観戦記 08年 05月

2008年6月 1日 (日)

5月31日 VSベイスターズ

小雨の中、お友達と一緒に野球観戦・・・お友達においしいおうどんをご馳走していただき、お腹は満腹deliciousコバ宏投手には、楽しい勝ちゲームを魅せていただき心も満腹smile

   

     試合結果  ○【M7対1B】

     先発   小林宏之投手

1 久々にコバ宏投手らしい『好調なのに、これでもかって丁寧&慎重に投げちゃいます』投球を見た気がしたhappy01

コバ宏投手の三振が大好きな私は、適度な三振芸を見ながら、楽しいひと時を過ごせた。

120K台の球も、数字の表示がなければ140Kに思えるほど伸びを感じ、適度に140K台も投げ込まれ、伸びも緩急もあり、四球は8回の一つだけ・・・

  

2回、先頭に2ベースヒットを打たれ、サードのエラーでノーアウトランナー1・3塁、打者は吉村選手・・・外野フライでも転がしても1失点の場面

伸びある球で、力&技を使ってファーストファールフライ&ゲッツーに抑えたgood

3回の失点は、エラーがついてはないが、またも連携がなされていないプレーが足を引っ張り失点に繋がった。何度同じミスをしても、連携を重んじたりはしないベンチなのだろう・・・投手も不幸だが、それを指導してもらえない野手はもっと不幸だcrying

   

久保康友投手・・・9回6点差で出てきた。なぜ、先日ロングリリーフさせたのにまた出すのか?と思ったが、抑えの練習だったのかもしれない。

  

     = 打撃 =

1回 西岡選手2ベースヒット、2番根元選手に1ストライク後バントの指示

   “コラー!いい加減、

   バントさせるなら

    最初から指示出せーsign03

という思いの中バント失敗し、打たせてショートゴロ・・・進塁打にもならずcrying

2 1アウトランナー2塁で里崎選手の打席、西岡選手盗塁すると、悪送球が行き一気にホームインhappy02

里崎選手のセンター返しのヒット&サブロー選手のヒット

そして、お友達曰く『最近守備上手になったよ~happy01』といわれた

3    オーマッnoteの3ランsmile

 弾丸ライナーで飛んでいった・・・スイングは良いね~

  

続く今江選手四球を選び、ファーストは勘弁coldsweats02

4     オーティズの2ランnote

2回 根元選手2ベースヒット、2アウトランナー2塁で

  

5    またもオーマッnoteライトへタイムリーgood

   

7得点はしたが、ウッド投手からのみ・・・もし、その後の新人の桑原投手や昨年ファームでよく見ていた高崎投手が最初からだったら、もしかしたら0対1で負けていたかもしれない。

6点のリードがあっても、進塁打を打ったり、引っ張らない打撃に心がけたり、見逃しをせずカットをしたりと、次の日に繋げられる打撃をして欲しかった。

もう少し、後ろに繋げるという打撃が見たかった・・・

   

     = 守備 =

 2回1アウト1・3塁で、

6    6-4-3のゲッツー

   

7 3回、レフトフライを深追い・・・以前も見たシーンだが、何度同じミスをしたら気付くのだろう?ベンチが気付かないんだから仕方ないのか~・・・

   

8 4回、決して上手とはいえないが、必死のダッシュ・・・神戸選手ファールフライ捕球

  

9 8回、ゲッツーだと思ったら、ヒットになる。踏ん張るコバ宏投手は、完璧なゲッツーコースを打たせ、6-3のゲッツーをとった。

  

ホームランが少なくても、きっちりランナーを進められ、守備が良いチームが最後は優勝だろう・・・ほど遠い気がする私crying

   

     お・ま・け

10  うれしそうな2人・・・よかったねheart04

  

11 かわいそうな一人・・・ウッドweep

打たれるたびに下を向いて、(いい加減代えてやってよ~)と思ったくらい。チームがうち以上にバラバラに見えたthink

先日のヤクルトは、若い力でガムシャラに戦っていたが、横浜は古株が自分だけしか考えないプレーをしている・・・うちと同じ、もしくはそれ以上に楽しくないチームに見えた。シーレックスは楽しいチームなんだけどな~

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月25日 (日)

5月24日 VSスワローズ 交流戦

帰りにヤクルトファンが歩いていた・・・ユニを着ているのだが、1軍有名選手の名が目に付いた。

昨日もヤクルトは、大半が戸田でよく見たメンバー

その中で、日ハムから高田監督が連れてきた“川島慶三”選手がインパクトがあった。

1戦目は外野でいい動きを見せていたが、昨日はサードでまたいい守り・・・川端選手との息も合いさすが守備重視の高田監督。

    

     試合結果  ○【M4x対3YS】

     先発投手     渡辺俊介投手

1_2 テンポは良かったが、遅い球でなかなかストライクがとれなかったのか、120K台のストレートが多めに見え、1~3回はそれでよかった。

しかし、相手もそれに気付いたようだった。上手くバットにのせ打ち返す技術がまだないメンバーのためか、4回から多少のボール球でも120K台まっすぐ(かな?)だけを狙っていたように思えた。遅いストライクの球が来ても、振ろうとしなかった。

そして、狙い撃ちのように連打を浴び、5回だけで3失点coldsweats02

   あの80Kの遅~い球での空振りが見たいなhappy02

   

川﨑投手・・・昨日は、最初から踏み込んだ足は動くことなく、下半身が安定していた気がする。

2_3 3_2 写真を撮ったときの足の踏み込み位置も、打者が変わっても変わりない所に足が行き、フォームに乱れも感じなかったgood

 

4_2 荻野投手・・・連投なのに、丁寧な良い投球を見せてくれた。

昨日の7回~9回までの中継ぎ2人は、充分に楽しませてもらったhappy01

   

     = 打撃 =

1回 先頭打者根元選手のヒット&早川選手ワンストライク後のセフティバント気味でなければきっちり決めるバントで、ランナー2塁

5_2   3番福浦選手のタイムリーnote

  教科書通りのきれいな点の取り方

   

6 2回 神戸選手のプロ入り1号ソロHRnote

このところ自分らしいスイングができず、なぜかファーストがんばっていたのに、外野を守らされ、悩んでいたらしい神戸選手だった。(やはり外野はポロポロしてたから、ファーストにしてあげてほしい)

   

4回 グラブと球に磁石つけとけって思う

7_3   オーマッnoteの素晴らしいスイングでのHRhappy02

   

9回 1戦目でみた林昌勇(イムチャンヨン)の球は、荒れてるが打てそうもない球だった・・・が、オーちゃんズ振り回さずミートし、センター返し。いつもこんなバッティングしてほしいな~

いつもやる手でわざと焦らすためなのか、代打として後に回したかったのか(現状、西岡選手が打ってくれる確率が高い)?

確か2-3の半端なカウントから、オーちゃんズに代走西岡選手を送る。いろんな想像をしてしまったシーン(なかなか楽しい想像wink)・・・以前お客が『早く代走出さないと~!』と言って、気付いて急いで出したということが何度かあるので、もしかしてファンに言われて気付いて出したりして?bleah

次の“グラブの手入れしてなさそうなオーマッnoteも、大振りせず、センター前にヒットでランナー1・2塁

ノーアウトなのに、ガチガチの今江選手。懸命に粘って、何とか浅いが外野方向に運んだ。

タッチアップが微妙の距離だったが、西岡選手突っ込むdash

8_2 正直、角度的にはセーフかアウトか判断できず、審判のコールでセーフを知った。後でバックスクリーンにそのシーンが出たが、セーフっぽかったので、一安心

    サヨナラか~happy01

     勝ってよかったcoldsweats01

  

     お・ま・け

   

9 HRの時、早川選手がベンチからわざわざ出てきて、全身使っての熱きハイタッチをうけるオーマッnote

   

10 サヨナラで喜ぶナインの中、笑顔で大人しくオモチャにされてたオーちゃんズsmile

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月24日 (土)

5月23日 VSスワローズ 交流戦

あれ~?、ヤクルトさん、

            ファーム上がりばっかり・・・

“はたけ~”こと、畠山選手がDHで4番打ってるんだよね~

相手は、打てないが守りに守って勝利を射止めた。

ヤクルトさんは、マリーンズ投手が交代するとすぐ、データらしき資料を片手に、次の打者に説明にベンチから出てくる・・・うちはそんなシーン“見たことないsign03

   

     試合結果  ●【M0対2YS】

     先発   成瀬善久投手

2回の畠山選手への四球なんか意味不明gawk

こんなにファーム軍団の多いヤクルト相手に、何してるんだか~

0点に抑えたといっても、テンポも悪く私は納得できない!金ちゃんのサインに首振って、明らかにわかるボール球を投げるとは・・・理解できず。

フォームの招き猫スタイルも好調の時の高さであったが・・・。それに、好調のときは外野フライが多いが、昨日の外野フライはライナー性の当たりもあり、“打ち取った”気分になれなかった。

先日の東京ドームでの試合、マウンドから降りていく成瀬投手を見た時、

 “どう見てもタンクpigpigpig

1 に見えた。昨日もまだまだ

 “タンクpigpigpig

のままだった。

食生活は大丈夫なのだろうか?プロなんだから、食事はきっちり管理しないとね

 まずはお腹周りをなんとかしてよー!

  お腹がジャマでジャマで・・・暑苦しいー!

2_2  アブリーheart04・・・先頭に0-3になった時はどうなるかと思ったが、球の伸びは良く、ストレートにこだわらず、落ちる球?で三振にとったシーンも見られ楽しい投球内容だったwink3回に2回は抑えてくれればいいや~smile

   

3 荻野投手・・・なぜ、12回なのに荻野投手を頭から行かせなかったのか?三振をビシバシとって抑える投手ではないことくらい、すでにわかっているのだから、頭からいくだろう・・・でも、ゲッツーコース×2回打たせ、内容は上出来happy02

根本投手を12回頭に行かせたのは、根本投手を抑えにってことなのか?なら、全部投げさせてよ!シコースキーや高木投手は出す必要がないでしょう。13回はないんだから・・・

それに高木投手を出すなら川﨑投手なのでは?不調で出せないなら、なぜ下げて調整させないのか?

こんな使い方してたら、中継ぎみんな壊れちゃうよ~weep

  

     = 打撃 =

ほんの少し野球の流れを感じた時・・・

4 8回 南選手ヒットで出塁

5   

大塚選手、バント成功

   

   

7 金澤選手、最低限のお仕事“進塁打”

まあ、打てなくても守りが普通なら負けてはいなかった。

  

     = 守り =

    ~ よくある不思議 ~

先頭をフォアボールで出すと、失点しやすい。そのため、先頭は打たれて出すなら仕方ないが、四球は避けるべき・・・やっぱり失点に繋がった。

失点の前の福浦選手のファールフライを落とした瞬間・・・落とすとなぜかヒットを打たれる。

    ~ 金ちゃん ~

リードは経験がものをいうので仕方ないが、案外風があり上空渦巻いてたのに、いい捕球を見せてくれた。2回、フライをキャッチした時、大丈夫かな?と思ったが、その後はフェンスギリギリも難無くキャッチ・・・最後まで目を離さずいい守備を見せてくれた(特に7回の捕球は素晴らしかった)

8 ちなみに、2回のちょっぴりドキドキ捕球

   

  

連携の“れ”の字もないマリーンズ・・・どんなに打っても守れなければ負けて当たり前。

12球団1、内野守備が下手なんだろうな~cryingヤクルト戸田のノックを、うちの1軍内野手に受けさせてやりたい今日この頃・・・

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月22日 (木)

5月21日 VSジャイアンツ 交流戦

 守備の乱れにはじまり、

   守備の乱れに終わる・・・

1 初回、悪送球?捕球ミス?・・・どちらにしても、セカンドで精一杯のオーちゃんズに、ファーストをさせることに無理がある。慣れてないから、ファーストのみの瞬時に野手に向かってミットを構える体勢をしない。というより、できてない。そのため、より送球を丁寧にしないと捕球してもらえなくなる。

  

2 3 9回、踏んだり蹴ったりの悲惨な“ゲッツー崩れすぎ”×2crying

   

ボビーの頭の中では、全員が2005年の守備のままなのかも知れない。

  

     = 個々のセンス =

帰りの電車で、マリーンズファンの若者の話が耳に入ってきた。

『西岡下手だよな~。坂本の方が動きよかったよな・・・』と。

悔しくて、悔しくて、大声で

 『去年までの西岡は、違ったんだよー!』

と言いたかったweep

そんな過去のセンスを感じさせてくれたプレーがあった。

4 4回のWスチールをされた時、セカンドランナーを見てスタートするファーストランナーを刺しに行った金澤捕手の送球を、西岡選手が捕球し、1・2塁間で挟む。

西岡選手は、サードランナーがホームインしないよう、目で牽制しながら1・2塁間でランナーにタッチした。

骨格が大きくない西岡選手は、球を遠くに飛ばす為、筋力をつけた。ただ、硬い筋肉を・・・

守備を捨ててまでつけた硬い筋肉は、結局自分の素晴らしい守備センスまで潰してしまっていることに気付いているだろうか?

      

     試合結果  ●【M5対8G】

     先発   小林宏之投手

   次、がんばれー!

伊藤投手・・・今日はたまたま抑えたのかもしれないが、私にはフォームが変わったようにみえた。

ファームに落ちてすぐは、ファームの選手達より打たれていた。

5 昨日見た時、せせこましくなくゆっくり左膝をあげ、踏み込みを意識してか、丁寧に足をおろす。そのため、上半身が先にいかず、下半身が先に前に行った後、上半身が付いていく形になっていた。

同じ四球でも、以前のハチャメチャコースとは違い、丁寧にコースを狙おうとしているような球が見受けられた。

ただ心配は、これからこのフォームを誰がチェックしてくれるのか?

今シーズンのファームは、マウンドに上がる前必ず丁寧なチェックを受ける(昨シーズンのファームはほったらかしだったが)。それに比べ、今シーズンの1軍は、コーチが見てもわかっていないようだし・・・

   

     = 打撃 =

5回 1アウトからベニーレフトへヒット&南選手ライトへヒット&金澤選手もライトへヒットで満塁・・・大塚選手、転がして1点smile

早川選手四球で2アウト満塁

6    西岡選手2点タイムリーnote

7回 西岡選手、1塁後ろへのポテンヒットで出塁

7    オーちゃんズのタイムリー2ベースnote

8    続く今江選手もタイムリー2ベースnote

  

     = 南 竜介 scissors

ファームから好調をキープか?そういえば、先日ファームで活躍したばかりだったな~happy01

5月15日はファームでHR

9 3回 レフトへ2ベースヒット

10 11 5回 ライトへヒット & 6回 センターへヒット

     南選手、広角打法じゃ~んsign03

   

     お・ま・け

   

12   この日も金ちゃん打っちゃったgood

13  藤田に死球受けたが、

   金ちゃん当たり方上手かったねsmile

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年5月21日 (水)

5月20日 VSジャイアンツ 交流戦

  あひゃ~、また負けちゃったな~catface

それも時間長すぎて、電車の時間きちゃったじゃないのよ~coldsweats028回神戸選手の三振見て帰路についた私・・・

1点差に詰め寄ったのなら、勢いで逆転位して欲しかったーsign03

試合内容としては、金ちゃんリードで初球狙われていたのに、パニくっていたのか修正できず・・・恥をかいた分、成長してほしい。金ちゃん、ちゃんとノートつけているかな?しっかり、毎試合ノートつけて、勉強するんだよcatface

ちょっと心配だったのは、金ちゃん肩壊してるみたいだったこと。どう見ても、金ちゃんの自慢の肩にほど遠い送球だった。

   

     試合結果  ●【M11対12G】

     先発   唐川侑己投手

  疲れてるんだろうな~

     野球以外のことでも・・・

シーズン中なのに、ポスター撮影やらなんやらやらされているようだが、そんな時間があるなら、少しでも体を休ませてやってよねー、球団広報部さん!(暇なキャッチャー陣やサブちゃんに頼めばいいのに)

初回から、打者の手元での球の伸びが、以前より感じられず、全体的に高めに行っていた気がした。流れるようなフォームもなにかぎこちなく、写真を何枚撮ってもいつもの美しい姿が撮れなかった(私の腕が未熟なせいもあるだろうが・・・)

四球を出さないようにしようと、こだわりすぎたのかもしれないとも思った。

 まあ、通らなければならない道とでも言うのかな?

   

高木投手・・・よかったな~。敗戦処理もやれば、接戦もリードしている時も、何気にがんばってくれている。

   

     = 打撃 =

2回 ズーリーヒット&今江選手2ベースヒットで、

1     大塚選手タイムリーnote

1アウトランナー1・3塁で

2     オーちゃんズタイムリーnote

3回 早川選手の“誠なら正面で捕る”レフト前ヒット&福浦選手もレフトへヒット、ズーリー2-2からよく我慢し2-3にもって行き四球を選び、満塁

3  今江選手2点タイムリー2ベースヒットnote

2アウト2・3塁で

4  オーちゃんズ2点タイムリー2ベースヒットnote

2アウト2塁で、なんと0-3からの球を弾き返してしまった

5     金澤選手タイムリー3ベースヒットnote

誠なら背面キャッチのポテンヒットで

6     西岡選手タイムリーnote

 

7回 1アウトで大松選手四球を選び、オーちゃんズ引っ張らずにライト打ちで2ベースヒット

 7    金澤選手タイムリーnote

この時、3塁ランナーオーマッnoteに、代走南選手を出した時は“大賛成~heart04”と思った。なぜなら、浅い外野フライでも1点・・・それ以上に、南選手を出すことで、スクイズあるかも?って不安にさせ、前進守備を引かせ、いつもうちがやられている“強く叩いて内野を抜く打法”をつかえるのだ。

おかげで、しっかり普通のショートゴロが、タイムリーに大変身happy02

この後福浦選手の押し出しでもう1点追加となった。

9回 オーちゃんズが2塁だ打ち、金ちゃんの“転がして1点”・・・あと1点で同点だったのにな~

  

     お・ま・け

   baseball小坂誠の守備教室baseball    

8 9 10 11   

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月19日 (月)

5月18日 VSバファローズ

   あ~、負けちゃったwobbly

ただ少しうれしかったことが、帰り際のお客の会話で

『7回の金澤のリードが良くなかったよな!angry△#○*□』と、文句を言っていた。

金ちゃんも、ついに1軍メンバー扱いhappy02私に言わせたら、(文句言う前に、一言でも応援してやってよ~!ありゃ、金ちゃんというより、ガクッと球威が落ちた清水を変えなかったベンチだろー!)って・・・

正直、当分22&33の捕手が出てこれなさそうなんだから、相原投手の時、打たれていいからすべて金ちゃんのままでいて欲しかった。

そして、相原投手はノースリーから三振がとれるようになっていることを、誰か金ちゃんに伝えてほしかった。

   

     試合結果 ●【M3対11Bs】

     先発   清水直行投手

6回まではホームランの1失点のみで、三振にこだわるようでもなく、打たせてとる投球。ランナーを出し、踏ん張りどころで三振をとったときには、感動させられた。

特に、3回大引選手のホームラン後、坂口選手に続けざまに3ベースヒットを打たれ、ノーアウト3塁状態でそのまま崩れるのではと思ったが、

1 まず村松選手を三振にとり、次の北川選手をショートゴロ、

2 そしてカブレラ選手を三振にとり、ホームランの失点のみに抑えた。

チェンジの際は、同点になってしまったが、何となく気分は良かったhappy01

7回、先頭の濱中選手を三振にとったのだが、三振の球が外高めだったようなので、カブレラ選手でもないのに、こんなとこの球で三振をとりに行くこともあるのかな?と思ったが、その後連打を浴びる・・・単に疲れて高めに外れた球を空振りしただけだったのかもしれない。

3 7回1アウト満塁での、村松選手のライトへの3ベースヒットを放った時の守備の風景

ここ2戦、中継陣を使いすぎ、つい引っ張ってしまったのかもしれない・・・

  

     = 疑問 =

2回表、1アウトランナー2・3塁の場面・・・極端な前進守備だったが、なぜなのか理解できなかった。

3塁ランナーはカブレラ選手なのに(カブレラごめんちゃいbleah)・・・普通に守ってもホームで刺せる気がするが。

打者が三振してくれたから良かったけど、西武&楽天&日ハムならあのシーン、大振りせず強く当てて内野を抜いていくと考える・・・もっと言うと、強いゴロを打てば抜けるのである。相手が下手チームでよかった~(そのチームに負けてるし・・・crying

   

     = 打撃 =

1回 2番大塚選手が四球を選び、3番福浦選手意味ある進塁打でランナー2塁・・・進塁打なんて、なんか野球が上手いチームみたいhappy02

4    そして、ズーリーのタイムリーnote

7回 相手チームの投手も疲れが感じられチャンス!のこの回、なんとベニー&オーちゃんズの連打・・・竹原選手三振

しかし、球場の声はボールだと同情の声(私もボールだと思った)。

ただ私は、チャンスが少ないんだから、際どい球は今後の為にもカットしないと~それに、自分からコール前にファーストに向かってはダメ!審判も人間だから、いい印象を・・・ねbearing

西岡選手が打ち上げてしまったが、ベニータッチアップでランナー1・3塁とした

5    次の大塚選手タイムリー2ベースnote

大塚選手、いつものサラッと打つことなく、粘りも見せながら、投げやりアッパーにもならず、この日猛打賞に・・・守りだけでも価値があるのに、打つほうも好調だと、早川&大塚守備を最初からみた~いsign03

この後、福浦選手が四球を選び、満塁となった。

しかし、ズーリー“ど真ん中以外振るなー、いやすべて振るなー!”と願ったが、願い届かずボールに手を出す・・・データ野球はいいが、身内のデータもつくって“ど真ん中以外手を出すな”って教えてやってほしいな~sad

9回 西岡選手&大塚選手連打で

6     福浦選手タイムリーnote

ただ9回に関しては、“5回までに打てよー!”と、ちょっとイラついた私catface

   

     = ちっちゃな楽しみ =

7  この日もでました、金ちゃん安打good

2回、2アウトランナー1塁、2-2からインコース低く落ちた変化球にバットを合わせ、カットした金ちゃん・・・変化球にも合わせられるとは、なんて成長したんだろうdelicious

それだけでもうれしかったのに、強い当たりを放ち、ちょっと足福浦選手っぽいけど、サード内野安打にしたcoldsweats01

金ちゃんの打撃を見ていて、誰かに似てるな~と思ったら、 “右の細谷圭じゃん!”

金ちゃん、こんなにスムーズにバット出るようになっていたんだな~成長、成長smile  

     お・ま・け

8_2 不満が漂う内野からは目をそらし、ほのぼの外野に目をやると和ませてもらえる

9 大塚選手がオーマッnoteのグラブをチェック・・・『捕りにくそうなグラブ?』とは言わないだろうが、いい雰囲気smile

10 そしたら、オーマッnoteにフライの捕球の仕方を教えてた

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年5月18日 (日)

5月17日 VSバファローズ

2回表を終了した時点で、0対6・・・最近、体が負けなれしてるせいか、

『まっ、いっかcatfaceさよなら負けはないことだし~』

と、意味のわからない納得をしていた。

  

     試合結果 ○【M11対7Bs】

     先発   小野晋吾投手

    次、がんばれ~!

神田投手ー根本投手ーアブレイユ投手ー川崎投手ー荻野投手

神田投手・・・2回表6失点の時点で、きっと次行くと言われていたと思う。その時点ではお気楽気分だったのが、7得点した時はきっと心臓“ドキドキ”ものだっただろうな~

だって、3回カチカチで投球してたもの・・・しかし、4回は金ちゃんとの呼吸も良く、北川選手への1球目をインコースで攻め、そのおかげで踏み込めず三振をとった。その後もローズ三振、カブちゃんゴロで抑えた。ただ、なんで5回安易にいってしまったんだろう、もったいなかったな。

根本投手・・・速いテンポが売りだろう。テンポがいいとやはり守り安そうで、いい当たりが野手の正面をつく。できればもう少し三振がとれるといいのだが。

ただ、北川選手はテンポに引き込まれないよう、ボックスを外したりして、自分のペースに持っていった。

  

     = 打撃 =

2回 いつもの“振らなきゃ四球”を守り、ズーリー四球で出塁&オーマッnoteヒット&早川選手死球で、なんとノーアウト満塁happy02

1_2     ベニータイムリーnote1対6

  

1_3 今江選手2点タイムリー2ベースnote3対6

  

2_3 金澤選手2点タイムリー2ベースnote5対6

正直、今日も金ちゃんがタイムリーを打ってくれるとは・・・

その後、福浦選手転がして1点goodで同点・・・実はこの転がしても1点ができれば、勝ちが近づくと考える私。

次のズーリーが、打ち上げてしまい・・・

      “北川落とし逆転happy02

この回、たった4本、ホームランなしで7得点をあげた。へんなの~

  

2_4 3回 早川選手レフトへヒットを打ったのだが、早川選手ならではの2ベースヒットと言っていいヒットだった・・・一塁を回った瞬間“暴走かもcoldsweats02”と思ったが、そこからが素晴らしい

3_3  グングン加速して、

 きっちりセカンドにたどり着く走塁dash

次のベニーもヒットを放ち、ランナー1・3塁で

 

8    今江選手またもタイムリーnote

ベニーの好走塁で、また1・3塁。金澤選手、今度は転がして1点追加good

  

6回 西岡選手ヒットで出塁

 

5_3  絶好調の根元選手タイムリー3ベースヒットnote

(ただ、バントはできなかったので、練習しておいてね)

 

3_2    次の福浦選手もタイムリーnote

  

4_2 8回 ズーリーホームランnote

 

5_2 6 ちょっぴり控え目なファイヤー&堀さんファイヤー

  

     お・ま・け

6_2 7_2 “ボコ!”っと音がした早川選手への死球・・・清水選手が急いで謝りに来たところを、早川選手が、いいよと言うか様に手で合図happy01もとチームメイトだからかなと、ほのぼの見ていると、ファーストベースの早川選手に『大丈夫?』みたいなことかな?心配そうにしてくれるカブレラ選手coldsweats01

ローズが退場になった時、審判に暴言を吐いただけではない。日本語がわかるローズは、ファンにも文句を言っていた・・・そして、グラウンドに用具を投げ込んでいた。

言ってないと言っているらしいが、なぜそれなら退場といわれた瞬間文句を言わなかったのか?言ったからまずい!と思ってスタスタむくれてベンチに向かった・・・怒ったのはファンが、『ローズ退場!』と、言ったことにファンに向かって怒ったのである。そのテンションでベンチに入ったため、コリンズが出てきただけである。

同じチームの助っ人が、仲良しらしいが、こうも対照的だとは・・・

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月17日 (土)

5月16日 VSバファローズ

突然ですが、私はマット・フランコという選手が好きでしたsmile守備好きのはずの私ですが、この選手だけは下手さに魅力を感じたほど・・・チームメイトに優しかったマティは何処にdespair

(今頃、ポップコーン片手に、DVDでも見てるのかな~?)と勝手に想像してたけど・・・今『へんな日本語』で野球に携わっているようでよかったdelicious

   

球場に着き、着席したのが0対2・・・オーマッnoteヒットのときだった。

スタメンを見て、『福浦&根元&オーちゃんズ』という名がなく、“打つと下げるのか?”という不思議な疑問が頭の中を渦巻いた・・・帰りの電車内でお友達からメールが届いたのだが、その方も同じ考えだった。

とりあえず、この世に不思議に感じたのが私だけでなかったのだと、ちょっと安心heart04

昨日控で途中出場の根元選手は、7回の1打席目が死球、9回2打席目がヒット

12_2    根元選手の打率&9回のヒット

この打率でも控とは、何が気にくわないのだろう?

       

     試合結果 ●【M3対10Bs】

     先発   渡辺俊介投手

     次、がんばれ~!

川﨑投手・・・あえて不調なこの投手について

投手によっては、踏み込むつま先の位置は違うが、好調な投手はこの位置が安定している。しかし、川﨑投手は一旦踏み込んでから、体のバランスが保てずもう一度動かしたりする。確か、オフの時怪我をしたと聞いたが、そこをかばい全体のフォームを崩してしまったのだろうか?

昨年は、“グッ!”と力強く踏み込んでいたのに・・・

  

3 小宮山投手・・・完璧敗戦処理だが、おもしろい。いや、敗戦処理だからおもしろい。

新里捕手にどんな態度をとるのか眺めていたが、リードに対して一切首を振らず、頷くとすぐに投げ込んでいた。新里捕手も、受けやすかったようだ。ちなみに、小宮山選手の踏み込みは一定していたshoe

  

     = 打撃 =

4 1回 席に着くと、ポツンと堀選手セカンドベースにたたずんでいた・・・ヒットを打ったらしいcoldsweats01

5 そして、オーマッnoteがファースト上で、いきいき手を挙げ・・・竹原選手のゴロで、ランナー1・3塁となり、今江選手の打席の際、竹原選手飛び出し挟まれ、その間にサードにいた堀選手“ダ~シュdash”でホームインsweat01

   

   

7 4回 今江選手ホームランnote

   (ムチャクチャ低い球に見えたが・・・)

   

8 9回 ベニーホームランnote

   

     お・ま・け

9 何気なく、毎試合一本は打っている金ちゃん

   

10 初ヒットを打った、本職捕手・ファーム出場はほとんどセカンドの新里捕手・・・ファームでは、このところ打撃が良く、これから強敵よみうりランド横チームと戦うにあたって、いて欲しい存在だったようだ。

いつもと違って振りが甘かったが、ヒットが出たことは喜ばしいgood

   

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月16日 (金)

5月15日 VSファイターズ

セカンドベースの後ろに人影はなく・・・

これが普通かもしれないと、自分を納得させている今日この頃。でも、よくゴロヒットで抜かれるな~

セカンドベースの後ろに影が現れるのは、遠い昔の話になってしまったのかも・・・

昨日も、いや!ってほど内野の守備力の違いを実感させられたcrying

その上、継投策が理解できず悩む私coldsweats02

5回ポテンヒットなんか、ライトが工藤選手で、セカンドの田中選手はいつもの調子で守れなかったのだろう。それまでは、きっと稲葉選手との阿吽の呼吸みたいなものがあったのかもしれない。自分の守備範囲をきちっとわかっている証拠なのだろう。

なんやかんやいっても、文句は言えなかった。マリーンズは、試合前の内野練習で、正面ボテボテのゴロを練習してるから、左右に飛んだり、強い当たりがきても取れるわけがない。大切な送球も、山なりだ・・・

ところで、ファームは鉄壁の守りに加え、打撃もなかなか。そして何より、落とされたばかりの呉投手&相原投手が、ビシバシ決めていたらしい!首脳陣の目はどこについているのやらcatface

  

     試合結果 ●【M5対6xF】

     先発   成瀬善久投手

成瀬投手・・・この3連戦、ありがたいことに最前列で観戦することができた。そのため、外野の移動はライトしかわからないし、投手の球は高さしか判断付かない。

ただ、唐川くん&コバ宏投手の球の伸び、スピード感みたいなものは比べられる。

2日連続で、素晴らしい投球を見すぎたせいか、成瀬投手の投球は、私の目には打者の手元で伸びるはずの“伸び”が感じられなかった。そして、フォームにはいつもの間合いがなく、下半身が先に前に出て後で上半身がいつもは付いてくるが、昨日は上半身が速く前に出てきた。

どう見ても、8回最初のヒット打たれた時点で代えて欲しかった。個人的には、6回までだと見ていた。

アブリーheart04・・・連投させて2イニングなんてcoldsweats022イニングいくなら連投続きの昨日じゃなく、その前の日でしょうcrying150Kがバンバンでているわけでもなく、明らかにいっぱいいっぱいだったのは、スピードガンにもでているでしょう。

カンちゃん、高木投手だっていたでしょう・・・点差は2点あったのにweep

   

     = 打撃 =

1 2回 竹原選手四球、今江選手ヒット、金澤選手四球、西岡選手犠飛で得点

  

2 5回 西岡選手のホームランnote

  

3 4 6回 根元選手の2ベース、今江選手のヒットで、ランナー1・3塁

5    金澤選手のタイムリーnote

この後、タッチアップでランナー3塁に行き、ボークでラッキーな得点

6 8回 早川選手死球、根元選手四球、今江選手初めからバントの構えでバント成功

7 そして、金ちゃんの『転がしても1点sign03で1点good

   

  

  

     お・ま・け

竹原選手は、すぐに代えられた・・・打っているのにgawk

竹原好きの方に、がんばっている竹原選手をどうぞsmile11

8 9 4回の2ベースヒット&サードへのタッチアップ

  

10 アブレイユと金ちゃん・・・通訳無しhappy02

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

5月14日 VSファイターズ

12回、なぜ川﨑選手をあの場面で出すのだろう?勝った気になっていたのかな~?

できれば頭から荻野投手にしていただきたかった。

いや、その前に、守備力が勝っているほうが勝ったと言えたのかも知れない・・・

  

     試合結果 ●【M3対4xF】

     先発   小林宏之投手

1 いい出来だった・・・私にとって、コバ宏投手の醍醐味は三振なのだが、昨日は三振が少なかった。しかし、三振がなくても充分に内容の濃い面白みのある投球に思えた。

2回の失点、あれは悲しかった・・・どんな思いで今日という試合にコバ宏投手がのぞんだか!

ゲッツーの際、スライディングされ投げられなかったかのようにTVには映ったかも知れないが、あの時雑な捕球のため、握りなおしていたのを見たぞー!

ロッテファンは、打撃しか見てないと思わないで欲しい。上手くなれる素材があるのに、なぜその才能を大切にしないのか?crying

私には、コバ宏投手が4回からストライクを先行させ、球の走りに加え伸びも加速した気がした。投げやりにならず、以前に良い時の“これでもかー!”という位の丁寧さも復活し、緩急の幅もあった。

何より、内野のいくつかのミスのあった後、必ず踏ん張り、諦めず新たに自分自信を鼓舞し、投球のたびに大きく深呼吸し全身で投げ込んでいった(私もつられて深呼吸していたcoldsweats01

  

2_2 8回、疲れも見せず、きっちりベース上で球を落として三振をとる。

相手のダルビッシュ投手は、不調に見えたが変化球や緩急をたくみに使い分け、エースならではの投球をしていた。

チームをこえて、この日の素晴らしい2人の投手の戦いを観戦できたことに感謝している。

   

  もうひとり、良かった人・・・アブリーheart04

先日までの150Kの速い球より、昨日の140K台の球の方が速く感じた。以前に比べ、球が打者の手元で伸びていた気がする。そして、以前より遅い変化球も覚えたっぽい(私見)・・・ファームコーチ陣はどんな指導をしたのかな~?happy01こんなに良くなっているとは思わなかった。

せっかく2点のリードだったので、アブリーをもう1イニング見たかった。

  

     = 打撃 =

  

3 6回 根元選手のダルビッシュ投手から2ベースヒット

  

4 福浦選手、ダルビッシュ投手から2ベースタイムリーnote

  

5   

11回 四球で出塁した福浦選手に代わり大塚選手代走

大塚選手の勝負師風盗塁

  

そして、この日もファインプレーを見せてくれたけど、レフトだからベンチから見えず、守備固めで神戸選手より下手と評価を受けた

10        オーマッnoteの2ランscissors

(マイケルから打ったsmile決してアッパースイングではないところがいい)

   

     = 守備 =

日ハムの陽選手が目の前でプレーをしていた。たった1日で、こうも変わるのかと目を見張った・・・守備範囲が広がり、捕球が丁寧だった(送球はもうちょっとかな)。確かに金子誠選手と比べればまだまだかもしれないが、上手くなりたいという気持ちがヒシヒシと伝わってきた。

守備固めというものがあるが、とても不思議に思った昨日・・・なぜ、ズレータをファーストにつかせたのか?

神戸選手がファーストで、ライトオーマッnoteセンター早川選手とレフト大塚選手が幅広く外野5分の4を守ればいいのに・・・ちなみに神戸選手は、ファームの時外野が下手で却下され、ファーストの守備に専念していたのにな~そしたら慣れているファーム仲間で、金ちゃんだって落ち着いて投げられたかもしれない。

(ふっと感じたことだが、野球は凄いな~同じグラウンドに1億円プレーヤーと500万も満たないプレーヤーが同じ立場でプレーしているんだよねsmile

お願いだからボビー、前進守備しすぎは考え直して~。あれを見ると負ける気がしてしまい、やはり負けるし・・・相手打者が、喜んで思いっきり振ってきてるんだよね。引っ掛けても抜けちゃうんだからsad

  

     お・ま・け

点には繋がらなかったけど、ダルビッシュ投手から打ったヒット

7_3 8    2回オーマッnote     3回金ちゃんdelicious

9 8回オーちゃんズ

   2ベースscissors

  

     

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 | ペット | ペット Ⅱ | マスコット | マスコット Ⅱ | マスコット Ⅲ | マスコット Ⅳ | ロッテ スタッフ編 | ロッテ選手名鑑 投手編 | ロッテ選手名鑑 捕手編 | ロッテ選手名鑑内野手編 | ロッテ選手名鑑助っ人編 | ロッテ選手名鑑外野手編 | 動物園日記 | 日記・コラム・つぶやき | 日記・コラム・つぶやき  08年 | 日記・コラム・つぶやき 09年 | 観戦記 07年 プロ野球以外 | 観戦記 07年 03月 | 観戦記 07年 04月 | 観戦記 07年 04月 イースタン | 観戦記 07年 05月 | 観戦記 07年 05月 イースタン | 観戦記 07年 06月 | 観戦記 07年 06月 イースタン | 観戦記 07年 07月 | 観戦記 07年 07月 イースタン | 観戦記 07年 08月 | 観戦記 07年 08月 イースタン | 観戦記 07年 09月 | 観戦記 07年 09月 イースタン | 観戦記 07年 10月 | 観戦記 08年 プロ野球以外 | 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ | 観戦記 08年 03月 | 観戦記 08年 03月 イースタン | 観戦記 08年 04月 | 観戦記 08年 04月 イースタン | 観戦記 08年 05月 | 観戦記 08年 05月 イースタン | 観戦記 08年 06月 | 観戦記 08年 06月 イースタン | 観戦記 08年 07月 | 観戦記 08年 07月 イースタン | 観戦記 08年 08月 | 観戦記 08年 08月 イースタン | 観戦記 08年 09・10月 | 観戦記 08年 09月 イースタン | 観戦記 09年 03月 | 観戦記 09年 03月 イースタン