ危うかったので、観客からは笑いとともに『ダメじゃん、けんちゃ~ん』や『賢治はしょうがないな~』と、厳しくも愛のこもった声が飛んでおりました

 

090305ore_079 ご機嫌な一日だったようで、この日はブーたれず、勝利の輪に率先して入っていかれた佐藤賢治さんでした

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

|

« 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム | トップページ | 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・けんちゃんがいっぱい »

観戦記 09年 03月 イースタン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・サイドストーリー:

« 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム | トップページ | 3月5日 ファーム・ロッテ対日ハム・・・けんちゃんがいっぱい »