観戦記 08年 04月 イースタン

2008年4月 3日 (木)

4月2日 浦和VS所沢

08_03_04 こんにちは、わたしグレが今日はブログ担当にゃん

お兄さんチームを見て、ちょっぴり落ち込んでいるマリーンズファンの皆様には、今日の観戦記はピッタリかも・・・

     ごゆっくりお楽しみください

  攻撃から、今日はご紹介

      攻撃 

2回に1点とられて迎えた5回

1 2 先頭の早坂さんセンターへのヒットで出塁&次の2番代田さん“後藤ヒット(この日サードには後藤武敏さん)”でランナー1・2塁

3番佐藤さんバントしたのですが3塁アウトで、ランナー1・2塁のまま・・・(バント練習大切にって指導した古賀さんの気持ちわかったかにゃ?)

この日4番DHに座ったベニーさん、

3       センターへの同点タイムリー♪

7回に1点とられ、8回同点に持ち込みたく大塚さんまでがバントをし、ランナーを進めたのですが、追加点ならず・・・

   

4 5 そして9回、代田さんまたも“後藤ヒット”で出塁し、2回にバントしてランナーを進められなかった佐藤さん、またもバント・・・今度は成功

不思議と9回のバントのサインの時、佐藤さんの表情が生き生きしていました。やはり、大好き(?)なあの大塚さんが、勝つためにきっちりバントを成功させた姿が格好良かったからかにゃ?

6_2 そしてベニーさんが、ショート強襲のヒットを放ちランナー1・3塁としました。

   

10_2  続く細谷さん、ライトへの犠牲フライで同点に追いつきました

このところ、なんとなく動きが芳しくなく、打撃も不調な細谷さんでしたが、がんばって同点にしてくれたにゃん

      延長突入~

10回裏、最初の打者は、この日1打席目内野安打・2、3打席目レフト前のヒット・4打席目ボール球なのに上手にバントした大塚さんから・・・

大塚さんの5打席目は

11   さよならソロホームラ~ン

この日、大塚さんが魅せてくれましたが、マリーンズを陰で支えてくれたのが、

    西武の後藤武敏さんでした

後藤さんのとこに球が飛ぶとレフトに抜けてヒットになっちゃうの。この日の後藤ヒットは、5本ぐらいでした・・・ニャッキー  

   

     試合結果 ○【M3対2L】

先発 木興さんー阿部さんー三島さんー松本さんー根本さん

木興さん・・・失点は1でしたが、内容がいまいちでした(失点は押し出しです)

本格派投手になると思ったのですが、かわす投球が目立ち、見ていてあまりおもしろくありませんでした。木興さんは、やはり力で抑え込もうとする投球の方が好きです。

阿部さん・・・木興さんが、5回ランナー1塁にし1球投じたところで足が攣ってしまい、後をたくされました。

13 5回、バントをさせゲッツーにとり、次の打者は三振。5・6回ともに、ストライク先行で0点に抑え、7回は石井義さんにタイムリーを打たれましたが、内容的にはとても楽しく見れました。

三島さん・・・8回、2者連続3球三振そして、次の打者種田さんに初球をセンターへの2ベースを許しましたが、続く後藤武さんを三振にとりました。9回、貝塚さんに四球を出し交代。しかし、いい三振がたくさん見られました

松本さん・・・三振も含めサラッと抑えました(低目が好きな審判にも助けられました)

根本さん・・・内野ゴロ&三振2つ、テンポもよくさっさと終わってました。

   

      守り 

 4回、相変わらず強肩の金澤さんです

14_2       余裕のアウト

   

    この日一番のショット

15 6回、ライト前のヒットのはずが、早坂さんが斜めにジャンプして飛びつき、ライナーをキャッチ!

  バキにもおにゃじにも褒められました

わたしには、このプレーは大塚さんのさよならHRと同じ位の価値を感じました。浦和のおじ様方も感動の嵐だったようです。

こんな素晴らしいファインプレーが生まれたのは、阿部さんがテンポよくストライク先行の投球をしていたので、野手が守りやすかったのだと思います。

この日はみなさん守備も良く、その上さよなら勝ちなんて、楽しくて大満足1軍の試合はなかったことにしておきましょう・・・

    

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

4月4日 浦和VS戸田

今日から、ネコ科のライオンとの3連戦・・・先発西口だから、大松くんホームラン期待してるニャン

 

(今日はゆっくり日向ぼっこなんかして

          いっぱい寝ようかにゃ~)

         ・・・と思っていたその日の俺(ガス)

だけどバキ(飼い主)が、朝早くからおれの耳元で

   『と~だ、と~だ、と~だ、戸~田、戸~田

とうるさく連呼する・・・仕方なく北戸田下車徒歩35分のヤクルト戸田球場へ向かうことにした俺

1   マリーンズ首脳陣?桜を背に登場

      

     試合結果 ●【M0対8Ys】

先発 唐川くんー手嶌くんー江口くんー田村くんー池田くん

唐川くん・・・先頭打者をキレのいいスライダー(かな?)で三振。ところが、2番・3番打者には内外角を丁寧に突くも連続四球。俺にはほとんどストライクに見えたのだが、今日の主審の○○さんは判定厳しいのかにゃ~。

 “まるで、審判の力量を試すかの様な投球”

今日の戸田球場は風も強く、また唐川くんにとっては初めて投げる球場のマウンドで少し投げずらそうだった。珍しく高めに抜けるボールが何球かあった。

でも4番を初球、ショートゴロ併殺に打ち取る唐川くん

ところが相手投手の川島の球は、唐川くんよりボール2つ位はずれていてもストライクだったような気がしたぞー。

俺が持っていった選手名鑑には『審判員の横顔』という欄があるのだが、今日の主審の欄には、「失敗を恐れず、機敏にどんどん動いてほしい」と書いてあった・・・なんにゃ、これ?

3回に3失点。先頭の8番打者レフト前にヒット。9番送りバント。1番をセンターフライ(ちょっとヒヤッとした)。二死。2番が高く弾む内野ゴロ、これが内野安打。3番に四球(何球か際どいのあったよ)。二死満塁。4番の時、ワイルドピッチで1失点。そしてセンター前に2点タイムリーを打たれてしまった。

でも4回は三振2個で三者凡退。今日はこの回で降板。

3  ファースト牽制“エイッ!”(・・・って、バレバレ牽制

    

      打撃・・・0点だけど 

4 5 今1軍にいる1番早坂くん、1打席目レフト前ヒット&2打席目ライト前ヒット

6 2番代田くん、4打席目にライト前ヒット

7 5番角中くんのセンター前ヒット

(怪我治ったみたい

8 6番正捕手の強肩金澤くんもセンター前にヒットがでた

9 7番この日ファーストに入った青松くんもセンター前にヒット

お兄さんチームも、弟チームも捕手たちががんばってるにゃん特に、ファームでは一番捕手として出場回数が少なかった田中雅くんが捕手&野手でいい仕事をしている

10 11 8番佐藤くん、最近はまっているのか?セフティバントを試みるもピッチャー正面(打ってけよにゃ~)&センター前ヒット

12 代打正人くんもヒットあったな~

       

みんなバットには当てている・・・ただ、インコース付いたり、勝負したりの投球がなく、外に逃げてばかりのセ・リーグ配球(?)。ファームは打っていかないと1軍に上がれない世界、振って行って正解だにゃん

   

      ゲッツー 

13 初回4番打者を6-4-3のゲッツーに

  

   試合前の、ほのぼのタイム 

16  柔軟体操・・・もれなく古賀さんも

   

14  本日の佐藤賢治とその仲間達

(大嶺くん&手前池田くん&真ん中賢ちゃん&向こうが白川くん)

   

15 バキ曰く、

  『コラー、へーうちぃ!

   佐藤くんいじめたら踏んづけてやる~

   ・・・と、言っていたニャン

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

4月5日 浦和VS戸田

今日は俺ガスが、ブログ担当

野球のない日くらい、静かに過ごしたいと希望するおにゃじに対し、バキは

『おにゃじぃいいもの見つけたから一緒にみようよう』と、なにやら怪しい・・・

一緒に見たものは小坂誠のルーキーイヤー~2005のファインプレー特集だ。

野球ばかりのバキに無理やりつき合わされているおにゃじの口癖は

    『野球のない世界に行きたい

   

4月5日の戸田球場から帰った夜

バキ(飼い主)「昨日(4月4日)は8点も取られたけど今日はどうだったの?」

「今日も8点取られた」

バキ「ピッチャー全滅?」

「ひとりだけまあまあ良かったよ」

バキ「だれ、だれ?」

「右ピッチャーで、髭が濃くて、テナガザルみたいな・・・」

バキ「・・・なんだ、神田じゃん」

   

1      試合結果 ●【M1対8S】

2 そうなのである。なんだかんだ言っても、ファームでは安心して見ていられる神田くんなのである。

1回 サードへの内野安打の後、タイムリー3塁打で1失点。しかし1死3塁を内野ゴロ2つで凌ぐと、2回~4回は変化球の切れがよく3者凡退で切り抜ける。

神田投手は「この1イニングを絶対抑えろ」というより「4,5回を2,3点で抑えて」といったゆる~い起用のがあっているのかな~

そしたら、先発の谷間の時投げさせてみたらどうだろう?上手くいったら7回2失点くらいでいけちゃうかもにゃ~

2番手服部くん 先頭打者にボテボテ内野安打、次の打者の送りバントの処理がスローな動きで内野安打、そしてタイムリーをレフト前へ。ストライクは先行するんだけど・・・。

手裏剣のコントロールはいいんだけど、威力がなくて、敵の鎖鎌ですべて弾き返されてしまう忍者ハットリくん。不調なのか、実力なのか。低めのコースの制球力が売りではなかったのか。ウイニングショットとなる決め球を磨いてほしいにゃ~(体の大きさも関係あるのかにゃ?)。

そのあと 相原くん、三島くん、松本くんも失点を重ねる

  

      1点取ったよ 

1回 四球で出塁の代田くん、盗塁を決めると福浦くんのとき相手投手のノーコン高井(以前交流戦で福浦くんに死球を、そしてこの日は新里くんにも・・・)が、ワイルドピッチ。キャッチャーがボールを見失う間に2塁から一気にホームイン

3 しかしこの激走で、どこか怪我をしたようで次の回から代田くんは交代となった。

4 ヒットは4本・・・4月13日に活躍した猫好き細谷くんが、この日もしっかり打っていたのだ。

  

     不思議な空間

5 まさかこんなシーンが見られるとは・・・ズーリー&佐藤くん

  

6 試合前、この日から合流したズーリーに、守備練習のしかたを教えるのは、佐藤賢治くん

ズーリー腰を落とし両手でゴロも丁寧に捕球・・・ただし、転がってくる球を“じ~”っと待っているので、本番ではランナーに走られまくりになっちゃう気が

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

4月6日 浦和VS戸田

俺ガス今日は、野球がお休みでバキのブログもお休み・・・

     浦和ファンお待たせしたニャン

今日は、ファームネタだニャン・・・1軍と違い、ファーム選手は敵も味方もなく、全員が1軍が敵であり目標である。

4月6日、戸田に行ってきた。

    この日は、千葉も戸田も延長戦

   

     試合結果   ●【M1対2S】

延長11回裏、前日から連投の相原くんはこの試合2イニング目だ。

先頭打者を気持ちよく空振りの三振。ところが次の一番打者を福浦くんのエラーで出してしまう。

1死走者1塁。2番打者の時、ランナー盗塁成功、さらに金澤くんの送球が大きくそれて外野へ、ランナーは3塁へ。2番打者を敬遠気味に歩かせて1死走者1、3塁。ここで3番打者は畠山くん。

ここまで彼は5の0。それも同点にされた7回裏に2死1,2塁でショートゴロ、9回の裏2死2,3塁ではボテボテのセカンドゴロ。サヨナラ内野安打かなと思ったけど、この人かなり鈍足らしい。そしてこの11回にもサヨナラのチャンス。

   ~その時、ネット裏の戸田ファンは~

7回「はたけ(畠山のこと)~ ここでうって~ おねが~い」  ショートゴロアウト。

9回「はたけ~ ここでサヨナラ 決めろ~」 ボテボテセカンドゴロ

  「こら~ はたけ~ しっかり走れ~

11回 「もうやだ~ このパターン 

     はたけ~ またおまえか~

 そして畠山、普通にファーストゴロ。

ところが人がいいのか福浦くんお手玉。サヨナラ負け(そのころ千葉マリンでは西岡くんのサヨナラ打に3万近くの観衆が酔いしれていた)

しかし 戸田球場はネット裏に80~100人ほど座れる観客席があるのだが、この日は浦和ファンも戸田ファンもマニアックで熱心な野球好きが多くてとてもおもしろかった。特に同点になった7回からは、ファームの試合とはいえかなり皆さん熱くなっていた。

先発 ウーくん。初回はボール先行、ストライク取りに行ってガツ~んと打たれるいつものパターンで1失点。しかしこの日の主審はかなりストライクゾーンが広く「えっ?」と思う球がストライクに。すると2回からは、ウーくん自信満々に低めにストレート・変化球がビシビシ決まり始める。5回を1失点。マリーンズ入団以来最高のピッチングか。

2番手以降の良平くん、根本くん、相原くんもランナーを出しながらがんばる。

     

      打撃 

   価値ある同点打

1_2 7回 エラーで出塁の金澤くんを、センターオーバーの3塁打で返す佐藤くん

  

2_2 3_2 9回 金澤君ライトへヒット。塀内くんショートへ内野安打。

   

4_2 5_2 南くんレフトへヒット。しかし金澤くんホームベース前でアウト(スタイルはいいが、足は福浦くんタイプっぽい)。

 

      守備 

1軍からきた内野手より、上川コーチの指導のもとがんばっているファーム内野陣の方が、見ていて楽しい。1軍は、内野手の指導はどうなっているのだろうと、不安にニャッた

    

      ファームならでは 

   

6 ヤクルト戸田球場のネット裏観客席。ベンチの間に隙間があるので何か落としたら大変。

  

7 8 試合前 福浦くんとズーリーに呼ばれたのはいいが、どうすればいいか戸惑う柳田くん

9 しかし、いつしかしっかり可愛がられる柳田くん

気の小さなおれは普段声を出して応援するのも照れるのだが、どうしても佐藤くんの3塁打に感動した俺は、一言声をかけたくなった。試合終了後、

「佐藤くん、ナイス3塁打」

「オゥィース(だったかな?)

と、胸を張って答えてくれた期待の佐藤賢治くん。

そんなときマリンスタジアムに行っていたバキからメールが

『こっちはサヨナラ勝ちだったけどそっちはどうなった?』

そんなメールには返信もせずに、佐藤くんの「オゥィース」の余韻に浸りながら戸田の土手を登り、徒歩35分の北戸田駅をめざす俺だった。

この日、ファンから“はたけ~、またおまえかよ~”と、畠山の“山”を省略されていた畠山くんが、先日決勝ホームランを放ったそうだ・・・あの日の熱い戸田のファンは、喜んでいたことだろう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

4月9日 浦和VS湘南

こんにちは、わたしグレ

先日サブローさんのブログに、浦和に来てねってコメントがあったにゃ~

凄い観戦客だったらしいけど、雑用の多い若手達に代わって、コメントしたサブさん、責任もってたくさんサインしたことでしょう。

最近、試合前でもサインもとめたり、試合観戦せず怪我している選手にもサインもとめたりと・・・

若手たちにしわ寄せが行ってない事を願います

バキの観戦ブログで、ファームのお話後回しにさせられてます

今日は4月9日、浦和球場にての観戦記を書くので、読んでにゃん

   

     試合結果 ●【M1対2SR】

先発 黒滝さんー阿部さんー根本さん

黒滝さん・・・いつも以上に大きく振りかぶり、テンポの良い投球。このところ良い成績ではなかっただけあり、この日の投球は黒滝さんにとって大きな自信となってくれたらいいにゃ~。

4回 3連打&パスボールで1失点しましたが、その後いつもなら崩れていくのですが、この日は踏ん張り、三振とゲッツーで抑えました。

6回の失点に関しては、正人さんのミスと福浦さんの悪送球で・・・黒滝さんは、三振は1つだったものの、課題の四球も2つ。後は、1軍のお兄さん達がミスしなければ負けはつかなかったでしょう。

1_3 オフに体をつくり、一回り大きくなった黒滝さん。あとは、精神力・・・恐がらず投げ込んでほしいのですが(もっとずうずうしい神経がほしいかにゃ?)。

阿部さん・・・テンポがよく、不調の福浦さんの横をコロコロ抜けた表向きヒットはありましたが、しっかり抑えました(名手福浦さん捕ってあげて下さいにゃん)

根本さん・・・バキはまだ1軍は早いといっていた方。ファームでは、相手も四球を選ぶより振っていき成績を出さなければならないせいか、ガンガン振ってくれ簡単にアウトがとれました。ニャッキー今は、1軍で出してもらっているので怪我に気をつけてがんばってニャン

   

      打撃 

得点は7回の1点です。

2_3 1アウトで、細谷さんセンターにヒット(ちなみに9回にもヒットを放った細谷さん)・・・ただいま1軍ですが、大切に使ってもらっているか心配しております。

3_4 続く福浦さん、ポテンヒット、次の神戸さん倒れ

4_3   佐藤さんのライトへの2ベースタイムリー

他の選手は、三振をたくさんとられた試合でしたが、その中で素晴らしい当たりを放った佐藤さん

シーレックスの大西さんという方が、4打数4安打されました。お顔をよく見ると、バキがちょっぴりお気にの“なまずくん”と呼んでいた元オリバのあの大西さんでした。

ぜひ、新天地で大活躍してほしいにゃって思いました

  

      守備 

8回のサードゴロ・・・細谷さんの捕球シーンですが、細谷さんの捕球はいつも捕球しながら、送球体勢に入っています。

5_3できる限り正面で捕球しようとしてるようです

   

      浦和ならでは 

ベンチに座っていると、わたしみたいな方をお見かけしました。

6_2 私たち動物にも、なかなか居心地の良い浦和です。

   

ガスネタいやガセネタだと思うけど・・・

ある早朝のラジオ番組でテレビでもよく見かけるスポーツライターが言うには、

MLB極東進出→日本でMLB所属6球団をつくる(この6球団はドームがある札幌・東京・名古屋・大阪・福岡そして米軍さんのために新たに沖縄にドームを建設)→プロ野球コミッショナーにMLBおたくの元駐米大使就任→その6球団はAリーグかNリーグの極東地区に加わる・・・・・な~んて言ってたけど、そんな事あるわけないにゃん・・・ね

しかし、バキにそのこと教えてあげたら、『新しいコミッショナーをなぜ日本プロ野球関係者にしないのか?、そんなコミッショナーは首にしてしまえー』と・・・バキの気持ちはわかるけど、そんなことわたしたちに言われても(バキは負け試合になると、エラーしただの打てないだの文句を言う。言ったほうはさっぱりするだろうけど、聞かされた方は嫌な気分にさせられるにゃん)

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

4月16日 浦和VS湘南

昨日の試合はで中止・・・バキはせっせと海浜幕張に向かっていったが、親切な知り合いの方が新木場辺りで“中止”の連絡を入れてくれたと、早々帰宅。

帰宅するや、家事でもやるのかと思いきや、TV&パソコンで他チーム野球の観戦して、な~んもやんない・・・困った主婦である

東京湾の向こう側に・・・横須賀ストーリー

俺ガス今日は4月16日のファームの試合を報告する。

  

      エースのたまご 

2_2 千葉マリンスタジアムでエースが力投しているのと同時刻、東京湾をはさんだ横須賀スタジアムで、唐川くんがイースタン初勝利をあげた。その夜、

「唐川くん、よかったよ

パソコンのキーボードをたたいてその日のブログ記事製作中のバキに報告

バキ「ふ~ん

「上で投げるかもって・・・

      新聞に書いてあったにゃん

その日の角中くんのHRに感動中のバキは、たいして反応なく、

バキ「そうなんだ~

「今一軍に上がったら、

  もしかしてコバ宏より上かも

その日の直行くんの投球に感動中のバキは、ちゃんと聞いてくれず、

バキ「それは言いすぎでしょ~

と、相手にしてくれなかった。

しかし先日の東京ドームのコバ宏くんを見ていたら、冗談ですまされないような気がしてきたらしいバキであった。

  

3_2      試合結果   ○【M2対1SR】

先発   唐川くんー阿部くんー相原くんー伊藤くん

先頭打者から5連続奪三振で、7回を投げて、

 被安打3 無四球 奪三振11 無失点

4_2 本人のコメントにもあったように、勝負球のストレートが素晴らしかった(最速147Kだったそうだ)。

140K台の品格あるストレートが、ストライクゾーンの縁取りをするようにコーナーに決まっていく。見逃しの三振が7つあった。先日(4月4日)見た時は同じようなコースがほとんどボールの判定になりリズムに乗れなかった印象があったが、この日は自分のペースに相手を引き込んでいくような、利発なピッチングだった。

11 5回、外の変化球で三振。「この回で降板かな~」と思ったら7回まで投げてくれた。

     この輝きが本物だと信じたい

 BIG3のひとりではなくて、

     この年の『BIG ONLY 1』に

このピッチングをみたらイースタンとはいえ、絶対に勝ちたいと思った。

   

      打撃 

この日は、1回1死1塁で福浦くんサードゴロ併殺、3回1死満塁で新里くんピッチャーゴロ併殺、5回無死1・2塁で正人くんショートゴロ併殺、おまけに送りバントも2度失敗で7回までいつものように無得点。

8回1死後唐川くんに代打宮本くん。

この球場はファームなのに、マスコット(レック)もいれば、横浜ベイスターズのチアチーム(ディアーナ)もくる。そして有能なスタジアムDJのお兄さん・お姉さんがいる。彼らはイニングの合い間に横浜の、そしてロッテの試合経過を場内に放送してくれる。12 唐川くんのことも試合前から『高校BIG3』とさかんに盛り上げてくれた

「千葉マリンスタジアムでは、ロッテ角中選手に

           プロ入り初HRが飛び出しました~

これを聞いて同じ四国リーグ出身の宮本くんは、諸々の思いが交錯したであろう。

5_2   宮本くんの3塁線を破る2塁打

そして捕手でありながら、ファームでは2塁手の新里くん。同様な起用法での雅彦くんの活躍を、どう思うか。

6_2  センターへバウンドしてフェンスを越える

    新里くんのタイムリー2塁打

   

そしてファームのレベルに妙になじんでいた

 今1軍の福浦くん、ボテボテタイムリーヒット

   

     お・ま・け

7_2   試合前の外野守備練習

10_2 ピッチャーになるために生まれてきた唐川くんのショートゴロ

9   おなじみレックのチキンダンス

シーレックスの、特にDJのお兄さんは、いつも相手チームへの思いやりがあり、感心させられる。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

4月23日 浦和VS所沢

俺ガス、昨日はエースが味のある素晴らしい投球を魅せてくれた。インタビューでも、『野手が助けてくれた』という言葉を添えて・・・

いよいよ、今日はエースのタマゴ唐川くんが先発である

何の因果か、相手はバキの好きだった男、大場くんだ。俺はいろんな意味で楽しみな試合である

    

今日は、4月23日の西武第二球場の試合を俺が書く。

少し風が強かったけど、春の陽射がポカポカして気持ちいい一日だった。バックネット裏は寒そうだったので、ライトのベンチからの観戦。

   

     試合結果  ○【M9対5L】

先発 大嶺くんー神田くんー松本くんー相原くん

1 大嶺くん・・・今年はまだあまり投げていない。この日も手探り状態かな。3回1失点。それでも4つ三振をとっている。

2 そしてカンちゃんは、4回早坂くんのエラー・四球・送りバントで1死2・3塁のピンチを、三振・レフトフライでしのぐ

その後5~7回はナイスピッチング。しかし8回先頭打者に四球を与えるとボカチカに2ランHR打たれる(この日打たれた唯一のヒット)。もったいない。でも神田君らしいにゃ~

松本くん・相原くんはこの日はいまいち

  

      打撃 

1回 南くん四球で出塁 そして

3      ズーリーくん 2ランHR

4 7回   竹原くん 特大ソロHR

8回 怒涛の攻撃・・・歩くんをボコボコに   

5_2 6 正人くんレフト前ヒット、早坂くん四球、神戸くんピッチャー強襲ヒットで無死満塁、南くん三振のあと、

7     ズーリーくんセンター前2点タイムリー

8  続いて竹原くんもセンター前タイムリー

9 打撃好調の新里くん右中間へタイムリー2塁打

10 おまけに青松くんもライト前へタイムリー

ついでに“転がして1点!”の内野ゴロでこの回一挙6点

   

      試合前の光景 

01   体をほぐして・・・

02 この日HRが出たボカチカ&ズーリー

03  最近バキが“おススメ”している池田くん&コバ憲くん

05  竹原くんファンて多いらしいにゃ~

    

      観戦場所 

04 ライトから観てたので、目の前には佐藤くん・・・

  西武のライト・大崎くん上手かったな~

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年4月27日 (日)

4月26日 浦和VS戸田

わたしグレ

以前、おにゃじが『ドラフト唐川獲って欲しい』と言った時、周りからかなりバカにされましたが、おひとりだけ『唐川がいいんだよ~、とって欲しいな~』とおっしゃっていた方がいました。

電話などいただいたことのないその方から、昨夜勝ちが決まった瞬間電話をいただき、我が家は大賑わいでした

ただ、おにゃじは初回から『今までの唐川くんの中で一番不調・・・ストレートがでてない!』と、不満

確かに、いつもはノーストライク3ボールなんてないですし、あんな高めには行きませんでした。

 でも、エースのたまごを実感

どのくらい良かったかは、こちらの知的ブログでご覧下さい

人のチームですが、大場さんもしかして故障寸前?昨年秋の疲労&キャンプの無理が今になり出てきたように思われます。

      

昨日は、バキに頼まれ東京ドームに前売りチケットを買いに行き、せっかくなので浦和球場にも足を伸ばしてみました。

球場で、バキとおにゃじのお友達に会い、一緒に観戦させていただきました。おかげででも楽しい観戦

   

     試合結果 ○【M1対0Ys】

先発 久保さんー阿部さんーアブリーさん

久保さん・・・初回、早速ノーアウト1・2塁で、立ち上がりてっきり2、3点の失点があるかと思いましたが、打たせて無事無失点。

2回も、ノーアウト1・2塁で困っちゃったけど、1アウト1・3塁になった時、久保さんお得意の12球団1の

1  “クイック久保”を披露してくれました

3塁に牽制する振りをして、1塁に牽制・・・ランナーが油断していてアウトを取れました。

このプレーを境に、久保さんガンガン攻めの投球に変貌

1~5回まで投げ、失点無しただ、ファームなのでそれでいいのですが、1軍だと緩急をつけないと球に慣れ、打たれてしまうと思います

阿部さん・・・いつものことですが、テンポがよく野手は守りやすいようでした。が強くなり、球が手につかないようでしたが切り抜けてくれました。

アブリーさん・・・スピード表示がなくても、見ごたえはありました。やはり、ストレートは高めボールが効果的で、ストライクを入れようとするとファームでもバットに当てられてしまい、仕方なく速い変化球で三振をとりに行ったようです。

どなたか、アブリーさんに『その変化球を決め球にすれば』って言ってくれないかにゃ~

   

      打撃 

1回 浦和球場だと、本当に楽しませてくれる早坂さんなぜかこの方には、浦和の土が似合ってしまうのはなぜでしょう・・・

2 3 早速のプッシュバントで、1塁も回って・・・

なんと2塁まで行かれました

なかなか点が入らない5回、正人さん四球、1アウト1塁で

4_2    へーさんのタイムリー3ベース

   

5  好走塁の

  へーさんです

   

  ・・・で、この1点のみです

    

     お・ま・け

6   試合前のアブレイユさん&高木さん

7   バキの好きな荘コーチのいろんなお仕事

    

8

  勝利・・・ファームも勝つとうれしいにゃん

         みなさん、の中お疲れニャン

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月28日 (月)

4月27日 浦和VS戸田

俺ガス

昨日、浦和球場に行ってきたのだが、相変わらずの人の多さだったにゃ!

   

     試合結果 ○【M11対1S】

先発 ウーくんー手嶌くんー服部くんー相原くん

1 ウーくん・・・初回から5者連続三振で7奪三振、5回を投げて無失点。低めのストレート・変化球がビシビシ決める。この1・2回だけ見れば、即1軍か?と思わせてくれるほどの投球だった。

4・5回は球が高めに行き始めたが、相手のいい当たりが野手の正面に飛ぶ運もあって乗り切る。(少し、スタミナ切れかにゃ?)

勝手な想像だが、ウーくんを受ける相手が金澤くんだといい感じかも・・・

2番手以降は 手嶌くんは内野ゴロを3つ打たせて無失点。服部くんは四球を2つ出したが併殺で切り抜ける。最後の相原くんはショートの正人くんのエラーから畠山にタイムリーを打たれたが最後は三振2つで試合終了。

最近思うのだが、今シーズンがはじまり、ファーム投手陣がそれなりに全員成長している。悪くなっている選手がいないのは、やはり荘コーチの細かい指導の賜物かにゃん?

   

      打撃 

2 3回 神戸くんライトへの特大ソロホームラン

ボールがゴルフボールに見えた。ナイスショットツボにはまると神戸くんの打球は凄い。ただそのツボが少なすぎるかも・・・

   

3 浦和のバースの満塁ホームラン

センターバックスクリーンの右側にへーくんのアーチ俺がもし実況するなら

 『ロッテ浦和球場は

   塀内のためにあるのか~

       と絶叫しただろうにゃ~

振り上げているわけでもないのに・・・いいスイングなんだよにゃ~

    

サブくん、猛打賞となる3本目のヒットは

4    レフトへの2ランホームラン

今日はDH・・・守備はまだ無理なのかにゃ~?西岡くんもズーリーくん、福浦くんもみんな浦和の時は、球拾いやネット移動など雑用したのだから、サブくんも浦和の時は少しはやろうね。

 (邪魔だから、早く一軍へ行って欲しいのにゃ

   

    ~ 賢治オンパレード ~

まだまだボビーには隠しておきたい、我が家のアイドル賢治くん

今日は5打数4安打1犠牲フライの大活躍

5 1打席目 レフト線へ2塁打

6 2打席目 犠打となるライトライナー。当たりは一番良かった。

3打席目 二死満塁で一塁ゴロアウト。

7 4打席目 レフトへのタイムリー(ちょっとソフトバンクの川崎みたいなせこいヒットだったけど)

8_2 5打席目 ショートへの当たり・・・“ドッタドッタ”と必死に走って内野安打

9 6打席目 ショートとセンターの間に図ったかのようなヒット

何気なく見直したら、

『賢ちゃん、ぜんぶフォーム一緒だし、なんか腰砕けじゃ~ん・・・でも、合わせてヒットにしてたのにゃん

  

細谷くん&角中くんのいない今、賢治くんオンリーの応援ブログに化している・・・ただ、なぜいい状態だった根元くんを出さないのか?しかたにゃいか~あるコーチが自分の子に背番号7のTシャツを着せるくらい“西岡が大好きだ!”と豪語しているんだから・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 ペット ペット Ⅱ マスコット マスコット Ⅱ マスコット Ⅲ マスコット Ⅳ ロッテ スタッフ編 ロッテ選手名鑑 投手編 ロッテ選手名鑑 捕手編 ロッテ選手名鑑内野手編 ロッテ選手名鑑助っ人編 ロッテ選手名鑑外野手編 動物園日記 日記・コラム・つぶやき 日記・コラム・つぶやき  08年 日記・コラム・つぶやき 09年 観戦記 07年 プロ野球以外 観戦記 07年 03月 観戦記 07年 04月 観戦記 07年 04月 イースタン 観戦記 07年 05月 観戦記 07年 05月 イースタン 観戦記 07年 06月 観戦記 07年 06月 イースタン 観戦記 07年 07月 観戦記 07年 07月 イースタン 観戦記 07年 08月 観戦記 07年 08月 イースタン 観戦記 07年 09月 観戦記 07年 09月 イースタン 観戦記 07年 10月 観戦記 08年 プロ野球以外 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ 観戦記 08年 03月 観戦記 08年 03月 イースタン 観戦記 08年 04月 観戦記 08年 04月 イースタン 観戦記 08年 05月 観戦記 08年 05月 イースタン 観戦記 08年 06月 観戦記 08年 06月 イースタン 観戦記 08年 07月 観戦記 08年 07月 イースタン 観戦記 08年 08月 観戦記 08年 08月 イースタン 観戦記 08年 09・10月 観戦記 08年 09月 イースタン 観戦記 09年 03月 観戦記 09年 03月 イースタン