ガス文庫《俺は知ってる》

2009年2月18日 (水)

泥棒捕まる!

俺ガスcat

お酒大好き大臣が、G7の後の会見で体調不良

あのシーンを見た時、普通ならそのまましゃべらせておくのだろうか?すぐにどうかしたのではないかと側近は心配すると思うが・・・

しかし、あの姿に似た姿をバキに見る・・・おにゃじに絡み、俺をこねくり回し、最後はグレに『しつこいニャンimpactって顔面にネコパンチを浴びせられる(ネット観戦負け試合の日に往々にしてある)

ところで、このG7でいったい何を話し合って決定したのか?そこのところがわかり辛い・・・きっと、大きな金額が動くのだろう、国民の知らないまま

いまだG7の内容は俺の耳にはまだ入ってこず・・・

  

Gasu_05_03_009

俺の耳に入ってきたことと言えば、年末・年始に続けざまにおにゃじの仕事場に入った泥棒が捕まり、警察が設置していった器具を取り外しに来た事だ

年末12月27日年始1月2日(空き巣騒動話)

その節は、ご心配いただきニャリがとうございましたcat

泥棒は多摩地区というところで捕まったそうだが、おにゃじの仕事場は北沢警察署管内のため、北沢警察が捕らえたわけではない

そのため、装置を外しに来た北沢警察署の方たちはかなり悔しそうだったと言う

やはり、縄張りってのは想像以上にあるらしい

ちなみに、その装置ってのがなかなか面白いものであったらしい

まず、ある時間になると隠された装置が作動し、泥棒が侵入したことを察知すると同時に警察署に繋がる

そして、隠しカメラも同時に作動movieするのだが、さすが警察!『そんなところにカメラがeye』って言うところにセットするのである・・・案外大きいカメラだったらしい

警察の方の話によると、その泥棒は素人だったと・・・

   “バキのプロの仕業説

         大ハズレ~smile

実は警察の方もてっきり大胆極まりないプロの仕業だと思っていたらしかったのだが、いざ捕まってみると素人さん

お金に困ってやったらしいが、言われて見れば納得がいった

と言うのも、一回目の時お隣の歯医者さんでは、次の日のお釣りに使う5千円1枚&千円札が数枚置いてあり、それを盗られたという事だった

その金額と大胆な手口から、てっきりもう2度目はないだろうと警察は思っていたらしく、他をパトロールしていたそうである

あっさり2度目も簡単に入られ・・・警察が本気になったようだったが、結局捕まったのは他の地域

『北沢警察、良く働いていたのに残念だね~』と、バキpigもなぜか悔しがっていた・・・

大胆にも堂々と表の人通りを気にする道から侵入し、足跡をしっかり残し、尚且つ同じ手口で侵入・・・素人だったから大胆すぎるほど大胆だったようだ

捕まったのは一安心だが、どんな犯人か知った時に、政治の乱れが急速なことを身近な空間で感じた気がした

  生きるためにどうしようもなくて、

     空き巣をしてしまった素人泥棒か~

 これからますます増えるのだろうニャ~素人泥棒crying

   

ブログを書いていたら、突然おにゃじが『グレごめん!』と言って飛び跳ねたdash

  おにゃじの足元には“ネコジャラシ”があった

おにゃじ、“ネコジャラシ”をグレのシッポと勘違いして謝っていたのだ

“ネコジャラシ”に必死に謝っていた気の弱いおにゃじは、飢えても泥棒になんか入れないんだろうにゃsmile

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

暗闇で象に触れる

俺ガスcat

今日は、ロッテへの俺の思いをお話したい

おにゃじがもって帰ってきた新聞をバキが読む。

最近『ペットビジネス・悲惨すぎる実態』という連載記事を見つけ、俺も覗くようになった(10回の連載だった。ペットの話だが、そこに日本の精神的発展途上の部分をみた。続編を希望する)

  

その流れで、先日『暗闇の象』の話を例えに使った探偵の記事を見つけた

  

    『暗闇の象』

例えられたこの話は、元々ひとりひとり自分らしく生き、内なる光を解き放ち、やがてひとりひとりが放つその光で世の中の本筋が見えてきて、それによって争いがなくなる・・・最後はそんな話らしい

“象”というのは、内なる光に到達する前のお話

  

暗闇で人々に象を触らせる。その記事には

『象の鼻を触るか、耳を触るか、足を触るか、シッポを触るかでイメージする動物が違ってくる・・・ある人は蛇を想像し、別の人は何かヒラヒラした動物と勘違いするかもしれない。当人たちにとっては“真実”でも、それは一面的な見方にすぎない』

とあった

この記事を目にした時、俺は今のロッテを感じた

 

   ~ ボビーバレンタイン ~

2004年、4位だった・・・しかし、いつも楽しかった

なぜなら、負けるといつもボビーがすべてを請け負った

昨シーズンの不調は『ズレータを使ったこと』と言ったりなんやかんや負けた原因に選手の名をあげたボビーだが、この頃の彼は決して『○○選手が良くなかったから・・・』とか『打てなかったから・・・』と、選手のせいにすることはなかった

時には、選手のミスをかばうことさえあった。

調子が良くても出し続けない不満がチーム内に蔓延しても、マティを使って不満を解決していき、チームの和を見ている側にも感じさせてくれた

2006年のファン感謝祭、企画が上手くいったとは言い切れない内容だったが、それを一番感じ取っていたのがボビーだった

彼は、しらけ切ったファンを見て、いち早く動く。1塁ベンチ上にイスを出し、午前からイベントが終わるまでひたすらサインを続けていた・・・

俺はこの時の彼の姿が、今でも心に焼き付いている。彼は感謝祭を本物の感謝祭にしてくれたと感動さえ覚えた

 

    ~ 瀬戸山氏 ~

バキと千葉のホテルのロビーにいた時だった・・・瀬戸山氏が目の前にいた。反射的にバキは『こんにちは~』と声をかけてしまった。何の面識もなく、バキはロッテファンを匂わせる格好をしていたわけでもない。

なのに、彼は90度ほどの角度でバキに笑顔で挨拶・・・すかさずバキは、自分の軽はずみな行動に気付き詫びたが、彼はムッとするどころか、ますます明るい笑顔で頭を下げた。

ひねくれものの俺は、この姿をみて『やるな、この営業マン!』と思った

しかし、つい最近彼のあの明るい挨拶がうわべだけでなかったことを知った。ファンに一番近い距離で働く方曰く

『A氏は側にいても、ファンの人に挨拶どころか腕を組んでみてるだけ・・・全く挨拶なんてしない人だし、経費削減のことばっかり!でも、瀬戸山さんは私たちにも、そしてファンが側に居ると私たちと一緒に頭を下げてくれるから仕事がやりやすいの』と・・・

ファンには“タヌキオヤジ”と言われているが、部下には慕われていたようだ

俺はTVで“ロッテのファンサービスの戦略”を見て、てっきりA氏があのTEAM26の窓口(ファンが分散され、時間短縮&相談しやすい空間)を作ったものだと思っていたが違っていた。

窓口がカモメの窓口だけだった頃・・・人気が出はじめ混雑していたカモメの窓口を見て、『ファンの方に少しでもお待たせしないよう、そして困ったとき尋ねやすい雰囲気で別に窓口を作ろう』と言い、早速TEAM26の窓口を作らせたという瀬戸山氏。

  

いろんな所から、いろんな話が流れてくる

        しかし

我が家はみんな小坂誠が大好きだ

小坂誠の金銭トレードは、ボビー自身が主導したものだったのは有名であるが、その放出のコメントが悲しい

 『 “不要な選手”を放出して

   資金を捻出しただけ・・・』と

そして、そのボビーの“小坂不要”の意向に、瀬戸山氏は反対の気持ちはなかったのか?

すんなり金銭トレードを許した瀬戸山氏・・・

 

  俺はこの2人に言いたい

  『名手小坂誠を

  よくも出してくれたなーimpact

2005年の優勝の時、投手陣防御率の影に好守備がどんなにあったか・・・

  

昨シーズンなんやかんや言いながらも、後半3位を狙って応援していた俺!

しかし、プレーオフに出られるかどうかの大切な時期に、ボビー解雇のニュースが流れた

一番最初にそのニュースを流したのはいったい誰?もしくはどこ?なぜ突然そんな時期に流し、選手達に迷惑をかけるのか?

それを忘れないで今を考えようと思う・・・

09_01_2      俺は今、象のどこを

       触っているのだろう?

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

東洋大、神宮の次は箱根を制す

俺ガスcat

昨日は、飼い主バキが駅伝からず~とTVにしがみ付き、俺はいじられまくったwobbly

東都大学野球が好きなのはいいが、同じ東都大学を応援するバキ・・・

ついでに、俺とグレに『一緒に応援しようheart04』と無理やりTVを見せられ、ゆっくり寝ることもできなかったweep

昨年の明治神宮大会を制した東洋大が、今年の箱根駅伝を往路・復路共に1位で優勝した

TVでは、野球と同じで早稲田中心の中継・・・そのためか、バキはより熱くなっていたようだcoldsweats01

  

しかし、駅伝の東洋大がゴールした時のバキは、うるさかったこと、うるさかったこと

そのうるさい盛り上がりは、1月2日の事件にあった・・・

  

1月2日、おにゃじは午後から仕事で、お昼前に出かけて行ったrun

バキは、駅伝を見ながらゆるゆるお正月のままfuji

    ・・・のはずだった

 

おにゃじが出かけ、しばらくすると、バキの携帯電話が鳴る

バキpig『あっ、おにゃじ~

      どうかした?

         ・・・

       え゛ーcoldsweats02

    また、空き巣~shock

 

そう、またおにゃじの仕事場に空き巣が入ったのだ。

バキは年末に入られた時とは違い、電話を切ってからなんの躊躇もなく、お出掛け準備をし、さっさとカメラ片手に出かけていったdash

  

     ~ そして、2人が帰宅し・・・ ~

前回と違い、おにゃじがどうも不機嫌である

バキpig『おにゃじぃ~、今回は見向きもしないでお隣に行っちゃったみたいだね、ドロボー。

最近、近所でかなり空き巣に入られてるんだって・・・それも、同じ犯人らしくって、アルミの扉の所なんか、焼ききって入るとか言ってたよ。

   (・・・中略・・・)

だけど警察の人に、前回壊したガラスではなく隣のガラスを割ってあるって言ったら、気づいていなかったみたいでもう一度確認してたよcatface

私の指紋もとらないし・・・いいのかな~?

でも、怪我もなかったことだし、盗まれたものもなかったんだから、厄落としだと思えばいいよ・・・ねheart04

  

ますます口数少なく、不機嫌なままのおにゃじ

バキpig『そう、そう、“オグリキャップ”の番組ビデオに撮っておいたから、見ながらご飯食べよう・・・ねheart04

※オグリキャップという芦毛(アシゲ)の地方馬が、中央に行き活躍した。その馬の生い立ちから、今に至るお話である。ちなみに芦毛とは若い時は俺色で、年を重ねると白くなっていく(1月2日TBSにて放映されました)

   

すると、おにゃじがおもむろに

『ずっと警察と話してたんでしょ~pout

     あれだけジャマするなって言ったのにー!』

と、おにゃじからキツイ言葉がバキに向けられた・・・

  

バキが急いで仕事場に向かったのは、前回逃したパトカーや私服警官、現場の捜査を見たかったのである

ただ、見るだけならいいが、つい警察の人に根掘り葉掘り・・・

  

おにゃじは知り合いに、空き巣が入ったのに、なぜかバキがうれしそうって言われ、恥をかいたらしいcoldsweats02

 

1 割られたガラス 向かって左のガラスが、前回割られ直した方。空き巣も割りやすい方を選ぶらしい

 

2 お隣の歯医者さんの割られたガラス

 

この後、“オグリキャップ”ビデオを見終え、おにゃじは心穏やかになり、スポーツニュースの駅伝往路を見た時だった・・・

バキpig『なに~?東洋が1位???

       ・・・

    ドロボーのアホ~pout

 絶対、捕まえたら首絞めてやるー!』

と、突然立ち上がり、ぶちきれたsign02

そう、もし空き巣事件がなければ、感動の往路1位の瞬間を見ることができたのである

1月3日の箱根復路を見ていたバキは、往路の感動を見逃した反動がめいっぱい出ていたcoldsweats01

   

警察よ、がんばって犯人を捕まえてくれニャンcatfaceおにゃじがかわいそうで、かわいそうで・・・cat    

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

空き巣に入られ・・・プロの仕業か?

俺ガスcat

最近急激な不況の嵐とともに、当たり前のように増えてしまう犯罪

  

先日の朝、バキ(俺の飼い主)は、夫であるおにゃじを送り出し、年末というのにな~んもせず、パソコンで『YouTube-小坂誠 ファインプレー集』を堪能していた

しばらくして、バキの携帯電話phonetoが鳴った・・・

おにゃじからの電話だったのだが、おかめ笑顔のバキの顔はみるみるうちに険しくなっていき、

バキpig『え~shock空き巣って・・・

       ドロボーじゃんsign02

そう、おにゃじの仕事場に空き巣が入ったのだ

仕事場にはすでにパトカー&覆面パトカーも出動し、警察官が7、8人来ており、おにゃじは指紋もとられたらしいと・・・

ドロボーは、ベランダから侵入し、ガラスを割り、お隣の歯医者さんにまで・・・

被害は、引き出しが散らばってはいたが、金銭は盗られずに済んだ・・・というより、大きなお金は置いてなかったので助かったそうだ

おにゃじはその時、とりあえず状況がはっきりしたら又連絡するからと、一旦電話を切った

  くれぐれも言っておくが、一言も

     バキに来るように

        とは言っていない!

 

昨今の空き巣は、現金だけが狙いではないそうだ。名簿も売ることができ、カード・印鑑・・・諸々

電話を切った後、バキは猛ダッシュでお出掛け支度をし始めた

おにゃじの仕事場に空き巣が入ったという大変な時に、バキはなぜ家で待っておらず、お出掛けなんかしようとするのだろう?と、俺は疑問と共に、腹立たしささえ覚えた

  

支度を終えたバキは、急いでカメラcameraをバックに収め、

バキpig『ガス、おにゃじのとこへ

       今から行ってくるからsign01

と、激しい口調で言うと、ダッシュで出て行った・・・

  もう一度言っておくが、おにゃじは

    “来い!”とは言っていないcatface

cat(でも、なんでカメラが必要なんだろう?)

  

     ~ おにゃじ&バキ帰宅 ~

夕食の時間、バキは何となく不機嫌であった・・・

そんなバキに気を遣い

おにゃじ『今日、バキがカメラを持ってきてくれた時、感動しちゃったheart04保険とかあるから、割られたガラスのところ、写真を撮っておくといいといわれた後だったから・・・

   バキがこんなに気がきく妻だったとはね。

        本当にうれしかったよheart04

バキはより不機嫌になる

そんなバキを見て、おにゃじはまた気を遣い

『良かったよ、被害も合わず・・・

  でも、警察がたくさん

        来てびっくりしたよ~coldsweats01

おにゃじの“警察がたくさん来て・・・”を聞いたバキは、ますます不機嫌に・・・

そして、不機嫌な理由がわからないままのおにゃじに向かって、

バキpig『ど~してもっと早く、

      “来い!”って

     言ってくれなかったのangry

と、おにゃじを攻めたてたimpact

  

  

   俺は知っている

    バキがなぜ

  こんなに不機嫌なのかを・・・

バキはおにゃじのことなんて、な~んも心配なんかしてないのだangry

ただ、パトカーが来たやら、警官がたくさん来たやら、指紋とられたやら、犯人はプロの手口だとか・・・そんな情報を知ったバキは、捜査を見たくて見たくてたまらなかったらしい。

そして何より、

   “ブログのネタ収集”

だったので、不満でいっぱいなのである・・・情けない飼い主だと、改めて思った俺であるcat

  

A_2      壊されたガラスimpact

  

       俺の思いcat

以前は、事件が起こるとコメンテーターとやらが『政治が・・・』とか、『社会が・・・』とか言っていたことに対し、俺は『根本的に、誰のせいでもなく本人だろー』と思っていたことが多かった

しかし、昨今の事件は『政治や社会も・・・』なんて感じるようににゃったcat

 

おうちを空けるみなさん、戸締りはしっかりと、そして貴重品は厳重ににゃんbanana

  

今年1年、俺&グレ&バキ(飼い主)のブログを見ていただき、ありがとうございましたhappy01

来年は、いろいろな面でじっと見守る体勢で日々を過ごす所存です。

昨日のニュースで、どこぞの国の戦争のニュースが流れたが、来年はどこの国の人間の命も、どこの国の動物の命も同じ価値で扱ってもらえるといいにゃcat

  

明日も、チラッとでもいいので、このブログを覗いてニャンheart04

見て下さってる皆さんに、ご覧頂きたいものがございますので・・・

        

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

ネスレ モンプチビーフ 『クレイマーに間違われた飼い主』苦情2

唐川くんにはがんばってもらいたい

しかし、それとこれとは話が別で・・・

ファームを浦和から成田へと、成田市がロッテにお願いしたらしい。

でも、浦和から成田への移転は勘弁して欲しいな~crying

  

俺ガスcat

恐い話を知ってしまった・・・

俺の8年間愛してきたモンプチビーフ・テリーヌ仕立ての会社“ネスレ”のペットフードで命を落としたにゃんこやわんこが居たそうで、リコールがあったとbearing・・・ただ、海外の話なので、まだ日本は安心かにゃ?

   

今日は昨日の続きで、バキが大手企業ネスレにコケにされながらも、俺達のために挑んでいったお話を書く

苦情と一言で言っても、ただバキは『商品がどこから見ても違うだろー』ということを言いたかったのだ。

ペットショップで買うときにも、ネスレにも、『外のパッケージは新しくなりましたが、中味は従来どおりです』と言われたのに、空けた物すべて色も匂いも違っていた。

違うなら最初から買わないのだ

  

その日、検査結果の電話がネスレからきたのだが、

『・・・商品はアメリカで製造しており、多少のバラツキはあるが、異常は見られなかった。残ったものを引き取るので、現金を・・・』と。

   バキがこの瞬間ぶちきれたimpact

バキは、前回このモンプチシリーズのビーフのテリーヌ仕立ては、日本で作られていると説明を受け、代品に関しても、賞味期限が2009年の在庫がないので、2010年だと今手元にあるモンプチと同じ中味なので、検査結果次第で、代品を舌平目のテリーヌに・・・ということになっていた。

それが、日本と聞いていた製造場所がアメリカ、代品かビーフのままって話が、現金・・・

嘘をつかれたことで、一気に信用しなくなったバキは、

本当に送った現物を見たのか?

あなたが白い食べ物を、異常ないからと言われ黒く変色していても食べられるのか?

送った写真をみて本当に“テリーヌ”に見えてるのか?と・・・

しかし、ネスレは『多少のバラツキは生じるが、検査結果で同じだ』としか伝えてこなかった・・・暖簾に腕押しとはこのことだろう

いや、ぬかに釘か?それとも立て板に水か?

  

バキは、それなら同じ苦情はうちだけなのか?聞いてみた。しかし、その質問にははっきり答えてくれず・・・

同じ苦情があったかどうかを調べてくれと頼んで一度電話を切った

暫くしてその返答が・・・1件あったとのことだが、黒く変色はしていたものの、『多少のばらつき』で異常がないので、そのことをそのお客様は納得してくれたという

   俺もバキも理解できない!

腐っていなくとも、変なものが入っていなくとも、変わったものは変わったのだ・・・それを、缶の中味は変わっていないと言い張るのに不信感を抱いてしまう。

バキはネスレではなく、俺の鼻を信じてくれたのだ

しかし、そのバラツキがいったいどんな基準であるのか教えてもらえず、モンプチシリーズの七面鳥のテリーヌやらビーフ角切りやら、他社の新製品のふわふわしたテリーヌやら、、10種類以上試されたが、俺はモンプチビーフのテリーヌ仕立て以外、せいぜい舌平目のテリーヌしか食べられなかった

今後どうしようかと獣医さんに相談・・・すると、試しに消費者センターに相談したらどうかと教えてくれた。

たかが我が家の猫だが、猫は“この味へ~ん”なんて言えない。同じ悩みのにゃんこがいるかもしれない(俺以外に一匹はいた)ので、バキは消費者センターというとこに電話をした。

今までの経過を伝えると、思いのほか丁寧かつ親身な対応だったらしく、お任せする事となった。

そして、返品するはずの品は、いくつか手元に残しておくといいと指示を受け、なんとか落ち着いた。

   

人間の食べ物だと、大事になるのに、わんにゃんだと何頭も命を落とさないとニュースにならない。

ある獣医さんのブログで知ったのだが、ペットフードはあの汚染米と同じ扱いの、工業製品なのだそうにゃ・・・

   

たかが猫や犬というが、飼っているものにとっては、時には大切な家族と同じだという。

俺は不思議に思う。これからの世の中、ますますペットとの距離が縮まるのはわかっているのに、なぜ大手のネスレは嘘をついたり、調べようとしなかったのだろう?

  

消費者センターから、連絡は当分後らしい・・・

  

 7年間ありがとう

   そして、さようなら

1_9

 大人買いしていた

  モンプチ・ビーフのテリーヌ仕立て

     crying

     weep

     wobbly

  

 そして、

 これからお世話になりま~すheart04

2_10

  モンプチ・舌平目のテリーヌ仕立て

             海老入りsmile

  

   バキのたわごとpig

WBCのメンバーが決まったが、

  いない

 

     ポジションはショート・・・

  

    なんでいないんだあ~sign02

    

                ・・・小坂が pig

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ネスレ モンプチビーフ  「色が違う!匂いも違う!」苦情1

俺ガスcat

昨日7歳とサバよんだらバレちゃったcoldsweats01

実は、もう8歳だったにゃんcat

   

今日のお話は、ワインが着いてすぐの出来事・・・

  

俺は、生まれてからずっとモンプチビーフのテリーヌheart04

一日2缶~3缶を食し、暇つぶしにカリカリ(乾燥している餌)

うれしいことに、バキのお気に入りのブログの管理人さんが飼っている、俺好みのきれいな“ブランドにゃんこ”も、モンプチ派のようだニャンsmile

    

俺は、7年いや8年間ネスレ社のモンプチビーフしか食べられない舌になっている。最近やっと、テリーヌの舌平目を食べられるようになってきたが、やっぱりビーフのテリーヌ・・・

  そんな8年目にして大事件が・・・

   

その日も、いつものようにモンプチビーフ缶のおねだり・・・俺はお皿の前でワクワクしながら待っていた。

お皿の前で、おにゃじがビーフのテリーヌ缶の蓋を『キ~upって開きheart04

   

 ・・・その瞬間缶から腐った異臭がし、

shockサーモンピンクの色のはずが黒っぽく変色

俺は、すぐさま臭く変色したモンプチからダッシュで遠ざかったdash

さすが無理やり食べさせようとするバキも、異臭に気付き始末してくれた。  

以前、変な色になって臭かった時があったが、その後すぐ正常な缶をあけてもらったことが合った。

今回も、すぐ次の缶を開けて

  

   ・・・これまた黒っぽく変色

  

3缶目もそうだったので、とりあえず舌平目のテリーヌをあけて貰い、諦めてそれを食したthink

すぐバキがその缶詰を冷凍し、ペットショップに相談

そして、ネスレ社に連絡するように指示を受け、連絡してネスレ社の指示に従い、冷蔵で商品を返品

   

後日、モンプチビーフとお手紙が到着

4缶パックの内、蓋を開けたのは振動か何かで空気が入り痛んだろうと・・・しかし、残りの缶は異常なしとのことだった。

  

そして気分穏やかに、新たにモンプチ缶を開けたバキが

  『げ!これもじゃん!!』

1_8 

と、一気に不機嫌に・・・

  

そして、返品として送られてきていた缶を開けると、

“あの明るくおいしそうな

サーモン色のビーフのテリーヌ”

 2_9   が現れたhappy02

俺はすかさずお皿の前に戻り、じっくりその味を堪能heart04

  

しかし、未開封の残された43個のビーフのテリーヌ缶を目の前に、バキはもう一度ネスレに連絡することにした

  

今度は、前回の対応とちょっと違った・・・その対応の仕方は、『では現金か、他の品で』というものだった。

バキはその言葉を耳にし、悲しくもあり、腹が立ったのだろう。

残りの品物は後日検査結果がわかり次第でいいので、とりあえずしっかり調べて欲しい旨を伝え、もう一度商品を送った。

今度は、変色したビーフ&空き缶に加え、半分蓋を開き中味は缶詰に入った状態のもの、そして正常な缶に入ったままのものと異常な色のものの写真も添えて・・・

  

俺は、8年間このモンプチ一筋だったので、今回のことがショックでならない!crying

バキが、今後もこのままだと買っても意味無いから、中味が変わりましたって言われたら、舌平目か、他のメーカーを探そうと言っていた。

  戻って欲しいにゃ~、

   以前のモンプチビーフにcrying

   

しかし、おにゃじにも猫の俺でも、その上あの鈍感バキにでさえわかる、腐っているような異臭が、なんでネスレ社の研究所の人間にはなんともないのだろうにゃ~?

まあ、疑問は一杯だったが、もしものことを考えて、少しの間“舌平目のテリーヌ”を食す事となった・・・慣れればまあまあかにゃgawk

 

そして、慣れた頃に検査結果の電話がきたのだが、これがバキをぶち切れさせてしまったのだcoldsweats02

                ・・・つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

モンプチワイン・・・俺の飼い主って?

俺ガスcat

俺は7歳・・・食事はカリカリと缶詰を食べている

缶詰は、モンプチ・ビーフのテリーヌ仕立てheart04

離乳食からの付き合いで、1日2缶を食す・・・ただ、ロッテの試合が勝ち、バキ(俺の飼い主)の機嫌が良いと、3缶になるsmile

  

バキはある日、せっせと多くのモンプチの缶のバーコードを剥がし、台紙に貼り付けていた

そして俺に向かって

pig『ガス~、あんた飼い猫でいいよね』と・・・

cat(そりゃそうだ、俺は好き好んでバキの飼い猫になったわけではないが、立場は飼い猫に違いない!)

バキの変な質問に、シッポだけ振っておいた・・・

  

そして、何日かしたある日、荷物が届いた

すかさず好奇心旺盛な姉のグレcatは、その荷物に近寄り

  

1_7    さっそく“クンクン”sweat01

猫の習性であろう・・・次は

   

2_8   乗っかって爪とぎimpact

そんなグレを見つめていたバキに

3_7   開けてってheart04

かわいい瞳で見つめる俺の大好きなグレ

  

pig『グレちゃん、箱開けて見せてあげるね

         ガスも見においでよ~heart04

と、気持ち悪いほど優しい声で話しかけていた・・・

そんなバキをみて(何か怪しい!気をつけにゃいと・・・)と、しばらく静観の俺cat

  

    箱が開く・・・present

グレは又猫の習性を発揮して、

4_8      箱の角をスリスリheart04

7_8      そして“クンクン”sweat01

  

pig『グレちゃん、これワインよwine

   観てご覧heart04お名前が書いてあるでしょhappy01

そこには『GASU&GURE』と表示してあった

お?俺とグレの名が・・・

しかし、このワインwine、俺達の名があっても飲むのはバキだろ・・・いつものことだが呆れる飼い主だgawk

そんな時、おにゃじ(バキの夫)が帰ってきて

おにゃじ『ワイン着いたのか~happy01ところで、ガスの名の下は、飼い主の名を表記するよう申込書に書いてあったけど・・・バキって書いたのか?』

pig『はい、これheart04』と・・・

         飼い猫名

           &

         飼い主名

  ・・・で、ワインのラベルには

9_6

  

俺の飼い主は

   “にゃんで、グレなんだよーimpact

 

8_8 腹が立って仕方ないから、箱から出てやらなかったpout

  

   

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

今頃の季節・・・③バキ、警察に呼ばれる!

今日は最終回・・・ただ、話は少々重め。みんなが、バキみたいにお気楽脳みそを持っていれば、もう少し楽に生きられるのかも知れない。

作り話じゃにゃいぞーcatニュースにもなった深刻なはなしだからにゃん・・・

101    

   

     = 文:ガス =     

深夜の火事騒動の翌朝、電話のベルがなる・・・

バキへの電話だった。相手は警察からである。

バキは受話器を握り締め、深刻な表情になっていく・・・そして、警察が来ようと言うと、バキは、

 『近所なので、私の方から

      今すぐにお伺いします。』

と、言って受話器を置いた。そして、バキは心配そうに見ていたおにゃじに、

『なんか、夕べの火事放火だったんだって・・・今から、話聞きたいからって言われたから、すぐ側なので行きますっていったの。ちょっと行って来るね。』

と、軽く言い放ったのだが、

『なんで呼ばれなきゃいけないか聞いた?疑われてるのかな?・・・ところで、すぐ側って言ってたけど、この間もとの所に警察引っ越したから、もう近所じゃないよ。』

と、おにゃじに言われ、

       バキ固まる!

実は、建て直しのため、近所に警察のプレハブが建っていたのだが、やっともとの場所に立派な警察署が出来上がり、引っ越したばかりだったのだ。

おかげで、近所どころか

  とっても遠くに行ってしまった警察署

バキは、しぶしぶ出かけることにしたのだった。

    = バキ曰く・・・ =

2階に住んでいるので、エレベーターはあまり使わないバキ。その日も、階段で1階に向かった。すると、階段途中にいくつかの“血痕”を見つけ、とりあえず火事現場の警察に報告・・・その足で、引っ越し先の警察署に・・・。

新しい警察署につくと、慣れない警察署に入っていく。入り口受付の年配の警察官は、バキに気付きながらも声もかけずただ見ているだけ。しかたなく受付に行くと、『なんか用?』とキツイ口調で言われ、遠くまで足をのばしたバキは“仕事をしない警官”に腹立たしいものを感じたという。

しかし、事情を話すと態度は一変!2階に案内された。

2階に連れて行かれたバキは、『取調べ室』らしき所に通された。慣れない雰囲気に、

     『私、疑われてる?』

と、不安が沸いてきたという。事件を担当している2階の私服警官たちの様子を観察していたら、1階とは別空間で座る間も惜しんで駆け回っている。中には一睡もせず仕事をしてる人も・・・仕事の大変さを実感し、おおいに協力しようと思ったバキ。

忙しそうにしている中、やっとパソコン抱いて担当の刑事さんが来た。

おにゃじに指摘されたこと(なぜバキが事情を聞かれるのか?)を尋ねると、何のことはない。もし119番に連絡していれば、聞かれずに済んだらしい。

       “110番”だったから・・・

昨夜の様子を図に書いたりして説明したのだが、ある部分にくるとどうも細かく確認したがる。

いい加減なことを言えないので、『言い切ることはできません!』と言っても、特に燃え方が酷かった部屋をしつこく確認したがった。

不思議に思ったバキは、逆に刑事さんに多くの質問を浴びせた・・・それでわかったことは、その家の息子さんが自分の部屋に火をつけたこと(一説には、自殺で火をつけたとも言われている)。そして、隣の部屋にいた親御さんは助かったが、赤ちゃんが煙を吸って重体。

その子の生い立ち・置かれてる立場・精神状況なども詳しく教えてもらったバキ。

刑事さんたちはその息子さんを、とことん悪とは見ていなかったようで、どちらかというと少しでも救って上げられたらという思いだったらしい。

取り調べ室らしきバキのいた部屋の扉は開いており、そばで事件のことを話している刑事さんたちをバキは見ていた・・・と言うより、聞き耳立てて話を聞いていた。

火をつけてしまった子は中学生だが、中学にはいつどのように連絡すればいいのか?その子の本当の母親にはどう連絡したらいいのかなどを、大の大人が何人も頭を抱えて悩んでいたようだった。

警察から戻ると、階段付近にあった血痕が誰のものかわかった・・・自分と家族を傷つけてしまったその子のものだったという。怪我をしていたその子が、逃げ込んできたらしい。

後に知ったことだが、その子がよく玄関に出されていたという。

血痕を残していった階段に逃げ込む前に、火を放つ前に、自分を追い詰める前に、肉親から邪魔にされる前に、

  本当の逃げ場所があったらよかったのに・・・

                 俺はそう思う。

   

帰宅して、警察での出来事をおにゃじに話したバキは、

 『時間かかったから心配したら・・・

 あんたが、デカにしゃべらせてどうするの?!』

   と、おにゃじに呆れられていた。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

今頃の季節・・・②“単なる火事?”

今日も深夜の表の道路に、消防のサイレンが鳴響いている。

昨日のつづき・・・野球ネタでないと、みんな俺のブログ、振り向きもせず去っていく。しかし、俺はバキに『ガスが書くと、だれも見てくれない~!』と文句を言われるが、連載を続ける。

102    

     = 文:ガス =

   

  その夜、じっと待つ俺とグレ・・・

外で“火事”が起こったようで、おにゃじとバキは様子を見に行ったっきり、なかなか戻ってこない。

外からは、今までに聴いたことのないさまざまな音や人間たちの声が轟き、俺たちはその音にただただ怯えて時を過ごす。

消防士の声がスピーカーのようなものを通し、深夜の空に響き渡る。

  『○○さん宅の、息子さ~ん!

    いらっしゃいますか~

      いたら至急こちらにきてくださ~い』

誰かの息子を探しているらしい・・・何度も、何度も名前を呼んで探している。きっと、火事のあった場所に住んでいる人物がまだ見つからないということなのだろう。

もしや、火に飲み込まれてしまったのか?もし、我が家にも火がまわって来たら、俺とグレはどうすればいいのか?いや、きっとおにゃじが助けに来てくれる・・・そんなことを考えていると、やっとバキとおにゃじが戻ってきてくれた。

バキ『火事って、本当に怖いね。Aさんの下の階のおうちだって・・・2階だから、あの家の人飛び降りたみたいだけど、まだ息子さんの方が見つからないって言ってたね。』

おにゃじ『息子さん、出かけてたとか、どこかに避難してたらいいね。

     ところで、あなたは・・・

       ガス・グレのことほっといて

   一人で逃げようとしただろう~!

なんで、自分だけ助かろうと考えるかな~?グレとガスは逃げられないんだよ・・・(泣)

     それに、なんで警察?

火事の時は消防署でしょ・・・もう少し考えようね』と、あきれていた。

しかし、炎の怖さを間近で目撃したせいか、おにゃじもバキも改めて火元のチェックは怠らないようにしようと約束していた。

 ただ、故意に火をつけた場合は別だが・・・

翌日、なんとバキに警察から呼び出しがかかる!

   まさか~(バキ、なんかしたのか?)

  バキ、ついに警察にご厄介になるのかぁ~?

               ・・・明日につづく

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

今頃の季節・・・① “爆破か?”

昨日まで、“西岡剛連続4話”だったので、今日から俺ガスが、久々の連載(3話)ものを担当

今回は、少しばかり話が重いが、野球で見に来てくれた“あなた”、見てってにゃcat

103    

     = 文:ガス =

俺が住んでるところから、2つ向こうの道は広いが渋滞はない。おかげで、排気ガスや騒音問題はない。

しかし、寒く乾燥した日の夜は、いつもサイレンを鳴らし消防車が多く通っていく。まわりの静けさがよりサイレンの音を引き立てている。

このサイレンを耳にするたび、ある出来事を思い出す。

   

まだ寒さが厳しいある夜、近所も寝静まり、そろそろバキに『モンプチくれ~!』とせがむ時間になってきた。

すると、外から、

   『パーン!』

と、乾いた激しい爆音がした。俺はモンプチのことを忘れ、ダッシュで部屋の隅の壁にへばりつき、グレは驚きのあまり腰を抜かした。

自然界に強いバキも、このときばかりは何事か?!と、急いでベランダに出て、外の様子をさぐる・・・と、すぐ

   『パーン!パーン!』

と、連続で爆音がし、その音とともに外が昼間のように明るく光った。

   『絶対、なんか爆発した!!』

と、バキはとっさに電話の受話器をとり、お得意?

    “110番”

にかけていた。ちょうどその頃、テロ対策が騒がれていた時期、バキの頭の中は、すでに大ニュースかサスペンス調になっているので、

   爆音=爆発物

という、安易な発想で、

 『外で、何かが爆発して、

     昼間みたいに明るくなってます!』

と、警察に報告。すると、外から

  『火事だ~!

   起きろー、火事だ~!』

と、男性の声が響いた。その声を聞き

 『外から火事って声します(焦るバキ)

      とりあえず、私逃げないと・・・』

と、電話を切り、玄関に向かうバキ。

   ・・・オイオイ、ひとりで逃げるのか?

爆睡中だったはずのおにゃじも、いつの間にか玄関に居た・・・しかし、頭がまだ“ボー”としていたのだろう。

自分のリュックを開き、俺とグレを捕まえリュックに押し込もうとするではないか!

その姿をみたバキが

  『ちょっと、おにゃじ何してんの?!

バキの問いかけに我に返ったおにゃじは、バキが様子を見に行き、ベランダに出てバキの合図を待つことにしたらしい。

と、おにゃじは俺達を見捨てず、一緒に部屋で待機することになった。

外からひとりで逃げようとしたバキが、“大丈夫”の合図をよこし、おにゃじにも外にくるように言っている。

外からは頻繁に“パーン!”という音と共に、激しいサイレンの音が響いていた。

音に敏感な俺とグレは、ただただ恐怖に怯えながら、おにゃじが戻ってくるのをじっと2匹で待っていた。

         ・・・つづく

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ガス文庫《俺は知ってる》 | ペット | ペット Ⅱ | マスコット | マスコット Ⅱ | マスコット Ⅲ | マスコット Ⅳ | ロッテ スタッフ編 | ロッテ選手名鑑 投手編 | ロッテ選手名鑑 捕手編 | ロッテ選手名鑑内野手編 | ロッテ選手名鑑助っ人編 | ロッテ選手名鑑外野手編 | 動物園日記 | 日記・コラム・つぶやき | 日記・コラム・つぶやき  08年 | 日記・コラム・つぶやき 09年 | 観戦記 07年 プロ野球以外 | 観戦記 07年 03月 | 観戦記 07年 04月 | 観戦記 07年 04月 イースタン | 観戦記 07年 05月 | 観戦記 07年 05月 イースタン | 観戦記 07年 06月 | 観戦記 07年 06月 イースタン | 観戦記 07年 07月 | 観戦記 07年 07月 イースタン | 観戦記 07年 08月 | 観戦記 07年 08月 イースタン | 観戦記 07年 09月 | 観戦記 07年 09月 イースタン | 観戦記 07年 10月 | 観戦記 08年 プロ野球以外 | 観戦記 08年 プロ野球以外 Ⅱ | 観戦記 08年 03月 | 観戦記 08年 03月 イースタン | 観戦記 08年 04月 | 観戦記 08年 04月 イースタン | 観戦記 08年 05月 | 観戦記 08年 05月 イースタン | 観戦記 08年 06月 | 観戦記 08年 06月 イースタン | 観戦記 08年 07月 | 観戦記 08年 07月 イースタン | 観戦記 08年 08月 | 観戦記 08年 08月 イースタン | 観戦記 08年 09・10月 | 観戦記 08年 09月 イースタン | 観戦記 09年 03月 | 観戦記 09年 03月 イースタン