観戦記 08年 09・10月

2008年11月30日 (日)

フェニックスリーグの旅・・・in宮崎・東光寺球場 途中下車・・・

3日目の宮崎でのお話

すでに前日から雨模様rain

雨で諦め半分・・・

   しかし、宮崎は広い!

もしかしたら、東光寺球場だけ雨が降ってないかもcoldsweats01

雨やまないかな~と思いながらも、電車の時間が9時14分のため、7時に朝食・・・

 自室にもどり、7時半

       何気なく外に目をやる

橋が見える・・・なかなかいい風景である

平日なのでそろそろ車の行き来が増えてきたな~とか思っていると、バスbusが橋を渡ってきた

  

1_2    (マリーンズのバスに似ているな~)

     でも、ここは宮崎banana

マリーンズのバスなんているわけないし、まだ朝7時半だし~

  でも、似たバスってあるんだな~

  

2_3      ・・・ん?

  

3_3    マリーンズのバスじゃんsign02

選手の方たちは、こんなに早くホテルを出発し、球場に向かっていることを知り、感動しちゃった私heart04

  

マリーンズのバスを、朝早くに見たことで、淡い期待を胸に抱き電車に乗って、日南に向かった・・・車中では、外観に見える大粒の雨が期待を打ち砕いていくcrying

明らかに中止だろうと、夫にメールを送り、情報を得る

      ・・・中止決定sign03

まだ、日南駅に到着していないが、引き返すことにした。車掌さんに行きさつを話すと、次の飫肥(おび)駅で向かいの電車に乗るよう指示

  

4_3    ちなみに飫肥駅は無人

電車を降りる際切符を渡すと、車掌さんが返そうとしてきた。私は、素晴らしい外の景色に価値を感じ、切符は渡した・・・車掌さんが

『降りる時、飫肥から乗ったといってくだされば大丈夫です』と・・・

お向かいに来た宮崎方面への電車に乗って、心配になった私は、車掌さんに状況を話し切符は持っていないことを伝えた。すると

 『改札で飫肥から乗ったと言って下さいdelicious

と笑顔で返された。私がズルしたらどうするのだろう?と、不思議な気分で座っていると、お隣に地元のおばさんが座った。

歯医者さんの帰りだという。電車のありがたさを、ほのぼの優しい笑顔で話してくれた。

私は、いつもラッシュ時は2・3分間隔で来る電車、昼間は10分も間をあけずにくる電車を当たり前に思っていた。

しかし、この時は時間によっては1時間に一本もない電車に乗っていたのだ。

  

5_3 外は大雨、海は荒れて薄暗いtyphoonせっかくの野球は中止・・・しかし、温かい車掌さんや、地元のおばちゃんにお会いでき、この日は素敵な電車に乗れたと感謝した

  

夫からのメールに、『宮崎市内の映画館でラストゲームやっているって』と送られてきた

いい気分で宮崎駅に向かい、映画館へ・・・

  

6_3    映画鑑賞はたった一人happy02

こんな贅沢いいのかな~?と・・・私ひとりのために上映してくれる形になり、申し訳なくも、涙しながら鑑賞。内容は戦争の悲しさと野球と諸々・・・

きっと、作った人はいっぱい伝えたいことがあり、話が一つに絞れなかったのだろうなと思う内容。

戦争が激しくなり、学生達が出兵していく。最後に野球の試合を・・・

早稲田の試合の許可が下りず、相手の慶応はそれがもとでか練習できずに負けていた・・・勝っていた早稲田側が、そろそろ控え選手をだそうと言った時、監督が、我が校のために練習できなかった慶応に失礼だから、ベストメンバーのままで戦うと・・・私は、その監督の発した言葉に号泣crying

   

宮崎の地で、映画館独り占めの贅沢を味わい、のんびりした空気がやっと馴染んだころ、空港に向かった。

おみやげ売り場を眺めていると、野球選手らしき人たちが、せっせとお買い物。その中に、幼き頃好な選手の一人だった淡口憲冶似のおじさまがお買い物をされていた。

搭乗口を通過し、帰りの便を待つ

    ・・・って、淡口似ではなく、

  

7_3  本当に淡口ヤクルト二軍コーチだったhappy02

写真をお願いすると、快く笑顔で応じてくれ、私は一瞬小学生の頃に戻っていた。側には、角富士夫コーチもいらした。

  

キャンプ地の宮崎県。なんとか、また観光地として栄えて欲しいものである。

宮崎の地で、優しい心と多くふれあい、良い思い出ばかりの素敵な旅ができたhappy01

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

フェニックスリーグの旅・・・中日ドラゴンズ対千葉ロッテマリーンズ 2

浦和のおじちゃん達のアイドル・・・

    この日彼はライトを守っていた

定岡智秋の子、定岡正二と定岡徹久の甥

 定岡卓磨内野手・・・でも外野smile

  

8回表 打席には8番定岡選手

打ったー!・・・打球は、そこそこの速さでサードに転がっていた

   サードごろか~と思ったら

 定岡選手がうずくまっていたcoldsweats02

2_2      自打球で動けなかったのだcoldsweats01

痛さのあまり(?)でか、結局三振

  

3_2 次の代打大谷選手は、佐野コーチの指導を無駄にしない、力強いヒットを打ったgood

  

8回裏 打者柳田選手の打球がライトの前に落ちる

   ・・・はずが、“ドタドタ”と定岡選手突進sweat01

  

4_2    なんと捕球し、アウトにhappy02

たまにはあるよね、こんな好守備goodな~んて、のん気に見てたら

 今度はライトファールフライ

  『・・・うわっ!

    定岡が動いてる~』

5_2 なんと定岡卓磨、チョーファインプレーでファールフライをキャ~チscissors

いいプレーは続くのだろう、次の打球はショート早坂選手のところに飛んだbaseball

  

6_2   早坂選手も、必死に捕球sweat01

     ・・・だけでなく送球アウトをとったgood

  

9回表 2点差・・・両チームのいいプレーが観られたから、まあいいか~と、勝手に試合を終わらせていた私smile

  

7_2 ファインプレーをした早坂選手が、ライトへ2塁打を放ち出塁

1アウトで細谷選手・・・センター返しのはずが、相手投手も強い当たりをガッチリ捕球bearing

2アウトランナー2塁で

8_2 神戸選手、2-2からライトへタイムリー2塁打note

  あと少しだったけど、負けちゃったcoldsweats01

  

マリーンズ選手はさっさと帰っちゃったが、ドラゴンズの選手は勝ったのに何か反省会かな?

9_2   

そんなドラゴンズナインを眺め、いい試合が観られたし、素敵なロッテファンと知り合えたし、さあ帰ろうかな・・・なんて思っていたら、駅までそのファンの子に送ってもらっちゃったrvcar

楽しくお話していると、山道の中をランニングをしている人が・・・

側まで行くと、それはドラゴンズの選手だったhappy02

   

車の中で、ロッテファン同士ってこともあり、楽しいひと時を満喫heart04

   

駅に着くと、雨がパラパラしてきて、ホテルに着いた頃はかなり降っていたrain

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

フェニックスリーグの旅・・・中日ドラゴンズ対千葉ロッテマリーンズ 1

今日は、10月22日の清武球場での、中日戦を・・・

  

この日も陽射が強い中、観戦・・・ただ、試合前にお知り合いになったかわいいファンとご一緒させていただいたhappy01

  

       試合結果

B1   

先発  マリーンズ 黒滝投手

     ドラゴンズ 山口投手

マリーンズはこの日も小刻みリレーの投手陣・・・黒滝投手→池田投手→神田投手→相原投手→松本投手

中日は、まず長いイニングで先発として育てることに重点を置いた使い方

    

1回表 ストレートの四球で1番田中雅選手が出塁し、2番早坂選手の打席の際、

B2   田中雅選手、盗塁を決めるdash

そして、早坂選手も四球を選び、ノーアウトランナー1・2塁で・・・(バントとは言わない、だから最低進塁打を~)という願いもむなしく、ゲッツーで2アウトランナー3塁にcrying

4番細谷選手、2-1と追い込まれながらカットし、そしてファースト方向へ強く叩いたsign01バットが真っ二つに折れるも、打球が強くファースト抑えられず、内野安打(記録はエラーが付いたかわからず)

B3  細谷選手の一打で、まず先制点note

  

1回裏 1番西川選手の打球はファーストゴロ、その際黒滝投手がベースカバー・・・1番打者なら、少なくとも足はあるに違いないとdash

B4   俊敏なベースカバーを見せた黒滝投手

そういえば、1年前はこのベースカバーができず、大量失点に繋がってたな~と、守備の成長を実感delicious

2番谷選手の打球は、ショート早坂選手の元へ・・・なかなかの好守備に、お隣のかわいいロッテファンが大喜びheart04

  

4回表 1アウト後細谷選手が打った

B6 『やったー、レフト前~!』と喜ぶ前に、サード堂上(弟)選手がファインプレーで捕球し、すぐさま送球sad

絶対ヒットだったのに~と、悔しくも、その守備の上手さにちょっと感心smile

でも、細谷くんも足が速いから、あとちょっとだったsweat01

  

4回裏 今度は堂上(兄)選手が、強烈な2塁打を放つ

この後、犠牲フライで失点したが、

B7  3-6-3のゲッツーで最小点に抑える

  

5回表 

B8 1アウト後、7番角中選手のセンターへのヒット

・・・で、またゲッツーで得点などほど遠くcrying

  

5回裏 ランナー1塁に置いて、エンドランをしかけてくる中日

B9  しかし新里捕手、ランナーを刺すimpact

  

6回表 田中雅選手の代打として白川選手登場・・・大丈夫なのだろうか?怪我は治ったのだろうか?

   心配のあまり打撃写真どころではなく

B10    気付くとライトにヒットを放ち、1塁にcoldsweats01

ノーアウトの俊足ランナーを、策無しで無駄にするベンチ・・・でも、慣れてくると腹も立たなくなるgawk

  

6回裏 この回からサードに細谷選手、セカンド白川選手となった

B11

早速、白川選手に打球が飛ぶ

無難にゴロを捌き、何より送球が上手くなっていたgood

  

7回裏 1アウトランナー2塁の中日

絶対最低限ランナーを進める打撃に徹していた

B12    1塁への強烈なゴロで、進塁打となる

もし、ロッテもこの打撃が出来ていれば、確実に点数に繋がっただろうと思われるシーンが何度かあった・・・しかし、ゲッツーの山で何も出来ないベンチでもあったcrying

    

7回を終了し、この後お笑いショーではないが、浦和のアイドルがいろんなことをやってくれた・・・

  では、問題ですhappy01

『浦和のおじちゃん達のアイドルって誰でしょう?』

  ヒント:かっこいいのにかっこ悪いsmile

      答えは明日のお楽しみねheart04

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

フェニックスリーグの旅・・・in宮崎・清武球場

今日は、フェニックスリーグ観戦2日目のお話

  

この日の中日ドラゴンズ対ロッテマリーンズの試合は、以前ジャイアンツファームがキャンプ地として使用していたとされる清武球場

A1 南宮崎駅を10時50分出発だったので、前日とはうって変わって元気いっぱいにお出かけhappy01

駅員さんも、何かと親切で、不安なく出発train

  

A2 駅には、なぜかいろんな電車があった・・・電車には詳しくないが、ちょうど乗った電車のイスが素敵で、ついうれしくなっていた私smile

A5_2 乗り心地も良く、風景もきれい

清武駅に到着に、電車を降りる

  

A3 清武駅で、乗った電車の車体はロッテっぽいシンプルなデザイン

  

A4 そして横を見ると、派手~な車体が止まっていたcoldsweats01

   

A6 10時56分に清武駅に到着し、そこからタクシー・・・料金は1200円程度と聞いていたのだが、私が乗せてもらったタクシーは『清武営業所のカワノさん』で、なんと980円で行ってもらっちゃったhappy02

その上、その運転手さんも野球好きで、以前はジャイアンツファン、しかしお金で選手を集めるようになってからは・・・(内緒)

球場に到着すると、広~い広場に屋根無し球場と、きれいな室内練習場

運転手さんに教えてもらった入り口に向かうと、左右に中日の選手達が並んでひと休み?

その間を通って球場内に入るのだが、通っていいのか迷っていると、中日の選手の方たちが優しいこと・・・親切に入り口を教えてくれ、無事入場

  

しかし、この日も陽射が強い上、

    なぜか屋根がない!

A7   

球場内は、ここもまた自然いっぱいの中に造られており、空気はきれいで心穏やかにさせてくれる風景が広がるtulip

  

A8   打撃練習も緑に向かって

仕方なく、日陰を求め球場外に出ていくと、わずかな日陰が・・・

地元の方が、そんな私に同情してくれ、ご親切にイスつき日陰に連れて行ってくれたdelicious

そんな縁で、地元の方のお話をうかがうことが出来た。

以前ジャイアンツファームキャンプ用の清武球場だったが、サンマリンスタジアムができジャイアンツがそちらに行ってしまったため、観光としての清武が今大変だと・・・

ジャイアンツが離れる時、隣接する立派な室内練習場を建てて行ったらしい。先日幼稚園の運動会を行なったそうだ。いくら立派なものを援助してもらい造ったとしても、やはりそこに選手が来なければどうしようもないようだ。

屋根をなぜつけないのかと尋ねると、なんと

 『まだ、造りかけ・・・お金がなくってcoldsweats01

と、教えてくださったが、立派過ぎる室内場より、よみうりは屋根をつけてあげて欲しかったな~と。

  

行き来する選手達は、清武の方たちの温かい接し方のおかげでか、素朴な笑顔で通り過ぎていく・・・地元の方は、選手に気を使わせないように振舞っているとおっしゃっていた。

 さすが、長年キャンプ地だけあるな・・・と。

試合少し開始前、そろそろだな~とロッテ側の3塁方向に歩いていると、かわいらしい女性から声を掛けられた

その子は地元宮崎の子・・・といっても、清武までご自宅から2時間以上かけて観戦にきたロッテファンだそうだ。

成瀬投手がとても好きで、マリンスタジアムにもはるばる宮崎から観戦に来たことがあるとも・・・

ひとりぼっちの観戦も、かわいらしいロッテファンのおかげで、想像以上に楽しい観戦ができた

試合寸前、地元の方がわざわざスタメン表を持ってきてくれ、思いがけない旅の思い出となった

ただ、そこには又も腹立たしい記載が・・・

A9  『なんで細谷くんが

       セカンドなの~sign02  

  

A10 次のブログは、強~い中日との戦いをお送りしますhappy01

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

フェニックスリーグの旅・・・斗山ベアーズ対千葉ロッテマリーンズ 2

今日は、斗山ベアーズ対マリーンズの、3対3で迎えた6回からhappy01

  

この試合が代田建紀外野手のラストゲームだったとは、この時はまだ知るよしもなく・・・

  

目先を変えて、“慣れる前に交代させちゃえ~”のマリーンズ得意の投手陣交代と違い、先発を育てようと相手は好投を続ける若き金投手

そして気になるのは、ブルペンにイス運びを一人でし、なぜか他の投手がそのイスに座っているのに、運んできた本人は人のために試合を横目にトンボかけ

1      よく働く林くんsmile

 

6回裏 1アウトで、打席は3打席目の8番金澤捕手・・・同点だというのに(金ちゃんに金投手が投げてる~)などと緊張感のない私pig

金澤捕手ストレートの四球で出塁

打席には9番代田選手

打席に立つ時、アナウンスが『ダイダsign02と・・・(え?代打だれなんだろ?)と思ったら、単にダイタをダイダと言っちゃっただけだったようだcoldsweats01

  

9    2-3からの球をショート方向に打った

  

3    代田選手ご自慢の足を使った内野安打dash

代田選手に関しては、外野に飛ぶヒットもいいが、やはり内野安打が魅力であるgood

1アウト1・2塁で、またも俊足の早坂選手・・・セカンドは見かけは速そうに見える金ちゃんと、ファーストには本当に速い代田選手

ってことは、よっぽどのことがない限り、ゲッツーはないだろうし、転がせば何かあるかも~happy02とワクワク

0-2からセフティを試みるもファール・・・(いい、いい、それでいいよ~heart04)な~んてワクワクhappy02

しかし、2-3から見逃し三振crying早坂選手より、ベンチに呆れた私だった・・・策無しのベンチは相変わらずだ~bearing

呆れた気分でブルペンに目をやると

8    林くん、相変わらず

       せっせとトンボかけhappy01

  

7回表 

  林くんと同級生の細谷内野手、

4         レフトフライを難なくキャ~チgood

ショートという条件で入団したのに、球団の都合でサードにコンバート・・・いざ1軍の試合になったら、ファースト

そしてフェニックスといえども、なんで外野をやらなくっちゃいけないのか?しかし、センスがあると、そこそここなせちゃうのよねcoldsweats01

5 1塁ランナー牽制で挟みタッチアウトimpact

      早坂の足、やっぱり速いdash

  

7回裏 膝もとに入ってくる球がいい金投手

    5番神戸に対し、膝元へ・・・

6     あっ!当たっちゃった~impact

神戸選手の『イテッsign03の声が響いた。メットを叩き付けて1塁に向かった神戸選手であったsmile

  

8回表 同点のまま両チーム動きがない!

7 ベアーズ、セフティバントを試みたのだが、神戸選手が壁となって、タッチアウトの際には吹っ飛んじゃったようで・・・

  

8回裏 2アウトで打者代田選手

打球は強く、ファーストが捕球できず、その隙を突きセカンドまで到達・・・1ヒット1エラーに見えた

2 代田選手の最後の打席だったsign03

  

結局、試合は3対3の同点に終わり、『さあ、スコアボードでも撮るか~』と、カメラをむけると

   さっさとお片付けshock

10 あまりの速さにあわてて撮ったが、すでに遅く9回と合計得点は消えていたcoldsweats01

 

12 グラウンドでは、両チームの終了のご挨拶・・・

11 なぜか、トンボかけをしていた林くんの笑顔が印象的だったhappy01

  

13 帰りは、宮崎に向かうため、油津駅に・・・

韓国チームは、目的をきっちり持って試合に臨んでいたように思え、この試合の中で、若い投手をしっかりと育てていた

  

  

先日のカー二バル(ファン感)では、代田さんのノック姿を見た

00 すでに、代田選手ではなく、代田コーチ

いままで、素晴らしい足を披露してくださり、私はその足にいつもワクワク楽しませていただきました。

お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました、代田建紀選手confident

    

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

フェニックスリーグの旅・・・斗山ベアーズ対千葉ロッテマリーンズ 1

自然いっぱいの中に作られた、宮崎県の油津にある天福球場で行なわれた、フェニックスの試合

相手は、韓国プロ野球チームの『斗山ベアーズ』

  

        試合結果 

    ベアーズ 3対3 マリーンズ

  

先発 ベアーズ・金龍星(キムヨンソン)

    マリーンズ・アブレイユ

アブレイユは、1回のみの投球。この時、アブレイユはフェニックスの結果で、来シーズンが決定すると言われていた

早速、ライトに2塁打、次のセンターフライも当たり良く、進塁打も打たれ、その次のショートゴロも強くミートされていた・・・あまりよくは見えなかったcoldsweats02

2~4回は、手嶌投手・・・2回にホームランを打たれ、4回にも同点ホームランを打たれた。ヒットはその2本のホームランのみだから、もったいなくってcoldsweats02

5~6回は、田村投手・・・5回、連続ゴロヒットでノーアウト1・2塁のピンチ!バントでランナー2・3塁に進められ、犠牲フライで失点。

ただ、サードは田中雅選手だったので、慣れないポジションでヒットにしてしまった感じもあったcoldsweats02

  (なんで、細谷君がサードじゃないのだろう?)

  

しかし、その後は三振をとり、6回も2三振と内野ゴロを打たせ抑えた。

7~8回は、古谷投手・・・先頭打者を三振にとるも、後はヒットを1本、打たせて獲る投球をしていた

9回は、中郷投手・・・ファースト頃の間、きっちりベースカバーで1アウト、その後の2人を三振に抑える

2回以降は、ロッテ得意の小刻み継投でごまかし・・・いや、かわし、なんとか引き分けにcoldsweats01

  

B1_2 敵ながら、相手の金投手は、1~7回を投げ、低めに集め、丁寧かつ強気の投球。そして、何より投げ込む球に強さを感じた!

フォームの雰囲気から、メジャーっぽい投球フォーム指導を受けているのかな?と思わせるフォームだった

試合後、金投手の背番号25が、私の前を歩いていたので、写真をお願いすると、快く応じてくれたhappy01

  

B2 振向いた金投手は、マウンドの風貌とは違い、とってもかわいらしく穏やかな青年だった

  

   この日のスタメンオーダー 

1番(6)早坂 2番(5)田中雅 3番(DH)根元

4番(7)細谷 5番(3)神戸  6番(4)新里

7番(9)角中 8番(2)金澤  9番(8)代田

 

  

2回裏 

  

B3 先頭の4番細谷選手、2-1からの球をライトへヒットgoodで出塁し、

  

B4   5番神戸選手、1-2から2HRfuji

  

3回裏 

  

B5番早坂選手がライナーで飛んでいった良い感じのレフトヒットで出塁し、

  

2番田中雅選手、全くバントの気配なしcoldsweats01

B6    ライトにヒットでランナー1・2塁

この時、何の策も感じられず・・・エンドランなら、1・3塁になったかも~なんてcatfaceなぜか気付くと、私が反省会状態

ノーアウト1・2塁で、『根元にバント!』と心の中で叫んだら

サードライナー&ファースト戻れず一気に2アウトcrying

しかし、2塁にランナーを置いて、4番細谷選手は警戒されストレートの四球、5番神戸選手は前打席HRを打っていたが、初球ストライクを入れてきた!

  

B7   パスボールで早坂選手ダッ~シュdash

ランナー1・3塁となり、2-3から結局四球で2アウト満塁

6番新里選手の打球はセンターに捕られアウト・・・アウトではあったが、相変わらず狙いのしっかりしている新里選手

  

5回表 同点後、ピンチを迎えていたマリーンズ・・・

    ふと、ベンチの向こうのブルペンに目をやると

  

B12 B13     林くんが、せっせとイスを運んでいたcoldsweats01

  

5回裏 

  

B8 2番田中雅選手、センターにヒットで出塁し、

  

B9    田中雅選手、盗塁も決めるdash

そして根元選手のセカンドゴロの間、またも田中雅選手足を活かし、サードへ進塁sweat01

  

B10 4番細谷選手、超サード強襲のタイムリーnote

サードのグラブをおもいっきり弾くほどの強い打球で、同点にしたgood

  

  6回以降は、明日へ・・・

      代田選手の足が観られた後半good

      

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

フェニックスリーグの旅・・・in宮崎・天福球場

   今更でごめんなさい

        ・・・今日はそんなお話smile

   

      ~ ひとり旅 ~

秋模様が広がっていた10月21日の東京・・・朝5時に出発

肌寒く、セーター&上着持参で自宅を出、羽田7:20発宮崎行きに乗るairplane

宮崎空港には8:55到着

そしてたどり着いた地宮崎は、

    『まだ夏、真っ盛りじゃんcoldsweats02

天気予報で気温などを確認したはずなのに、予報以上に熱~い宮崎の地

  

実は結婚記念日に、夫が『宮崎でのフェニックスリーグ一人ツアー』を企画しプレゼントしてくれたのだpresent

夫が作ったツアーファイル持参で、スケジュールに添っての一人旅

宮崎空港に着くと陽射が鋭く、まず購入したのが、日焼け止めsun

  

A1 空港前のバス停で、日焼け止めをぬりぬりしながら、油津駅前バスセンターへのバスを待つ

所要時間は1時間以上かかり、料金は1610円・・・てことは、バス旅行みたいな感じで、寝不足をそこで補おうと、到着予定時間の少し前くらいに、携帯電話の目覚まし設定をする

さすが観光地、他のバス停にはぞくぞくとまるで観光用みたいな大きなきれいなバスが乗り入れていた。

せっかくなので、バスの中では朝食も・・・って、心弾ませながらバスを待ったnote

そこに現れたバスは、都内で循環している普通のバスbus

すでに多くのお客さんが乗っているのだが、みなさんお年を召した方ばかり・・・その上、停車駅が多いことshock

朝食は諦め、寝ようと決めた・・・が、寝られないshock

のんびりと乗り降りするお客さんたちに対し、とても優しい運転手さん。優しいのはいいが、その分時間を取り戻すためか、運転中はハードな運転・・・それも、海岸沿いのため、入り組んでいる道を行くので、左右の揺れが凄いことwobbly

睡眠不足&空腹も手伝ってか、一気に体調不良に陥った

景色はとても美しいが、海沿いにそった窓側とは反対に座っていたので、美しさも堪能できず、窓から見える『接近する緑&崖の茶色』を見つめていた

ハードな揺れに耐えながら、やっと油津駅前バスセンターに到着coldsweats01

  

A2     すぐお隣は、油津駅

油津駅から天福球場へは徒歩5分・・・夫が用意してくれたファイルの地図を見ながら、人気のない道を進む

  

緑に囲まれる中、

A3     突然現れた『天福球場』

やっぱり人がいない・・・球場に入ると、わずかな観客が、日陰を求めてウロウロ

  

A5 A4 緑に囲まれた球場内も、のんびりとした時間が流れていた・・・

 

A6 捕手2人 金澤捕手&田中雅捕手

  すでに暑さと試合でお疲れ気味

  

グラウンドでは、試合前の練習が行なわれている・・・私は、早速細谷選手を探す。しかし、内野練習メンバーには入っていない

もしや怪我でもしたのかな?なんて、心配しながら、外野の様子も見学

  

A7   ・・・って、レフトに細谷くんが~shock

何やってるのかと思ったが、まさか外野はさせないだろうと。きっとちょっとしたトレーニングもどきかな?

  

A8 A9 それにしても、慣れてないはずなのに、形になってるな~note

  

そんなこんなで、疲れと暑さで、大して写真も撮らず

   gawkボーと試合前の諸々を眺めていた・・・

  

            試合内容は明日・・・

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

10月3日 VSイーグルス

清水直行投手FAの記事

Gだけは行かないで・・・Gが好きとか嫌いとかではなく、もしGに行けば、小坂を人的補償か何かで戻すことになると勘ぐってしまう

ご存知だとは思うけど、以前、小関選手(現シーレックス)を取る話が上がったが、西武からロッテに止めがかかったと聞いた。その時、ロッテとGとのつながりは有名だが、ロッテ情報をもとにGは小関選手を獲得したと言われている。

小坂を清水投手の補償の一部として取るということは、結局小坂が悪者扱いされる可能性が・・・誰かさんの思う壺になりかねない

清水投手はお子さんの為にも、自分が1番いい形を選択してほしいとは思っているが、小坂のことを考えると、Gだけは避けてくれないかな~

昨日の試合で、偶然お隣に座られた方が、『直行ファン』とおっしゃっていた。そして、

   『行ってほしくないな~sad』と、しみじみ・・・

 

      clover たのしいプレー clover

先日浦和で困った守備をしていた根元選手・・・2日の日は修正してきたようで、連携も捕球も丁寧だった。そして昨日、9回表、渡辺直選手の“センターへ抜けるかsign02”という当たりをキャ~チsweat01

ただ、体勢がショート方向に突っ込んで行ったので、立て直して投げていたら間に合わない・・・と思ったら、早坂選手にトスし、早坂選手がファーストに送球

残念ながら、渡辺直選手の俊足もあり、ギリギリセーフになってしまった。

     セーフなのに、私は満足delicious

今シーズン、ゴロが簡単に抜け、連携の出来ない内野守備に、どの投手も足を引っ張られていたと思う。

そんなチームの最終戦の9回に、センターに抜けない&野手の呼吸のあったプレーを見られたとはうれしい限りである

出来れば1塁塁審“アウトー!”って言ってほしかったなcoldsweats01

  

     試合結果   ○【M7対3E】

     先発   小野晋吾投手

1~5回を投げ、失点3・・・5回の平石選手に2-0でなぜ2ベース打たれちゃったのか?1球外の低~いボール球ではダメだったのか?

1~4回は、内野ゴロばかり、ついでに三振も4つscissors

  最後の試合で勝ち投手・・・良かったhappy01

   

     = 追いつき、追い越す =

0対3と負けていた5回裏、細谷選手の四球で“ラッキータイム”がスタート

正人選手がセンター返しで、ノーアウトランナー1・2塁

田中雅選手倒れ、早川選手レフト前にヒットで1アウト満塁

1    福浦選手押し出しsmile

2    里崎選手も押し出しsmile

  

そして1-0と早いカウントから

3    竹原選手2点タイムリー2ベースnote

一気に逆転しちゃった~happy02

  

4    堀幸一選手も2点タイムリーnote

  

6回 神戸選手ホームラン・・・撮れなかったの、ごめんちゃいweep

  

     = 応援選手 =

我が家のブログは基本的に、今ごろハワイでアロハシャツ着てそうな佐藤賢治くんと、角中選手と細谷選手の応援ブログでもあるので、得点関係ないけど載せちゃう

  

5 7回代打で登場した角中選手、ライトにヒットscissors

  

6 8回細谷選手センターへのヒット・・・1本出て良かったhappy01

  

     = 守備 =

9回表の守備が印象的だったが、昨日も守備はなかなかのものだったと思う。

1回、内野安打になったが、細谷選手、積極的に球を捕りに行ったように見えた。弾いてはしまったが、晋吾投手が『あ゛~』って天を仰いだ・・・ファームで細谷くんのプレーを見ている晋吾投手は、もうちょっとだったと感じたと思う。積極的な動きは、捕れずとも見ていて楽しいものである。

7   あえて言うなら、“腰まだ高い!”

  

8 2回、サードゴロをきっちり捕球するのだが、ランナーが俊足なため、送球体勢に入りながら捕球する細谷選手good

8回、レフトフェンスへのフライが飛び、オーマッnoteバック・バックdash・・・で、ジャンプして捕れた~happy02成長したねgood

  

     お・ま・け

  

9 1回の田中雅選手の盗塁dash・・・自らセーフgood

10 4回の2打席目の堀幸一選手が残していったバット

  

試合終了後

11 ボール投げ入れの前の選手・・・あのシャイなズーリーがとても陽気な振る舞いをしているな~と思ったら

12     あのアブレイユだった~wobbly

  

  

   

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年10月 3日 (金)

10月2日 VSイーグルス

昨日のチケット購入時、SもAもなく、ボビーシートしかありませんと言われた。

そんなこと言われると、余計に心配になり

    『じゃあ、ボビーシートでgawk

それも、良い場所はすべてもうないと言われ、しぶしぶ言われるままに・・・weep

ないはずのところが山ほど空いており、ボビーシートもいい場所当日券で座っている方々ばかり

3位争いを見込んで、当日券をかなり球団が抑えていたと聞き(10月1日もそうだったためカモメの窓口が異様に込んだ)、とっても残念な気分になった。

まあ、見通しが良く、周りに人がいないので、それなりに居心地は良かったhappy01

  

     試合結果   ○【M2対1E】

     先発     久保康友投手

球速や伸びはなかなか良く見え、テンポも良かったが、どうもギリギリボール球になってしまうようで、少し苦戦

5回の中島選手の打席の際、ボールが先行し自分に腹が立ったようで、ロージンバックをおもいっきりマウンドに叩き付けた。マウンド上で悔しさを表に出している久保投手を、ここ最近観たことがなく、何となくデビュー当時の彼を思い出させてくれ、少しうれしく感じた。

同回、すべて四球で2アウト満塁のピンチ!

1 マウンド上に内野手が集まるのだが、久保投手も声を掛け合う野手にしっかりと目をみて頷く(写真は守備に戻る前、撮れなかったけど集まった時の儀礼的でない感じがとても良かった)

なんとかセンターフライに打ち取った・・・ちなみに、久保投手は知らないだろうが、この集まっていた内野手たちは、全く動揺してない。だってこんなシーンいつものことだから、時には四球でノーアウト満塁も当たり前coldsweats01

7回1失点したものの、

 寒い中、7回まで投げて

   ヒット2本1失点は上出来happy01

いつもより厚着をしていったが、もしものことを考えこの季節にまだ必要がない“フリース”を持参・・・とても役に立ったほど、昨日の球場は寒かったcatface

久保投手だけではなく、青山投手もなかなか思うように投球できなかったのは、あの寒さのせいかな?と。確かに、カメラを押す時、指先に寒さで固まった感じをもった。

2 6回 セギノールから見逃し三振ゲットgood

  

     = 打撃 =

3 3回 根元選手、山崎選手を抜いてライト線への2ベースヒットで出塁・・・狙いはOKsign01

4   早川選手右中間にタイムリー3ベースnote

5   福浦選手、きっちり犠牲フライgood

“根元が打つと、早川が何かしら動く”コンビを久しぶりに見た気がした。

そして、『3番福浦』ってのも落ち着く

この後、タスク選手四球で出塁、大松選手の浅めのライトヒットで、

6 タスク選手好走塁を見せる

しかし追加点ならず・・・

  

     = 対照的 =

7 6回裏 神戸選手、山崎選手抜いてライト線へのヒット・・・狙いはいいぞー!

角中選手四球で出塁、ランナー1・2塁

しかし、細谷選手バントの構えだったが、インコースを攻められバットに当たりファール・2球目又もインコースボール・・・そしてなぜか3球目のストライクを、バットを瞬時に引いた

いつか忘れたが、以前大塚選手にバントの構えはさせるものの、格好だけでベンチはバントなんかさせる気がないのでは?と思ったことがあった

もしかして、最初からバントさせる気なし?

結局なかなかいい粘りを見せてくれたが、外を慣らさせておいて最後インコースを付かれ、三振に終わったが、バントをさせても成功したかどうか?ファームでは、全くさせない。

ファームで4番でも、1軍に上がれば下位打線・・・ファームと1軍の間に、繋がりが全くないことをしみじみ感じる。

次の早坂選手のあたりは、いい当たりのライナーだった・・・ただ、センターは“さすが鉄平”の守備で、アウト!

根元選手も、0-3から甘く来ると見て振って行ったがセカンドゴロに終わった。

  

6回裏の無失点の後の7回表・・・

ノーアウト2塁で、代打平石選手に引っ張らせた・・・進塁打で1アウトランナー3塁

そして、代打フェルナンデスのセカンドゴロでホームイン

       皮肉なものである

  

     = 守備 =

私の安心浦和内野守備は、1塁青松&正人・2塁新里&正人・3塁細谷・ショート正人&早坂・・・その守備を考えると、昨日は少々不安だった。しかし、1軍守備よりずっとマシ。

土と芝の違いがあるので、慣れるのには大変だろうが、必死に守ってくれていた。

  

2回 ランナー1塁(山崎選手)、高須選手バントをして進塁させようとしたが、久保投手のセカンドへの送球でアウト・・・ゲッツーを取りに行ったが、ファーストセーフdespair

8 早坂選手、送球が難だったが、今ではあまり乱れなくなったな~あとちょっとだったね

  

9 3回 きっちりショートライナーを捕球

10 7回 ファーストゴロで、久保投手のナイスカバー

  

8回 セギノール選手の打球はショート早坂選手が捕球・・・いつもならこの範囲は細谷選手の守備範囲

しかし、セギノール選手は左の川崎投手だったので、打席は右打席。

打席につく前、すぐに早坂選手と細谷選手はなにやら確認・・・細谷選手はライン際を中心に固め、いつものショートよりの守備範囲を縮め、その部分は早坂選手が守るって感じかな?

 早坂選手の捕球・・・阿吽の呼吸?

11      任せる信頼、それに答える信頼

  

  

  

ファームだった選手達が、メンバーを1軍のまま(控え含む)で挑んできた相手に、打てなくても守り抜いて勝ったことで、気分良く帰宅

すると細谷圭ファンからメールが・・・

細谷選手と同期の柳田選手と末永選手の戦力外に対し、ショックを受けているとのこと。

その文面に

『野球人に限らず、プロの選手はこの時が必ず来ると・・・

今、野球が出来る幸せを、この時に感じて力にしてほしいファン心・・・』と。

しみじみ文面を見つめながら、ついお酒に手が伸びてしまった昨夜だった。

  

     お・ま・け

  

12 7回限定・・・フェルナンデスのレフト

誰かレフトに打って~って思いながらの観戦

  

13 チェンジの際、みんなですぐ出て行けるよう、出口で準備・・・ジジ臭くなくていいね~、それにこれが案外時間短縮に繋がる。

  

  

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

10月1日 VSライオンズ

卑怯なことしたから負けちゃったんだよー・・・西武の練習の時、暗くなったのに照明付けてあげなかったでしょgawk

  

野村監督、かなりボビーを嫌っているのだろうな~と、日ハム対楽天の速報を聞き勝手に思った私であるsmileしかし、その速報を知った知り合いの方、16対0の時点でおもしろいことを言ってくれた

 『楽天、がんばってひっくり返さないかな~coldsweats02』と・・・

(もしもし?16点より目の前の4点差をひっくり返しす方が可能性高い気がしますが~coldsweats01

  

     試合結果  ●【M5対9L】

     先発  渡辺俊介投手

ストライク先行を意識するのは好きだが、打たれちゃった・・・けど、良い投球に見えたんだけどな~coldsweats01

さすが西武(ものすご~く、悔しいが)、中村選手の2ランの後の攻撃が凄い!

佐藤選手にセフティバントされ、足での攻撃

今年のライオンズ・HRだけでなく、走れる選手が多いdash

てっきり細川選手はバントで進めて(プッシュバント?)のはずが、

  ファーストカバーがいなかったshock

  

1 私はこのシーンとそっくりなシーンを、先日浦和球場最終戦で目撃したばかり、

 『あ~あ、やっぱり原因は1軍守備か~』と。

せっかくのファーム最終試合を、この“1軍の守備”でぶっ潰してくれたばかりだったので、いや~な予感が漂った・・・だって、先日この“1軍守備”が投手の心をかき乱し、大量点に繋がったのだもの。

もうひとつ、この“1軍守備”でわかったことは、根元選手もオーティズ選手も、個々の実力で云々ではなく、ただ単にきっちりカバーの練習をしてもらってないだろうということ。

ご近所のお客さまが

 『内野守備コーチは誰だ!』と。

    pig『ランペンです!smile

と、お伝えした次第で・・・しかし、来シーズンボビーが指揮をとるらしいから、ランペンコーチも責任は他のコーチが請け負い残るんだろうな~(守備コーチを外から経験者を取ることを願うが無理だろう)

   

投手交代も、最後9回に川﨑投手・荻野投手を出してきて、まるで諦めなかった振り・・・ならなんで、小宮山投手なのか?2ラン打たれた時点で、ブルペンは次を用意、それも勝ちに行く投手を用意でしょう。

シーズン真っ只中なら、小宮山投手の選択は大いに賛成だが、あと3試合、それもまず1試合目、つぎ込むべきではなかったのだろうか?

伊藤投手の投球は大好きだが、3イニングもあの投球で投げさせたのはなぜか?いつもより、明らかに球が走っておらず、上半身で投げていた感じがしたが、ベンチはいつもの伊藤投手に見えたのだろうか?

でも、個人的には伊藤投手が見られて楽しかったのも事実smile

  

1_2 2_2 5回 大崎選手からの三振  &  6回 赤田選手からの三振

3_2      7回 後藤選手からの三振

  

ついでに、シコースキーの

4_2 5_2 9回 ボカチカ選手からの三振  &  ジャ~ンプdash

片岡選手にヒットを打たれた時、シコースキーはどこにいたか?しっかりセカンドベースにカバーに入っていた(TVには、球や一部の選手ばかり追わず、ぜひこういうところを映してほしい)・・・シコースキーは、打たれても途方にくれたりしない。必ず、最後まで精一杯動く。来年もぜひいてほしい投手であるhappy01

  

     = とりあえず打撃 = 

2回 レフトへのヒットで出塁した里崎選手を1塁に置いて

2  最近守備がおもしろくないオーマッnote

        左中間へのタイムリー2ベースsmile

6 里崎選手、1塁からホームインしたのだが、余裕じゃんscissorsスタートの切り方が良かったのか、ナイスラ~ンdash

  

3 4回 “牛鬼タスク”の素晴らしいHRfuji

そのHRに酔いしれていたら、あれ?誰かもう打っちゃったみたい、誰かゆっくり走ってる~

   ・・・って、6番“4番サブロー”がHRfuji

7 サブちゃん、ごめんちゃいcoldsweats01初球打つときは、良い当たりが多いといつも意識していたのに・・・撮るの忘れてタスクHRの余韻に浸ってた(きっとサブちゃんのHRも素晴らしかっただろうな~)

  

8 5回 1・3塁で福浦選手のセンターへのタイムリーnote

  

4     1・3塁で里崎選手、タイムリー2ベースnote

   

     = コラー、細谷圭!=

  なんという守備だったんだ!

             何を遠慮してるんだ!

浦和で応援していた守備好きが泣くぞー、いや、泣いてたぞーcrying

超俊足村田が泣くぞー、そして細谷圭の守備に助けられた投手達が泣くぞーpout

もっと泥臭くなれ!もっと“俺が俺が”と、わがままになれ!

先日の送球ミスが尾を引いて、捕ったはいいが投げなかったでしょう。若いのに守りに入るなー!守備も攻めの一つだと・・・

誰に何を言われようとも『うるさい!俺は俺なんだ!』と突っぱねるくらいずうずうしくなれsign03

いざ、試合がはじまったら先輩も後輩もないのだから

指導も、良いと思ったことだけ学べばいい。コーチの指導が全てだと思って壊れていった選手も数知れず・・・

    まだ20才なんだから、

        焦る必要はない!

5 10 ファールになったが、ギリギリなので正しい捕球・・・きっと体が自然と反応したのだろうな

  

9 飛ぶ・・・サードは前目なので、飛んで勝負sweat01とれずとも、積極的に動いてくれると投手はうれしく思うと思うなwink

土と違い、芝は打球が速いので早く慣れるといいね

  

     お・ま・け

  

11 12 グラマンの負傷の際、ブラゼルが一生懸命何かを説明・・・この選手、コミュニケーション大好きタイプ?なんとなく、マティを思いだしっちゃッた

    

   

    

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (7) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 | ペット | ペット Ⅱ | マスコット | マスコット Ⅱ | マスコット Ⅲ | マスコット Ⅳ | ロッテ スタッフ編 | ロッテ選手名鑑 投手編 | ロッテ選手名鑑 捕手編 | ロッテ選手名鑑内野手編 | ロッテ選手名鑑助っ人編 | ロッテ選手名鑑外野手編 | 動物園日記 | 日記・コラム・つぶやき | 日記・コラム・つぶやき  08年 | 日記・コラム・つぶやき 09年 | 観戦記 07年 プロ野球以外 | 観戦記 07年 03月 | 観戦記 07年 04月 | 観戦記 07年 04月 イースタン | 観戦記 07年 05月 | 観戦記 07年 05月 イースタン | 観戦記 07年 06月 | 観戦記 07年 06月 イースタン | 観戦記 07年 07月 | 観戦記 07年 07月 イースタン | 観戦記 07年 08月 | 観戦記 07年 08月 イースタン | 観戦記 07年 09月 | 観戦記 07年 09月 イースタン | 観戦記 07年 10月 | 観戦記 08年 プロ野球以外 | 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ | 観戦記 08年 03月 | 観戦記 08年 03月 イースタン | 観戦記 08年 04月 | 観戦記 08年 04月 イースタン | 観戦記 08年 05月 | 観戦記 08年 05月 イースタン | 観戦記 08年 06月 | 観戦記 08年 06月 イースタン | 観戦記 08年 07月 | 観戦記 08年 07月 イースタン | 観戦記 08年 08月 | 観戦記 08年 08月 イースタン | 観戦記 08年 09・10月 | 観戦記 08年 09月 イースタン | 観戦記 09年 03月 | 観戦記 09年 03月 イースタン