観戦記 07年 05月

2007年5月 3日 (木)

5月2日 VSファイターズ

昼間は日差しも強く、初夏の空気を感じながら、いざマリンスタジアムに向かった昨日。

   試合結果  ○【M4対0F】

   先発&本日のおススメ!

Marines_05_02_023 Marines_05_02_013 Marines_05_02_021    渡辺俊介投手とその仲間たち

 『完封!』 バッターのバットが振り下ろされると、一瞬球がバットの前で止まる・・・ように見えるほど、力強い遅い球。   

    本日の“ここでいいの?”Marines_05_02_010

 《へーポンと西岡選手こんなところ守ってます》

ピンチは試合開始早々訪れた。1回表、2アウトランナー3塁、バッターはセギノール選手。すると、野手はすかさず、『セギノールシフト?』に・・・のはずが、ひとり行ったり来たりして、不安そうに守備位置を何度も確認している選手がいた。

そう、セカンドのへーポン。

(へーポン、急いで構えないと球飛んできちゃうよ~)と心配しながら見ていた。

しかし、この日だけは、へーポンの不安わかる気が・・・だって、ほとんどライトの守備内なんだもん。

セギノール選手の打った球は、セカンドベースの側へ・・・そこには西岡選手、きちっと体正面でキャッチ!(へーポン、ドキドキもんだっただろうな)

   本日の攻撃!

3回裏、今江選手が2ベースヒットで出ると、バッター西岡剛選手。

Marines_05_02_016 Marines_05_02_017 絶妙なバント、しかし、ほんのわずか切れてしまった。いつもだったら、この後ヒッティングだろうと思いきや、もう一度バントを試みた。

    “バント成功”

Marines_05_02_015 このバントのおかげで、次の青野毅選手スクイズ成功・・・そして先制点となる。

Marines_05_02_019 先制点のあと、気楽にワティ選手ホームラン!

正直西岡選手は、今不調の波の中かもしれない。しかし、打てないならきっちりバントを決め、守備は自分なりに必死に守る。昨日エラーがついたが、あんな速い打球、よくグラブに当てたと思う。

好調な時は、何でも上手くいく。

しかし、不調の時はやることなすこと上手くいかない。その中で、精一杯やっているように見えた、昨日の西岡選手は、すぐ手を抜く私からすれば、あえて褒めてあげたかった選手の一人であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

5月3日 VSファイターズ

連休真っ只中!毎年、この時期は負けが込むので、できればビジターでどこかに行って欲しい。この時期の連戦は、ファンにとっても過酷なのである。

   試合結果   ●【M2対8F】

   先発  久保康友投手

Marines_07_05_03_015 確かに4失点だが、2球しか失投はなかった。

四球の後は、ベテランは振らないが、若手は必ず初球を狙う・・・なぜ、素人がわかる球を久保投手は投げてしまったのか?

でも、次はがんばってくれるだろう。

   本日のささやかな抵抗!

Marines_07_05_03_036 ベニー選手タイムリー

Marines_07_05_03_041 Marines_07_05_03_042 お気楽タスク選手の犠牲フライ&ベニーホームイン

   本日も未来の光!

Marines_07_05_03_040 最初はコントロールは良いが、力がな~と思っていた選手“荻野投手”

しかし、出るたびごとに成長を感じる。

Marines_07_05_03_047 昨年春、西武第二球場で見た川崎投手は、切れのある球を投げ、“良い投手じゃん”と喜ばせてくれた。

二人とも、楽しみでしかたない・・・。

   敵投手

『建山って、中継ぎだったじゃん!』なぜ、この投手がこんなにがんばったのか?

写真を撮ってた夫が「タイミングが合わない~」となげいていた。

建山投手は、球速でも配球でもない。タイミングの計り方、ずらし方が上手かったのだ。

マリーンズにはこんな投手はいない・・・よね。

   マリンの風

矢印はホームに向かって7m吹いていた。打者は、こんな日、高く打ち上げたらホームランも風に押し戻され、外野フライになる。

ライナーだと、低い位置の風向きは外野に向かって吹いているため、普段よりよく伸びる。ライナーの外野フライも、時にはホームランになる。マリン選手は、それを忘れていたのかな。

   本日の逃避!

いつも、あきらめ試合の時は、自然と逃避するのが身に付いているが、私だけではなかった。

Marines_07_05_03_020   逃避の前触れ“逃避行”

Marines_07_05_03_045    置き去りにされた悲しみ・・・

You_hori   おまけ

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

5月4日 VSイーグルス

昨日は、完璧逃避モードに入っていた。

6 4 高く、高く逃避行

   試合結果   ●【M2対6E】

   先発  清水直行投手2

初回から、嫌な予感・・・左足の踏み込みが、ファーストよりで体が開くためか、どうも球が外に流れていく。いい頃は、もっと“ガッ!”と踏み込んで、下半身に安定感を感じたが・・・。

でも、最初はそれなりに踏ん張っていた。孤立感もなかった。次あるかわかんないけどがんばれ~!

   本日の安定!

 どんな試合でも、文句も言わず(?)

      せっせと働く律儀なおじさん2人。

高木晃司投手は、いまでも140Kを出す。小宮山悟投手は、コントロールと配球を駆使しての投球。高木投手は、調子いいからと言って、予定より長く引っ張らなければ、しっかり抑えてくれるのだ。

9 8 おじさん2人とも踏み込む足に力を感じる。きっと、人一倍走り込んでいるんだろうな。

   本日の4本中3本のヒット!

3 7 今江選手の2本

10 西岡選手のあと少しでホームランだったかも・・・タイムリー

(へーちゃんのだけ、撮れなかった。ごめんちゃい)

   おまけ

あんなに素晴らしい2ベース打ったのに、最後の打席三振目立っちゃったね。

1 5 ベンチで、ズーリー出る気でいたのにね・・・。

   ちょっと腹立ち

リック選手の死球は、まったく避けていないので、“ボール”にして欲しかった。リック選手も、それをわかっていたらしく、一塁に進まなかったんだからね。それに、試合中楽天の選手と目の前で楽しそうに話すのやめて、ファンとしては、つい疑っちゃうから・・・たのむよ、中村審判。

   本日の思ったこと

清水投手交代の際、一塁側外野の方からしつこい程のブーイングが・・・ひとりひとりが、自分の気持ちを野次にして言うのでなく、集団で同じブーイング。単独で自分の言葉でいえないのに、なぜ集団になると言えるのか?あの凄いブーイングなら一回で充分じゃないのか?長ったらしく言うなら、自分の思いは、自分の言葉で伝えてよ。

顔が見えないことをいいことに卑怯だ!単なるいじめではないか。

喧嘩は1対1、集団になるとそれは卑怯者。おかげで、あのブーイングで、清水投手への腹立ちが薄らいだ。

まあ、ゴールデンウィークで、NHK放送とくれば、定番の“負けゲーム”だからいいとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

5月5日 VSイーグルス

Marines_07_05_05_062_1 マリンスタジアムに着くと、『あっ!お友達いるよ~』と、私に向かって言った夫。そこには、ぶーちゃんが・・・。

失礼な夫である!

    

  試合結果   ○【M5対1E】

   本日の先発   小林宏之投手1_1

素晴らしい出来だったといいたいところだが、私にはどうも本調子には見えなかった。ただ、よくないなりに、丁寧に投げゲームを作る。

これが『安定感のある投手』と言うのだろう。

   本日の気合!2_1

薮田安彦投手 高めにいっても“気合!”なのだ、

  本日の打った~&バレバレ作戦

5_1 4_1 7回、早川大輔選手が3ベースヒットでワンアウト3塁の大チャンス

8_1      西岡選手の“剛、宙に飛ぶ”

(あっ、スクイズだ~って私でも考えるという事は、そう見せかけて・・・ヒッティング)

って考えていたら、初球スクイズ試み失敗!って、オイオイ高校野球でも、初球警戒してはずして来るんだよ、プロだから少しは考えてね、ベンチさん。

   勝ちタイムリー

3_1 里崎智也選手の3ベースタイムリー

   ねちっこいおじさん

6_1 野村監督、抗議のあと、チェンジしたのに、改めてまた抗議に出てきていた。

   9回表3アウト

7_1 へーちゃん、ちゃんと捕れましたね。(捕球後、送球体勢に)

 ちょっと、球団へ文句

昨日、マリスタにつくと、動物たちとのふれあいとやらをやっていたが、屋根もなく水も見当たらない。日陰もない。箱と箱のわずかな日陰にいたウサギもいたが、ほとんど炎天下にさらされ、バテバテ・・・。

自慢のマスコットのカモメやペンギン、きのうは鷲に、豚もいたんだから、それで充分でしょう。どう見ても、動物虐待にしか思えない。痛々しくて、目をそらしてしまった。(文句言えなかった自分も情けなかったが)

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

5月6日 VSイーグルス

昨日の天気予報は、マリンスタジアムあたりは、降水確率90%の表示。

先日、中止がすぐ出たが、それを考えると明らかに昨日は中止だと思った。

しかし、知り合いから開門するらしいと連絡があり、競馬予想も半端で出発することにした。

ちなみに、東京11Rピンクカメオの複勝と、1、2番人気馬からのワイドを買うつもりでいた。

時間がなかったので、とりあえずピンクカメオの複勝を・・・。

この馬の名をはじめて新聞で見た時、読み方を間違えてしまい、おわびに買い続けている。

ピンクカメオを“ピンクオカメ”と読んでいた私・・・その上、この馬の生まれた牧場名は“パカパカファーム”

中止を速く決定してくれれば、美味しい馬券ゲットできたのに~、も~!

   試合結果   中止

   雨の日ならでは・・・

Marines_07_05_06_012 Marines_07_05_06_001   『笑顔がすてきな、おしゃべりの達人』

          こなつお姉さん

Marines_07_05_06_002_1 床にサインしてるクラッチに「そんなとこにサインしちゃだめ~」というお姉さん

Marines_07_05_06_014 テーブルに座るクラッチとクラッチーナに「そこには座らないの~」というお姉さん

Marines_07_05_06_005 なんのボケもない我らがマーくんファミリー

お姉さん、しゃべりは上手いが、ひとつだけチェック・・・

『も~、6人もいるとまとめるのに大変なんだから~』

って、何気なく聞き流していたが、お姉さんから見ると“6羽”じゃなくて“6人”なんだ。

Marines_07_05_06_004 座って待ってる姿もキュートなリーンちゃん・・・。

Marines_07_05_06_009 Marines_07_05_06_010 おっきいけどかわいい

Marines_07_05_06_016 いつも、大人っぽいきれいなお姉さんを引き連れているクール

明日から連敗続きのオリバ戦だが、100球投げたら、いくらいいピッチングをしても代えてしまうコリンズ流を、マリン選手が知っていて、4回あたりまで、球数投げさせられるかな?

西武さんは、とっくにコリンズ流に気づいて、さっさと球数投げさせ、中継ぎ陣から得点して勝ってるようだし・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

5月11日 VSホークス

今日は、清水投手をとばし、コバ宏投手。まあ、中6日なので、疲れの心配はないから、安心かな・・・。

   試合結果   ○【M9対5H】

   先発   久保康友投手

3_5 6回までは、強気の頼もしいピッチングをしてくれていた。7回疲れが見えながらも踏ん張った。8回誰を出すのかな?と思っていると、久保投手がそのままマウンドに・・・

8回、ランナーを出した時点で、交代かな?・・・って引っ張るし。

おかげで、最後までドキドキものだった。

不満がひとつ・・・マウンドにコーチが行くのは、マリーンズだけ1回しかダメなのか?

投手交代でただボールを渡すだけなら、へーちゃんでもできる。投手によっては、来て欲しくないという選手もいるが、久保投手や、大嶺投手など若手の時は、交代前に一度声かけに動いて欲しい。そしたらきっと、安心するだろうし、ついでにダイエットにもなるのでは・・・。

   成長!

8_4 後を任された荻野忠寛投手。

決して速い球を持っているわけではない。球種と経験をおおいにいかし、打者を押さえ込む。出る度ごとに、着実に力をつけ、成長している。

きっと、バッター心理を分析出来る投手なのだろう。

   根性の先制!

ズーリーちゃんが、最近無理に自分で決めようと思わなくなった感じで、きっちり四球を選んだ。ワティも四球。

2_5 そして、好調の今江選手のタイムリー。

   5回の集中打だ~!

4_5 まずは、不調で悩んでいたらしい(?)青野選手のホームラン

5_5 西岡選手が3盗をした時はびっくりしたが、相手投手と捕手はもっとびっくりしたはず。

その後、動揺が手に取るように伝わってきた・・・気がした。

この3盗成功で、私の中では“今日は勝った~!”と予感。

いつも、振り回すとファンから注意を受けてる里崎選手。

6_4 でも、今日は大切なところでコンパクトにきっちりいい仕事をしてくれた。

7_4 そして、好調の今江選手の3ラン!

   帳尻あわせ

1_5 サブロー選手のヒットで、両チームヒット数共に9本。

  

    

   

     本日のリボン9_2

母の日が近いため、リーンちゃんのポニーテールには、赤いカーネーションがついたリボンが・・・何気ないリーンちゃんの気配りが感じられる。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

5月12日 VSホークス

昨日は、9時前に終わりそう・・・なんて期待していた私が間違いだった。

家に着いたのは、日付替わって今日だった。

   試合結果   △【M1対1H】

   本日のおススメ!

      先発&3人のリレー

      まずは、先発小林宏之投手3_6

松中選手を抑えた後、つい安心したのか、ずっと抑えていた小久保選手に、たった1球の失投(?)・・・もったいなかったけど、でも素晴らしい投球だった。お隣のおじさんなんか、“なんて凄い!素晴らしい!誰も打てない!”とべた褒めしていた。それを聞いていた夫小声で「うちはもっとガトームソン打ててない・・・」と悲しそうに言っていた。

      2番手、川崎雄介投手4_6

ワンポイントと思いきや、1対1の厳しい場面の8回表、きっちり抑えひょうひょうとベンチに戻っていった。気づいたら、こんなに成長してくれていたとは・・・

      3番手、薮田安彦投手6_5

なぜだろう?130K台なのに、球が重く見える。気合と根性が乗っかっているみたいだ。不運なヒットはあったのに、今日は安心して見ていられた。

      そして、抑えの小林雅英投手5_6

コバ雅投手がこんなにかっこよく見えたのは、久しぶりだ。今日の掲示板150Kをマークしていなかったが、私の目には150Kに見えた!掲示板の故障だ~!っていうぐらい、薮田投手のように、気合がおもいっきり乗っていた・・・気がした。

     本日の満足!

12回裏、ズー・・・じゃなくてズーリーちゃん。アウトにはなってしまったが、もの凄い粘りを見せてくれ、アウトで戻ってくると、1塁内野から拍手喝采。拍手したくなるほど、ズーリーちゃんの頑張る気持ちが、お客にもしっかりと伝わっていた。

ソフバ時代は、いくら頑張っても打たなきゃ拍手なんかもらえなかったのだろう。ちょっと不思議だったみたい・・・。

2_6 1回のズーリーちゃんのヒット、この後盗塁も成功させた。

        本日の唯一1点!1_6

福浦選手の犠牲フライ、たった1本のヒットで1点とるなんて、理想じゃん。

昼間、弟チームの試合があったが、敵は実は味方にいた・・・って感じ。

後日ブログに載せる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

5月13日 VSホークス

昨日も延長戦。デーゲームに関しては、勝つとたくさん見られて得した気分になる私。

   試合結果   ○【M2×対1H】Marines_07_05_13_001_1 3_7

1対1で迎えた4回表、バッターは4番松中選手から。

(今日は松中シフトと逆方向に打って~ライトには打たないで~!)

と、私はひたすら願っていた・・・が、ライト前にヒット。

(小久保~、ライト狙わないで~お願ーい!)

という私の心の叫びは、無常にも打ち崩され、ライト前にまたヒット。

(もーいいじゃん、これ以上ライトいじめないでよ~柴原ぁ~!)

しかし、不思議なくらいまたライト前に・・・。

無死満塁、先日の楽天戦が頭をよぎる。

こんなにがんばっているのに、また崩れていくのだろうか?

9_3 10_3 (お願い、踏ん張って!さっきまであんなに頑張っていたじゃん。)

もうひとりの自分は逃避準備にとりかかっていた。

バッターは3回にヒットを打っているブキャナン選手

『な・お・ゆ・き~踏ん張れ~』しか言うことができない状態

なんと、ブキャナン選手三振!

森本選手浅いレフトへの打球を俊足早川選手キャーチ!

あと一人・・・

   山崎選手、さ・ん・し・ん!

2_7 何かひとつ乗り越えられた、そんな思いがし、心の中が熱く、そして目頭までも熱くなった。(つい、清水投手と一緒にガッツポーズしてしまった)

   

14 勝ちは付かなかったけれど、このあと延長12回ズーリーちゃん、無理に大振りせず2ベースヒット。

11_1 6_6 その後、いろいろ(あまり触れないでね。ちなみにソフバの外野あんなに前進してなかったら、らくらくヒットだったのにね、へーちゃん。青野は内野ゴロのあたりなのに・・・その選手の運かな?)あり、青野選手のさよならヒットで、代走に出ていた竹原選手生還。

12_1 7_5 “さよなら”の時、うれしさのあまり、あのズーリーちゃんもみくちゃにされ、口(歯?)を怪我しちゃったみたい・・・でも、うれしいからしかたないか~。

ヒーローインタビューの時、恥ずかしそうだったが、あれをやってくれた。

8_5      桜島ファイヤー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

5月15日 VSライオンズ

我が家の猫たちにとって、成瀬投手先発の前日は、困った日になる。

夫が、「ガスゥ、明日の先発は?」と言いながら、猫の背中をつついたり、尻尾をいじったりして、無理やり『ニャー!』と鳴かせる。確かに、成瀬投手のニックネームは“ニャー”だが、困ったものだ・・・

昨夜、スポーツニュースをハシゴ・・・“なぜ、西岡の超・超・超ファインプレーやんないのか?『あれを流さないTV局は、おかしー!絶対おかしー!』というと、夫はそんな私に『きっと幻だよ・・・』って。

1_7 2_8 試合前の、へーポンは青野選手と仲良く・・・前々日の悪夢は忘れることができたかな?

   試合結果   ○【M2対1L】

   先発   成瀬善久投手

 成瀬投手の招き猫投法(ニャーの由来?)

9_4 3_8 初回から球が甘く、見ているほうは“ハラハラ、ドキドキ”   しかし、ここぞという時、決して弱気を見せず、根気よく丁寧に投球していた。本当に我慢強い投手である。

   本日のヒーロー!

      『剛ではじまり、剛で〆る』

5_7 本日の得点は、初回の2点だけ。スタートが、西岡選手の2ベースヒット。

4_7 6_7 続く早川選手が、犠牲フライでランナー3塁へ。そして、福浦選手タイムリー。

7_6 8_6 サブロー選手ヒットで1,2塁、里崎選手のタイムリーで福浦選手ホームイン。

そして、9回表、小林雅投手はこのところ大忙しで、少しお疲れだったのか打たれる。

無死1塁で、バッターはスイングの強烈な和田選手。二遊間に飛んだ球は、打った瞬間

“抜けたー!”とあの球場にいたすべての人がそう思ったことだろう。

西岡選手が飛びついたが、その後がまた素晴らしい・・・すぐにセカンドに投げ、ゲッツーをとった。

そして、最後のバッターのショートライナーをがっちり掴みゲームセット。

10_4 あのプレーが、ただのファインプレーではなかったことを、ゲームセット後の小林雅投手のハイタッチで実感した。

  『今日のヒーローは“西岡剛!”君だぁ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

5月16日 VSライオンズ

1_8 試合前、へ-ちゃんがいつもと違う・・・西岡選手がなにやら笑顔で接しているのだが、どうも硬い表情のままだ。もしや、前回のことを未だに引っ張っているのだろうか?と思った。

しかし、スタメン発表で、その理由がなんとなくわかる気がした。投手は打たせて捕る小野選手・・・守り万全でなければ、なのにほとんどやっていないショートをこんな日にさせるとは。

その上、外野もシュートを武器にする小野投手なので、ライトベニー選手、センターサブロー選手、レフト早川選手ではなかったのか?風も上空で渦を巻くような日なのに・・・

   試合結果   ●【M3対8L】

   先発   小野晋吾投手

2_9 6回までは本当に良いテンポで頑張っていた。7回は甘い球が来ていたが、相手が下位打線からだったのでなんとかなった。8回は、どうしても交代して欲しかった。防御率なんて・・・といいながら、やっぱり気になる防御率。もし、7回で代っていたら小野投手自責点1だったのにな、もったいないな~。

   本日の得点!

4_8 6_8 2回、ズーリーちゃんのヒット、橋本選手のヒット、

7_7 そしてへーちゃんの不思議な3塁への2ベースタイムリー?(おーい!どう見てもエラーだろ~)

8_7 3回、福浦選手の無理やり力で持っていかないホームラン。(岸投手の球、力任せにバット振ると、芯からずれちゃうみたい・・・)

9_5 6回、ベニー選手の2塁打(塁上でファンに手をあげ、声援にこたえる姿)

   

   

   本日の感動!

6回の今江選手。何とか打ちたいって気持ちが強く伝わってきたシーンだった。10_6 11_4

根性で必死のカット!その後、ヒットが出た。最近、さらっと終わらず懸命に粘り、デビュー当時の泥臭さのような魅力が、また復活したのか?

   あ~あ!

前日あんなに素晴らしい守備と打撃を見せてくれた西岡剛選手を、なぜ休ませたのかな?2年前ならわかるが、その手法(良い状態になるとすぐ休ませ、出たくてしかたない心理にさせる)は、もう効かないと思う。

オーダーも、へーちゃんと小野選手へのいじめじゃないか?と言いたくなる。なぜ、セカンドではなくショートだったのか?それこそ青野選手がいるではないか。

    やっぱり、ボビー疲れてるのかな~?

   本日の逃避

3_9 5_8 堀選手、みんなと練習しないの?コーチになるには早過ぎるのでは?&愛らしいリーンちゃん

   2人合わせて“ホリリーン”

 

オリックスの宮内氏が、チームに怒ったらしい。しかし、怒るところが違う気がする。いつも、変なところにお金を使い、年俸渋って自ら選手層を薄くしているではないか。契約前に、今季絶望かも?という故障をもちながらそれを隠し、契約してから試合には出られない・・・なら、なぜK1にでたり、イチローと無理なトレーニングしたり、故障を少しでも治そうとしなかったのか?そっちの方が問題なのではないのか?

そんなことを思うと、マリーンズってなんやかんや言いながらも平和なのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 ペット ペット Ⅱ マスコット マスコット Ⅱ マスコット Ⅲ マスコット Ⅳ ロッテ スタッフ編 ロッテ選手名鑑 投手編 ロッテ選手名鑑 捕手編 ロッテ選手名鑑内野手編 ロッテ選手名鑑助っ人編 ロッテ選手名鑑外野手編 動物園日記 日記・コラム・つぶやき 日記・コラム・つぶやき  08年 日記・コラム・つぶやき 09年 観戦記 07年 プロ野球以外 観戦記 07年 03月 観戦記 07年 04月 観戦記 07年 04月 イースタン 観戦記 07年 05月 観戦記 07年 05月 イースタン 観戦記 07年 06月 観戦記 07年 06月 イースタン 観戦記 07年 07月 観戦記 07年 07月 イースタン 観戦記 07年 08月 観戦記 07年 08月 イースタン 観戦記 07年 09月 観戦記 07年 09月 イースタン 観戦記 07年 10月 観戦記 08年 プロ野球以外 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ 観戦記 08年 03月 観戦記 08年 03月 イースタン 観戦記 08年 04月 観戦記 08年 04月 イースタン 観戦記 08年 05月 観戦記 08年 05月 イースタン 観戦記 08年 06月 観戦記 08年 06月 イースタン 観戦記 08年 07月 観戦記 08年 07月 イースタン 観戦記 08年 08月 観戦記 08年 08月 イースタン 観戦記 08年 09・10月 観戦記 08年 09月 イースタン 観戦記 09年 03月 観戦記 09年 03月 イースタン