マスコット Ⅱ

2008年3月 9日 (日)

鎌ヶ谷小熊・・・カビー

こんにちは、わたしグレが今日はブログ担当ですcat

・・・と言っても、先日の鎌ヶ谷戦の時のマスコットのお話です。

(ちなみにプロフィールの猫は弟のガスです)

   

   = 3月4日鎌ヶ谷にて =

この日、鎌ヶ谷駅側で出会った日ハムファンの学生さんと、鎌ヶ谷スタジアムに向かいました。

スタジアムに到着すると、窓口はしまったまま・・・そう、春季教育リーグのため、

     入場無料(ニャッキー♪)

しかし、そのためか開門はまだでした。まだ閉まったままの球場入り口には、すでにわずかながら列ができておりました。

わたしと学生さんも、その列に並び、お互いの選手談話に花を咲かせ・・・

すると、わたしの視野に“茶色”が見えました。

 日ハムマスコット“カビー”くんですnote

01_2  神主姿で手には榊らしきものをふりふりしながら、近付いてきました。

現在京都在住・10年来の日ハムファンの学生さんは、生カビーくんは初めてで、

 『え?!こんなに側にきてくれるんだぁ~』

と、うれしそう・・・ただ、

 『敵のロッテファンに対しても、同じだけどいいの?』

と、心境は複雑そうでした。

 【そうなんです!マスコットは、敵も味方もないんです!】

        “平和の象徴なんですheart04

と、内心うれしくなりました。

02 入り口奥に、カビー神社も設置・・・公式戦ではないのに、がんばってます。

03_2 球場内では、改めてひとりひとりに挨拶?にまわり、榊で“ポンポン”とお払いをしてました・・・が、ご立派なおじさま方も、カビーくんが来るとうれしそうに頭をもたげ、お払いをしてもらい『今年もよろしく』とやさしく挨拶。

04 ちょうどお食事中の方の所に行った時、口を拭き拭き(おいしそうだな~)という仕草をし、それを見てお話しはじめたお客様・・・みんな声をかけたくなっちゃうようです。

マスコットがいるだけで、穏やかな気分になるとともに、改めてマスコットの存在意義を身近で感じさせられました。

05 帰りに、カビーくんはユニに着替えて、グッズ販売のお手伝い・・・お兄さんと同じで、良く働くクマさんでした。

バキが以前行った時、リーンちゃんとのカラミがかわいいと言ってましたが、本当にかわいらしいクマさんでした。

  また、鎌ヶ谷いかなっくっちゃhappy01

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

プロ野球・マスコットたちの思い

他のチームのチケット代が気になり、各球団のホームページを覗いてみた。

覗きついでに、いつもなぜかB☆Bのコラムを見てしまう。

オフも、相変わらずコラムを更新し、思いのたけを熱く語っていた。

今日は、数少ないマスコットファンにささげるおはなし・・・

   = マスコットの存在 =

我らがマーくんファミリーは、リニューアルなんかして姿は変化してきたが、別物として生まれたわけではない。

それに対し日ハムのマスコットB☆Bは、2004年球団の札幌移転の際、新しく誕生したマスコットである。

1 2004年、リニューアル前のリアル熊

2 3 4 (日曜などの特別な日はオレンジモヒカン)

2003年、それまで東京で活動していたファイティー・ギョロタンというピンクのマスコットが消滅するはずだった。だが、ファンの声で東京で活動を継続することとなり、消滅の話はなくなった。

この時は、突然慣れ親しんだものを簡単に排除しないファンに向けての球団のやり方を、当たり前のことだと思ったし、そのおかげでB☆Bもいらぬ反感を買わずに済んだのだと感じる。

だが、どの球団もファンに向けて同じ態度ではないことをつくづく感じたのが、近鉄とオリックスの合併の時である。

近鉄の人気マスコット・バフィーとファルルが合併と共に瞬時に消され、ファンの声など全くの無視・・・

しかし、このファンの声に多少なりとも耳を傾けたかそうでないかが、今明らかに球団の経営に繋がっていることがわかる。

熱い思いのファンの心をどんどん冷ましていった企業的側面だけに目をやるオリバ。

それに比べ、東京のファンのことも気遣いながら、本拠地の北海道の野球ファンに目を向け、GファンをFファンにしていった日ハム。

おかげで、今年は黒字だと聞いている。実際、札幌ドームに行くと、確かにファンがみんな試合を観る為に球場に足を運んでいた。交通は、大阪ドームやスカイマークより不便なのに・・・

   たかがマスコット

      されどマスコット!

B☆Bのコラムのおかげで、マスコットが行うファンサービスの工夫は、マスコット本人が考えていることを知ったし、マスコット自身、ファンサービスについて葛藤があることも知った。もれなく、マスコット用語も・・・

ちなみに、B☆Bはオフのマスコット『オールスター』をやりたいそうだが、昨年日ハムマスコット交流のなかった、意見をコロコロ自分に都合良い様にかえるわがままな球団が、大きなネックになりそうである。

    お・ま・け

5 6 7 マーくんファミリーと同じデザイナーさんだと聞いたことがある。やはりかわいいデザインである・・・バフィー&マーくん達

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

X’masなマーくん達☆Ⅱ

舞浜の地に降り立った、かわいい鳥科4羽のお話のつづき。

01_2 忘年会場は、思ったより子供が多かった。しかし、あまり騒いでいる子がいない。理由のいくつかに、別室での子供達の扱いがあったようだ。子供たち担当は、当たり前のようにマスコットだろう。

マスコット達は、相変わらずかわいく、子供たちだけでなく、大人たちも充分喜んでいた。ついでに、選手たちも・・・

02 リーンちゃんと荻野選手のツーショットだが、荻野選手のリーンちゃんに向けられた笑顔が怪しいくらい自然でいい笑顔だ~。

同じアヒル笑顔なのに、子供に向ける顔と大人に向ける顔が違う。これこそ、リーンちゃんのなせるワザ!

アヒルと言えば・・・

後ろ斜め横から見たズーちゃんの、チラッと出ている黄色のくちばし

03    『アヒルというより、オバQ?』

ズーちゃんに写真をお願いした時、ちょうどチョコレートのタワーが後ろにあったので、タワーも入れて撮らせていただいたのだが、ズーちゃんの手にチョコが・・・

写真を撮る前に、ズーちゃんタワーが気に入ったらしく『見て見て~、コレ!』とうれしそうに私に教えてくれた。しかし、勢いでそのタワーに指を突っ込んでしまい、チョコ色の指になっちゃったのだ。付き添いのMスプのお姉さんが慌てて拭こうとしたのだが、側に拭く物がない。

私は急いで(ティッシュ、ティッシュ・・・)て出そうとした時、お姉さん機転をきかせ、瞬時にテーブルの所にあったお料理のお皿用のクロスの端を出し、ズーちゃんの指を

  “ふきふき”・・・見なかったことにしよう

04 この、チョコレートタワーは、子供たちの楽しいおもちゃだったらしい。男の子3人位が、好奇心いっぱいでタワーにいろんな食べ物をつけて遊んでいた。中には、“ハム”なんか付けて(つい笑ってしまった)。

すると、その子のお母さんらしき方が、思いっきり『コラー!○○!!』と・・・クモの子を散らすように子供たちはその場から散らばっていった。

子供たちは、選手よりチョコタワーに惹かれてたようだ。自分が子供だったらと思うと、わかる気がする。ホテルさんはいいものを用意してくれた。・・・ってことは、ズーちゃんはやっぱり子供の心でいるんだな~。

   05_2

帰宅後、リーンちゃんの写真を改めて眺めてみると、何かに似てるな~?と

写真の画面をじっと見つめながら悩んでいると、その画面を見て一言夫が、

    

  『リーンちゃん、林家パー子になってる』と。

             ん~、言われてみれば・・・

   

06 舞台の上のライトがあたったズーちゃんを遠くから見ていたら、ポアポア感の雰囲気がなんかベイビーみたいで可愛い♪

    = ちょっぴり悲しい出来事 =   

帰りにクールがCDを販売していた。Mスプの笑顔いっぱいのお姉さんと二人で営業していた。がんばっている姿を見て、ぜひブログに載せたく、カメラを向ける。するとMスプのお姉さんはいい笑顔を、クールもCDを抱えこちらに向いた。今回そのネタのせてクールブームを・・・と思ったら、側にいた関係者の私服の女性に、おもいっきりキツイ口調で、カメラを向けていた数人のマリーンズファン達に、

  『買わないのなら、写真撮らないで!』と(涙)

かなしい気持ちで、撮らずにその場から離れた。良い気分が一気に醒めて行くのがわかり、ますます悲しさが増し・・・。

その時、クールとMスプのお姉さんは、素敵な笑顔のままポーズを作って待っていてくれたのに、申し訳なくって・・・。

      《 写真集☆ ☆ ☆ 

帰りに、写真を撮らせてくれたアヒル笑顔のカモメたち・・・どうぞご堪能ください!

08 011 010 09 07

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

X’masなマーくん達☆Ⅰ

 マスコット好きのあなたへ、ちょっぴりはやい

  ☆・ クリスマスプレゼント ・☆・・・

舞浜の地には、マスコットがお似合い。あのマスコットだらけのテーマパークの地に、最高に可愛いマスコットが舞い降りた。

    くれぐれも、ネズミじゃないから!

その日、舞浜の夜を彩ったのは、そう、あの大人気の

   アヒル顔のカモメ3羽

      そしてシャイなペンギン

0011 001 クリスマスのイメージは赤・・・おーい!4羽とも赤がな~い。マーくん青・リーンちゃんピンク・ズーちゃん水色?・クールペンギンの薄い色?

   

しかしかわいい、むちゃくちゃかわいい♪

各自担当があったらしい。リーンちゃん&ズーちゃんは子供担当なのかな?

マーくん&クールは雰囲気で、大人担当に見えた。

002 004 だって、場末の飲み屋街の呼び込みお兄さん風スタイルなんだもの。(以前もこんな衣装を目にしたが、本人達も気に入っているのか?)

よく働いていたクールだが、マスコットというより、接客しているやり手営業マン風。

0012 ビール瓶持って注いでまわってる姿が、怖いくらいマッチしてるのよね~

舞台では、選手がそろいマスコットもそろうと、自然とファンは舞台に向かってシャッターを押し始める。

マーくんとクールが大塚選手を間に挟んでってシーンは、大塚選手ファンならずとも撮り応えがある

005  ・・・て、ズーちゃん撮ってるし!

   

シーズン中、ヒーローインタビューなどで、マスコットとの絡みの上手い選手が何人かいるが、またみつけた。

諸積コーチである。会の最後の方で、各選手が順番に一言ずつ挨拶をするのだが、晋吾投手の次が諸積コーチだった

006     ・・・のだが、間にいるんだな~カモメがぁ

司会も『じゃー、マーくんも一言』みたいなことを言い、マーくんに振ってるから、諸積コーチもしっかり乗ってくれ、

007 008 マーくんにマイクを向けた、と思ったら、マイクを無理やりくちばしに・・・!それに対し、しっかりリアクションするマーくん。

009      ナイス諸さん、ナイスマーくん♪

0010  次回はピンクと水色?カモメのおはなしも・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

ファンフェスタ・マーくんファミリー☆うら

エキスポやら、ファンフェスタやら、毎年名をかえるが、やっぱりファン感でいいのではないかな?ファン感とつい呼んでしまうファンは、とりあえず満足はしてないはず・・・本当のふれあいを経験してるから。(ちょっと意地で、ファン感と銘打つのは我慢だが、エキスポとは呼びたくない。選手もなじめない呼び名はやめてね)

ファンフェスタでの、マーくんファミリーは4羽とも、シーズン以上の働きをしていたようだ。

スケジュールに合わせての移動でも、きっとシーズンとは違い人混みという壁で大変だったのではなかっただろうか?

選手以外にも、4羽とふれあいたくて(ちなみに夫は遠めで眺める派)来ているファンもいると思う・・・しかし、選手とのふれあいが実は見えない壁に阻まれ、そのしわ寄せがカモメたちに行っていた事が見て取れた。

朝早くからラストまで、休む暇もなかっただろうに・・・どっかで少しだけ解放されたかったのだろう。

   = ちょっとユルユル? =

もうすぐ閉会・・・日差しが強く、やることもなく、ひたすら閉会時間をまつ私たちは、シーズン中は決していかない外野に行った。日は陰っており、人も少なく意味不明の疲れを取るためボーっとしていた。

中央に設置されていたステージには誰もおらず、むなしい気持ちで内野を眺めていた

     ・・・すると、来た、来た!

20 まずは、1塁側からマーくん&ズーちゃん、3塁側からなぜか犬猿の仲なのに一緒に行動している風のリーンちゃん&クール(この2羽、じっと見てると夫婦漫才)

21 22 マーくんとクールは会ったらすぐに、お決まりの喧嘩モード・・・アヒル笑顔のくせに、クールにボールぶつけるマーくん。クールもやり返す。

23 いつの間にか、ボールころがして遊んでるし・・・喧嘩なのに癒される。

   

スケジュール合わせ?が済んで、やってきたのは

24     お嬢リーン登場!

25 ボールころがしを見つけるやいなや、早速クールをおもちゃにする

26 27 28 リーンちゃんがボールを転がすと、クールは猫のようにボールにまとわりついて遊ぶ

55   ・・・って、おーい!クールゥ、それでいいのか?

ところで、バリバリハードな動きで仕事していたズーちゃんは?

54    頭の下は“素(す)”になってた・・・

29 体から疲れが伝わってきた。不思議なのだが、この“素”の姿が、完璧なダンスを上手に踊っている時より、ずっと心惹かれる(個人的には、ズーちゃんはちょっぴり下手なダンスがいい)。

31 リーンちゃんとクールがコネタやってる隣で『やっぱり兄弟?座っているスタイルが同じ』2羽がいた。

アヒル顔のカモメ&アクロバットペンギンのお陰で、一瞬ファン感のむなしさを忘れさせてくれた・・・やはり、マスコットは欠かせない

32 33 ベンチで選手をも和ませているマスコットたち・・・

34 35 ただ座っているだけなのにかわいい。

  マーくんファミリー、ありがとね♪

   お・ま・け

36 ズーちゃんの横にクール、クールの横には佐藤くん、佐藤くんもマスコットみたいでかわいいな~ (ちなみに試合になると、プロの顔になってるよ)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ファンフェスタ・マーくんファミリー☆おもて

   ガ~ン!大場投手、ソフバだなんて~

抽選の確率を考えると、長谷部も5球団指名だったし、チャレンジしないから長谷部も逃したような気がする。

    

11月18日、ボビーは満足したらしいファンフェスタ・・・来年は、グラウンドで紅白戦&大サイン会、合い間の休み時間は、グラウンドでマスコットショー、外でピンバッチ交換会&オークションなんてどうかな?ファンが増えると、以前のようなふれあいなんて期待していないし・・・

ただ、ルールだけは守って欲しかった。以前は、サインは大サイン会があるのでという事で、子供達はしっかりルールを守り、その中で成長をした。しかし、今回はサイン会の後、抽選を無視したサインがあったようだ。選手の名刺配りも、並ぶことも教えず“ギブミーチョコレート”状態で・・・こんなことをすれば、子供はますます大人のルールのない世界を当たり前に思ってしまうだろう。

天下のロッテなんだから、豪華商品1点より、お菓子の詰め合わせや、新商品をくじに盛り込めばいいのにな~。いつの時代も、子供にとってお菓子はうれしいと思うけどね。

   ☆ファンフェスタ♪マスコット☆

01 02 10時開会式だが、8時開門のためすでに多くの人が暇を持て余している・・・10時を待たずにマーくんファミリー大活躍。

03 選手が入場する前の、犬猿の仲が売り?の仲良しリーン&クールの訳わからないゆずり合い発見!

04 05 014_2 開会式では、シャキッとしない選手達を、アヒル笑顔で誘導するマーくんたち・・・(きちっと前を向いて行進しているのは、マーくんたちと小宮山投手かよ~)と、思いながらも観察。

06 選手が去った後、マーくんが表彰を受けていた・・・なんの表彰だ?と眺めていると

07 08 マーくんの横で、頭を深々下げるズーちゃん

      “できた弟だ~”

09 010 ズーちゃんは、清水投手の抽選のお仕事をお手伝い。清水選手から受け取った番号の紙を、みんなに見せるズーちゃん 

011   ・・・って、見えるわけないじゃ~ん!

012 清水選手、ご褒美に自分の首に掛かっていたお花の首輪を、ズーちゃんにかけてあげ、微笑む清水投手。

013 そして、ズーちゃんうれしそうにピース!・・・しっかり演出、賢いズーちゃんである(子供のくせに賢すぎるぞー!)。

しかし、こんなマーくんファミリーも、時には“素(す)”になっていることも・・・

         それは、次回のおたのしみ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

即席ネタ・・・ピンクの傘

スポニチアネックスさんの記事に、ファンフェスタの危機が載っていた。確かに、普通に考えればオリンピックに6人のそれも軸とされる選手がとられ・・・

  しか~し、マリーンズは違う!

例えば、ファンが着ているユニからして違う・・・ビジターで他チームに行くと、ファンが着ているユニ(Tシャツも)の背番号はメインの選手ばかり。それに比べ、マリーンズはメイン選手だけでなく、ファーム選手から過去の選手まで幅広いのである。

また、五輪に行く選手たちの声や雰囲気は、球場内外で知ることができる。リピーターが多く、生え抜きが育つマリーンズにとっては、時として控だったりファームだったりの選手が貴重になってくる。

今年活躍の小宮山さん&高木さんや、大松&竹原、荻野&川崎、ファームかわいい3人組の大嶺&黒滝&佐藤くん・・・ファームには細谷くんや、噂のサダ坊もいる。

    案外、大丈夫な気がするが・・・

藤田選手が戦力外となった。まだ現役を望んでいるので、ぜひどこかのチームでもう一度“ちょっぴり曲者”投球を復活させてほしい。

日本シリーズ、私はパリーグに勝って欲しく日ハム応援。勝ったけれど、せっかくの投手戦も相変わらずの中村審判の判定で、楽しさ半減・・・ど真ん中はストライクって言わなきゃね!

でも、ダル調子悪いのによく抑えたな~悔しいが、エースだなぁ・・・

    

異常気象のためか、今シーズンは雨の試合も多く、中止も何度か・・・

しかし、ドームにはしてほしくない。やはり、空に抜ける応援・自然の日の光・海風・・・寒い時期の屋外での温かい飲み物・暑い時期は時々倒れそうになるが、ナイターは月を眺めながらの観戦・時には雨に稲妻など・・・体で四季の変化を感じる。

観戦についてだが、すいている時は傘もジャマにはならないが、込んでいる時はぜひ合羽でお願いしたい。

やはり、伸び伸び傘を広げていいのはこの子だけ

  “ピンクの傘がかわいいリーン”

01 02 9月11日、試合前は中止になるだろうと予測するほどの雨。マーくんも、試合前の指揮者姿もいつものタキシードではなく、ユニ姿で登場し、シートを引かれたグラウンドで指揮棒を振っていた。試合途中の花火も中止と放送された。

雨も小降りとなり、急きょ“花火有り”・・・私はアタフタカメラのスイッチを入れ、出てきたカモメたちにピントを合わせる。

03   『リーンちゃんの手にピンクの傘』

私の頭の中では、すでにかわいいシーンがいっぱい出来上がっていた・・・きっとリーンちゃんもそのはずだったと思う。

04 リーンちゃんは、“クルクル”傘を回しマーくんの目を回す。マーくん一応目を回した。

05 06 07 クールにも“クルクル”  さすが、空気の読めるクールである。目が回りフラフラするところまで演じた。次に、ズーちゃんにも“クルクル”し、ズーちゃんも目が回ったつもりの動きをしていた。

08 09 010 突然、マーくん傘を奪いとって武器のようにして『暴れん坊マー』に変身

かわいそうにリーンちゃん、やりたい放題のマーくんを静かに眺めていた。

011 そして、下がる時も悲しそうだった。

012 ・・・が、さすがリーンちゃんすぐに気を取り直し、前を向いて元気良く下がって行った。

マーくん達の即席ネタもなかなかおもしろいものだ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

ライナの恋?

FAの話題が飛び交うこの時期、我らがマリーンズ選手はどうなるのかな?

   

   今日は、昨日のつづき・・・

私はこの日、マスコットの切なき恋物語を追っかけにグッドウィルドームへ出かけた・・・わけではないが、おばちゃん本能で、試合前のライナの行動に興味シンシンだった。

01_3 02_3 体を動かすのがかなり好きなのだろう。ベースを見ると柔軟体操はするし、竹箒を見ると乗るし、じっとしてられないライオン

前日試合前、ベンチのすぐ前で柔軟体操をしている背番号7らしき選手に、ライナはずっとくっ付いて女の子を演じていた。

この日も見られると思い、西武ベンチ前を探っていると、背番号7ではなく、背番号53がいた

03_3 ・・・そして、ライナは隣に行って同じように柔軟体操を始めた。

  “ライナよ、片岡でなく福地でいいのか~?”

04_2 それも福地選手、横にいたライナに『くさ~、しただろう?』ってな感じでからかい、ライナは泣く仕草・・・なんかそこだけコントをしていた。

05_2 06_2 そこに、レオ登場・・・今度は福地選手とライナがタッグを組み、レオに『くさ~い』って。

見ていてそこそこおもしろかったが、淡い恋物語を期待したのに、プチコントをみせられるとは・・・。

07_2 08_2 しかし、そこへ背番号7がやってきた。早速、柔軟体操をし始めたのだが、なんかライナの様子が変。なんと福地選手はコントの続きをしようとしたが無視され、福地選手ショック!?

09_2 010 福地選手を追い出し?片岡選手の隣に移動・・・いっしょに柔軟体操

011 012 そしていつしかくっ付いてお話大会。なぜか、心配そうなレオがじっと大人しくそばでその様子を見守る・・・切なかったのは、実はレオだったりして。

な~んて、マスコット恋物語と銘打って、試合前の暇つぶしに眺めて遊んでいた私であった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

西武のマスコット

海の向こうで、元西武の松坂投手の所属チームレッドソックスと松井稼選手の所属するロッキーズが対戦。

今年の西武は60億を補強に使わず、表向きファンのためにと言っていた。しかし、今シーズングッドウィルドームに足を運び感じたことは、いったいどう60億をファンのために使ったのかと尋ねたかった。

相変わらず窓口の女性は親切で、マスコットの2頭も良く働いていた。だが、球場の明かりは薄暗く、内野に行くほど急でハードな階段はエレベーターが付くわけでもなくそのまま。駐車場はあるが、そこまで行く道が混みあってしまい大変だというし、電車も接続が悪い。

なんやかんや言って、親会社に上手い具合に大判小判が入っていった気がするのは、私だけだろうか?

 親会社は嫌いだがマスコットには罪はない!

8月28~30日のビジター3連戦でのライオン達は、選手と同じように限定ユニで登場した。

28日は、入場口の中央ステージでのライオンを見物・・・どこのマスコットも同じらしく、裏で待機の時もなんか楽しそうに過ごしている。

01 02 あの切れのある正統派のレオが、変なものを顔に乗せてお姉さんを笑わせたりする姿を見た時、もしかして見てはいけないのもを見てしまったのか?なんて思ってしまった。

03 しかし、正統派のライオン達、どっかの“鳥お笑いステージ”と違い、締りあるまじめなステージを見せてくれた・・・(個人的には、ちょっと毒のあるお笑い鳥&こなつお姉さんのステージの方が好みだが)

  29日は、球場内でライオン観察。

試合前の催しで、グラウンド中央で少林寺拳法?らしきものをやっていた。

それを見ていたライナが、

01_2 『レオもこれ(ホウキ)持ってやってみて~』

02_2 03_2 という様子で、ホウキを持ち出しレオに催促。レオはホウキを使ってアクション、その後ひと休み・・・すると突然ライナが、レオに向かって少林寺?のマネをし、

04 05 今度は『レオもやって、やって~』と駄々をこねる。仕方なくレオはやってみせる

06 ・・・が、気づくとライナはレオに頼んでおきながら、勝手に一人でホウキ持って知らんぷり・・・困ったわがまま娘である。

実はこの日、我らがマリーンズ小宮山悟投手の1500奪三振記録達成の日であった・・・と、同時に“元”西武監督になってしまったが、伊東監督のお誕生日でもあった。

07 08 ライナがカメラ席から、カードのようなものを持ち出し、ベンチに大きなレオのぬいぐるみがあるのだが、そこにセッティングして監督のお誕生日をライオンなりに祝おうとしていたらしい。

09 なんと、レオとライナに向かって、帽子をとって伊東監督がお礼を言っているではないか!

この時期すでに、西武はどん底に向かって走っている最中・・・コーチも選手も監督の心など考える余裕がない時期、伊東監督にはこの時ばかりは、ライオン達が一番信用できただろう・・・。

この日、ライナの怪しい動きをキャッチ!

背番号7にくっついてばかり

    ん?ライナも恋をしたのか?

        いいのかレオ!

                ・・・続きは明日ね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

リーンちゃんとゴザ・・・4

 だめでしょう~、日本テレビさん!

別に中日ファンではないけれど、途中で落合監督のインタビューカットしては・・・

そんなことするから、ますます視聴率低下し、Gが嫌われるのにね。パリーグの元選手がたくさん出てるから懐かしい気分で見てたのに、最後悲しくなっちゃった・・・

     

今シーズンも終了し、選手もお休みに入り・・ついに、今年秋季練習なんかやるらしい。じっくり体をつくって、来シーズンは怪我のないシーズンにして欲しい。

負けはしたが、成瀬投手の泣き姿を見て、この時代には珍しい野球一筋の純粋さを感じさせてもらった。オフにはオリンピック準備があるらしいが、成瀬投手に余分な神経使わせないよう球団は守ってあげて欲しい(私の姪と同じ歳なので、余計に心配)。

       

今日は、選手と同じくらい感謝したい4羽のお話

   10月2日

まさか、この時期になっても花火が見られるとは・・・

花火といえば、今年はリーンちゃん持参のゴザがおもしろい。そのたびごとに、微妙に雰囲気を変えてくる。お陰で、今シーズンはバージョンアップされていた花火をまともに見ていないのだ。

この日は、じっくり花火見ようかな~

   ・・・やっぱり気になっちゃうのよね、マスコット

   ゴザも見納め、しっかり見とかなきゃ!

01 02 お客様もいないので“3・2・1、スイッチオン”はマーくん

03_2 04  さあ、ゴザにはまずクールが、陣取って

     ・・・え?いつもとだいぶ違う

05 06 かわいい顔して、獲物を誘い入れる?リーンちゃん。

  来た来た『この日の獲物、マーくん』

07 08 犬猿の仲のはずの、リーン&クールがタッグを組んで、マーくんを無理やりゴザの上に横たわらせ、ズーちゃんも加わり

09_2 010    なんと、マーくんを巻き巻き!

     ん?仲間割れか?

011 そして、次はなぜか羨ましかったのか、自ら巻かれにいったズーちゃんだが、

       世間はそんなに甘くない!

012 013 ここぞとばかり、クールいつものお返し

   ケリケリ、フミフミ・・・

今シーズン、ゴザを囲んでのおもしろ小ネタを楽しませてもらったが、まさか最後に想像しえない動きをするとは・・・さすがマーくんファミリーである。

014 花火が終わると、この日もさっさと余韻も残さず切り上げていくのであった・・・

シーズンすべて勝ち試合なわけではない。負けたとき、いつも心を癒してくれたのが、アヒル顔のカモメ3羽と、CD出してるペンギン1羽・・・実はこの4羽、オフも仕事が一杯らしい。

  おとぼけ馬券コーナー☆菊花賞☆

夫は、ある理由でヒラボクロイヤルから・・・

私は枠8-8(たいしてつかないそうだが)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 | ペット | ペット Ⅱ | マスコット | マスコット Ⅱ | マスコット Ⅲ | マスコット Ⅳ | ロッテ スタッフ編 | ロッテ選手名鑑 投手編 | ロッテ選手名鑑 捕手編 | ロッテ選手名鑑内野手編 | ロッテ選手名鑑助っ人編 | ロッテ選手名鑑外野手編 | 動物園日記 | 日記・コラム・つぶやき | 日記・コラム・つぶやき  08年 | 日記・コラム・つぶやき 09年 | 観戦記 07年 プロ野球以外 | 観戦記 07年 03月 | 観戦記 07年 04月 | 観戦記 07年 04月 イースタン | 観戦記 07年 05月 | 観戦記 07年 05月 イースタン | 観戦記 07年 06月 | 観戦記 07年 06月 イースタン | 観戦記 07年 07月 | 観戦記 07年 07月 イースタン | 観戦記 07年 08月 | 観戦記 07年 08月 イースタン | 観戦記 07年 09月 | 観戦記 07年 09月 イースタン | 観戦記 07年 10月 | 観戦記 08年 プロ野球以外 | 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ | 観戦記 08年 03月 | 観戦記 08年 03月 イースタン | 観戦記 08年 04月 | 観戦記 08年 04月 イースタン | 観戦記 08年 05月 | 観戦記 08年 05月 イースタン | 観戦記 08年 06月 | 観戦記 08年 06月 イースタン | 観戦記 08年 07月 | 観戦記 08年 07月 イースタン | 観戦記 08年 08月 | 観戦記 08年 08月 イースタン | 観戦記 08年 09・10月 | 観戦記 08年 09月 イースタン | 観戦記 09年 03月 | 観戦記 09年 03月 イースタン