観戦記 08年 09月 イースタン

2008年9月 7日 (日)

9月2日 浦和対所沢

武蔵浦和駅まで行かず、一つ手前の北戸田駅で下車。新宿からだと90円電車賃が安い(モンプチ一缶買える)・・・ここからでもゆっくり歩いて20分程でロッテ浦和球場に行くことができる

鎌ヶ谷駅から、ファイターズスタジアムへ25分、五井駅からは市原臨海球場へは、30分、北戸田駅からはヤクルト戸田球場へ35分歩くのだから・・・まあ、近い部類かにゃ?

バキ(飼い主)に酷使されている俺ガスが今日のブログ担当・・・タクシーなんぞ乗ったら、バキに怒られるにゃん

この日は、気分を変えてビジター側の一塁側から観戦した。

   

     試合結果      ○【M4対3L】

内くん(先発)-良平くん-阿部くん-根本くん

1_2 今年初めて、内くんのピッチングを見た。ようやく復帰できて、まだまだ良化途上で、いいのか悪いのか言いようがない。多分自分を取り巻く環境は厳しくなってきているはわかっていると思う。

バキは内くんの太ももを見て、『怪我は肩でしょ~、なんでこの子は下半身が入団当時とたいして変わりないのよ~』と、嘆いていた・・・オフの契約更改も厳しいものになるだろうし、背番号の21もどうなるか。しかし、秋冬はしっかり鍛錬して来年に勝負をかけて欲しい。そして入団当初の力でねじ伏せる投球を見せてほしいにゃん

  

  ますます、『プチ直行』している阿部くん

2 制球力も相変わらず安定しているし、心地よいリズムで投げ込んで行く。6回2死からシングルヒット2本うたれるも、動じることなくピンチをしのいだ。体つきは細身ながら春先より実が詰まってきた感じだ。浦和で一番順調に育っている。ファームとはいえ、高卒1年目でこの投球は立派だにゃ~来シーズン一気にのし上がるかも・・・

      打撃 

1回 2点取られた後、4連打で追いつく

  

3 4 代田くん、ライト前ヒット&右打ちの職人、堀さん、ライト前ヒット

  

5    角中くん、センター前タイムリーヒット

  

6 イースタンリーグ打点王の細谷くん、レフト前タイムリー

なおも無死1・3塁も5番打撃の良い新里くんにまわったが、三振併殺などで、同点どまり

  

2番手の良平くんが1点取られた3回の裏

  

7    堀さん、左中間へ2塁打

浦和チームのいいお手本だと思う。次の打席のライトフライもフェンス・ライン際へ飛ぶ大きな当たり。1軍でDHに固定して起用してくれればと思うのだが・・・打撃はやはり素晴らしい

  

角中くん、1塁ベースに当たりライトへ抜けていく、

8_2     同点に追いつくタイムリー2塁打

  

その後、両チームの中継ぎ投手が好投して迎えた7回の裏

2死から四球で出塁の角中くんを1塁に置いて

9   細谷くんレフトオーバーのヒット

  

10 角中くん、激走も本塁タッチアウト決勝打にならず

  気迫あふれる両選手

  

しかし8回の裏、神戸くん、一振りで試合を決める

11    ライトへのソロホームラン

  

9回表、根本くん、2三振奪った後、四球・ヒットなどで、ちょっとドタバタも最後の打者を三振でとりゲームセット・・・両チーム、締まった内容の好ゲームだった

  

      守備 

   

12 最近、細谷くんの守備が乱れ気味・・・シーズンを通してかなり出場しているので、スタミナや見えない疲れや怪我などが関係しているのだろうが、この時期を踏ん張れば必ず成長できる気がする。

基本的には、守備のセンスがいい上、守備も大切に考えてるらしく、守備練習もおろそかにしていないのだろう。練習の何気ないプレーにそれが感じられる

13   何気ない捕球だが形が美しい

ぜひ、観に行かれた方は、練習時の細谷くんの守備を楽しんでくれにゃん

  

     お・ま・け

  

14 堀くんの5番は、将来59を付けている男に行くのではないかと・・・そうであったらうれしい

  

15 バキお気に入りの佐藤賢治くんは、将来57から3?サブちゃんくれるかな~?

まずは引っ張る打撃もできるよう、たくさんたくさんスイングしようにゃん、けんちゃん

ついでに、ボール拾いも怠るにゃよ

   

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

9月6日 浦和対湘南

こんにちは、わたしグレ

今日は横須賀スタジアムでのマリーンズ戦、今シーズン最後の試合をお話します

湘南のDJの方は、いつもファンをとても楽しませて下さるのですが、この日もファンの子のお誕生日発表の際、

『いつも来てくれているりっこちゃん・・・あっこちゃんとりっこちゃんと、古賀コーチ、ハッピーバースデ~・・・(ネックストバッターズサークルの堀さんが、DJの方にお礼の会釈をした時)堀さんがかわりに挨拶してくださいまして・・・』

と。いつものように、他球場やお兄さんチームの途中経過、それも内容も加えて報告して下さいます。

試合前の審判を紹介する時も、『審判の方たちにも、大きな拍手を・・・』と一人ひとり紹介し、盛り上げておられました。

1_2   審判さんもつい、シャキっとされます

来年も、ぜひ湘南の試合は遊びに行きたいと思います

  

     試合結果   ●【M1対3S】

小野さん(先発)ー大嶺さんー根本さん

小野さん・・・初回2失点しかし、いつもの晋吾さんなら悩んだ様子だったりするのですが、この日は失点のわりにサバサバとした笑顔で、何やら金澤さんとお話

捕手のリードに首を振った様子もなく、ゴロを打たせることはできており、きっと課題として捕手の要求通りの投球ができたかどうか?ということのようでした。

その後は、2・3回はゴロ(5個)を打たせ、4・5回は三振(5個)を・・・

調整としては良かったのではないでしょうか?

 

大嶺さん・・・6回~7回を投げ、2ベース1本。6回1アウト後のこのヒットは、変化球を持って行かれた感じでしたが、やはり大嶺は伸びる真っ直ぐが売りその後の2人の打者は、真っ直ぐ(だと思います)で2者連続三振

  

1 2   高森選手&北川選手から連続三振

7回も、ゴロを上手く打たせ三者凡退。先日の袖ヶ浦の腕だけで投げていたフォームとは違い、安定を感じました

  

根本投手・・・8回、先頭に2ボール、次に置きにいった球をHRにされ、あっさり追加点を奪われました。もしかしたら、逆転できるかもの雰囲気が、一気に消え去りました

(追伸・HRを打ったのは、育成の111番関口選手。場外HR、育成なのでなんか悔しい気持ちより、支配下登録してやってほしいな~って。打撃は、ライト打ちもできなかなかのもの)

その後も安易に連続ヒットを打たれ、1~7回まではなんだったのだろう?と、なんか寂しくなってしまいました

  

      得点 

2回 細谷さん&神戸さん四球で1・2塁。1アウト後、ワイルドピッチでランナー2・3塁。2アウト、2・3塁で打者は正人さん

3 またもワイルドピッチで、1点ゲット

7回、実は神戸さんがレフトにHRを打ったのですが、レフトの下園さんがフェンスにグラブを入れ、もぎ取るようにHRを捕ってしまいました超ファインプレーですが、敵からしたら残念で残念で・・・

最近、神戸さんの打撃フォーム、きれいになってきている気が致します

   

      打撃 

  

2_2 3回 堀さんセンターへのヒット

  

3_2 6回 新里さんレフトへのヒット

  

4_2 9回 先頭堀さんがまたもセンターへヒット

ランナー堀さんに代走早坂さん、新里さん倒れ、

  

5_2    次の細谷さんライト前にヒット

  

6_2    そして神戸さんセンター前にヒット

この時、早坂さん先日の不可思議なセカンドフライでゲッツーになってしまった時の、セカンドランナーだったので、デジャブでもしたのか、なかなかリードせず、走れず・・・

  

7 でも、最後満塁で“プチ盛り上がり”を堪能

      みなさん、次がんばってにゃん

  

      守備 

2回 細谷さんの超・超・超ファインプレーが・・・

8 写真撮ったけど、速過ぎて・・・ラインぼけていないので、細谷さんのスピードが私にはボールが見えにゃかったにゃん

4 3回 堀さん捕球後、何の躊躇もなく誰もいないベース上にトス・・・しっかり晋吾さんがカバーに入ります

  

     お・ま・け

  

5 ただボールの篭の上に座って、ボールが運ばれてくるのを待つ、バキお気に入りの佐藤賢治さん・・・わたしに言わせれば“賢治さん、あなたもボール集めにゃさいよ!”

   

6 ランナーで出ていた新里さんに、ベンチから出てきた堀さんがグラブ運び・・・堀さんがファームにいらしてから、ファームの選手達にとても良い空気が感じられます

堀さんには、また1軍で活躍していただきたいです

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

9月3日 浦和対所沢

俺ガス

1 2 “堀幸一”・・・DHで使ってくれ~(この試合はノーヒットだったが、内容はさすがって打撃をしていたにゃん)

  

     試合結果   △【M4対4L】

唐川くん(先発)-古谷くん-相原くん-中郷くん

3 唐川くんは、ストレートが多かったように感じた。近くにいた浦和の常連さんが「ファームの試合で調整登板なんだから、もっといろいろ変化球を試してみてもいいのに・・・」とおっしゃっていた。

しかし飄々とした涼しげな表情を見ていると、なにかしら考えながら投げていて、次にそれが繋がって行く様な期待を持たせる選手なのだにゃ~。

  

      打撃 

1回 

4 早坂くんセンターへヒット

5  角中くん ようやくでました

     今季初ホームラン(イースタン)

  

この後 細谷くんの四球・新里くんの2塁打で1死2・3塁も得点無し。この試合は、三者凡退は2回と8回だけで、チャンスを作るも得点できずの場面が多々あった。

3回 ヒット2本(角中くん・新里くん)も無得点

4回ヒット3本(正人くん・代田くん・早坂くん)で1死満塁も堀さん併殺 

5回も細谷くんにヒットが出たが、結局得点に結びつかず

  

4回などは無死1・2塁で打者は9番打者(最近ここが定位置に・・・)佐藤くん。100%バントの場面。

佐藤くんも1,2球目最初からバントの構え。しかし、2球ともボールでカウント0-2に。

「0-2で、色気が出てまさかサイン変わったりしませんよね~」

先程の常連さん「他のチームと違うからね~、あるかもね

   やっぱり出た!余計な色気

ヒッティングに変更、佐藤くん当てただけの浅いセンターフライ・・・にゃにやってるんだか、プロであるベンチの作戦にしては、浅はか過ぎる。きちっとした基本を身につけていないのに、応用をしようとしても無駄になるだけで、選手が1軍に上がった時のことを考えてあげてほしい。

6回も同点に追いついた後の無死1塁で、またまた佐藤くん強攻、併殺

佐藤くんが打ってくれたらいいのだが、やはり先々のことを考えたらバントの指示又は走者を進める指導を徹底したほうが良いのでは・・・ファームの試合だから、何の策もなく自由に打たせたほうがいいのか?それとも1軍に上がった時のことを想定してより実戦的な策を講じていくのがよいのか?俺は後者を進めたい

 

6 7 6回 正人くんのホームランで3対3に

  

7回表に1点失うもその裏、

8   細谷くんが右中間へ同点ホームラン

サヨナラのチャンスに・・・

9 9回裏、佐藤くんのセンター前ヒット

さすがにここは早坂くんきっちり送って1死2塁。連続四球で満塁も、細谷くん・新里くんどうもガチガチになっていたのか決められず・・・

  

10 10回裏、代打神戸くん、軽くすくい上げた打球はサード後方に落ち、しっかり走って無死2塁

次の正人くん、送りバントを2度ファールしてカウント2-0に。しかし相手投手の山岸大乱調でここから四球。無死1・2塁に。しかし次の代田くんバント決められず三振。佐藤くんも三振(佐藤くんが決めてくれたら一番うれしかったのに・・・)。早坂くん、背中に四球。2死満塁。ここで堀さん登場

11 初球、しっかり捉えセンター前・・・かと思ったら、

ショートの黒瀬選手にジャンプ一番のファインプレーでサヨナラならず

だた、打撃は“さすが堀”というあたりだった

  

俺はここで球場から退散

11回裏も走者2人出したけど後一本が出なかったようだ。

気が付けば、ヒット15本・死四球6個ながら得点はホームランによる4点のみなのであった。

こんな点の取り方をしていて良いのだろうか?プロ野球のはずなのに、どこかの少年野球の方が、チャンスを無駄にせずもっと1点にこだわり、丁寧な攻めをしているにゃん  

  

      守備 

2回 唐川くん捕球後、ゲッツーなんかとりにいく・・・守備も上手になってきたかな?

12    1-6-3ゲッツー

  

   新里くんの肩

13 14 2回盗塁刺す&9回勝ち越しのランナーの盗塁阻止

    

最近、ファーストに慣れてきたようだにゃ~堀さんさすが元々が内野手本職、順応するのは早い

15 ファーストゴロ捕球、自らベースに・・・

  

16 ファーストファールフライ、ネットギリギリだが、上手く捕球

   

     

    

    お・ま・け

  

17 18 試合前の珍百景・背番号13の正人くん

  

19 ストッキングを直す賢治くん

バキに『俊足の若手はストッキング見せるけど、うちは賢ちゃんか~・・・しっかり走れよって言っておいてね』と言われた俺だが、俺にはどうすることもできない

  

ちなみに、1塁ランナーでバント、賢治くんセカンドに走る

20 そして“ゼハ、ゼハ”

・・・大丈夫か?佐藤賢治くんよ

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

9月9日 浦和紅対浦和白

こんにちは、わたしグレ

スポーツの秋にピッタリの、野球晴れ

なのにファームの試合はお休みです・・・でも、もしかしたら紅白試合あるかも~と、浦和に出かけてみました

球場に着くと、さっそくお知り合いの方と遭遇しかし、ちょっぴり心配なお話を

『白川くん、午前のノックの時、顔面に球が当たって・・・救急車で運ばれて行ったよ』と。

ただただ、たいした怪我でないことを祈るだけです

  

    メンバー

紅組【1ショート早坂・2サード正人・3センター佐藤・4セカンド堀・5ライト神戸・6ファースト宮本・7キャッチャー青松】

白組【1セカンド代田・2ショート新里・3ライト角中・4キャッチー金澤・5サード定岡・6ファースト柳田・7センター大谷】

ちなみに、レフトは表も裏もず~っと“イエーツコーチ”がやってました

  

     試合結果   【紅組10対7白組】

ルールは、すべての回ノーアウトランナー2塁からスタート。何があるかわかりません、いい投球をしていても、守備をおろそかにするロッテです。エラーが元でランナーを抱えることもあります。そんな時の練習になるのでしょう。回は6回で終了

投手は、両チームとも一人1イニングで交代、両チーム合わせて12人出場

紅組・・・田中良さんー江口さんー神田さんー黒滝さんー池田さんー下敷領さん

白組・・・手嶌さんー木興さんー田村さんー林さんー浅間さんー小林憲さん

ランナーがすでに2塁に置いてのスタートなので、バントで進め外野フライで1点とかの失点は問題ないのですが、それ以外は・・・

なんと0点に抑えた方が2人・・・小林憲さんと、なんとあの江口さん

小林憲さんは、力で押すので、キャッチャーファールフライとセカンドゴロと三振

江口さんがビックリ初球、なんとストライクからスタートですファーストゴロ&三振&ショートゴロで抑えちゃいましたもしかしたら、顔なじみで緊張せず投げられたのかもしれません。もしそうなら、今後は相手選手の顔をしっかり覚え、顔なじみ気分で投球すれば、ストライク先行の投球が可能かも

気になったのが、池田さん体がちょっぴり丸っこくなり、以前感じられた腰のキレと柔らかさが、少し失われていた気がします。腰周りを絞ったほうがよろしいかと・・・

下敷領さん、入団当初のフォームと変わってきた気が致しました。まるで、俊介さんのよう・・・そっくりに思いましたし、力も付いてきています昨日の中で、一番良く見えました

1度でいいので、先発させてみたいにゃ~

 

      打撃 

4打数3安打、すべてタイムリーの堀さん・・・さすがです

Hori1 Hori2 Hori3 いくら紅白戦でも、きっちりランナーを返す打撃に徹するとは、やはり課題をもって打席に立たれているのだと実感

他に、青松さんが3打数2安打なのですが、どちらも2ベースでした。出るたびごとに力を付け、確実に伸びているのが感じられます

1  2本目の2ベースはレフト線への痛烈な当たり

  

もうひとりの捕手金澤さん、4打数2安打(一つはポテンヒット)ですが、

2      金澤さん、1打席目2ラン

・・・ただ、突然コーチがカメラの前に登場

  

3打数1安打、三振2つの宮本さんは、三振の際承知の上でストライクゾーンを広げて振っていたように見えました。そのためか、3打席目のときは、

3   ライナー性の強いあたりで3ラン

      素晴らしい打撃でした

共に練習の虫の大阪遠征の友に送る、声援のHRかにゃ?

 

Kakunaka 4回角中さんのタイムリー、上手く合わせて持っていかれました

  

5回ノーアウトランナー1塁の際、打席には正人さん。皆さん、『本当なら、ここでバントさせるといい練習になるんだけどな~、でもいつもやらないんだよな~、バントじゃなきゃ進塁だの練習ぐらい・・・振り回すんだろうな~』と、すると

4    正人さん、バントなんかしてみました

  

     THE 野手柳田 

柳田さんは、野手に転向を決められ、ご自分でも今までの迷いにケジメが付いたようです。

1_2   ファーストも何とか形だけは・・・

2_2 ランナー佐藤さん&柳田さんが並ぶと、なんかおいしそうな肉まんに見えちゃう

  

5 打席は1打席目セカンドゴロ、2打席目センターへのライナーのいい当たりしかし、こんな時偶然?がんばる佐藤さんが捕球しちゃいました残念・・・でもいいスイングでしたにゃん

  

6 そして3打席目・・・死球でも、珍しい当たり方

    

     お・ま・け

3_2  正人さん、何気にサードがんばってます

  

  

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008年9月11日 (木)

9月10日 浦和対鎌ヶ谷

こんにちは、わたしグレ

白川さん、ノックの打球ではなく、ノックの際、他の打撃練習の球がアゴに当たったそうです骨折、2週間・・・とのことですが、この間ゆっくり休まれ、しっかり治してきてにゃん

細谷さんが、不調なのに急遽上げられ、この日も正人さんサード・・・正人さん10日立っていないので上げられず、細谷さんが上げられたような気がします好調な時ならまだしも、不調な時は辛いと思います

  

   絶好調なのが“堀幸一”さんです

1 優しい人柄が試合にも出てしまうためか、ランナーで出た際、リードでバテた時(本当はバテた振りで相手にほのぼの気分をふりまく?)、相手の選手から何やら声をかけられていました。

  

 後輩に優しい堀さんは、

  相手ファンにも好かれてました

  

     試合結果   ○【M5対4F】

唐川さん(先発)ー呉さんー古谷さんー相原さんー根本さん

唐川さん・・・2イニングを投げ三振4つ、ファーストゴロ・センターフライでしっかり抑え、相手チームのファンの方たちにも、好評価

1_2 ただ、青松さんファーストだったので大丈夫でしたが、ベースカバー遅かったですよん守備も大切です、しっかりね

呉さん・・・3回~6回、失点4、エラーもありましたが、投げやりな四球もあり、相手チームの方が、居ても立っても居られなかった様で、『スヨ、がんばれ!』と声援まで受けてました。呉さんは、俊足軍団に対し余裕がなかったようです

調子が良くても、外人枠で上げてもらえず、気付くと不調に・・・ちょっぴり同情

古谷さん・・・7回~8回の2アウトランナー1塁で交代。なかなかよく見えました三振が2つありましたが、ふっと成瀬投手と先発でファームを支えていた頃の古谷さんの面影がチラッと

相原さん・・・8回2アウトで日ハムファーム看板選手の市川選手に代え、中田選手。するとマリンは相原さんを出しました。

2      4球で三振ゲット

実は、どこかのTV撮影の為、中田選手を出さなくてはいけなかったようで、ベンチも何かとご苦労されているようです。

  

相手先発投手は、吉川光夫さん・・・なかなか打てません

7回からの2番手の星野さんも、2者連続三振&レフトフライサラッと抑えられてしまい、マリーンズベンチはシ~ン

しかし、3番手の山本さん、マリーンズに明るさを取り戻してくれました

  

      打撃 

2_2 2回 金澤さんセンターにヒットで青松さん四球、ノーアウトランナー1・2塁です。打者佐藤さんに、きっちり送りバント・・・と思ったら、2球目を打たせてるニャンセンターフライで何もできずもし打たせるならゴロだと思うのですが

3_2   早坂さん、ファースト強襲ライトに抜け、

      貴重なタイムリー

  

4_2 6回 1アウトで新里さん四球、堀さん初球を見事にレフトへヒット

5    6 正人さん、

ライトへタイムリー

  

  

7 8回 代田さん2ベースヒット

  

3    さすが堀さん2ランHR

  

8 これで同点となり、急にマリーンズベンチからやんややんやと盛り上がり

定岡さん、8回からサードに中田さんが入ったため、守備がシャッフルされ、そこを付くようにセカンドへの内野安打

そして、点数をほしい時に、自分勝手に振り回さなかった正人さん四球で1・2塁

9     金澤さん、勝ち越しタイムリー

 

外野は俊足で上手な日ハムさん。7回までは、俊足を活かしヒットも単なる外野フライに・・・8回の中田さんのシャッフルで、外野もちょっぴりシャッフル。おかげでチャンスが生まれました

  

4 相手の村田さん、ピッチャーゴロをタイムリーヒットにできちゃうツワモノ・・・あの足は一度みたら病みつきになります。

内野に転がせば8割がたヒットなので、高目でフライを打たせるのが良いようですが、時間の問題できっとそれも克服してしまうと思います

今波選手が、困った選手・・・唐川くんからセンターフライを打ったのですが、なかなかのスイング。体は小ぶりですが、パワーがありそうで、俊足

2・3打席は四球で、4打席目にセンターにヒットを打たれました内野は、セカンド・サード・ショートをこなします

  

  

      守備 

  

10_2 正人さんの送球は、相変わらず速く上手いニャン

4回、1アウト1・2塁のピンチでライト線に打球が飛びました。2ベースかにゃ~と眺めていると

11 なんと佐藤さんキャッ~チ(まさか捕れると思わず、ぼけちゃってごめんちゃい)

  

5回、2・3塁でライトへ飛んだ時、2人を返してしまいました佐藤さんの頭の中は、ハワイで一杯だったのかしら?と思ってみていたけど、再び7回、またも軽快な守備を魅せてくれました

12   佐藤さん又も軽快にキャッ~チ

  

     お・ま・け

    

 13    西日がまぶしいぜ

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月12日 (金)

9月11日 浦和対川崎

こんにちは、わたしグレ

昨日、よみうり球場に行ってまいりました

試合前の先発発表を聞き、すでに弱気になってしまったわたしです

Gの先発木佐貫さんでは、1点取れれば本望です。マリーンズも、3回5点以内でなんとか・・・な~んて思っておりました

  

     試合結果   ●【M7対9G】

服部さん(先発)ー神田さんー阿部さんー内さんー中郷さん

服部さん・・・2HR・2ベースも含み、3回を投げて10本のヒット、しかし3失点で済んだ事でちょっぴりラッキーな気分

球速は135Kあたりまで、遅い球もなく緩急がありません。投手からも三振をとれず、アウトとなった当たりも芯で捕らえられたものばかりでした

内さん・・・1点差に迫った7回裏にマウンドに上がられました。スピード表示は145以上を何球かマークはしますが、下半身が揺らぎ、上半身でしか投げていないようで、打者の手元での伸びがなく、打者には打ち頃になってしまうようです。あっさり3ランHRを打たれ、せっかく追いつきそうになった野手はその瞬間“ガク!”っと

   

   

      打撃 

1回 早坂さんレフトへのヒットで出塁&正人さんバントでしたが、エラーを誘い1・3塁とします角中さん、セカンドに転がし1点ゲット

6回 1対5で諦めムードの中、ショート誠を使っていないことをいいことに、ショートへの内野安打で堀さん出塁

  

1 神戸さんライト線に2ベースを打たれました。打った瞬間、グシャって音がしましたが、バットを折っても持っていく力は凄いです

  

2    新里さんタイムリー

  

7回 代田さんライトへのヒットで出塁&代打宮本さんのセカンドへの強いあたり、猛ダッシュで走塁、野手が焦ったようでエラーとなりランナー1・2塁

この時の宮本さんを見て・・・

4回 バキ期待の佐藤さんが、投手の代打で登場・・・セカンドゴロでした。ただ、セカンドがお手玉ニャッキー!しかし、全速力ではなかったのでアウト

宮本さんは、佐藤さんのようにいつも出してもらえるわけではありません。1回の打席の重さが違うことがヒシヒシと感じられました。佐藤さんは、Gとの対決で、ご自分がGチームならいつも控で滅多に出してもらえないことを知っているのかしら?

  

  

3  正人さんレフトへ2点タイムリー2ベース

マウンドからは木佐貫さんがおりました

角中さん四球で出塁

  

  でました!堀さん、

4    素晴らしいライナーのタイムリー

まさかの1点差に追いつきましたが、内さんが打たれ、またも点差が開き、

  

9回 正人さん振り回さず四球・角中さんも四球、堀さんショートへのライナー(惜しい!)、神戸さんライトフライ(正人さんタッチアップで3塁)、ランナー1・3塁ですが2アウト・・・

  

1_2    新里さんセンター前にタイムリー

 

2_2    金澤さんもセンター前にタイムリー

Gベンチ急に焦りだし、150K以上普通に出ちゃうオビスポさんをマウンドに送り込みました

3_2 4_2    代田さん死球

ついでに流れ弾(?)に当たった捕手も痛そう

先日死球で背中に青あざを作ったらしい早坂さん、痛くて夜寝られなかったそうですが、代田さんも盲腸の時でさえ“痛い”という言葉を口にしない方なので、辛くても我慢・・・選手が少なすぎ出ざるおえないのかも?

1軍と違って、ファームの中堅はどんなに痛くても、なんの保証もないので、我慢してでちゃうんですよね~。

   

5 2アウト満塁で定岡さん、見逃しの三球三振・・・しかし、微妙な判定に見え、ちょっぴり同情定岡さんには珍しく、かなり悔しかったようです次はきっと打てるニャン

正直、木佐貫さんは140K後半を当たり前のように、楽~に投げ込み、緩急の差もかなりあり、打てそうな気がしませんでした。しかし、エラーや内野安打というエラーでリズムを崩し、より“抑えなければ”という心理が働きすぎたようです。エラーや安易な内野安打によって、投手の選択が減ります。改めて、守備が投手にどれだけ負担をかけるか考えさせられました

  

      守備 

2回 打たれながらもご自分で守っちゃいました

5    1-6-3ゲッツー

  

  

6 当たり前のように、ショート早坂さんが、斜め後ろに走りファールフライを捕球素晴らしい足でした

  

6_2 早坂さん、深いあたりを丁寧に捕球し、アウトに・・・抜けるかと思ったのに、がんばったニャン

サードは、堅実な以前の守りが戻ってきた正人さんが、強烈な当たりもできる限り正面で捕球しようとされ、送球も丁寧、やはり基本が身に付いていることに感心させられました

3回 ランナー1塁、打者はスンヨプさん・・・とくれば、引っ張らせてゲッツーとれたらいいにゃ~

7    3-6-3のゲッツー完成

   

  

8 投手ばかりで、野手が怪我で欠けると大ピンチになってしまうファーム・・・そんな状態の中、堀さんのおかげでみんな諦めず最後まで粘ります。そして、みんな自分なりにエラーに気をつけ、打たれてばかりの投手陣を支えてます。一つも手を抜いたり、雑な捕球をしないので、観ていて負けてもまた観たいなって気分にしてくれます

  

     お・ま・け

内さんが清水さんに打たれた3ランHRの球を、

9     なぜかせっせと取りに行くオビスポさん

  

13 11_2 マリーンズ到着の際、怪しい恐そうな人が・・・

    柳田さんでした~

まずは、ファーストをやるのだから、風貌から入ろうとしたのかにゃ?

  

12 そんな柳田さんをおもちゃにする、バキお気に入りの佐藤さん・・・でも、柳田さんの方が先輩だニャン

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

9月14日 浦和VS湘南

俺ガス

浦和球場での試合もあとわずかとなった9月14日、陽射は強かったが時折吹く風が涼しくて気持ちよかった日だった。

  

     試合結果     ●【M3対6SR】

小野くん(先発)-大嶺くん-手嶌くん-古谷くん-相原くん

小野くんは、2イニングのみの調整登板。4安打されたが好守もあり無失点。ファームの守備は、他チームのファームに比べ決して良い訳ではない・・・ファースト・セカンドは固定されていないし。

しかし、1軍の内野守備よりはマシだ。もし、日ハムや今のオリバあたりの守備なら、もっと勝ち星が付いていたはずだ

それに、やはりここに立つと格の違いを感じる。

フィールディングも相変わらず素晴らしい。投げた後は内野手の動き。若々しさを感じる

若い投手たちは、この素晴らしい技術を目の当たりにできることに感謝してほしい。

  

大嶺くんはちょっと不安だった。体が重そうというか、だるそうというか。

体にキレが感じられなかったニャン。体を作る=体を大きくしていると思うのだが、余分なところに肉が・・・なんか、酒飲みっぽい気配(飲んだ次の日は体が重いそうだから、程ほどににゃ・・・いや、未成年だから関係ないか~)

せっかく初回に3点取ったのに、大嶺くんが2失点・手嶌くんが同点に追いつかれ・古谷くんが3失点と逆転負け

この日の古谷くんはいきなり先頭打者にホームランを打たれると、2死後4連打を浴びてしまい全くいいとこがなかった

  

      打撃 

1回 早坂くんヒット(この日は4安打の猛打賞)

  1死1・2塁で

  

1     細谷くんライトへ先制タイムリー

  

2     金澤くんもライトへタイムリー

  

3     新里くんレフトへタイムリー

得点はここまで。同点に追いつかれた7回裏に1死2・3塁のチャンスに細谷くん・金澤くんが凡退したのが残念だった・・・もっと泥臭く勝ちにこだわれにゃん!

  

      守備 

 この試合はいい守備が結構ありました

  

4 1回 1死1塁からのライト前ヒットで3塁を狙った走者を佐藤くんの肩が刺す・・・その送球を決して無駄にしない、細谷くんの体勢を低くし、最後まで諦めずアウトを取ろうとする上手いタッチ!

早く相手チームから、南くんのように『あいつだから走るのやめておこう』と思わせるくらいになってほしいにゃ~

  

5 2回 セーフティーバントを素早く処理する小野くん

あまりの守備の上手さに、“浦和名手細谷”も出番なし  

  俺の中では“ゴールデングラブ賞”間違いなし

    

5回 ライナーが飛ぶ・・・

     “ジャンピングキャッ~チ”

打球に対して、ひたむきに“捕りたい!”という姿勢がいい

6        その後の早坂くん

  

  いつの間にか好守の1塁手正人くん、    

7         強烈なゴロを抑えた

正人くんは現在1軍だが、正人くんのファームでのいつもの守備が、ファインプレー扱いされてたらしいそれも、本職でなく、細谷くんが戻ってきてからやっていないサードをやらされての話・・・正人くんがサードでエラーでもしようものなら、きっとブーイングなんだろうな?ファームでサードを守っていないで、いざ1軍に上がったら、サードだとはね、酷い話だ

  

8   難しいバウンドのゴロをさばく細谷くん

この人の守備をみると、いつも思うのは“サードじゃもったいない!”・・・体が大きいが、筋肉は柔らかい。そして、球際に強い!

ショート・サードどちらもOKにして準備してニャン

その柔らかさを保つ為に、ぜひプロテインや道具で作る筋肉ではなく、走り込みの筋肉を付け続けてほしい。

11 走り込みの筋肉は、故障も防げるそうだから・・・

  

6回 3塁ベンチ前のファールフライを

9      飛びこんで細谷くんキャッ~チ

サードに関しては、正人くんより明らかに上の細谷くん・・・そういえば、以前小宮山投手が1度その守備をみて、惚れたようで、連続サード方向に打たせ、ニンマリしていた(見込みある奴って感じたらしい)

今すぐ1軍に出てくる必要はない!今の内野守備コーチがいなくなったら出てきたらいい・・・サード・ショートを身につけ、他(セカンド・ファースト)は断れにゃん器用貧乏だけにはにゃるにゃ

  

     お・ま・け

  バキリクエスト写真

10

    

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

9月16日 浦和VS湘南

俺ガス

3連休後(9月13~15日)の平日のロッテ浦和球場前夜からの雨もあがりグラウンドはきれいに整備されていたにゃん

球場に着いたのが12時半過ぎ、外野で遠投キャッチボールをしていたのが、江口くんと植松くん。なんとなくこの日は投手をたくさん見られる予感が・・・

   

     試合結果     ●【M4対9SR】

江口くん(先発)-植松くん-黒滝くん-林くん-下敷領くん-小林憲くん-神田くん-内くん

この時期に急激に化けることはないと思うので、オフにしっかり鍛えて来シーズンに期待と言うしかないのだが・・・。

1軍の投手が調整で1,2イニング投げるのならわかるのだが、こんな細切れな投手起用に、今の時期何の意味があるのか猫の俺にはよくわからない。

「先発投手を」とか、「左のショートリリーフを」とか、「球威がありシュートで打ち取れる中継ぎ投手」など上からの指示があって、各投手に目標設定させてきっちり適材適所に配置すべきだと思うのだが・・・ただ、順番に投げさせている気がしてならない。(小学校の給食当番か!)

この試合のようだと、たまたま1イニング抑えての結果オーライか、悪い所を実戦の中で修正出来ずの中途半端な状態でマウンドを降りることになるのではないか?スタミナ不足の個性のない軟投投手ばかり増えていきそうな気がする。

  なんかみんな同じ投手に見えてくるんだよにゃ~

  

湘南の三橋投手は立上がり球が甘く序盤に3失点したが、3~8回までは打たせて取るピッチングに修正できて、しっかり8回まで投げきった。勝ち負け以上に、先発投手を育てようとする監督の考えが伝わってくる采配だニャン

三橋投手が、この試合で得たものは大きかったであろう。

   

      打撃 

1 1回 代田くん、レフト前ヒット

  

2    角中くん、ライト線に2塁打

     (この思いっきり引っ張る打撃は魅力だ)

  

2死2・3塁で、レフトの拙い守備に助けられた部分もあったが

3      神戸くん、タイムリー2塁打

   (今シーズンの神戸くんはレフト方向へも大きな打球が多い)

  

2回 先頭打者の打球に

浦和おじさんA 「あーぁ、打ち上げちゃったよ~」

浦和おじさんB 「でも、結構でかいよ」

浦和おじさんC 「センター、あんなにバックして・・・

               もしかして、入っちゃうか~?」

4 普通のセンターフライがぐんぐん伸びフェンス直撃の宮本くんの2塁打・・・上半身だけのスイングではなく、下半身も使っている為か、打球が失速しにゃい

  

5    正人くんのライトへのタイムリー2塁打

1軍だとすぐ球から目を離すので、打てないんだよにゃ~浦和の時みたいに、引き付けてライト打ちすればいいのににゃ~

  

6 6回 宮本くん、ライト線に2塁打

この打席は難しいコースをカット、カットで粘り、好球を待って打った福浦張りのヒット1打席を大事にしている気力が伝わってくる

  

      本日のクライマックス

9回 野手転向の柳田くん、

  7       でました!代打2塁打

  

      守備 

  

8 7回 “さすが正人”と思わせる守備・・・後ろ向きに流れる捕球のあと、併殺をとった

   

9 10 当たり前のように、ゴロを美しくさばいていく細谷圭くん・・・またも、状態が良いから上げるのではなく、1軍の台所事情で、突然1軍にあげる前回たいして使わず、すぐに下げたのに、いざ困ったらまた上げる

本当に、選手を駒としか思っていないことに腹が立つにゃん

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年9月26日 (金)

9月17日 浦和VS戸田

俺ガス

この日は、ハワイのウインターリーグに行くライト佐藤くんの守備を近くから堪能し、撮影しようとビジターの1塁側へ

戸田チームはこの時点でイースタンリーグ優勝を、川崎チームと激しく争っていて熱心なファンがたくさんいた(このあと神宮の1軍の試合と、はしごする予定らしい人もいた)

『賢治くん、賢治くん』と、スタメン発表に耳をやると

            ・・・ライトは神戸くんだった

1_2   

  

     試合結果    ●【M6対8S】

ウーくん(先発)-古谷くん-根本くん-相原くん-中郷くん

ウーくんは1回のピンチを三振で切り抜けたのだが、2~3回に2本塁打などで5失点

今年は安定していたのだが、この試合は集中力を欠いていたようだった。早いイニングで打線が6点も取ってくれたのにもったいないにゃ~

しかしウーくんは来年どうなるのだろう?今シーズンは1軍で2回先発の機会があり、2度ともそんなに大崩はしていないのにと思った。後何回かはチャンスがあってもよかったのではと思うのだが、外人枠がネックだったのかも・・・(来年メジャーに行ってたりして

2番手の古谷くんが珍しく3イニングのロングリリーフ。

打たれながらも無失点に抑えた。一昨年は抜群の奪三振力(投球回数122回で奪三振111)でイースタンリーグながら、防御率・勝利数でタイトルを取った投手である。

復活を期待したいのだが、球威はその当時に比べるとまだまだ・・・来シーズンは、今いる投手には厳しい現実が待っているかもしれないが、タイトルを取った時の自信を思い出してがんばってほしい。

浦和投手は入団1年目が1番良かったという投手が多いような気がする(内・古谷・末永・手嶌くん等)。何か指導環境に問題があるのだろうか?

阿部くんは大丈夫か、心配になってきたにゃ~

   

      打撃 

1回 1死1,3塁を細谷くんの併殺打で潰したしまったが・・・弱気の攻めよりずっといい

  

2_2 2回 神戸くん、センター前ヒット

  

3_2    安定して好調の新里くん、レフト前ヒット

  

4_2    宮本くん、ライトへタイムリーヒット

  

5_2    1死後 青松くん、センターへ同点タイムリー

  

6_2    早坂くん、ライトへ勝越しタイムリー

  

7_2    正人くんもセンターへタイムリー

        シングルヒット6本の怒涛の攻め

  

同点とされた3回の裏、2死から宮本くん四球で

8_3   続く定岡くんヒット、

青松くん振り逃げで満塁

  

9_2    早坂くん、レフトへ2点タイムリー

      この後、1点返され6対5のまま8回へ。

細谷くんのエラーから、2つの四球で2死満塁。この試合でホームランを打っている戸田の野口選手のライトフライ。意外に伸びて神戸くんキャッチできず、走者一掃の3塁打になってしまった

エラーは失点に繋がりやすいが、細谷くんのように上手い選手のエラーは、ダメージが大きいものである・・・この時俺、もの凄~く落ち込んでいたかも

  

      守備 

6回1塁ゴロを捕った正人くんとベースに入った古谷くんのタイミングが合わず、内野安打に・・・。

10_2   しかし古谷くん牽制球で刺す

  

賢ちゃん見たさに1塁に来たけど、せっかくだから神戸くん特集なんぞ

  

11_2 12    3回の捕球   &   4回の捕球

  

13 8回の、ジャンプ一番捕球しようと思ったけど無理だった

14_2 &少しランニングキャッチ風捕球

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

9月20日 浦和VS戸田

俺ガス

昨日、優勝が決まった・・・そう、ヤクルトである

        おめでとうにゃん 

 9月20日、今年最後のヤクルト戸田球場

台風が予報より早く通過し、前日は中止だと諦めていた試合が観戦できることに

雲間から時折顔を出す太陽が、痛いほどジリジリと肌を突き刺す・・・オゾン層破壊で、紫外線が強くなったのか?

  

     試合結果      ●【M1対4S】

大嶺祐太くん(先発)-内くん-根本くん-神田くん

大嶺くんは5回4失点。球威もあり三振も5個取っているのだが、ランナーを出しての踏ん張り所で粘れず、追い込んでから相手にファールで粘られ、カウントを悪くしてから甘い球を・・・。

球数が多くなりがちで、この投球スタイルだと7回位が限界か

相手の加藤投手も、制球難で球数多く、5回で6安打4四死球も浦和打線残塁の山。

  

1 1回 シーズン通じて打撃好調の新里くんがタイムリーヒット

  

2 2回 細谷くんレフトへヒット

         しかし三振併殺で無得点

  

3 3回 早坂くん レフト前ヒットなどで満塁

         でも、気付くと無得点

  

4 4回 2死から佐藤くん ライト前ヒット

  

5 大嶺くん チョコンとバットに当てた打球がレフト線へのヒット

           何気なく、無得点

  

6 5回 新里くん 2本目のセンター返しヒット

    当たり前のように得点には繋がらず

  

7 9回 細谷くんのヒット

       案の定、得点ならず・・・で試合終了

   

  

残念ながら、3塁ゴロに倒れるが、

8 久しぶりの青野くん、7回代打で登場。

守備練習にはまだ参加していないのだが、バットを振る姿を見て一安心少し細くなったかにゃ~?

   

      守備  

  

9 1回、佐藤くん、右中間の打球に追いついたようにも見えたのだが、キャッチできず同点の3塁打に・・・こんなんじゃ、サブちゃんの後継げないぞー、にゃんばれ!

  

10 5回 ゴロを捌く細谷くん・・・反射的に右手が添うのは、守備をおろそかに考えていないからだろう。守備軽視のロッテはともかく、他のイースタンチームのベンチはちゃんと見ているはず、他チームのファンの評価も高いのは納得できる。

  

11 同じく5回三遊間のゴロに飛びつくも及ばず内野安打に・・・守備範囲の広さを感じさせるプレーだった

  

12 6回 今度は三遊間抜かせずキャッチこの後、1塁への送球もバッチリ

何が凄いかというと、捕った事より、アウトをとったことより、

   一つのプレーを、次は克服している能力

  

13 7回 ラインよりのゴロを普通に捌く

  

 来年もまた来るのかにゃ~?ヤクルト戸田球場

     

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 ペット ペット Ⅱ マスコット マスコット Ⅱ マスコット Ⅲ マスコット Ⅳ ロッテ スタッフ編 ロッテ選手名鑑 投手編 ロッテ選手名鑑 捕手編 ロッテ選手名鑑内野手編 ロッテ選手名鑑助っ人編 ロッテ選手名鑑外野手編 動物園日記 日記・コラム・つぶやき 日記・コラム・つぶやき  08年 日記・コラム・つぶやき 09年 観戦記 07年 プロ野球以外 観戦記 07年 03月 観戦記 07年 04月 観戦記 07年 04月 イースタン 観戦記 07年 05月 観戦記 07年 05月 イースタン 観戦記 07年 06月 観戦記 07年 06月 イースタン 観戦記 07年 07月 観戦記 07年 07月 イースタン 観戦記 07年 08月 観戦記 07年 08月 イースタン 観戦記 07年 09月 観戦記 07年 09月 イースタン 観戦記 07年 10月 観戦記 08年 プロ野球以外 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ 観戦記 08年 03月 観戦記 08年 03月 イースタン 観戦記 08年 04月 観戦記 08年 04月 イースタン 観戦記 08年 05月 観戦記 08年 05月 イースタン 観戦記 08年 06月 観戦記 08年 06月 イースタン 観戦記 08年 07月 観戦記 08年 07月 イースタン 観戦記 08年 08月 観戦記 08年 08月 イースタン 観戦記 08年 09・10月 観戦記 08年 09月 イースタン 観戦記 09年 03月 観戦記 09年 03月 イースタン