観戦記 07年 06月

2008年6月 7日 (土)

6月6日 VSジャイアンツ 交流戦

試合前のアナウンス・・・

その日の、○○賞などがバックスクリーンに映る

   『ホームラン賞

      グリーンスタンプ』

と・・・。

   “えっ、え~???

  グリーンスタンプもらっても

    選手も困るだろ~sign02

なんて驚いたら、

『グリーンスタンプから○○が贈られます・・・』とcoldsweats01

   

現在のスタメンは、ほぼベストメンバー

怪我だの何だの言い訳していた今までだが、もう言い訳はできない

  “単にゲームが下手なだけである”

そういえば、前日活躍した選手は使わない法則はいまだ守られているようだ。

     

2回、“6番サブロー”が四球で出塁、打席には『バントだけは上手いぞー!』の今江選手

確かに、Gはリードは上手に見えない捕手&投手の使い方が使い捨てみたいなベンチだが、投手陣は良い投手が待機している。先に取れるところで1点ずつでもとっていかなければならないシーン

  ・・・って、バントさせないのかーsign02

5回、3対1・・・2点差になり、もう1点ほしいとこ。根元選手がしっかり振り切りセンター前に落とし、

   またも、ノーアウトのランナーが出たhappy02

打席には、これまた上手い里崎選手・・・相手投手のことを考えれば、こんどこそ、1点を取りに行くだろう。

   ・・・って、またバント無しなの~crying

それも、里崎選手自体三振してくれたし・・・

ランナーがいる時、里崎選手は大振りせず、ライトへ上手いヒットを打ってくれていた頃が懐かしいweep

   

     試合結果  ●【M3対4xG】

     先発     清水直行投手

確かWBCのあと、コバ宏投手が故障で開幕に間に合わなかったことがあった。遅くのスタートだったが、シーズン通しての体を作る為には、遅いスタートでも長い目で見れば、それが良かったのかもしれない。

清水投手は、この時期にきて、どうみてもスタミナ切れのような感じがする。キャンプをまともにできずにスタート。もしコバ宏投手のように、スタートが遅れてもシーズン通しての体作りができていたら、また違ったかも・・・なんて思ってしまった。

  

久保投手・・・この躍動感あふれ、投げた後の後ろ足が跳ね上がる姿は

   “あの日の久保だ~happy02

と、なぜかうれしくなった私・・・あの日とは、仙台での初先発で勝利した日のことhappy01

1 故障が心配でコジンマリフォームに変えたが、結果を出さずに終わるくらいなら、故障を恐れず自分の本来のフォームでと思ったのだろうか?

テンポもよく、ガッツの時など、2-0に追い込み、高目を見せて、お約束のように低空飛行のボールを空振りさせる・・・楽しい投球だった

  

川﨑投手・・・9回と10回ワンアウトまでは、これまたテンポよく野手にも伝わっていた。気持ちよくみていた

ただ、さよならホームランを打たれたのだが、あれは加冶前選手を舐めきっていたとしか思えない。

情報というものがないのか?加冶前と聞いたら、普通警戒するでしょう?それくらい下からの簡単な情報もなかったのか?

   

     = 打撃 =

野間口投手に対して、うちの選手達に

  “よく、たくさん投げさせた~heart04

と、そこのところは褒めてやりたい。

先頭西岡選手の初球でおしまいは、最近あまりにも安易にやりすぎて、腹が立っていたが、昨日はよく粘っていた。できれば、その後の打席も粘ったり、チーム打撃をしていただきたかった

初回で29球を投げさせ、3回で交代させることができた。

  

2 3回 根元選手のホームランnote

里崎選手四球&ズーリーレフトへ2ベース・・・ファームで若い子達と試合してきたせいか、身軽に見えるズーリー。まさか2塁まで行くとは思わなかったcoldsweats01そして、オーマッnote四球で満塁・・・

  

“6番サブロー”が“4番サブロー”っぽいお仕事を

3 4    サブちゃんの2点タイムリー2ベースscissors

     8回にちょっぴり盛り上がったが・・・

  

     お・ま・け

5     心強い味方

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月25日 (月)

6月24日 VSスワローズ

    勝因『神宮球場』これに尽きる!

   試合結果   ○【M6対4YS】

   先発   清水直行投手

4_25 よく3点で抑えられた気がする。四球もちょっぴり多かったかな?でも、野手ががんばって守ってくれていたね。(必死のバントが相手のエラーをさそう)

   

   この日も文句も言わず・・・

7_28 結果は四球だったが、内容は納得のもの。この所休みなしでずっと出ずっぱりの高木投手。最近、無性に応援したくなる投手。

8_25 9_20 投手陣の儀式・・・負けていても和やかなところがなんかいい。

   まずは先制

1_32 スタートはこの男“青野”のヒットから始まった。この後、渡辺選手がゲッツー崩れで1塁に残った。

2_33 早川選手のタイムリー

3_29 渡辺選手のナイスランでのホームイン

   『ほりー、マサトー、ゲッツー!』

5_25 4回同点にされ、嫌なムードの中、ファンの声に答えてのゲッツー・・・悪く言うと躍動感のないゲッツー、良く言うと無駄な動きのないゲッツー。そんな堀選手がたまらなく癖になる。

   あ~あ、打ち上げちゃった~が・・・

11_24 8回、竹原選手レフト前にライナーでのヒット。いつの間にかスイングを変えたようで・・・アッパーで振ってなかったね。2軍ではアッパーでも打てるけど、1軍はそうはいかないと悟ったのかな?いいスイングだったね。

10_21 続く早川選手。さすがだ!相手の守備の下手さもあり2ベースヒットに

12_16 そして、堀!よくぞ見切った、そのボール・・・やっぱりあなたには、まだまだいてほしい。

雨の日の神宮、交流戦、そして満塁の場面・・・いやでも思い出される、そう、あの日の場面。里崎選手もしかして?

  やっぱり打った“里崎キャプテン”

 16_6      ☆満塁ホームラン☆

実は、里崎選手粘りに粘っての打撃だったが、打ち上げられた瞬間、私を含めまわりのファンの方々、皆さんおもいっきり『あ~、上げちゃった~』っと言う言葉と共にため息が・・・。

  どう見ても『外野フライじゃ~ん!』

13_11 シコースキー投手、マリンスタジアムだったら外野フライだったのにって思ってただろうな。

うれしかったが、後になりプロにとってこの球場はありなのか?って思ってしまった。プロの体型も大きくなり、飛ぶボールも使用できるこの時代、こんな球場でやっていたら、野球好きは離れていくよ・・・といっても、セ・リーグのことだし。

7回表に、『マリーンズのラッキーセブンです。どうぞご声援ください』って言ったのに、マリーンズの曲が流れてこない。

ファンは、じっと曲が流れるのを待っていたが、全く流れてこないため、しかたなく外野のトランペットの方が演奏してくれた。

この時、内野の応援席(私も含め)に変化が・・・

屈辱に似た、すごく嫌な気持ちにさせられ、その反動で一気に応援のテンションが上がり、8回には内野応援プラス外野応援のハードな声援をおくる内野ファン。

里崎選手がヒーローインタビューの時、ライトよりレフトの方が入っていたような言い方をしていたが、あのコメントでなにか救われた気分になれた。

ヤクルトさんにとっては、球場のお客は0人でもかまわないのだろう。GとTの球団とゲームをしたいだけなので、マスコットの交流もせず(去年はしたのに)、パ・リーグの曲も流す(マリンスタジアムはビジターの曲も流す)気はないのだろう。

横浜や中日、阪神、広島までも協力してくれる中、東京2チームは自分のチームしか考えていないように見えた。何が選手会なんだか、口だけだったんだって思ってしまった・・・。

   凄いお・ま・け

15_12 ワティのホームラン!この時ひたすら私は神に祈った、『ストレートを・・・』と。

   お疲れ様

18_1   とってもよく働いてました、堀さん。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

6月23日 VSスワローズ

悔しくって、悔しくって・・・・

 “あんな球場をプロなら使うな~!”

勝っても負けても、ファームの浦和球場より狭い球場をプロ使用にしないでほしい。

しかし、そんなことより・・・って試合だった。

守備ってやっぱり大切なんだよね。

   試合結果   ●【M3対17YS】

   本日のバッテリー

1_31 小林宏之投手&里崎智也捕手

4_24 さすが、身体能力抜群のコバ宏投手。

相手投手・捕手の気を散らそうと、マリンスタジアム内野席定番の応援で、2塁にいたコバ宏投手に「走ってもいいよ~!」って言ったら、後ろのお客さんから走るわけないだろって言われた。

内心(わかっているよ、そんなこと!コバ宏ピッチャーだし、本当に走らせたい時は言わないんだよ!このどあほ~!!)って思ったけど、もしかしてコバ宏投手自身何とかしたくて、走りたかったかも・・・。

   プチ盛り上がり!

3_27 ベニー選手のホームラン

   ただでは起きない

まだまだ非力の根元選手。守備に関しては正直どうだろう?最初の一歩がなかなか出ず、抜かれていた。センスさえあれば、練習で成長できるはず!

打撃に関しては、この1日の試合の中でしっかり成長を感じた。自分の力を客観的に分析する能力があるのだろう。今後の成長を期待したい。

5_24 根元選手のタイムリー

2_32 ついでに、この人の守備と打撃を参考にしたらどうだろう?華やかな選手になれるよ、きっと。

   どうもな~?

申し訳ないが、早坂選手は・・・。

一見、飛びつく姿はファインプレーもどきに見えるが、どう見ても打者の球に対しての反応が遅すぎる。それに、以前から直さなければいけなかった送球の乱れ、1年以上前からの課題なのに直ってない・・・というより、直せないのかも。これこそ、センスってものかもしれない。下手に足があるから、グラブにあて外野手に負担をかけてしまう。浦和では、一生懸命動いてはいたが、それとこれとは別。

   ちょっぴり1軍の抵抗

7_27 8_24 里崎選手のヒット&サブロー選手のヒット

   早く戻ってきて~!

今、お休み中の選手達、早くもどってきてね。この日、早川選手と福浦選手のチェンジの時の走り方おかしかったよ。無理してゲームに出ているのかも・・・心配。

   いったい何が?

6_27 『宗一、どうしてしまったんだ~?なぜ、インコースえぐらない?なぜ、ふてぶてしく攻めたてない?早く以前の宗一に戻って~!せつな過ぎるよ・・・』

   ちょっぴり和み・・・

こんな時こそ見るもの。

『にゃーの防御率』1位だよ~ん!   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

6月20日 VSジャイアンツ

あちゃ~、また負けちゃった~!

昼間行った浦和も負けちゃったし・・・。

1_30 この日もいっぱい、マリーンズたち

   試合結果   ●【M3対7G】

   先発   渡辺俊介投手

4_23 6_26 私が、俊介投手を見る基準は、100K未満の球で三振をガンガンとること。

昨日は100K未満がストライクになかなかならず、かなり納得いってないようだった。

もっともっと、遅い球に磨きをかけ、俊介投手自慢の、“バット振ってから、球がやっと到着”を見せて欲しい。

やはり、西岡選手が恋しい、私以上に俊介投手や晋吾投手は実感しているはず。

ピッチャーの足元を抜けるゴロを、俊介が球とともに振り向いた。いつもそこにはまこっちゃんが・・・そして、最近西岡選手が必ずいて、普通にさばいてくれていた。しかし、この時後ろには誰もいなかった。

   ベニーがいなくなると・・・

2_31 4回表の攻撃、ベニーの2ベースヒット。

しかし、足を痛めたらしく代走が出てきた・・・代田かな?でもまだ4回だから、竹原あたりかな?なんて思っていると、ワティ選手だった。なぜだろう?

ヒット1本で帰ってこれないし、足が遅いためバントもなかなかできない。なんとか根元選手がヒット・・・って、やっぱり帰ってこないし~!

俊介投手バント・・・って、ワティ選手だからスクイズなんて考えていない確率が高い、それこそ警戒してないからチャンスだったのに、ワティ選手動かないし。

しかし、これはしかたないことだと思っている。ただ、その後の回が問題。

浦和でとことん守備練習をしていたわけではなく、打つことばかり・・・。

浦和で、打つのも「真っ直ぐ以外は打てないんだよな~」って言われ、「守備は論外」とまで。

なのに、レフトを守らせるとは・・・そして、代わってすぐレフトへのライナーが飛んできた。

簡単なライナー性のフライ、キャッチするかと思ったら、バックしてバウンドさせてのヒットにしてしまった。なぜ、わざわざ下がってフライをヒットにしたのか私には理解できなかった。

これが、マリーンズから勝ち星が遠のいた瞬間だった。

代打としてしてならいいけど、守備は勘弁してね。もし守るなら、プライド捨てて守備練習して、お願い。

守備で思い出したが、早坂選手と根元選手、浦和じゃないんだから、もっと深く守っていいよ。ふと見ると、少しずつ前に出てきてるよ。足も速いんだから、深く守ったって間に合うからね。

   オモシロファン

後ろのロッテファンの親子

母「わたしGGってはじめて~。どんな選手かわかんない」

子「GGって、GG佐藤?」

母「GG佐藤は外野、それも西武だし!」

こんな会話の横で、Gファン会話

G「さすが上手いよな、二岡」

私(あそこはザルだ!)

G「加藤って誰だ?」

私(敵チーム、いや移籍組ならまだしも、自分とこの選手ぐらい覚えてやってよ)

G「木村は足速いんだ、最近出てきた若手選手らしいよ」

私(木村は新人?ならまこっちゃんも新人になっちゃうじゃん)

なんか、不思議な空間を体験してしまった気分だった。

   本日の渋い味わい

8_23 高木投手私が気づいた限りでは144Kを出していたし、

7_26 小宮山投手は三振なんかとってるし。

おじさんたち、地味だけどむちゃくちゃいい仕事してるよね。

野球は、ピッチャーが大切。けが人の多い中、投手陣は体のケアーくれぐれも頼みますね。

藤田投手、以前のふてぶてしいほどのずうずうしさを、早く取り戻して・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

6月19日 VSジャイアンツ

まず、西岡選手が登録抹消になったことについて・・・

先日に盗塁で、首あたりを痛めたのか?勝手な想像だが、まさか竹原選手と接触した時の後遺症でなければいいのだが。

今江選手が、まだ25番を付けていた頃、ある日サインをしてもらったのだが、その翌日すぐ登録抹消になった。手の骨折だったそうだが、本人1軍に上がったばかりで、せっかく手にしたポジションを失いたくなく隠していたそうだ。

しかし、脅威の回復力で、すぐに1軍に戻ってきた。

ズーリーにしろ、今江選手、大塚選手、そして西岡選手、アイシングもいいけど、ひどくなってからでは、もっとチームにも、本人にも痛手となるのでは?精密検査とか、すぐしてやってほしいな。

選手たちのケアー、しっかりお願いしますね、専属の方・・・うちの大切な宝なんだから。

   試合結果   ●【M2対5G】

   先発   小野晋吾投手1_29 

昨日は、2階バックネット裏真上からの観戦のため、コースはよくわかった。

どうも、バッターのインコースを攻め切れていない気がし、球が外に流れていたような・・・。よく2失点で済んだ気がした。なかなか打てないけど、昨日の守りはとても頑張って守っていた。

小野投手、次はキレキレシュートたくさん見せてね。

   本日の得点

6_25 なんと、根元選手のプロ入り初ホームランで2得点

   本日の黒

3_26 外野以外にも、かなりのマリーンズたちがいた。

   いいぞ!ロッテ

8_22 なんとなく、遠まわしにロッテ応援してるみたいで、ちょっと好き。

   いいぞ!ロッテがおうちに帰る

11_23 こんなところに、帰ってるとは知らなかった。

   そこに打つな~!

2_30 早川選手よ、そこに打つとヒットが内野ゴロになっちゃうんだよ。

   想像しえなかったこと

代打大道選手の後に自分が入り、自分の後ろを『誠&ガッツ&スンちゃん&キム拓&谷亮子さんの旦那が守る』とは、さすがの豊田投手も、想像してなかっただろうな。

   プチコメント

よみうりランド横には、伸び盛りの光る素材がわんさわんさいるのだが、誰も気づいていないんだろうな・・・Gファンは、他チームで出来上がったものばかりを見せられて楽しいのだろうか?高校からの素材が、ジワジワ育っていく過程を見るのは、とても楽しいのに。

   おまけ

7_25 星野さんが名前をあげた為か、“にゃー”報道陣に囲まれる。広報部の方、“にゃー”がいらぬ神経使わないよう守ってあげてね。

   

   《予告》

昼間、浦和にてハードな試合観てきたので、後日載せます。

   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

6月17日 VSタイガース

4戦2勝1敗1分・・・この1分が昨日の試合

なぜ、この投手の投球は《とろけてしびれて》しまうのか?150K投げられないのに・・・コントロールとキレであそこまで出来るものなのか?

   まだ醒めない成瀬投手の投球の余韻。

        勝ち負けを超越する感動!

  これほどの強靭な精神力は

        どこからうまれてくるんだ~!!!

   試合結果   △【M0対0T】

   “THE・にゃー”成瀬善久投手1_28 2_29

   相手投手はジャン

3_25    ちょっと来て、ジャン

   ゲッツーとれず・・・

4_22 根元選手と堀選手、お互い微妙に遠慮してしまったようだ。

5_23    わがまま ジャン

    “キレまくる・にゃー”

6_24 7_24 8_21      そして9回を投げ終え・・・

9_19 1塁ベンチに戻っていく成瀬投手には、『投げきったね』の大拍手で迎えられる。

      でも、10回も・にゃー

10_20     本日の129球目の投球フォーム

12_15 11_22 これで終わりかにゃー?の成瀬投手&終わりだよって、やさしく迎える堀選手

   本日の唯一、長打!誰だ?

15_11 渡辺正人選手・・・エラーしちゃったけど、12回頭脳プレーに参加。守備才能はピカイチだから、練習がんばってね。練習は裏切らないっていうから。

   おまけ  『ブーブーしつこい人』

13_10 16_5 抗議にエネルギー使うくらいだったら、もう少し選手任せにせず、自分でも頭使って作戦考えたらいかがでしょう。

   理解に苦しむ

鳥谷選手が、福浦選手の打球をキャッチした際、信じたくないが、あのライトスタンドから拍手・・・“おー”とか、反射的にでる反応ならまだしも、拍手とは。この接戦の時、福浦選手はどうすればいいのか?

阪神ファンなのに、ビジター席を選ばず、あえて真っ黄っ黄のはっぴで1塁席にくるファンもどうかと思うが、大差でもないのに拍手していた昨日のマリーンズファンは理解できない。

きっと、ライトスタンドに阪神ファンが混ざっていたんだろうな・・・・わたしは、絶対福浦選手に、『当たりよかったよ~、ドンマ~イ!』って言う、いや、言ったし・・・。

   いらないもの

フィールドシートはいらない。今日の福浦選手の守備を観て、改めて感じた。ファールボール捕ってくれたが、私としては怪我が心配。それに、フィールドシートがなければ、もっと守備の上手さが引き立つのに。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

6月16日 VSタイガース

昨日、マリンスタジアムに向かうバスの中、

わたし『負けたくないな・・・選手の力だけに頼って、なんの作戦もないチームなんかに』

夫『そうだけど・・・ただ、うちって、選手が阪神ファンばかりなんだよね』

   

マリーンズファンのみなさんへ、

               癒されてください・・・2_27

  リーンちゃんの髪飾り、

1_26       期待通りの“たこ焼き”

かわいいリーンちゃん、楽しんでいただけたでしょうか?

   試合結果   ●【M7対11T】

   先発   清水直行投手

9_18 失点2だったけれど、7回・・・いや6回までもって欲しかった。また、セットポジションからの投球に戻せないかな~?

  好調な野手はいつも通り

8_20 3回、“牛鬼タスク”の鋭い打球で内野安打

5_22 チャンスメイクの青野選手がセンター前で続く

6_23 そして、早川選手の2点タイムリー

 続・好調な野手はいつも通り

7_22 4回、橋本選手の四球後、青野選手のヒット

11_20 1軍とファームの狭間の根元選手、福浦選手や早川選手みたいに腕を折りたたんでの、技ありタイムリー

 続々・好調な野手はいつも通り

12_13 5回、サブロー選手ファールしながらフォームを修正、基本に戻ってセンター返し

13_9 14_7 続く里崎選手、タイムリー2ベース(サブちゃんナイスラン)

15_10 またも2塁にランナーを置いてベニー選手タイムリー

   サービスし過ぎ17_4 16_4

        藤田投手&小林雅投手

5回の5点で終わっていれば、緊張感が保たれ、試合も違っていただろうな。

      申し訳ないが昨日の試合は、

 ボビーが『ちょっとばかり、

        間違っちゃった!』ようだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

6月14日 VSカープ

昨日も勝ち~!それも、広島球場じゃあないから、ホームラン打たれてないもんね~!

あえて言うなら、栗原選手のスイングの速さは素晴らしかった。

   試合結果   ○【M14対4C】

     《おかしいよ、それ!第一弾》

2_26 1回、剛選手の内野ゴロ・・・って内野安打だよー!

   

      《おかしいよ、それ!第二弾》

4回までは、雨でも水はけの良いマリーンズスタジアム。5回あたりから、急に強い雨が・・・過去の試合を思い出すと、中止寸前って感じ。

無事5回終了後、『これで終了。勝ったからいいか』って思ってたら、試合続けるし・・・。

8_19 7回当たりになると、過去の阪神戦やヤクルト戦の土砂降り&グチャグチャ状態より凄いことになっていた。なのに

    9回まで試合やったしー!

マリーンズは、5回終了で困る理由はなにもない。ありがたいくらいだ。

中村審判は、こんな凄まじいグラウンドは初めてだろうし、いつもの中村さんだったら中止にしている。

   誰なんだ~、

   中止を拒む心無いものはー!

7回以降は、試合なんて出来る状態ではなかった。

途中までは、点差あいてるからと、応援控えたけど、どう考えても中止拒むのそっちチームだよな~、一言『中止でいいよ・・・』っていってくれればすぐに中止になるのに。

そっちチームに、わかりやすく中村審判がアピールしてたでしょう。

なんだか、腹立たしくなり、『取られた分取り返せ~』って、また応援熱くなっちゃった。選手も、さらっと終わる予定が、自滅投手のおかげで得点してしまった。

9_17 剛選手はファーストベースに付かず、後ろの芝生でリードとってたし、正人選手なんか『無言の抵抗、ナイス走塁』を披露(ホームにわざと滑り込み、泥しぶきがはじけ散っていた)

12_11 両選手たち&(他の審判はジャンパー着てたけど)ジャンパー着てなかった中村主審が、とてもかわいそうに感じた。

   本日の踏ん張り4人

1_25   先発の小林宏之投手は、雨にも負けず1失点のいい投球をしてくれた。

7_21 10_19 続く川崎投手は、雨で手元が狂ったのがわかったが、冷静に投球をしていた。

小宮山投手は、ちょっとばかり遊びすぎたけど、それなりに楽しませてもらった。

13_8 最後の高木投手は、ほとんど打ち取っていたが、飽和状態のスポンジ化したグラウンドに少し足を引っ張られたが、経験という力で抑えた。

   有り余るほどの攻撃の中で・・・

3_24 先制、サブロー選手のタイムリー

4_21 3回、盛りだくさんの話題の中で、おススメが里崎選手のうれしいまさかの走塁・・・2ベースだと思っていたら3塁めがけて走ってるんだもん、驚いちゃった。

5_20 6_22 久しぶりのベニー選手のホームラン

   初ヒット?

11_18 田中雅彦選手のヒット。

本職は捕手だが、ファームでは内野ばかり、1軍にきても活躍の場がなかなか回ってこず、でも頑張った・・・よく打った!

   華麗な守り

剛選手、この日は観ていて本当に楽しい活躍をしてくれた。守備も、センターに100%抜けると思っていた打球をなんとか捕球、そしてファーストへ送球。捕っただけでも素晴らしいのに、コントロール良く送球しアウトにした。見ていて楽しい選手である。

   本日の一生懸命賞

なんといっても裏方さんたち。信じられないほどの悲惨なグラウンドを、ずっとダッシュしながら動き回って整備されていた。だれ一人として手を抜く人はいなかった。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

6月13日 VSカープ

なかなか負けない日ハムさんが負け、ひとつ差が縮んだ。

本来敵チームではあるが、田中投手の完封勝利は喜ばしく、西武さんの勝ちは少し安心。

心配なのは、今日のお天気・・・マリンスタジアムの真上だけ雨雲消えてくれないかな。

   試合結果   ○【M7対3C】

   先発   久保康友投手13_6

失点3だったが、内容的には楽しくさせてくれる投球だった。失点の6回以外は、回を重ねるごとにキレを増し、初回の大量点のおかげもあり、安心しながら観ることができた。

ちょっと(応援しすぎて)血管がきれそうになったのは6回だけだったな・・・

広島選手の皆さん、外野フライなのに瞬間ホームランの錯覚を起こすみたいで、球場の広さの違いを実感してたみたいだった。

   さっさと猛攻!

1_23 2_25 1回、1・2塁にランナーを置いて、福浦選手の3ラ~ン♪

3_23 4_20 続くサブちゃん、何気な~い顔してさらっと3塁打&好走塁

   

5_19 3塁にランナーを置いて、きちっとタイムリーのベニー選手

6_21 久しぶり?の“牛鬼橋本”の豪快な2ベースヒット、2塁に橋本選手3塁にベニー選手を置いて、堀選手の内野ゴロで5点目・・・次の青野選手の内野ゴロをエラー、6点目が入る。

   

7_19 早々、1回でマウンドをおりた相手投手でしたが、外人同士は通訳いらず・・・

   

   

   地味にがんばる

9_16 10_17 実は、青野選手、みなさんがなかなか打てなかった2回以降、2本ヒット打っていたんだよね。徐々に良い感じを取り戻してきたのかな?

   ラッキーなダメ押し

8回、後1点あったらな~と思っていたらほんとに1点入っちゃった。

11_17 12_10 里崎選手の技ありヒットに続き、ベニー選手ヒット

へーちゃんの“あと少しでホームランだったよ”大きなフライで、ランナー1・3塁になり、パスボールで追加点とは・・・。

勝ちゲームの上、時間も9時前に終わったので、帰宅は心も体も軽やかで、疲れも吹っ飛んで行っちゃった。

   《昨日の、ファームは後日に載せる予定です》

   追伸  なんだ?

52_2 51_2 お約束通りリーンちゃんの髪飾り“もみじ饅頭”

今回もかわいらしい手作り・・・努力してるね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

6月9日 VSベイスターズ

選手は今頃名古屋か~。

のんきなサブちゃん、ヒット出たけど、前の打席で打ってほしかったなぁ・・・。

バットに当ててほしかったなぁ~。ほんのわずかなことだけど、ランナーをひとつでも進めるって、やっぱり大切な気がする。

「3回なぜ早川選手にバント?いつも、『きっちりバント~』といっても打たせるくせに、何を弱気になってんの?もし、確実に点を入れたいのなら、1回からランナー進めることにこだわってよね!」な~んて、えらそうなこと思っていた私。

   試合結果   ●【M0対2YS】

   先発   “にゃー”

1_20 5回失点2・・・どうみても高めで、コースが決まらない。よくぞ2失点で抑えた!負けはしたが、大崩れせず、ボビーも変に引っ張らず、傷口小さくさっさと交代させて、しまりあるゲームを作らせたと思う。

贅沢言わせていただければ、データを重んじるのなら、パワーの吉村選手には四球覚悟でのきわどい低めの投球をして欲しかった・・・だって、1塁あいてたじゃん。

   二番手   荻野投手

2_21 クルーン投手のためなのか、球速の表示本当なのかな?って・・・。

荻野投手が、ガンガン140k出してるんだもん。

相も変わらず、柔らかいフォームからくりだす球は、ファンをも魅了する・・・て感じ。

本当に140Kなら、出るたびごとに球速上がってる様な・・・。

   三番手   川崎投手

3_21 先日の悪かったところを、しっかり直し、エラーがでてもなんの動揺もなく、淡々と自分の投球をし、しっかり抑えていた。

   お・さ・え? 小宮山投手

4_18 なんで、さらっと抑えちゃうんだろう?

こんなに簡単に抑えちゃうんだったら、にゃーにいろいろ教えてやってね・・・って思ってしまったほど。

負けてるところで出てくる投手がいいと、最後まで試合が締まる。マリーンズは、やっぱり投手陣が自慢だね。

   

確かに負けはしたが、日ハムも負けたことだし、横浜も今苦労してることだし、たまにはいいかって思ってしまった。

しかし、今日、明日は何が何でも勝って欲しい。だって落合監督、ロッテに愛がないもん。

       プチネタ!

近日中に、ある選手の重大“祝”発表があるという噂(あくまで噂)を耳に・・・いい仕事をして、堂々と気持ちよく発表できるといいね(もしかして、発表無理かも)・・・。

      《予 告》

5_18 後日、マーくんたちのハマスタ編載せる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 | ペット | ペット Ⅱ | マスコット | マスコット Ⅱ | マスコット Ⅲ | マスコット Ⅳ | ロッテ スタッフ編 | ロッテ選手名鑑 投手編 | ロッテ選手名鑑 捕手編 | ロッテ選手名鑑内野手編 | ロッテ選手名鑑助っ人編 | ロッテ選手名鑑外野手編 | 動物園日記 | 日記・コラム・つぶやき | 日記・コラム・つぶやき  08年 | 日記・コラム・つぶやき 09年 | 観戦記 07年 プロ野球以外 | 観戦記 07年 03月 | 観戦記 07年 04月 | 観戦記 07年 04月 イースタン | 観戦記 07年 05月 | 観戦記 07年 05月 イースタン | 観戦記 07年 06月 | 観戦記 07年 06月 イースタン | 観戦記 07年 07月 | 観戦記 07年 07月 イースタン | 観戦記 07年 08月 | 観戦記 07年 08月 イースタン | 観戦記 07年 09月 | 観戦記 07年 09月 イースタン | 観戦記 07年 10月 | 観戦記 08年 プロ野球以外 | 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ | 観戦記 08年 03月 | 観戦記 08年 03月 イースタン | 観戦記 08年 04月 | 観戦記 08年 04月 イースタン | 観戦記 08年 05月 | 観戦記 08年 05月 イースタン | 観戦記 08年 06月 | 観戦記 08年 06月 イースタン | 観戦記 08年 07月 | 観戦記 08年 07月 イースタン | 観戦記 08年 08月 | 観戦記 08年 08月 イースタン | 観戦記 08年 09・10月 | 観戦記 08年 09月 イースタン | 観戦記 09年 03月 | 観戦記 09年 03月 イースタン